地域情報

2017年6月24日 (土)

小諸市体育協会との交流会

昭和48年に大磯町と小諸市は文学姉妹都市を提携しています。
そして昭和50年から小諸市・大磯町体育協会との交流が始まりましたから、今年で42回目を迎えることになります。

今年は少年野球のスポーツ交流でしたので、プリンスホテルで行われた交流会には子ども達も参加していたのでいつもとは雰囲気が大部違います。

それでも両体育協会の会長や市・町の組長のあいさつも静かに神妙に聞いていた子ども達ですが乾杯と共に旺盛な食欲を発揮して賑やかな雰囲気に!

子どもの声が周りにあるとホッとしますが、これが騒音に変わってしまう時代に理解に苦しみます。

0624
午後からのスポーツ交流試合を前に、午前中は島崎藤村邸とお墓のある地福寺を案内するのが私の役目です。
今日はボウリング部の部長として出席しているのですが?

子どもに話をする難しさは今さら始まったことではありませんが島崎藤村を子ども達に説明するのは大変です。
作品を説明しても分かりませんし、どうして大磯に住むようになったかを中心に話しましたがどこまで理解をしてくれたか?

それでも、これから藤村先生のお墓に案内します。しかし、ここは観光地ではありません。藤村先生のお墓参りですからと子ども達に山門の前でお墓参りをする心構えを話してあげている時には大きく頷いて聞いてくれていたのでそれを、良しとしましょう!

そんな話をしている傍らを年配の方々がカメラを担いで、本堂にあいさつもなくいきなり墓前で写真を撮ってさっと立ち去っていく姿に唖然としましたが、こうした方に限って子ども声を騒音だと言い、祭りの囃子などの音もうるさいというんでしょうね?

2017年6月23日 (金)

(公社)神奈川県観光協会「平成29年度定時総会」

(公社)神奈川県観光協会の平成29年度定時総会&交流会に出席するためにロイヤルホームヨコハマに行ってきました。
大磯町観光協会からは新旧会長に大磯町からは中﨑町長も出席して、神奈川県第4の観光を目指す大磯町の観光に対するPRも行ってきました。

交流会には県議会開催中でしたが黒岩県知事も駆けつけて神奈川県の観光に対する所信も披露してくれました。

0623
訪日観光客数を2000万人時代を迎えるために色々と検討していたのはつい数年前のことです。

それが2016年の訪日外客数は2,403万9千人まで増加しました。
その要因としてクルーズ船寄港数の増加や航空路線の拡充、これまでの継続的な訪日旅行プロモーションに加え、ビザの緩和、消費税免税制度の拡充等が主な増加要因として挙げられています。

しかし、この増加要因の殆どはローカルの大磯町のような小さな町には当てはまるのもはありません。

自分の住んでいる町の知名度が、ないよりは、あった方が良いと思います。
そのために町の魅力を発信していくことは重要だと思います。
ただ、それは観光という側面だけではなく、暮らしている人々が活き活きしている姿を伝えることも必要だと思います。

観光バスで大勢の観光客を受け入れる施設が大磯町にはありません。
また、町中が観光客で溢れるような「まち」を町民は望んでいません。

その魅力発信の一つの手段がイベント等を通した観光でもあると思います。

新しく創造するイベントも大切だと思いますが、大磯町が長い時を経て培ってきた歴史や風土、文化を歴史的事実として終わらせることなく、現在、未来に活かす観光が必要であるとは分かっているのですが・・・・・・?

難しい課題ですが、出来ることからぼちぼちとやっていくしかありません。

2017年6月20日 (火)

「いそっこ海の教室」 2017

今年もこの時期がやってきました!2005年から始まった「いそっこ海の教室」では、美しい海を守るために皆さんに海のアクティビティを通して「海」について学んでいただきます!大磯の海で、「もっと海をエンジョイしよう!」皆さまのご応募お待ちしております!

