家族

2017年4月 5日 (水)

孫たちの新年度もスタート

0405子どもたちの春休みが終わって、今日からそれぞれの孫たちが進学、進級と新年度のスタートです。
二番目の「のんちゃん」が中学生になり中学組が2人。小学生組が3人の構成になりました。

先月の21日に東京でサクラの開花宣言されて、一昨日辺りから東京のサクラが満開になり、上野公園周辺を始めとしてお花見で賑わうニュースが届いています。

しかし、大磯のサクラはまだ、二三部咲きです。
近所のサクラもまだまだの様子です。

今年はサクラが満開の中で入学式を迎えることが出来るだろうと思っていただけに、ちょっと残念でした。
それぞれ一年間を無事に元気に過ごしてくれることを願う新年度のスタートです。

2017年3月17日 (金)

のんちゃんの卒業式

孫の二番目、のんちゃんが小学校卒業です。
きりっと、緊張した表情で卒業証書を受け取り、涙をこらえている様な面持ちで退場する姿がMessengerを通して送られて来ます。

0317知人のお子様がのんちゃんと同じクラスということでライブ中継でも見ているようです。
まるで卒業式に出席している様な気持ちになりました。感謝です!

自分の感情を表現するのがちょっと苦手なのんちゃんなのです。
それだけに彼女なりに苦労もあった小学校生活だったと思います。

そんな気持ちと思いつつ彼女の気持ちは、もう4月から始まる中学校の、それも部活の方に向いている様子です。
良しにつけ、悪しにつけ今ののんちゃんを支えているのがテニスコート上で溌剌と動き回る姉の存在です。
お姉ちゃんの所属するテニス部に入ってコートを駆け回る姿がはっきりと見えている様です。
中学校って勉強をするところ?いやぁー、例えそうであっても彼女なりに考えているのでしょうから、それも一つの中学生活をしていく上で重要な要素です。

中学校に進学し、部活を通して自己表現が出来るようになってくれば良いと思います。
心機一転、色々と新しいものにチャレンジもして欲しいと思います。

おめでとう!のんちゃん。

これで中学生も二人になりました。
歳をとる訳だと思う気持ちと、まだまだ老け込む訳にもいかない気持ちと交錯する複雑な孫の成長ですね。

2017年3月 4日 (土)

二日早い誕生祝い!

03044番目の孫、まーちゃんが10歳の誕生日を迎えました。
5人の孫の内、4人が10歳代になりました。
娘の次男坊ぺーくんも8月には10歳になりますから、今年中に皆、10歳になります。

ところで今日、誕生日を迎えたまーちゃんの最強の武器は「笑顔」。

この笑顔でじぃじ・ばぁばも両親、おそらく学校の先生もころっと騙されてしまうほど、不思議な笑顔を持っている娘なのです。

年齢の割に小さいこともあるのだと思います。
三女だけに要領の良いのも天性のものを持っています。

女の子の「笑顔」は男を落とす最強の武器。
「笑顔」が可愛いだけでモテるようになれると言っても過言ではありません。
この歳になっても女の笑顔には弱いのです!

そして一方では、「笑顔」という武器を全然使いこなせてない子も多いのです。
これからも、この「笑顔」を持ち続けてくれることを願う誕生日でした。

2017年3月 3日 (金)

3月3日「ひな祭り」です。

03033月3日「ひな祭り」です。
雛人形を飾り、ちらし寿司やハマグリのお吸い物を食べて、季節の節目や変わり目に災難や厄から身を守り、女の子の健やかな成長を願う伝統行事です。

内孫が3人とも女の子ですので「ひな祭り」をやらないわけにはいきません。

平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」であり、この行事が「ひな祭り」の元になったと言い伝えられています。

流し雛が女児だけの行事になったのはなぜなのでしょうかね?

