« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

大阪国際女子マラソン 男子選手のPM 

大阪国際女子マラソンが行われ東京オリンピックの女子マラソンの代表に内定している一山麻緒選手が2時間21分11秒の大会新記録で優勝しました。

今年の大会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から大阪市内の公道を走る従来のコースから大会直前に公園内のおよそ2.8㎞を周回するコースに変更して行われました。

戦前から優勝した一山麻緒選手と前田穂南選手の2強による争いが予想されていて、記録も野口みずきさんが持つ2時間19分12秒の日本記録更新を目指すために、何とペースメーカーに男子選手が起用され、それもプロランナー川内優輝さん等とあって戦前から期待と話題満載の大会になっていました。

結果は日本記録更新はお預けとなりましたが、優勝タイムは大会新記録(コースが違うので新記録なのかは分かりませんが?)です。
2位になった前田選手も自己ベストを20秒近く更新する2時間23分30秒のタイムも立派でした。

それにしても川内さん等のペースメイキングも2人が併走している間は、日本記録更新の目安となる1㎞を機械のように正確に3分17~18秒で刻んでいくのには感心しました。
一般的にペースメーカーは30キロや中間点までで、そこで走り終わるのが普通ですよね。当初は40キロまでの予定だったそうです。
それでも、一山選手が少しでもいいタイムを出せるようにと先導を続けて一山選手を最後まで引っ張り、ラストスパートをサポート。
そして競技場に入るとペースを落として、一山選手から離れて主役がゴールしてから45秒後にトラックの外側を走り、目立たないよう密かに42.195Kmを完走してフィニッシュラインを超えたPMの川内優輝さんもカッコ良かったです。

レースの方は、ハーフまでは日本記録ペースを維持で通過しましたが、25Km以降は明らかにペースダウン。
それでもペースダウンは日本記録と比較してのダウンであり高速タイムで進んでいます。
その結果、優勝した一山選手は自己記録に42秒及ばなかったものの粘り続けて18年ぶりの大会記録を上回ったことは立派です。2位の前田選手、3位の阿部有香里選手、4位の上杉真穂選手、5位の萩原歩美選手は初マラソン、6位の和久夢来選手、8位の松田杏奈選手が自己記録をマーク。特に和久選手は4分37秒、阿部選手は3分21秒、上杉選手は3分10秒も記録を伸ばした、男子のペースメーカー、周回コースに気象条件が揃ったとは言え実り多き大会となったようです。

新型コロナウイルス感染症の拡大で東京オリンピックへ先行きが見通せない中、実践的なレースがなかっただけに、本番前にに、最初から終盤まで実戦で日本記録を狙う挑戦ができたことは貴重な大会だったと思います。
記録達成できなかった悔しさは、本番の舞台で生かせば良いです!
と言いつつ本番の開催が?????なのですが。

2021年1月30日 (土)

緊急事態宣言の解除は?延長か?

1月8日に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県を対象に緊急事態宣言が発令されました。
続いて13日には大阪府、兵庫県、京都府、愛知県、岐阜県、福岡県、栃木県の7府県が追加されて最終的に11都府県で緊急事態宣言が発令されています。
いずれも2月7日迄の期間とされています。

あと1週間ほどになりました。
果たして緊急事態宣言の解除になるのか。または延長されるのかがニュースの中心になってきました。
確かに、東京都の今日の新型コロナウイルスの感染者は769人が確認され、1日当たりの感染者は2日連続で1,000人を下回り、対象となっている東京都以外の府県でも新規の感染者数は減少傾向を見せています。

現在、感染状況が落ち着きつつある栃木県などについては解除を、その他の地域は来月末まで、或いは3月7日までの延長が検討されているようです。
いずれにしても感染者数は減少にあっても、医療体制に大きな負荷が掛かっている現状のニュースを耳にすれば延長するのは間違いないと思います。しっかりと検討して明確な判断をして欲しいと思います。
来週早々には判断されると思います。

緊急事態宣言について私は「発令」とタイプしてきました。
政府が発表するのは「発出」です。
この違いは何なんでしょうか?

