日記・コラム・つぶやき

2019年3月13日 (水)

皆さんネタ切れ?

大磯町観光協会では広報宣伝委員会のメンバーが曜日ごとに担当を決めてFBにタイムリーな話題を提供しています。
Twitterもほぼ毎日アップしています。

年度末で当年度の事業はほとんど終了して、現在は2019年度に向けての準備の真っ最中です。
告知チラシに掲載する8月までのイベントチラシも最低限の情報だけは収集して何とか印刷を発注する一歩手前までまとまりました。

しかし、インフォメーションをするための詳細内容を詰めているところなので、まだ記事にして告知が出来ません。
従って、皆さんネタ切れで自身の身の回りの情報をアップして凌いでいる状況です。

私のブログもネタ切れです。
毎日、年度末の会議と事業のまとめに次年度の事業計画をペーパーベースに落とし込む地味なデスクワーク作業の連続なので話題が細ります。

と言いながらネットで話題を拾うと
「35億3175万6965円!」何の金額?
3月8日「第307回ロト7」の史上最高のキャリーオーバー額だそうです。
そしてこの7つの数字「05、08、15、24、25、32、35」1等が3口も出たそうです。
2019年3月8日を境に億万長者になった人が、3人もいると言うことですね?
夢のような話です!
宝くじで300円以外当たったことのない私には無縁すぎる話題でした!
でも、ちょっとだけ羨ましいですね。

2019年3月12日 (火)

孫と気分転換

昨日は一番上の孫が無事に中学校を卒業しました。
今日の私はオフのはず、なのですが報告等の書類の作成や今月中に発行する8月前のイベントチラシの作成をメール等でやり取りをしていると事務所に出ている以上になにか忙しさを感じます。

リモート作業ができるのが良いのか悪いのか?
しかし、リモート作業が出来なければ、きっと気になって事務所に出勤してしまうでしょうし?
その人の性格等にもよりますが、私はipadやノートPCでどこにいてもデータのやり取りが出来る方が性に合っているようです。

一通りの作業を終えて孫の卒業祝いを兼ね、ばぁばも連れ出して気分転換に葉山方面の海辺のレストランへ食事に出掛けました。
相模湾が春の陽光に輝いている景色を眺めながら美味しくいただきました。
英気も養ったし、さぁー一仕事しよう。
それにしてもデスクワークが主になるだけに腰にダメージが来ているのが気になります。

2019年3月11日 (月)

あれから8年。そして孫の中学校卒業式。

2011年3月11日(金)14時46分18秒に宮城県牡鹿半島の東南東沖を震源とする東北地方太平洋沖地震が発生しました。
あれから8年。
亡くなった人は全国で15,897人、今も2,533人が行方不明となっています。

地震・津波等で被害を受けた市町村は少しずつ復興している様子は、昨夏に久しぶりに訪問した際に感じることが出来ました。
福島第一原発事故の影響により、帰宅困難地区の現状がとても心配になりました。

各地で犠牲者を追悼する催しや復興支援のイベントが行われ、震災が発生した時刻に合わせて黙祷が捧げられました。
私もそっとデスクの前でお亡くなりになった方々のご冥福を祈りました。

そして、こうした中で一番上の孫が中学校の卒業式を迎えました。
来月から高校生ですよね。
私の高校生は55年前。それでも今でも高校時代の想い出は鮮明に残っています。それだけ楽しかった?のかなと思います。
大変な時もあるのでしょうが、良い想い出をたくさん造って欲しいと思います。
おめでとう!
これで4月から高1・中3・中2・中1・小6になります。
まだまだ卒業・入学が連続します。

2019年3月 9日 (土)

今日が「春一番2019」?

気象庁から今日、関東地方で春一番が吹いたとの発表がありました。
昨年の春一番は3月1日ですから8日遅い春一番でした。

午後4時までの最大瞬間風速と最高気温は次の通りだそうです。
 東京:14.2メートル(南南東)16度9分
 横浜:16.7メートル(西南西)17度0分
 千葉:16.5メートル(南西)16度3分
春一番の関東地方の条件、最大風速が8メートル以上、風向は南よりをクリアしています。

今年の2月4日のブログで、立春の日に強い風が吹いて北陸地方は春一番が吹いたとの発表があり、関東地方にはわずかに届かなかったとアップしていました。

しかし、自分の中では「春一番」が立春に吹いたと勝手に解釈をしていたので今日のウエザーニュースは「あれっ!」と言った感覚でした。

今朝も裏山からウグイスの鳴き声が届いていました。
それもとても上手に鳴いていました。
そして春と言っても良いほどの気持ちのよい一日でした。
これからが一日一日身体も動くようになって嬉しいですね!

2019年3月 8日 (金)

本音をしゃべれる会議、良いですね!

