地域情報

2018年1月13日 (土)

英語でご案内:大磯左義長体験ツアー

大磯の左義長、賑やかでした。
多分?

今夜は駅前の観光案内所を午後8時までオープンして観光客の案内をしていましたので、午後6時30分に9つのサイトに火が入る時には北浜海岸に行くことが出来ませんでしたので現場の状況が良く分からないのです。

しかし、今冬、最強の寒波が襲来しているとのことですが、昼間は陽がさし風もなく穏やかな左義長日和だったので大勢の方がお見えになったことと思います。

案内所には夕方になると左義長のパンフレットを埼玉県や千葉県などの遠方の方が求めに来場いただきました。

0113午後から外国人向けの「英語でご案内:大磯左義長体験ツアー」の昼間の部だけ同行させてもらいました。

皆さんには左義長の映画やお仮屋、火が入る前の9つのサイトを海岸で見学してもらった後に、左義長の木札の作成、お団子作りを体験してもらいました。

そして磯じるを食べ、自らが手を掛けた団子をサイトで焼いていただくツアーです。

0113_2

この事業はNPO大磯だいすき倶楽部が主催で昨年から実施して(公社)大磯町観光協会が後援している事業です。
スケジュールの詳細は1月6日(土)のブログを参照下さい。
 http://oisoharu.way-nifty.com/blog/2018/01/2018-80d8.html

皆さんには大磯の異文化を堪能してくれたと思います。
今夜の左義長の下の写真は(公社)大磯町観光協会の森川理事から提供いただきました。

0113_3

2018年1月11日 (木)

七所参って八所(ヤアトコ)せ

0111
左義長も松の内(1月7日)が明けると各地区の道祖神に自宅の前に飾った門松やお飾りが集まります。
その門松やお飾りでお仮屋の周りを囲って子ども達が集まれるスペースを作ります。

ちょっと少ないとお隣の町内に松やお飾りを調達にしに行ったり。
逆に調達されたりのいたちごっこも懐かしいです!

そして七輪などを持ち込んでお餅を焼き、みかんなどを食べながらトランプ遊びなどに興じ、最後の楽しみはお賽銭を子ども達で分けてとても良いお年玉になることでした。

現在では松やお飾りを集めるにも苦労をしているようですが
それでも昨日の内から八所でお仮屋が出来ました。

(公社)大磯町観光協会ではこの八所の道祖神を巡るスタンプラリーを明日まで実施しています。
是非、お子様を連れて「七所参って八所参り」をしてみて下さい。

0111_2

2018年1月 8日 (月)

平成29年度大磯町成人式

大磯町では今年267人(男 139人、女128人)が新成人になりました。

新成人の該当者が平成9年4月2日~平成10年4月1日生まれですので、総務省が発表する2017年12月31日、2018年1月1日現在における「戌年生まれ」の人口と「新成人」の人口の推計データとは異なります。

その結果によると戌年生まれの人口は976万人で、今年の新成人の人口は123万人との推計となり、新成人の数は去年2017年と比べると同じだそうです。
また昨年に続き8年連続で総人口に占める新成人の割合が1%を割り込むことも確認されています。

成人を祝う儀礼は古くからあります。
古くは男子には元服・褌祝、女子には裳着(もぎ)・結髪(けっぱつ)などが代表的な祝いでしょう!

戦後の1948年に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、翌1949年から、1月15日を成人の日として制定されました

その後、1998年の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)に伴って、2000年より成人の日は1月第2月曜日へ移動しています。

「いそべぇとあおみ」も新成人達と沢山の写真を撮ることが出来ました。

0108
それに比べて、昨日の北九州市で行われた成人式。
ネットでのタイトルが「【修羅の国2018】北九州市の成人式が今年もスゲェェェエエエ! 世界が驚くド迫力新成人44連発ッ!!」
この写真を見たら「絶句!」

https://rocketnews24.com/2018/01/07/1004918/

いつまでのサイトは残っていないと思いますが、興味ある方はご覧下さい。

2018年1月 7日 (日)

平成30年 大磯町消防出初式

穏やかな新春の陽気の中「平成30年 大磯町消防出初式」が挙行されました。
この出初式は広い運動公園で挙行されるために毎年、寒さとの戦いにもなるのですが、風もなく新春の日差しに恵まれて、消防団員を始め参列した方々には何よりのプレゼントになったことと思います。