色々なニュースを見ていると、政府、地方自治体、メディアによって使い方が統一されてません。だから「出す」という言葉をあえて?使っているメディアもあるようです。
菅首相の会見や施政方針演説では「緊急事態宣言を発出しました」と語っていました。

「発令」は比較的、意味がはっきりとしています。
「法令や指令、指示などを出すこと」というものです。
「警報を出す」際にも使われいます。この場合は「暴風波浪警報が発令された」のように使われています。
だから、今まで「発令」とタイプしていました。

分かりづらいのが「発出」です。
何か色々と解説されていましたが結局、私には理解できませんでした。
分かったのは、「発出」は、単に何かを「出す」ことを意味しているようです。

最終的には、実質的に法令に基づいて緊急事態宣言は出されているものですから「発令」で構わないと思うのですがね?
それが、現在の緊急事態宣言では、あくまで飲食店の時短営業や国民への外出自粛、テレワークなどを要請しているのでお願いベースなんです。
もっと穿った見方をすれば緊急事態宣言に基づいて、実際に要請や指示をするのは知事であり、国ではないんです。
だから「発出」と発表することで、少しでも国民に対して上から目線の命令を和らげたいと思っているのでしょうか?
もし、そうであればこの姿勢こそが国の考え方が国民に真意が届かない要因の一つだと思います。

2021年1月29日 (金)

2021年最初の満月「 ウルフムーン」

0129 今夕は、2021年最初の満月「 ウルフムーン」を写真に収めるために自宅裏のちょっと小高いところに。
1月の満月は、「ウルフムーン」と呼ばれ、飢えた狼の遠吠えになぞって名付けられたといわれています。

アメリカの先住民が名付けた満月の呼び名です。
真冬の中で食料を求めて、中々餌にありつけずにお腹を空かして悲しそうに遠吠えするオオカミ。
そんな哀れみのオオカミの姿を想像してみていると、心なしか儚く見える2021年最初の満月「 ウルフムーン」です。

今夕の満月の月の出は、厳密に言うとちょっとだけ満月を過ぎているんですよね。
今朝の午前4時16分頃が、今年最初の満月だったそうです。
そんな、細かいことには関係ありません。天文学者でもないんですから。
私にとっての満月は今夜なのです。
今晩も素敵な月夜です!

0129_20210129211801

2021年1月28日 (木)

ムーンライトながら廃止へ

東京~大垣間の夜行快速列車「ムーンライトながら」が、JR東日本やJR東海が1月22日に発表した春の増発列車に関するプレスリリースで「運転を終了いたします」との発表がありました。
昨年の春に運行されたのがラストの運行になった過去形のニュースになってしまったようです。
残念ですね!
かつては定期列車として運行され親しまれてきましたが、2009年以降は春・夏・冬の「青春18きっぷ」シーズンに運転される臨時列車と運行されていました。

若者だけではなく「青春18きっぷ」などを利用した格安旅行、のんびりと旅行をするために利用する人気だった列車です。
「青春18きっぷ」は、年齢にかかわらず、誰でもが利用が出来て、1人で5日間の旅行や5人グループでの日帰り旅行などの「鉄道ぶらり旅」をする上で非常に便利なチケットです。それに併せて運行されていました。

「青春18のびのびきっぷ」(現在の「青春18きっぷ」)が発売されたのが1982年でした。
「大垣行き夜行」から「ムーンライトながら」となるのは1996年からです。

この「ムーンライトながら」という愛称がついたのは人気列車だからとかという理由ではありません。
車両が特急「東海」用を使用し、また、全席指定席となったために電車を特定するために愛称をつける必要が生じたのです。

団塊の世代や先輩たちには「ムーンライトながら」は馴染みがなくても、前身の「大垣行き夜行」といえば懐かしいと思うのではないでしょうか?
関東地方の方にとっての岐阜県大垣市はこの列車の存在により知名度アップにつながったとも言えるかも知れませんね。

