家族

2021年3月 3日 (水)

今年も全員が揃いました

今年のひな祭りも3人の孫娘が揃いました。
高校生組は期末試験中で部活動がなし。中学生も緊急事態宣言下でもあり学校が終わると早々に帰宅で3人と愛猫2匹のそろい踏みです。
すこやかな成長と健康を願う「桃の節句」ですが、本当に健やかにすくすく成長しました。

昨年のこの時期は学校関係は臨時休校だったったんですよね。
そして今年は1都3県の緊急事態宣言の期限が4日後に迫っていますが、菅首相はどのような判断を下すのでしょうか?

0303_20210303213801

東京都の今日の新規感染者数は316人。
7日間の平均でも前週の微減と東京都が目標にしている前週の7割以下には4日連続で8割を超えて明らかに減少のスピードが鈍化しています。
同様に千葉県も164人。神奈川県139人。埼玉県98人です。3県も減少が鈍化しています。

こうした状況に首都圏の1都3県の都県知事は、政府に緊急事態宣言を2週間程度延長する方向で最終調整に入っているようです。
そして夕方のぶら下がり会見で菅首相は5日に諮問委員会を開いて専門家の意見を聞いた上で、新型コロナ対策本部会合を開き、延長を正式に決定し、その後、記者会見で延長方針を説明する見通しであることを表明しました。

2週間程度の延長が必要だと言っていましたからお彼岸の21日頃までですかね?
いずれにしても、また大変な年度末になりました。

2021年3月 1日 (月)

全国大会への切符

昨日は、今大会が最後になるびわ湖毎日マラソン大会で鈴木健吾選手が2時間4分56秒の日本新記録を樹立したことでアップできませんでしたが、我が家の孫たちにとっても悲喜こもごもの出来事がありました。

当初は1月に東京で全日本高校選抜の関東代表を決める「全日本高校選抜大会関東ブロック出場校選考会」が開催される予定でした。
ところが緊急事態宣言発令中とあって、会場を群馬県高崎市・清水善造メモリアルテニスコートに移して、コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で昨日開催されました。

コートは朝から雲ひとつない晴天に恵まれ、上州名物からっ風もほとんど感じない好気候。関東地区各県の1、2位チーム各16校が全国代表を争いました。LINE、ZOOM での応援、観戦でした。

11月に県大会予選が行われて、神奈川県からは次女の学校が優勝して、準優勝が長女の学校。
姉妹で土曜日から高崎に出掛けて行きました。
一回戦は県の優勝校が他県の2位と当たる組み合わせ。この組み合わせの差って大きいんですよね!

長女の学校は残念ながら一回戦敗退。次女の学校は4本決めで敗退。準決勝に進出すれば全国大会出場が確定。負ければ準々決勝敗退の4校で残り2枠を。それでもここで勝って見事に全国大会への切符を手にしました。

そして次女、のんチャンは、レギュラー争い真っ只中、今回は残念ながらメンバーに入れなかったようですが、今月末の本選まで時間ありませんが、日々の練習でチャンスを手元に引き寄せるように頑張ってね。応援しているよ!

第46回全日本高校選抜大会
2021年3月28日(日)~30日(火) 愛知県名古屋市

2020年11月 9日 (月)

次女の学校・優勝、長女の学校・準優勝そして長男は高校受験

昨日の日曜日も色々なニュースがありました。
土・日曜日であっても孫たちは学校は休みですがテニスの練習、試合と夜明け前から出掛けています。
従って起きる時に、今日は11月○日、○曜日と自らに言い聞かせてから行動を開始しないと全く曜日の感覚を失ってしまうのです。

高校生組は土・日に亘って神奈川県高等学校ソフトテニス新人(団体)大会(兼)関東高校選抜大会神奈川県予選会に。
結果は次女の学校が優勝、長女の学校が準優勝と、姉妹の学校の2校が年明けに開催される関東高校選抜大会に駒を進めることが出来たようです。
良かったね!夜遅くまで姉妹の試合談義が続いていました。