 応募は7月1日(土)8:00からです。

【開催日程】
 ○8月1日(火) ※予備日/8月30日(水)
 ○雨天決行、荒天時は中止・延期。
  前日15:00までに判断し、中止・延期についてはご連絡いたします。

 ○一般コース 08:00-16:00
 ○特別企画   08:20-14:00

 ○集合:「大磯港港湾管理事務所」前 開始時間までにお越しください。

【募集要項】
 ○7月1日(土) 08:00より申し込み開始
 ○対象:小学校3年生以上~ 大人や町外の方のご参加も大歓迎です!
 ○応募方法:大磯だいすき倶楽部ホームページの応募フォーム
       または、ハガキにてご応募ください。
 ○事前説明会開催:7月23日(日)
          14:00-16:00 大磯郷土資料館にて

ご応募・詳細・その他イベントは「いそっこ海の教室」ホームページをご覧ください。
       http://isokko.wixsite.com/home/blank

2017

2017年6月19日 (月)

7月のイベント情報

大磯海水浴場開き
    7月 2日(日) 11:00 ~ 12:00
       ○会場:大磯北浜海岸他
        式典後に神輿の安全祈願の渡御等のイベントがあります。

第83回大磯市 
      16日(日) 17:00 ~ 20:30
       ○会場:大磯港
  ★今月からは夜市になります。
  ★エントリーの受付期間は7月1日(土)~4日(火)です。

新内 吉田茂と庭園・邸内見学会(事前申込制)
      24日(月) ①9:30受付  ②11:00受付
       ○会場:県立大磯城山公園 旧吉田茂邸 金の間

第29回なぎさの祭典「夏!!大磯!!祭!!」
      29日(土) 17:00 ~ 21:00
       ○会場:大磯港県営駐車場

2017年6月18日 (日)

雨天中止のない「大磯市」

ほぼ一年以上、雨天中止のない「大磯市」
今月も第82回も終了間際の30分ほど降雨の影響を受けましたが、何とか乗り切ることが出来ました。

最初から昼頃には雨の予想もあったので出足がとても早く、途中の伸びが止まり、最終的には4,500人強の来場者になりました。
これが最初から晴天の予報だったとしたら、今月も駐車場の整理が大変だったんだろうと・・・・・・?

とても複雑な気持ちです。
一人でも多くの来場者にお越しいただきたい気持ちと、今日くらいの来場者で済むと、多少の渋滞が発生するものの、大きな混乱もなくお昼頃には駐車場待ちの車輌がほとんど無くなり、渋滞も解消します。

4月から観光協会では、県内の観光キャラクター等を招いていました。
今月は茅ヶ崎市から「えぼし麻呂」くん、座間市から「ざまりん」ちゃんを招いて、それぞれの観光PR等をしてもらいました。

こうした繋がりから、県内市町村他県外にも大磯町の観光PRの拠点づくりをしていこうと思っています。
来月からは夜市になりますので、この事業は一休止です。

大磯市の写真は過去の開催分を含めて下記URLで楽しんで下さい!
  http://10shi.info/oisoichi/

2017年6月16日 (金)

県内市町村PRレース

年1回の恒例の川崎競馬場です。
神奈川県川崎競馬組合が、県内市町村や地元企業との連携を進めながら、地域社会から愛され親しまれる川崎競馬場づくりの一環として、県内市町村をPRするレースです。

最初は東海道宿場レースで始まった企画イベントでしたが、宿場だと茅ヶ崎市や二宮町等の間の宿が欠けてしまいますし、何よりも東海道沿線に偏ってしまいます。

そんな経緯があって、現在の県内市町村をPRする協賛レースに変わりました。

0616今夜の大磯町は第10レースに大磯の別荘文化の象徴「旧吉田茂邸オープン記念」、本日の特別記念レースの第11レースは、湘南という言葉は大磯から「湘南発祥の地大磯町特別」そして最終レースの第12レースは、明治18年創業・日本最初の海水浴場「大磯海水浴場特別」の3レースを企画して、大磯町のPRをさせていただきました。

競馬場に行っているのです。
馬券購入券が目の前にあります。
だから、鉛筆でマークします。
それが、記念品にならずに手元に残らなければ・・・・・・?
もっと良かったのですが?