この大垣行きの列車が電車はいつ頃から運行されていたのかは知りません。
私が横浜に通勤していた頃の「大垣行き」は終電1本前の電車だったとの記憶があります。
よく利用しました。

そして、先輩たちのこの大垣行きの電車の想い出の一つに、どこまで乗り越したかを競う電車でもありました?
一番、遠方まで乗り越したのは浜松までとの先輩もいました。
静岡駅くらいでは話にならん?と自分の失敗談をネタとして提供してくれた電車でもありました。
当時から人気のあった電車ですから横浜駅からでは座れなかった記憶がありますがね。兎に角混んでいた印象が残っています。
それでも、そこまで乗り越してしまうんですから凄いですよね!
現在では昼間に沼津行きが数本あるだけで、後の電車は、熱海止まりが最西なので静岡を通り過ぎるようなかつての武勇伝も聞かなくなりました。

かつて夜行快速列車は全国で複数運転され、それぞれ便利に利用されていた経緯もありました。
そして、近年は、遠距離地への高速バスの充実し、他の格安な交通手段も現れたことによる利用客の減少に加え、車両の老朽化等の色々な事情があって次々に廃止されて臨時列車かも知れませんが「ムーンライトながら」が最後の夜行快速列車だったのだと思います。
それだけに新型コロナウイルス感染拡大によりラストランも出来ずに過去形で廃止のニュースだけになってしまったのは、ちょっと寂しいですね。

2021年1月27日 (水)

世界の感染者1億人突破!

新型コロナウイルスの世界の感染者が累計で1億人を超えました。
2019年12月に中国・武漢で最初の感染が確認され、昨年の11月に5千万人を突破したと思ったら2ヶ月半程で5千万人が感染したことになります。
変異したウイルスの発見も相次いでおり、心配な状況が続いています。

11都府県に緊急事態宣言が発令されて、少しだけ減少傾向の見える日本ですが、各国の状況は信じられない感染者数の数字に驚くばかりです。
国別の累計感染者数を見ても、最多の米国が約2,540万人、インド 約1,070万人、ブラジル 約890万人、ロシア 約370万人、英国 約370万人と続いている。

死亡者数も米国では今月に入り、1日当たりの死者数が4,000人を上回るなど世界最多の42万人以上が死亡し、世界の死者数は215万人を超えています。
感染者1億人というのは、約77億人の世界人口で換算すると、77人に1人が感染した計算になる大変な数字ですよね。

こうなると、急がれるのがワクチンです。
比較的ワクチン接種に取り組んだイスラエルでは、2回接種した人のうち、その後の検査で陽性と判定されたのは0.014%にとどまっているとの暫定値が発表されています。
精査して、こうした数字が間違いないというのが確認されればワクチン接種も一気に進むと思います。

ワクチンの供給と接種する体制が整うかが次の課題になりますね。
日本はどうでしょうか?

2021年1月26日 (火)

寂しかったよ!富士山?

自宅からは残念ながら富士山を見ることは出来ません。
しかし、一歩外に出れば至る所から富士山を見ることは出来ます。
だから珍しい山ではないのですが、富士山が見られるところに行くと魅入ってしまうんです。
不思議な魅力を持っていますよね。

春夏秋冬で楽しませてくれるのですが、やっぱり雪化粧の富士山が綺麗だと思います。
それが「今年の富士山は雪が少なくて寂しいね!」そんな声をたくさん聞きました。
原因は?と言っても降水量が少なければ、いくら標高の高い富士山といえども冠雪しようがありません。

昨秋の2020年は、2019年より1カ月も早い、9月21日に「初雪化粧」しました。
ですから昨年の11月には、富士山の化粧姿を見たくて目の前で見られるホテルを選んで旅をしたのですが?
しかし、11月でも雪化粧している姿は見られずに、空振りに終わってしまいました。
ほとんど雪がありませんでした。