午後からプライベートで出席を依頼されていた会議。
プライベートと言っても求められる意見は私のバックボーンとしている観光協会等としての考え方です。

出席している方々を見ると大磯以外のところに活動拠点を持っているものの、何らかの形で大磯と接点がある人だけに大磯の状況はよく把握しています。

年代が幅広いのも嬉しかったです。
ですから久しぶりに本音の話が出来ました。
こうした会議を通して今の大磯町に反映させることが出来ればベストだと思います。

幅広い話題でしたが、最終的には皆さん「Love OISO」が根底にありますので話題はつきません。
自分の思っている考え方を進めていく方向性だけは確認できました。

皆さん、口には出さないけれど思いは同じなんですね?
後はマイノリティーをマジョリティにするためにはどうしたら良いのかを一つ一つ実践していけば良いかです?
時間が経つのを忘れた会議でした。

ところでその会議の内容は?
普段から時々ぼやいている内容です。
少しずつぼやきの内容をアップしていきたいと思います。

2019年3月 7日 (木)

ID・パスワード方式の確定申告

確定申告書が自宅から簡単に送ることが出来ます。
スマホでも可能です。

従前のe-Taxを利用する場合はパソコン等でカードリーダー等の識別が必要だったと思います。
前職にあった10年ほど間にこのe-Taxが始まり、普及のために協力をした記憶があります。

個人の確定申告も、当初は電子証明書等特別控除という税額控除、確か最高5,000円程の控除があり利用しました。
しかし、数年でこの控除もなくなり、個人で住基カード(当時)を作ったり、年1回数分しか使用しないICカードリーダーを所有するのが、どうしても面倒に感じてしまいe-Taxを利用していませんでした。
以降は「確定申告書等作成コーナー」で作成したデータを印刷する提出方法を続けていました。

国税庁はe-Taxの個人納税者への普及に、e-Taxの利用による申告の迅速・簡易さが強調されていましたが、利用前のパソコンでの電子申告に関わる事前セットアップが意外と複雑で、まして前述のように電子証明書等特別控除を早々に止めてしまい、中々普及していかなかったのが現状だと思います。

そこで登場したのがID・パスワード方式です。
今年の1月からマイナンバーカードとICカードリーダーを使わずに、IDとパスワードでe-Taxが利用できます。
税務署でID・パスワードを発行してもらえれば「確定申告書等作成コーナー」で作成した申告書を持参しないでe-Taxで送信、つまり提出できます。
15日迄あと一週間足らずですが今からでも十分間に合いますよ!

0307
ただし、この方式、ID・パスワード方式は恒久的に利用は出来ません。
あくまでマイナンバーカードの普及が進むまでの暫定対応だそうですので、今後、継続するかどうかは3年毎に見直しが行われるそうです。
それでも、2020年分までの確定申告には利用できるということですので利用する価値はあるのかなと思います。

2019年3月 6日 (水)

大磯宿場まつり継続へ!

昨年の11月4日に実施した「第25回大磯宿場まつり」です。
通常であれば第26回目の開催に向けて準備をしているところです。

しかし、ここ数年はスタッフの高齢化も進み、新しい企画を打ち出すことも出来ずに少々マンネリ化に陥っていたのが現状です。むしろ、今回をもって終了という存続すら危ぶまれていました。

イベントを継承していくためには目的等をしっかり持っていないと開催することが目的になってしまい最終的には消滅して過去の想い出になってしまうのが常です。
それこそ初期の目的を完遂できたのであれば、こんな想いになることはありません。
道半ばであればこそ、ジレンマに陥っているのです。

次世代に継承することが出来ないのは、このイベントを産み出した者の責任です。
継続が出来ないのであれば自分の手で終止符を打つのも役目かなとも思っていました。
そんな気持ちで今夜の第25回大磯宿場まつりの最終スタッフ会議と位置づけて開催しました。

1月の運営スタッフ会議ではこのような思いの一端を吐露しました。
継続させるためにはどのような課題をクリアすれば可能なのかをスタッフと協議をしました。
その中で若いスタッフの数名が、「このまま宿場まつりが無くなってしまうのは余りのも惜しい。我々で実施することが出来るのかを検討させて欲しい」との意見もあり、今日まで延ばしてきました。

そして今夜の会議の結論は「我々の出来る範囲で大磯宿場まつりを継続していく!」という力強い表明がありました。
ありがたいです!
そして今までの年配者のスタッフもこの若者たちのサポーターとして支援していくとの表明も上がりました。

う~ん!さすがに今日は「啓蟄」です。
皆さん、急に冬眠から覚めたように前に前に進めようとする意見がたくさん出ました。

まちづくりの要素に「よそ者・バカ者・若者」とはよく言われてきたことです。
しかし、私はこの三要素に「バカ者の老人」が必要だと思い続けてきました。

正に「バカ者の老人」とは2月28日にアップしたサーバントリーダーです。
若い者たちのやることを静かに見守り、何気ない支援を贈れば良いのです。
今までの「大磯宿場まつり」とは様変わりすると思います。
内容はどのように変わっても構いません。
今まではこうだった、ああだったとの言葉は禁句です。