ヒントが「流觴(りゅうしょう)曲水の宴」にありそうです。
殿方だけが楽しむ流觴曲水の宴に対するその当時の女性のささやかな抵抗があったのではないでしょうか。

曲水の宴は、平安貴族の男性社会で行われていた行事に対抗して女性が行うことができる「流し雛」として姿を変えたとの説もあります。

平安貴族の女性によって世界的にも類を見ない、女の子のためだけの行事が誕生したという説とすると平安貴族の女性パワーの凄さを感じます。

いずれのいわれであろうと、生まれた子どもたちの無病息災を祈る気持ちは、男女を問わず同じです。

孫たちも一年ごとに着実に成長しているようです。
だんだんひな人形が小さく見えるようになりました。
いつまで、こうした写真も撮れるのでしょうか?

2016年10月10日 (月)

体育の日は、やっぱり10月10日!

土曜日の大磯小学校の運動会が10日体育の日の今日に延期になっていました。

「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような、すばらしい秋日和でございます」。
北出清五郎アナの名調子で始まった1964(昭和39)年東京オリンピック開会式。
日本でオリンピックが初めて生中継された瞬間でもありました。

このような青空こそありませんでした、暑くもなく、寒くもなく、風もなく絶好の運動日、日和になりました。

体育の日と言うと我々の世代だとやっぱり10月10日です。

今年の運動会は4人の孫たちの応援です。
昨年の5人をピークに毎年、一人ずつ減っていきます。

みんな精一杯に、良い笑顔で頑張っていました。

1010

2016年10月 8日 (土)

孫とのボウリングデー

今日は寒露です。

寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のことで、秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりになります。
この頃になると五穀の収穫もたけなわになり、農家では繁忙を極めまる時季になるのですが、今秋は長雨の間の秋晴れを余り見ることがなかった様に感じます。

今日もその秋霖により全ての予定が延期になりました。

当初、観光協会で「大磯今昔」アプリの役員向けの研修会を行う予定でした。
数日前からメンバーの怪我、急病でこの事業が延期になってしまったので勤務日を調整して、孫たちの小学校の運動会に行く予定に変更しました。

しかし、その運動会も10日に延期に。

元々が運動会であったので、子ども達のテニスの練習も、もちろん最初から予定がありません。
完全に暇をもてあます状況に?

1008そんな中で、息子が月曜日のリーグ戦の先投げに子ども達を連れて行くと言うので、私も11月にブラインドになる週があるので、「じぃじ」も先投げにとボウリングデーに変更となりました。

先投げは一人で投げるために、良いか、悪いかのどちらかなります。
しかし、集中力が保てずに、ちょっとしたミスを機に大きく崩れるパターンが圧倒的なのです。

しかし、今日の先投げは息子と勝負をしている訳ではないのですが、一緒に投げれば、つい真剣になるものです。
まして、隣のレーンでは孫たちもゲームを楽しんでいます。

少しは「じぃじ」も格好いいところを見せなければと力が入りました。
結果的に息子に完敗したものの、それなりのレベルの高いゲームで競えて、久しぶりにボウリングを楽しめました。

運動会が延期になった10日頃からは、大気の状態も安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなりそうです。
夜には月も美しく輝いて見えるようになるはずです。

そうです、13日には旧安田邸での十三夜観月会もあります。
やっと秋の清々しさと趣を感じる季節になると同時に、もの寂しさを感じる本格的な秋の到来になるんですね!

2016年8月28日 (日)

末孫の誕生日です

0828明日が一番下の孫「ぺー」くんの誕生日なのですが、夏休みでも子ども達は部活、親は当然仕事等の関係で誕生会をしてあげることが出来ません。

今夜は家族全員が集まれるので一日、前倒しでの誕生会です。

今年が9歳の誕生日ですので、来年になると全員が二桁の歳になると思うと感慨深いものがあります。
この様な場面になると、自分の歳を感じるようになるのです。

いずれにしても子ども達は、後3日で夏休みが終わります。
夏休み中に経験した色々なことを新学期に活かして、小学校・中学校生活を楽しんでくれることを願うのみです。

2016年8月25日 (木)

夏休みの宿題

来週、あと一週間もすれば子ども達の夏休みも終わりです。
宿題を一つずつ終わらせて新学期に備えているようですが、一番下の孫が「じぃじ」に頼まれていた宿題が終わっていませんでした。