ところが、ようやく、23日から24日にかけてまとまった降水があり山頂から裾野までしっかりと雪化粧した富士山が今シーズン初めての姿を見せてくれました。

皆さんも、この富士山の雪化粧を待ち焦がれていたのか、一斉に各地からの写真がFBに投稿されていました。
今夜から明日に掛けても関東、甲信地方は雨が予想されていますので、しばらくは真っ白な雪帽子をかぶった姿が楽しめそうですね。

0127 その富士山の撮影スポットは?ネットで検索すると無数に出てきます。
富士山は見られたところが、見た人の最高のスポットなのだと思います。それが富士山たる所以なんですね。
東海道好きな私の富士山のビュースポットは、由比宿から奥津宿の宿間にある薩多峠からの眺めですかね?
だいぶ前の薩多峠からの写真です。

2021年1月25日 (月)

ニタマが執行役員に昇格?

ネットのニュースを開けば新型コロナウイルスの感染者の状況。
ラジオをつければ衆議院予算委員会で論議の咬み合わない論戦?が耳に入ってきます。

そして新型コロナウイルスへの対応で指導力を発揮していないと、朝日新聞社が23、24日に全国世論調査(電話)を実施した結果は、菅内閣の支持率は33%に下がり、不支持率は45%に増えて支持を上回ったと。

一方では、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は同じく23、24日に合同世論調査を実施した結果は、菅内閣の支持率は52.3%で、不支持率45.0%を上回ったと。
内閣支持率を押し上げた理由として、政府が2月下旬に接種開始を見込む新型コロナウイルスのワクチンに「期待する」との回答は77.2%、「接種する」との回答は69.2%で、感染収束の「切り札」とされるワクチンへの期待あったとされています。
何なんだ!この違い、差は?分からない。

今日の東京都の新型コロナウイルス感染者は、618人の報告と2日連続で1,000人を下回り、今年に入ってからでは最も少なく、全国的の感染者数を見ても、ここ数日から比較すると減少値になっています。
緊急事態宣言の発令が一定の効果が出始めていると思われるので、ここが正念場!
更に一歩進んだ外出自粛が徹底していけばステージⅢに近づいていくでしょうかね?

こうして世界中が新型コロナウイルス感染症の話題が満載です。
食、職の確保もままならない人々が大勢いる中でこうしたニュースのアップは如何なのかとも思いましたが・・・・・?

19年1月から「マネージャー駅長」(部長職)の職にあったのが、昨日の辞令で「ウルトラ駅長」として沿線の全14駅長を兼務する執行役員に任命されたそうです。
凄いですね!
一体、誰なんですか?こんな大変な時に昇格できる人とは?

0125_20210125213401  実は人間ではないんです。「猫」ちゃんです。
それは和歌山電鉄、貴志駅の猫の駅長「ニタマ」なのです。

「ニタマ」の客招きの功績を評価したもので、同社の猫の役員は2010年の先代駅長「たま」(15年死亡)以来、11年ぶり。
そして、先代駅長「たま」は、社長代理にまで出世しているので、まだまだ上を目指さなければいけない「ニタマ」なのです。
待遇も改善されて、キャットフードをより高級なものにする?らしいですが、余り贅沢な食事にするとかえって病気になってしまうかも知れませんのでそこそこにしておいて下さいね。

和歌山電鉄も新型コロナウイルスの影響で国内の観光客をもちろん、訪日外国人の利用客もなくなり、ノックアウト寸前の経営状況だけ「ニタマ」に地方鉄道の楽しさを伝えることに期待を寄せた昇格のようです。

0125 ところで我が家の「チロ・リン」はどうなんでしょうか?
折角、咲いた花を食べる?お仏壇からそっと食べ物を拝借してくる?ご主人様が寝入った頃を見計らって大運動会を敢行する?もう夜が明けたよ「朝だよ!」と人が夜中に作業していたことなど関係なく起こしてくれる?ご飯がありませんよ!