0107_1
平成29年中の火災件数は13件、救急件数は1,595件もあるのだそうです。
これらの災害に、47名の消防職員と178名の消防団員によって大磯町民の安全を確保するために1年間、日夜働いていただいています。

こうした方々に感謝し、そして、日頃からの災害を子どもの内から知ってもらうこともあり(公社)大磯町観光協会では毎年「いそべぇ&あおみ」も参加しています。
今年は天気にも恵まれて大勢の方がお見えになりました。

そして、「今日の穏やかな陽気のように2018年が大きな災害等もなく一年を過ごすことが出来れば嬉しね!」と「いそべぇ&あおみ」と平成30年 大磯町消防出初式に臨みました。

0107_2
※町長と一緒に写っている保護者の方を始め大磯町女性防火クラブ、大磯マーチングバンドの了解をいただきアップさせてもらっています。

2018年1月 6日 (土)

大磯の左義長2018

来週の土曜日に国指定重要無形文化財の大磯の左義長が行われます。

0106

0106_2実は大磯の左義長は前年の12月8日(最近は8日に近い日曜日・昨年は3日でした)の一番息子から始まっているのです。

一番息子とは、石に縄をつけ、子どもたちが独身のいる家々を巡り、「○○さんにいいお嫁さんが来ますように、いちばーんむすこ」などと家人に頼まれた願いを唱えながら玄関先で石を地に搗きながら回ります。
そして、訪問先の家々からお菓子やお小遣いをいただけるので、楽しみに回りました。
こうした内容が各地で、その日(1月14日)だけに行われるどんど焼きとの違いもあります。

松の内(7日)が過ぎると子どもたちは正月のお飾りを集めて歩き回り、11日は松買いでセエトの材料となる松や竹を調達します。
そして町内各所に大竹やオンベ竹を立て、町内境に道切りのシメを張るほか、セエノカミサンのお仮屋を作り子どもたちが籠ります。

このお仮屋にあがったお賽銭も子ども達のお小遣いになるので楽しみの一つでもありました。

このお仮屋を回ることを七所参り(ななとこまいり)言いますが、今日では長者町が加わって「七所(ななとこ)参って八所(やあとこ)せ」とはやしたてられています。

(公社)大磯町観光協会では11日&12日の二日間、八箇所の道祖神めぐりのスタンプラリーも実施します。
こうした機に、お子様を連れて巡ってみて下さい!

そして9地区の18時30分に正月飾りを集めた高さ7~8mのサイトに、その年の恵方の方角から 一斉に点火され、夜空を焦がします。

ここ数年、外国の方々にも楽しんでもらおうという、ガイド付きツアーもあります。
日本に留学している方や、仕事やホームステイで滞在中の方などがいらっしゃれば、是非お誘い、参加してみて下さい。

0106_3
“Let’s have an unusual experience at Oiso Sagicho!”
By NPO Oiso Daisuki Club

You can make your Sagicho Kifuda, Sagicho dumplings. Find out unusual traditional culture.

■Date
January 13th ,2018( Saturday)

■Meeting time & place:
At 14:00 JR Oiso Station

■Time Schedule:
14:10 Start Oiso Station
14:30-15:00 Watch movie about Oiso Sagicho at Tokoin Temple
15:00-16:00 Visit Okariya
16:00-17:30 Workshops – Make Sagicho Kifuda, and Sagicho Dango.
17:30-18:30 Omotenashi – have a break, and try Isojuru.
18:30-19:30 Roast dumplings lightly and watch Yanna Gokko at Kitahama beach.
The tour ends at Kitahama beach.
All destinations are within walking distance. (About 10 min from JR Oiso station.)

■Fee
1,000 yen (Pay on the day in cash.)
- Materials for workshops and insurance included.
- Transportation expense between your place and Oiso-station not included.

Number of participants:
Up to 30 people
 
"SAGICHO" Traditional fire festival tour NOW Accepting !
 
https://www.oiso-odc.com

2018年1月 4日 (木)

仕事始め2018

今日から2018年、仕事始めです。
行政等の機関が何故1月4日が仕事始めなのか?