0616_2

2017年6月12日 (月)

新内 吉田茂と庭園・邸内見学会

2009年3月に失火原因不明の火災により焼失した旧吉田茂邸です。
多くの方にご協力をいただき、今年の4月に焼失前の威風を取り戻し、一般公開も始まりお陰様で大変賑

わっています。

このことを記念して(公社)大磯町観光協会と大磯だいすき倶楽部・大磯ガイド協会のコラボレーション

による『新内 吉田茂と庭園・邸内見学会』を開催いたします。

大磯のゆったりとした自然の中で、邸内の美しい建造物や江戸の大衆文化などを味わえるひとときを、お見逃しの無いように。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

0612
【開催日程】
      2017年7月24日(月)
       1回目:09:30受付開始
       2回目:11:00受付開始
【開催場所】
      県立大磯城山公園 旧吉田茂邸 金の間
【入場料・定員】

      2,000円
     (希望者には1,500円の追加料金で昼食(磯弁当)を提供します。)
      定員:各回40名(計80名) ※お申し込みはお早めに
【演目】
      小唄「夏の縁日」「大磯の」「磯浜しぐれ」
      唄 松風英美都 糸 松風美都穂

      新内「新内 吉田茂」
      弾語り 鶴賀喜代寿朗
      ご案内:中川滋
【お申し込み方法】
      「大磯だいすき倶楽部」ホームページの
      当イベント応募フォームよりお申し込みください。
            https://www.oiso-odc.com/

2017年6月11日 (日)

第68回大磯白キス投釣大会

第68回大磯白キス投釣大会が無事に終了しました。
昭和24年(1949年)に日本で最初に開催された白キスの投釣大会です。
週半ばの天気予報では雨マークがついていたのですが、絶好の釣り日和に変わってくれました。

昨年より参加者が若干少なかったようですが183人の参加者があり、今年の優勝者は茅ヶ崎市から参加された角張さんの21.3cmです。

今年も地元の商店や釣具メーカーからも例年と同じように大変なご協賛をいただきました。
ですから、今年も充実した賞品の提供も出来ました。
本当にご協力ありがとうございました。

0611

2017年6月10日 (土)

開成町「キャラクターフェスinあじさいまつり」in「あおみ」

週末になると「いそべぇ」&「あおみ」の出番が続きます。
出番も多く、サポーターのやり繰りも回らなく、このところ二体を同時に出せない状況も続いています。

今日は開成町の「キャラクターフェスinあじさいまつり」です。
開成町のキャラクター「あじさいちゃん」の誕生会を兼ねて、県内の観光キャラクターがたくさん集まりました。

開成町は、昭和52年6月にあじさいが町の花として制定され、昭和58年から田園とあじさいの風景を作ろうと水田地帯の農道・水路沿いに約5000株のあじさいを植栽し、現在では植栽面積は17ha、植栽延長は10.6㎞に及び、田植え直後の緑一色に染まった田園とあじさいの花が虹色に咲き誇るあじさいの里が開成町に誕生しました。

今年も「あおみ」はこの咲き誇るあじさいの中を誕生会の後に散歩して、多くの子ども達とグリーティングをしながら、目の前に迫った「夏」大磯町をPRしてきました。

0610

2017年6月 4日 (日)

「いそべぇ」くんの歯の検診

今日から10日まで「歯と口の健康週間です」
ですから「いそべぇ」くんを連れて歯の検診を受けに行きました。

0604先生の前に座った「いそべぇ」くんです。
そして歯を診ていただいた先生曰く「綺麗な歯です。虫歯はありませんね???」
付き添いの某「先生、いそべぇに歯はありましたっけ?」
先生「はっは!はっは!、はっ歯!そうだね、ないですね」

こんな和やかな雰囲気が白衣の先生や看護学院の生徒さんたちが並んでいる間に流れました。
「いそべぇ」の後ろで検診の順番を待っている子どもたちは、「いそべぇ」に負けじと、大きな口を開けてくれました。

歯は大切です。
いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は、日々の手入れから。
健康のバロメータでもある、美味しく食事をいただくためにも「歯」は健康の源です。

小さい時から歯は、日々の手入れ、歯磨き等を心掛けていかないと、8020の趣旨を達成することが出来なくなってしまいます。
8020運動とは「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

某の自慢の一つは喜寿を前にしても一本の歯も欠けていません。

観光協会では日頃のイベントだけではなく、こうした健康フェスタ等にも積極的に参加して町民の健康も応援をしています。

駐車場には消防署が救急車と消防車を展示して子どもたちに災害や救急のPRをしていました。
消防車と救急車のドアにも「いそべぇ」のイラストが入ったキャッチコピーが入っています。
これを見て「いそべぇ」くんが感激した「歯の健康フェスタ2017」の一こまでした。

0604_2

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