そして昼間はと言うと。ご主人様はPCで仕事でしょ?と人のリクライニングチェアを占拠して二匹でお昼寝?
それでも猫って憎めないんですよね?許してしまうんです?
?符だらけの愛猫ですが、可愛いんですよね!「親馬鹿」ではなく「猫馬鹿」のつぶやきです!

2021年1月24日 (日)

前頭筆頭の大栄翔が悲願の初優勝

新型コロナウイルス感染の拡大が続き、緊急事態宣言の発令された中で行われた大相撲初場所も西前頭筆頭の大栄翔が、悲願の初優勝を果たし千秋楽を終えました。

平幕での13勝2敗は立派です。
今場所は、初日から7日連続で役力士に勝ち続けて勢いをつけました。
この記録は1場所15日制が定着した1949年夏場所以降では初の快挙だそうです。

そして埼玉県勢では初、追手風部屋勢でも初めての優勝とあっても嬉しいことですね。
両横綱が初日から休場。綱とりが懸かっていた大関貴景勝の大不振とカド番大関の朝乃山、正代の両大関も調子が良いのか、悪いのかが分からない中でどうなるのか、心配もしましたが最後まで盛り上げてくれました。
同部屋の遠藤は角界屈指の人気を誇り、仲のいい貴景勝や同学年の朝乃山は大関に昇進して看板力士に。
身近な存在の陰に隠れがちだったが、コツコツと自慢の突き押しを磨き、一気に花を咲かせた優勝を祝したいと思います。。

そして、大栄翔は昨年4月から日大大学院に通っているのだそうです。
角界では荒磯親方(元横綱稀勢の里)も早大大学院に通っているが、大栄翔も文武両道に励んでいる姿にエールを送りたいですね。

3月春場所はカド番になる貴景勝の奮起に引退を掛けた場所になる横綱鶴竜の復活なるか?
また、千秋楽を白星で締めた関脇照ノ富士が大関とりへの場所になります。
今日の白星で11勝。昨年の11場所で13勝の準優勝。これで24勝です。大関昇進の目安「三役で3場所33勝」に、残り9勝と迫りました。今の実力、勢いからしたらそのまま壁を突破できそうですね!と思います。


2021年1月23日 (土)

気になるカタカナ語の発音?

最近、ラジオ等を聴いているとカタカナ語の発音というか?アクセントと言った方が良いのか?
とても気になるんですよね。違和感があるんです。

LINEが普及してからどのくらいの期間が経過するのでしょうか?
この「LINE」ラインを発音する時に、私は当初ライン(下降調 [↓])と発音していたら笑われたましたよ。
ラインは(上昇調 [↑]or [→])だと!

どうもこのLINEが広く普及し始めた頃からカタカナ語の発音が気になることが増えました。
楽器の「ギター」。私は(下降調 [↓])なのですが、ラジオのパーソナリティは(上昇調 [↑])尻上がりなんですよね。
そして「リスナー」「ネーム」も同様です。
音感の鈍い私ですから尻上がりの発音よりむしろ抑揚にないレベルに近い聞こえ方をするのですが?

それでもアナウンサーの発音はしっかりしていると思います。
違和感を感じずに聴くことが出来ます。
別に意味が通じればと思えば良いのでしょうがね?でも気になります!

2021年1月22日 (金)

コロナ禍が生んだ偉業!

大相撲初場所も13日目の終盤を迎えて、カド番を脱した大関正代と平幕の大栄翔が2敗で優勝争いのトップを並走。
朝乃山、照ノ富士、逸ノ城、琴ノ若ら4人が4敗で追う展開になっています。

コロナ禍で観客の制限が行われている中で大相撲初場所ですが、そんな中で116年ぶりという記録が達成されました。
現役最年長50歳、東序ノ口9枚目の華吹(はなかぜ)が勝ち越しを決めました。
50歳以上の力士が勝ち越すのは、1905年(明38)5月の若木野以来116年ぶりという偉業だそうです。