宿場まつりを会場としている旧山王町東海道松並木は大磯町の財産であると同時に東海道57次の財産でもあるのです。
こうしたことを前提にまちづくりの一環として継続してくれるのであれば方法論が数多あるのですから過去の慣習等に捕らわれずに伸び伸びと前に進めてくれれば良いのです。
今後の推移を静かに見守っていきたいと思います。期待も込めて。

2019年3月 5日 (火)

ミラクル昇級ならず

将棋に興味があるわけではありません。
史上最年少棋士・藤井聡太七段の登場によりにわかに将棋に関心だけは行くようになりました。

今日、将棋の第77期順位戦C級1組の最終局が東京と大阪の将棋会館で一斉に行われ、勝てば2期連続の昇級が決まる可能性があるだけに結果を気にしていました。

見事に勝利しました。
しかし結果は昇級の夢は消えました。
戦前前の藤井七段の昇級は「勝ち星で並ぶライバル3人のうち2人が敗戦」の他力条件。
他の二人の棋士だって負けるわけにはいきません。これだけ注目もされていれば。
近藤誠也五段)・船江恒平六段の二人が勝利したために順位の差で2期連続の昇級はなりませんでした。

それでも師匠の杉本八段はB級2組へ4期ぶりの昇級を達成。
若者の台頭もありベテランが落ちるのが常の順位戦で50歳以上で昇級そうそうあるものではないそうです。
50歳でのB級2組への昇級は史上4位の年長記録とは師匠の面目を保ちました。

師匠は弟子が昇級を逸したことを伝え聞くと「藤井がいたから昇級争いできた。一緒に昇級するのが夢でしたので、自分だけ上がって申し訳ない気もします。棋士としては最高の気持ち。師匠としては複雑な思いです」
複雑な気持ちを吐露して藤井七段の来期の昇級を楽しみにしていれば、来期こそは昇級してくれるでしょう!

32年ぶりとなる師弟同時昇級のミラクル昇級を期待してだけに、ちょっとだけ残念な結果になりました。

2019年3月 4日 (月)

高齢者の免許更新講習で5か月待ちも

2月26日のブログで「有難くない通知?」で運転免許証の高齢者講習会の案内が届きましたとのコメントをアップしました。

年々高まる高齢者比率です。
高齢化の進展と共に上昇しているのが、高齢運転者によって引き起こされる交通事故が増加している事実も認識しています。
こうした高齢ドライバーによる事故の割合が高まるにつれて、運転免許証を自主返納すべきとの世論も強まっています。

一方で興味深い記事もあります。
国立長寿医療研究センターの研究チームが65歳以上の人を対象に行った調査結果です。
この結果によると、免許を返納して車の運転をしなくなった人が要介護状態になるリスクは、運転を続けている人の約8倍に上ることを明らかにしています。
「免許返納」が、必ずしも最善ではないことを示しているとも言えます。

いや、今日はこの様な話題ではないのです!
道路交通法で70歳以上の人には免許更新時に高齢者講習が義務づけられた法改正によって高齢ドライバーの免許更新の手続きが煩雑になり、教習所はその対応に追われているようです。
その結果、高齢者講習を受けようとしてもすぐに受けられない状況が各地で生じているようです。
まだ先だと思っていましたが早速、行動に移さなければと思うのですが?

2019年3月 3日 (日)

準備万端の結果は雨!

昨日は春らしい陽気で今日の里山ウオークの準備を気持ち良くできました。
例年、案内表示が分かりにくいとの指摘もあったもで、ちょっと迷いそうな箇所に表示をしました。
準備万端!4時間以上も掛けて表示板が足りなくなるほど準備をしたのに・・・・・?

そして迎えた本日。
昼過ぎからは雨が降ってくるだろうとの予想で準備はしていましたが、「えっ!」目を覚ました時点で雨!

皆さんで悩んで、結論は、曖昧に決行をすると混乱をするので「中止」を決定。
最近はネットからの申込み参加者が大半を占めているので参加予定者には同報メールで中止を告知。

大磯駅前でも集合場所の馬場公園に行く前で対応した結果、集合時間内の11時までに5人ほどが集合場所に見えただけで混乱を避けることが出来ました。
その中でも見えた方の3人は中止を知った上での来磯。

折角予定をしていたので歩けるものならば歩いてみたいとお見えになりました。
今日、配布する詳細地図をお渡しして、傘をさしても安心して歩けるコースをご案内してお出かけになっていきました。

外で実施するイベントは天気次第です。
雨等で中止になると実施する以上に労力が要ります。

皆さんに喜んでいただいた笑顔を見て終了できれば疲れは感じません。
しかし、来るか、来ないか分からない中で4時間もひたすら待機しているだけではさすがに疲労を感じます。
皆さん、お疲れ様でした!

観光協会単独の当年度事業はこれで全て終了しました。
後は一年分のまとめ、報告が山のように残っています。

より以前の記事一覧

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