長女は昨年に続いてメンバーとして参戦は出来たようですが、ちょっと2年生になって伸び悩んでいるようです。
家での会話を聞いていると技術面(この部分は私には分かりません。)よりも試合への臨み方、優しさといった精神的な面が災いしているように感じます。

喜怒哀楽がはっきりしていて普段は明るい良い娘なのです。
それを試合中に失敗しても、今、何かあったの?と表情を表に出さないで、その悔しさを相手に見せないで強い負けん気、闘争心を失わずに試合を進めるしたたかさが身につけば一皮むけると思うのですがね。
でもね、こうした一つ一つのことがスポーツを続ける意義だと思います。

次女は、まだベンチ入りできずに応援ですが、これから姉の奮戦を見てメンバーの一角に食い込み、同じコートで一戦を交えたいと思ったことでしょう!そして姉を倒す!
これも目の前で次のステップに進む貴重な体験が出来たと思います。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、今年の大会は全て無観客試合です。
これは中学生も同じで、時間があるから応援に行きたいと思っても行くことが出来ません。

娘の長男は昨日、高校の面接だったようです。
最近の高校受験の様子は私も全く分かりません。
また、高校の形態も大きく様変わりして話を聞いていても理解できない面もあります。ましてネットの高校と言われてもピンときません。
しかし、本当に社会が多様化しています。
何が標準で普通なのかも非常に分かりにくい世の中になっています。
いつしか普通から外れていると思えるような既成概念が、気がついたら「結果として事実上標準化した基準」デファクトスタンダードとして新たな価値になっているかも知れない社会です。

長男も娘と一緒に小さい頃から大人の中に入って一緒に社会活動等をしている内に、座学の教育より実学の方により興味を引かれていったようです。
中学生の内に大人に交じって、合同会社を立ち上げ、共同代表に収めさせてくれるなどで楽しんでいます。
だから、普通の高校に入学して卒業、そして大学というようなコースには関心がなく、進学先と結論を出したのがネット高校でした。
こうした時代だからこその生き方があっても良いでしょう!
しかし、これには「ばぁば」は目を白黒させて、全くついていけそうにない孫たちの近況です。

2020年9月 5日 (土)

次はfinal gameでwinnerに

新学期が始まり、孫たちのテニスの秋の大会も動き始めたようです。
土曜日ですが、私がいつもの時間に目を覚まし起きる時間には、もう練習試合や地区大会やらに出掛けた後です。
こうした状況だから曜日の感覚も余計なくなってしまうんですよね。

まーちゃんは今日行われた中郡大会新人戦がキャプテンとして初めて迎えた試合です。
3年生がこの夏で一線から退き、自分たちが後輩を引っ張っていかなければと、先輩、リーダーとしての自覚が出てくるのがこの時期だと思います。
こうした経験は、勝負の結果よりもっと大きなことを学ばせてくれるはずです。

キャプテンとして迎えたこの大会ですが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から観戦できるのは保護者のみです。久しぶりに成長したプレーを見に行こうと思いましたが残念でした。

結果はfinal gameまで勝ち上がりましたがあと、一歩が及ばなかったようです。
しかし、まーちゃんにとっては初めての決勝戦への進出です。今日はfinal gameで戦えたことに意義があったんです。それもキャプテンとしての責任もある中で彼女としては精一杯の頑張りだったと思います。
明日は団体戦ですからもっと大変だと思いますが結果を別にして頑張って欲しいですね。
それにしてもこの残暑の中を3人とも頑張ります!これが若さなんですよね!

2020年8月29日 (土)

13歳から17歳まで、全員がteenageに

一番末の孫が13歳の誕生日を迎えました。
これで、それぞれの誕生日を迎えると13歳から17歳まで、全員がteenageになりました。
数字の13(thirteen)から17(seventeen)まで単純にteenという単語で揃いました。

teenagerとなると日常的には11歳、12歳を含めて「10代」といった意味で使われていますので3年ほど前からteenagerに該当してますからどういうことってないんですが、病気もせずにそれぞれが想い出に残るteenagerを過ごして欲しいですね!

