« 新型コロナウイルス感染の話題が新年度にも | トップページ | 感動を呼ぶ復活劇? »

2021年4月 3日 (土)

OISO CONNECT & ビジターバース

大磯港に大磯港賑わい交流施設「OISO CONNECT」がプレオープンしビジターバースも完工して1日から供用が開始されて、スプリングクルーズの記念クルーズが催されました。

「OISO CONNECT」は17日のグランドオープンを目指してのプレオープンだけに、一部準備が整わずにオペレーションが混乱気味。一つ一つチェックを入れて完成形にしていくのだと思いますが、プレオープンとは言え一般開放しているだけに、これが「OISO CONNECT」と思われるとちょっと心配です。

今日オープンした大磯港賑わい交流施設とビジターバースは2007年の大磯港活性化整備計画に「賑わい・交流ゾーン」として位置づけ、2014年の「大磯町新たな観光の核づくり基本計画」に「大磯港賑わい交流施設の整備、みなとオアシス化」として位置づけて進められてきた経緯があります。
当初の計画から14年も経過しました。

0403 ビジターバースの完工によりスプリングクルーズが行われて、多くの方が海からの大磯町を楽しんでくれました。
「いそべぇ・あおみ」の2021年度の初仕事でもありました。
お客様を後部甲板からウエルカムをさせてもらいました。
【写真は建物を除く3枚は、知人の木原さんから提供してもらいました。】

新型コロナウイルス感染の収束も見えません。
もう一点。4月2日(金)~7月17日(土)まで西湘バイパス早川インターチェンジのリニューアル工事の期間、箱根、伊豆方面が通行止めになります。

北関東方面等から圏央道経由で箱根・伊豆方面を目指す場合には、海を眺めながらR134号を経由して西湘バイパスの利用が不自由になり海老名JCから小田原厚木道路の利用が増えることも予想されます。
この辺も懸念材料の一つです。

« 新型コロナウイルス感染の話題が新年度にも | トップページ | 感動を呼ぶ復活劇? »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウイルス感染の話題が新年度にも | トップページ | 感動を呼ぶ復活劇? »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

NPOな人 椎野修平ブログ