今夜は小学校4年生、まーこの理科の宿題を併せての夜空鑑賞となりました。
4年生になると理科で星座の学習があるのか?
ここ数年、夏休みになると「じぃじ」が開く夜空の鑑賞会です。

この宿題だけは「じぃじ」の担当なのです。
「こと座」のベガ。「わし座」のアルタイル。「はくちょう座」のデネブ。
この3つの星を結んだ三角形が「夏の大三角」です。

併せて、昨日は見ることの出来なかった、ちょっと黄色っぽく輝く土星、そして赤く輝く火星、そのすぐ下に火星と同じように赤く輝くさそり座のアンタレスです。

今夜は、列がちょっとだけ乱れていましたが、こちらもはっきりと確認することが出来ました。

これを鑑賞して? その後どうするのでしょう?
とにかく、今夜は夏の大三角が綺麗に見えて、無事に宿題を完了させました。

0825

写真はYAHOO!きっず図鑑から

2016年6月 7日 (火)

新家族の?「くるみ」です!

今日、はるばる茨城県から神奈川県にやってきた新家族です。
娘のFBつながりの友の猫が今春8匹の子猫ちゃんを出産しました。

子猫の写真を見ると誰でもが可愛いし、欲しくなるものです。
一瞬の内に1匹をもらい受ける話に進展して、娘は茨城県まで早速にドライブ。

今日は子猫が家にやって来るのを楽しみにして登校して行った孫たちは、寄り道をせずに一目散に学校から帰ってきました。

0607それぞれの膝の中でスヤスヤと眠る姿に大満足です。

が、納得できない、不機嫌なのが、先住猫の「タマ」です。
主役の座を瞬時にして失い、居場所がなくなった彼女は私の膝の中にいても、いつもより強い甘噛みで手の甲を噛んできます。

子猫は、人間と同じように無邪気で、怖いもの知らずです。
今日、初めてご対面をした先住の「タマ」に対しても興味津々です。

一方の「タマ」は、いきなり自分の縄張りに、それも挨拶なしに我がもの顔で侵入してきた猫に対し、それが例え子猫であろうと面白いはずがありません。

もともと猫は、群れを作らず、単独行動が好きな動物ですし、近づいてくる猫は、みんな敵だ!!と思うのは、想像していました。
母性本能を発揮するだろうというのは、人間の都合の良い考え方です。

確かに子猫は可愛いです。
しばらくは、孫たちの生きたおもちゃになるでしょう。

子猫は孫たちに任せて、私は、家族になりきっている先住の「タマ」を中心に、可愛がってあげることが重要だと思います。
それも、今までより、撫でて、褒めてあげて!

そして「くるみ」も大切な新しい家族なんだと。
子猫はあなたの下なんだよー と教える? どのように?

2016年4月11日 (月)

中学生としての初登校

孫のひーちゃんが待望の新中学生として初登校をしました。

入学式を前にインフルエンザに罹患して同級生達が期待を膨らませながら新学生を迎え通学し始めたのを傍らで見ていただけに、自分一人が取り残されたような感覚に陥り、ここ数日は相当のフラストレーションを抱えていた様子でした。

仲間からの電話で学校の様子を聞く度に焦ってくるのだと思います。
まして、先週の木曜日あたりには熱も完全に下がって元気に!余計です。
しかし、土曜日の医者の診断書が出なければ登校させるわけにもいきません。

そして、今朝は、この日を待ち焦がれたように元気に中学生としての一歩をスタートさせました。
新品の教科書に併せて愛用のラケットも忘れずに持参して。

最初は皆こうして元気に、希望に満ちて、期待に夢も膨らませて学校に行くんですよね。

それが、ちょっとしたきっかけで不登校になってしまうこともあることを考えれば、とにかく学校に行くことが楽しいとの気持ちを持ち続けてくれれば良いと思います。

仲間といるのが楽しいから!
好きなテニスを出来るから!
どんな理由でも良いと思います!

私の中学生時代はもう半世紀以上前になります。
しかし、この年代の想い出は今でも走馬燈のように思い出すことが出来るのです。
楽しい想い出をたくさん創りました。

彼女にも、良い想い出づくりをして欲しいと願いながら新中学生を送り出しました。

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