昨年の大相撲7月場所で「50歳力士112年ぶり勝利」をニュースにしました。
勝利だけで100年を超える大ニュースなのに今回は例え序の口といえども勝ち越しです!
これは凄いですよね。
この番付辺りでは10歳代の力士がたくさんいます。若手もコロナ禍に負けず!おっさんにも負けず!頑張って欲しいですよね。

何でも、本来であれば、昨年にも引退する予定だったのが、コロナ禍で影響を受けた就職先の受け入れ態勢が整わなかったそうです。
新型コロナウイルス感染状況が落ち着き、受け入れ態勢が整うのを待ちながら、土俵にあがり続ける50歳力士、華吹。
取組後も含め、多くを語らなかった華吹ですが、コロナ禍で奮闘するベテランの姿は、きっと多くの人に感動や勇気を与えたはずです。

大相撲は江戸時代初期からという長い伝統を誇るだけに、それでは今までの最高齢はと言うと何歳まで土俵に上がったのでしょうか?
記録が残っている中での最高齢は江戸時代の1700年代後半に活躍した宮城野錦之助で、52歳の時に現役最後の土俵に上がったとされているようです。最高位は関脇でした。また、明治時代に活躍した鬼ヶ谷才治も51歳まで土俵に上がり続けた力士であり、最高位は小結だった記録がありました。

プロスポーツの世界と言えば20歳代での引退を余儀なくされるアスリートもいる一方で不惑を遙かに超えても現役を続けるJリーグの言わずと知れた「キング・カズ」こと三浦知良(横浜FC)選手は今年になって2021シーズンの契約を更新したことを発表がありました。
前人未到のプロ生活36年目に突入する53歳です。これも凄い!ただメンバー登録だけではなくピッチに立って縦横無尽に走り回るんですから、表現のしようがありません。

プロレス界にも想像を絶する最高齢レスラーがいました。
リングネーム「グレート小鹿」何と1942年生まれで、現在78歳ですよ!
2019年の77歳の誕生日に新潟タッグ王座の初代チャンピオン決定トーナメントに重野と組んで出場。決勝でビッグ・ハマ・ベイダー&スタン小林を破って優勝し、初代タッグ王者に。
喜寿での王座戴冠ですよ。これも信じられません。
そして同王座を奪われるも2020年12月にはベルトを奪還。78歳で王座に返り咲いたそうです。
これも凄い!プロレスですよ!

それに比べて、腰の調子がイマイチなんって言っている俺は何なんだ?って思いますよね!

2021年1月21日 (木)

バイデン新大統領が正式に就任

米民主党のジョー・バイデン新大統領が20日(日本時間21日)、第46代大統領に正式に就任しました。
史上最高齢の78歳での就任。副大統領には女性として初めてカマラ・ハリス氏も就きました。
民主党は4年ぶりの政権返り咲き。バイデン氏の任期は2025年までとなります。

演説後は、オバマ(民主)、ブッシュ(共和)、クリントン(民主)の歴代大統領と共にワシントン近郊のアーリントン国立墓地を訪れ、無名戦士の墓に献花。党派を超えた融和をアピールしました。
この点がアメリカの素晴らしいところですよね!

一人だけいるべきはずの方がいませんが。
同日に退任したトランプ前大統領は、結局就任式を欠席しました。

しかし、振り返ってみればトランプ政権の4年間は何だったんでしょうね?
総括するには、まだまだ時間を要すると思いますが、これから先には、それぞれの専門家が多くの議論をしてトランプ政権時代の評価をしていくと思います。

日本人的な感覚で行けば「終わり良ければ全て良し」的にと思うのですが、さすがにあらゆる面で他に類を見ない大統領だった方にこのような終わり方は通用しないでしょう。
冷静に考えても、自らの大統領就任時には米国挙げて歓迎してくれた4年前とは余りにも違う就任式の風景に、他国の大統領だから別に関係の無いことと思いつつ、こんな大統領に世界が振り回されてと言う点では腹が立ちますね!

