« 「名」と「人」の表記の違い? | トップページ | まん延防止等重点措置の区域に指定 »

2021年4月19日 (月)

マスコミが風評被害の元凶?

世界に理解を得られない?
やぁー、中国と韓国だけにはどう説明しても理解を得られないのでは?
併せて一部のマスコミと一部の野党さんには理解を得られないと思います。
風評被害を招く元がここにあるのですから!

東京電力福島第1原子力発電所の敷地内タンク群にたまり続けているトリチウムを含む処理水を海洋放出に関するニュースです。
漁業者の間に反対の声が強い。当然だと思います。

水素原子の一種であるトリチウムは放射性の元素らしいが、発する放射線が生物に与える影響は無視されるほど小さいが故にトリチウムは原発の通常運転でも発生し、世界の原子力施設では海洋放出などで処理している現実。
東京電力は、第1原発の敷地内に千基を超えるタンクを建造してトリチウムを含む処理水をためてきたが、来年秋には限界に達する見通し。それに加えて廃炉作業の前進には専用地を確保しなければならず、そのためにはタンクの撤去が必要となっている現実。
この2つの事情でトリチウム水の海洋放出が不可避となっている事情があります。

こうした背景により読売新聞や産経新聞は、中国の大亜湾原発は年間42兆ベクレル、韓国の古里(コリ)原発は同45兆ベクレル、同じく月城(ウォルソン)原発は同136兆ベクレル(ベクレルは放射能の強さや量を表す単位)のトリチウムを海に放出している。英国やフランス、米国、カナダなどの原発も同様に海洋放出を行っている経緯もあると報道をしています。
このように、トリチウムを含んだ処理水を海洋放出するのは、国際的に容認されている上、中国や韓国も実行している事実もあります。

片や、そんな事情は知らないふりで、日本政府のやることには「なんでも反対」なんでしょうかね?両国のご都合主義と左派マスコミのチグハグな報道が風評被害の元凶になっていると思いますよ。

朝日新聞は、「唐突な政治判断 地元反対押し切り」という見出しで、地元が「いつまで苦痛を強いられるのか」と書いています。社説でも「納得と信頼欠けたまま」と政府批判。
毎日新聞も社説で「福島の不信残したままだ」と批判しています。

しかし、一方では「トリチウムは弱い放射線を出すが、基準を満たしていれば健康被害は避けられるという。ただ科学的な合理性を訴えるだけでは国民の理解は得られまい」とコメントして「海洋放出が危険」とも言わずに「地元が納得していないからダメだ」と。日本を代表する天下のマスコミがこんな論法ってありますか?

よくよく読めば、科学的な合理性を認めているとも取れます?
もし認めていないのであれば、IAEAやWHOが定める基準に合理性がないということでしょうから、自らが調査して合理性がなかったことを証明してキチンと報道すべきだと思うのですが?

ここは「科学的な合理性を基に、説明を尽くせ」と日本国内を始め、中国や韓国に向けて報道するのがマスコミの役目でしょう!
それこそ、根拠のない噂に負けないで、IAEAと国内外の風評防止に取り組んで欲しいと思います。

« 「名」と「人」の表記の違い? | トップページ | まん延防止等重点措置の区域に指定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「名」と「人」の表記の違い? | トップページ | まん延防止等重点措置の区域に指定 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

NPOな人 椎野修平ブログ