一昨日に子どもの頃の「昆虫採集」のことを書きました。
13歳から17歳、中学生から高校生の頃のことって、60年近く経つのですが鮮明に記憶に残っていませんか?

1960年~1968年が私のteenagerの年代です。
フォークソングにビートルズ、グループサウンズと、この年代のヒット曲ってほとんど覚えていますよ!
想い出に残る曲をピックアップすることが出来ないほど沢山あります。

楽しいことばっかりかというと、いやぁー、結構、失敗も数多くしてきましたから今でも想い出した時には改めて冷や汗をかくこともしばしばです。
しかし、多くの失敗は笑い話とすることが出来るほど、その当時の失敗もトラウマ等になっていないのですから大したことはなかったのでしょう?と同時に意外と他人は覚えていないのも事実です。
そうした面では、結構幸せな、楽しいteenagerを過ごしてきたのだと思います。

2020年4月 6日 (月)

入学式、始業式後は再び臨時休校続行へ!

0406_20200407090701 大磯小学校・中学校の入学式が無事に挙行できたようです。
しかし、入学式、始業式を終えても、また明日から長期の臨時休校です。
可愛そうですね。
大人でもリズムが狂いそうなのに、子どもはもっと大変だと思います。

我が家でも娘の次男、ペーくんが中学校に入学しました。
一番下の孫も中学生になりました。
楽しみにしていた中学校生活ですが、しばらくはお預けです。

明日には東京など7都府県を対象に法律に基づく「緊急事態宣言」が発令される見通しになりましたが、今夜のニュースを聞く限り、今までと大きな違いはなさそうですね?

対象は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県で、期間は大型連休明けまでのおよそ1か月間となりそうです。
ロックダウン(都市封鎖)は行われませんので、対象となった地域から指定されなかった地方への移動が始まるのではないかと心配されます。
明日の宣言後の具体的な措置を確認してから事務所の対応を考えなければいけません。
早く、日常の普通の生活が戻ることを期待したいですね!

2020年3月26日 (木)

遅ればせながらの卒業式

大磯中学校・小学校の卒業式が挙行されました。
朝から久しぶりに子どもたちの姿をたくさん見かけました。
やっぱり子どもたちの元気な声が聞こえなくてはいけません。

我が家でも2番目の孫、のんちゃんが中学校を。そして一番下のぺー君が小学校を卒業です。
これで小学生がいなくなり、みんな中学生以上に。

4月からのラインナップは、高2・高1・中3・中2・中1です。
みんなそれぞれ成長しました。
夜は家族で入学・卒業に進級お祝いを兼ねてささやかなパーティにかこつけて美味しくお酒を飲ませてもらいました。

先日、ラジオで東北地方の中学を卒業する子どもが9年前には大震災で幼稚園の卒業式を奪われて、今年の中学校の卒業式はコロナが奪ってしまったとの言葉にホロッとしてしまいました。

多感期な子どもたちには、こうした節目はきちんと行ってあげたいものです。
そうした面では遅ればせながらの卒業式ですが挙行できて良かったと思います。
みんな、大きく羽ばたいて欲しいと思います。

2020年3月 3日 (火)

♪あかりをつけましょ ぼんぼりに~♪

♪あかりをつけましょ ぼんぼりに~♪
今日はひな祭り。女の子の健やかな成長を願う日です。
(我が家は猫も?二匹とも雌猫ちゃんなんです)

そして、ひな祭りでは、ちらし寿司や蛤のお吸い物を食べてお祝いをするのが一般的です。
ちらし寿司は様々な具材を混ぜ合わせて作りますので、これには将来食べるものに困りませんようにという願いが込められているんですよね!