トランプ氏の「トランプ主義」と言われる所以は嘘と陰謀の世界ですよね。
嘘によって創り上げられた世界で、もう一つの事実を創り上げて真実のように主張をし続けて信者を増幅させていくと言う構図なんですよ。

そして根の部分にあるエゴとプライドが、負けたという事実を傷つけられて、本当の負けたという事実を受け入れることが出来なくなっているのでしょう?
だから今回の不正投票によって負けた事実は4年前から続いていたのだと思います。

確かに4年前は、州ごとに選出される選挙人投票では勝ったものの一般投票では300万票もヒラリー・クリントン候補に後塵を拝してしまったのもプライドを傷つけているのでしょう。
その時にも負けた理由を探した結果、不正投票が行われ、そのせいで負けた、というトランプワールドを創り上げ、4年後の昨年の大統領選で再燃しただけだと思います。

トランプ政権発足当初から閣僚や補佐官、報道官など、政権運営の中枢を担う人財が18人中5人しか残っていないのも異常でした。周りの人間が自分を支持するのは当たり前だと考えているので、自らに歯向かい、批判する人々や自分の求めるものを実現できずに抵抗する人には極めて厳しい対応をしている結果でしょう。
考えようによっては良く4年も米国の大統領でいられた方が不思議なくらいです。

「コロナ禍・経済打撃・分断」の中でで始動する「バイデン政権」の前途は多難ですが、就任初日から、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰など7分野で20項目近くの大統領令に署名するとのニュースもあります。
色々と課題を抱える米国ですがやっぱり世界をリードする中でのアメリカの発展が真の姿だと思います。
バイデン新大統領に期待しましょう!

2021年1月20日 (水)

今日は大寒、今年の節分は2月2日 

今日は大寒。
天気は快晴。ガラス越しの陽射しは温々していて幸せな気分です。感謝!
外は大寒らしく気温は低くひんやりとしています。これはこれでまた気持ちが良いですね。

こうして、大寒という言葉から一年で一番寒い日だと思いがちですが、実は一年で一番平均気温が低いのは2月の始めあたりです。
そして2月3日の立春を前に、梅の蕾も少しだけ膨らんできました。
FB等を見ているとカワズ桜も五分咲きだったとかの写真もアップされる時期になりました。

今年の立春は2月3日。
「立春」は二十四節気の中の一番最初。この日から1年が始まります。
そして「節分」は立春の前日です。いわゆる大晦日みたいなものですね。
そうすると今年の節分は2月2日になりますね。
そうなんです!2月2日の節分は124年ぶりのレア現象だそうです。

ところで「節分」は立春の前日ですから、では「立春」は誰が決めるのでしょうか?
昨年の9月、秋分の日に祝日としての春分の日・秋分の日はどこで決まるの?との疑問で「暦書」の編製を手掛ける国立天文台が毎年2月の最初の官報で翌年の暦要項を発表して決定するのと同じなんです。

そして、暦要項の内容は国立天文台で推算した翌年の国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望(月の満ち欠け)、東京の日出入、日食・月食などが発表されて、カレンダーや手帳メーカーの人たちはこの発表を受け、翌年の商品を製作する流れがあります。
ここで国立天文台が出てくるのも面白いです。季節の移ろいは天の理にかなっているんですよね。
新型コロナウイルス感染の収束が見えなくても、季節だけは着実に進みます。
春が待ち遠しい!
その時には、全てのことに気兼ねせずに日常の生活が出来るようになっていることを祈るのみです。

2021年1月19日 (火)

大関貴景勝 何だ!この展開は?

昨年11月場所に大関として初優勝し、今場所は横綱昇進が懸かっていた大関貴景勝でした。
ファンの一人として初場所の初日を楽しみにしていました が・・・・・?
何だ!この展開は?