行政機関の休日に関する法律(昭和63年12月13日、法律第91号)により、12月29日から1月3日までを休日として定めており、1月4日を御用始めとして、その年の最初の業務日となっているのだそうです。

大磯町の賀詞交換会に行ってきました。
中﨑町政2期目の最後の賀詞交換会です。

0104_2
今年は明治元年(1868年)から150年に当たる年です。
大磯町では国の「明治記念大磯邸園」(仮称)が具体化されて動き始めます。
各団体がこうした動きに歩調を合わせながら事業を行おうと準備を進めています。
私の所属する(公社)大磯町観光協会でも準備を進めています。

大磯港の整備も「大磯港みなとオアシス」として本格的に動き始めます。
従って、例年にも増して忙しい年になりそうです。

0104_83賀詞交換会では毎年、町政の発展に尽くされた方々に大磯町表彰条例に基づいて表彰式が併せて行われます。
今年も10人と1団体が表彰されました。
表彰を受ける諸先輩方に加えて陶芸家の川瀬忍さん、竹芸作家の藤塚松星(洋史)さんの二人の同級生も含まれていて、とても嬉しい表彰式になりました。

二人とも奈良の国宝薬師寺東塔平成大修理の食堂(じきどう)が完成した際に「平成の至宝83選」として逸品が奉納されています。

左の写真は、一般公開された時のチラシです。
残念ながら普段は公開されていません。

いずれにしてもこの分野ではまだまだ若い二人です。
これからの活躍を期待したいと思います。

2018年1月 1日 (月)

1月のイベント情報

●初日の出(甘酒のサービス)
    1月 1日(日・祝)6:30~
    ○会場:大磯港西防波堤開放エリア

大磯の左義長
      13日(土)点火18:30
     (11日から12日までスタンプラリー他)
    ○会場:大磯 北浜海岸

第89回大磯市 
      21日(日) 9:00 ~ 14:00
    ○会場:大磯港
  ★エントリーの受付期間は1月1日(月)~6日(土)です。

2017年12月 1日 (金)

12月のイベント情報

第12回「湘南国際マラソン」
   12月 3日(日) 7:45 ~ 16:00
          ○会場:大磯プリンスホテル 他

●第16回湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウム
      10日(日)13:30 ~ 16:30
          ○会場:旧吉田茂邸地区管理棟

第88回大磯市
      17日(日) 9:00 ~ 14:00
       ○会場:大磯港
  ★エントリーの受付期間は12月1日(金)~4日(月)です。

2017年11月 1日 (水)

11月のイベント情報

旧安田善次郎邸の十五夜観月会
   11月 1日(水)16:30 ~ 19:30
       ○会場:旧安田善次郎邸
        ★申込みは終了しました。

第24回「大磯宿場まつり」
       5日(日)10:00 ~ 15:00
       ○会場:山王町旧東海道

カナガワ リ・古典プロジェクト2017 大磯
       5日(日)13:00 ~ 18:30
       ○大磯港「芝生広場」

旧安田善治郎邸お点前を楽しむ
      17日(金)10:30 ~ 13:00
       ○会場:旧安田善次郎邸
        ★この事業は事前申込みです。

第87回大磯市
      19日(日) 9:00 ~ 14:00
       ○会場:大磯港
  ★エントリーの受付期間は11月1日(水)~4日(土)です。

大磯里山魅力発見ウオーク
      26日(日) 9:00 ~ 15:00
       ○会場:大磯町国府本郷「馬場公園」集合
        ★この事業は事前申込みです。

2017年10月18日 (水)

旧吉田茂邸&旧安田善次郎邸の邸園見学会

秋雨前線が今日だけ少し南下したようで、久しぶりに太陽を見ることが出来ましたね!
皆が待ち望んでいた秋晴れです。
そんな奇跡的な晴れの本で(公社)大磯町観光協会主催による「旧吉田茂邸&旧安田善次郎邸の邸園見学会」を実施することが出来ました。

このイベントは春先に再建された「旧吉田茂邸」に普段は一般開放をされていない「旧安田善次郎邸」に今夏、リニューアルされた大磯プリンスホテルの食事付きが良かったのか?倍以上の応募者があり、104人の参加者がありました。

その中から抽選に当たった方の願いが通じたかのような秋晴れに恵まれました。
毎日毎日雨続きの中にあっては、この秋晴れが最高の「おもてなし」になったと思います。

1018

夜は11月5日に迫った「第5回大磯宿場まつり」の出店者説明会を兼ねた運営スタッフ会議も開催し、朝早くから夜まで動き回って、ちょっとだけ心地よい疲れを上回る一日でした。

より以前の記事一覧

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