こうした日常の歳時記には一つ一つの理由があるんですよね。
それだけに歳時記等は大切にしていきたいと思います。

それにしても我が家のテニス三昧の三姉妹が揃うことは珍しいことです。
土・日曜日でも部活に練習試合。そして遠征等と早朝からテニスで出掛けていていない風景になれているので、むしろ今日の風景が珍しいのです。
0303-2020 そして久しぶりに3人の初節句の写真を見直しました。
それぞれが成長しました。大きくなりました。
元々飾る場所がなかったので小さなひな人形なのですが、3人並ぶと後ろのひな人形がとても貧弱に映ります。

しかし、こうして間近で孫たちの成長を見られる環境に感謝します。
子ども、孫の成長は、それだけ私も歳を重ねたという裏返しです。
まだまだ老け込むわけにもいきません。もう少し子どもたちの成長を見守らせてもらうことにしましょう!

今日はウイークデーですよね。
それにも関わらず三人が揃いました。
さすがに臨時休校の意味が、外出しないで人との接触を避けるための休校とあっては、家でおとなしくしていないわけにはいきません。
「ラケットを持たないと病気になっちゃう!」
孫たちの本音なのでしょうね。

2019年12月27日 (金)

孫との湘南平

昨日の大磯市実行委員会反省会で2019年の予定が全て終了しました。
孫たちも冬休みなのですが一番上の孫は暗い内から練習試合にお出かけ。
一番下の孫は明日からの遠征を控えて学校練習にとみんな忙しそうです。
大人に負けずに師走を走っています。

真ん中のノンちゃんだけが来春の受験を控えて残っていました。
天気に誘われて写真でも撮りに湘南平に行こうと誘って孫とデート?
「じぃじ」に嫌がらずに付いてきてくれるって嬉しいですね。

1227 湘南平も高麗山公園として開園して今年は60周年を迎えて綺麗に整備されたようです。
今までテレビ塔の網に無数につけられていた南京錠も綺麗に撤去されて、代わりに「鍵かけモニュメントainowa」が創られました。

このモニュメントに座らせてワンカットを。
どんな子がこの孫(こ)の隣に座るんだろう?なんて思いながらのシャッターって親でもないけれど何か複雑な気分?

それでも、まだまだ食い気の方が勝っている様子です。
二人で温かい陽射しの下で肉まん・あんまんをほうばっている笑顔が可愛いです。
親馬鹿とは言わないし、じじ馬鹿?ですか。

2019年10月 5日 (土)

最後の小学校運動会

第146回目を迎えた大磯小学校の運動会です。
一時は5学年も在校しているとノープログラムで運動会を観戦をしていましたが、一番下のペーくんが最終学年になったので今年が最後の運動会になりました。

一番上の高校生を除いて中学生組はお昼のお弁当時間にいつもの場所に集合!
私もお昼の時間だけ合流しました。
来年からはこの場所に来ることがなくなると何となく寂しいですね。

午後一番の演目である鼓笛演奏だけ見て帰ってきました。
この鼓笛も私が3、4年生の時に始まったのですからもう60年以上の歴史があります。
ある時から全員に笛を持たされて音楽の時間に一生懸命に練習をしました。

当時の音楽を教えていた大塚先生の熱血指導を想い出します。
厳しいと言うより、一クラス50人以上の生徒がいた時代です。
だから、その中で自分一人くらい間違ったって分かるはずがないと思います。
少なくとも私はそう思っていました。

でもね、間違えると確実にチョークを折ったその一片が飛んでくるんですよね!コントロールも良かった?
驚きましたね!どうしてだろうって?

そんな60年も前のことを想い出しながらペーくんの最後の鼓笛の演奏を鑑賞してきました。
みんな、本当に個性豊かに成長をしてくれました。
じぃじももうひと踏ん張りすることにします!

1005

より以前の記事一覧

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

NPOな人 椎野修平ブログ