初日から4連敗を喫して5日目にして初めての勝ち残り、つまり初白星を挙げたと14日にアップしました。
その後もエンジンが始動せず9日目を終えて2勝7敗と大不振でした。

心配をしていましたが今日の10日目から「左足関節靱帯損傷により今後約3週間の加療を要する見込み」との診断で休場しました。
表向きの休場はその通りなのでしょうが、古傷の膝の悪化でなければ良いですがね?
明らかに横綱昇進が懸かったプレッシャー以外での敗因だと思うので心配ですね。
そして、負け越しが決まり、来場所はかど番です。

初優勝から大関に昇進して、怪我で大関を陥落。一場所で復帰を果たした2020年の貴景勝一年も3月場所では負け越してかど番に翌7月場所では怪我が完治しない状況で出場して、勝ち越しを決めたところで休場。そして9月場所は12勝。11月場所13勝で優勝。2度目の優勝を果たし、横綱昇進に王手!

こうした戦歴を見るとかなりプレッシャーには強い方だと思います。
それだけに怪我を治して元気な姿で3月場所に戻ってきて欲しいです。

そして地元の幕下22枚目の湘南乃海です。
今日の5番相撲で白星。
この一番壮絶な相撲だったようです。
【日刊スポーツ記事転載】
東幕下22枚目湘南乃海(22=高田川)と東幕下20枚目朝玉勢(27=高砂)の一番で危ない場面があった。互いに頭から激しくぶつかり合った立ち合いが、不成立になり取り直しに。しかし、湘南乃海が腰から崩れ落ちてすぐには立てなくなった。フラフラになりながら何とか立つも、仕切り線の前に手を合わすことができなくなった。 すると、1度、両力士は土俵下に下がり、審判団が土俵上に上がり協議を開始。協議は約1分続き、その後取り直しの一番が行われた。 成立した立ち合いでは、朝玉勢が頭でかましにいき、湘南乃海は胸を出していった。脳振とうのような症状を見せいてた湘南乃海だが、はたき込みで朝玉勢を下して勝ち越した。【ここまで転載記事】
よく勝ち越しました。残りの2番も勝てれば最高でしょうが、最低でもあと一つ、5番勝てれば来場所の番付も一桁近くまで上がると思うので頑張って欲しいですね!

2021年1月18日 (月)

未宿泊県が3県?

緊急事態宣言が発令された後も新規新型コロナウイルス感染者が一向に減る気配がありませんね。
今日から第204通常国会が召集されました。
新型コロナウイルス対策に重点を置き、一日でも早い日常の生活が戻るように与野党で取り組んで欲しいです。

こうした状況下ですので、時間が比較的に取れます。
Stay Home の時間つぶしに過去に足を運んだ47都道府県での、それぞれの想い出を綴っています。
風景や人との出会い。更には地域活動のきっかけを創ってくれた地を訪れた想い出。

1972年(昭和47年)6月1日に日本初の恒久的歩行者天国として開設された北海道旭川市の平和通買物公園。
アイディア市長として後に村山内閣で内閣官房長官を務めた五十嵐 広三氏(旭川市長は1963年~1974年)

北海道池田町の町長を5期20年勤めた後に参議院議員で活躍した丸谷 金保氏(池田町長は1957年~1976年)
池田町長として在職中に十勝ワインを開発し、その過程は生産・加工から販売まですべて地域住民と自治体が主体となって手がけ、軌道に乗った後には十勝ワインと牛肉のレストランを開設し話題を呼んだ「ワイン町長」或いは「ホラ吹き町長」(良い意味での表現ですから!)の愛称で親しまれました。

こうした地域づくりに感動して1980年代にはこのお二人に直接会いたくて、実際に訪ねてお目にかかれたのが30歳代の始めでした。もう、40年以上も前の話です。
そこから地域づくりの虜になったような気がします。

詳細の話は別の機会にします。これだけで膨大な量になってしまいます。
こんなまとめをしているとあっという間に時間が過ぎてしまうんです。

こうして2.3回は足を運んでいる47都道府県ですが改めて宿泊をしたことのない県をと調べると?
多分、これも全制覇していると・・・・・? いやあー 未宿泊県もありました。
島根県、徳島県、佐賀県の3県です。
これから埋めるにはちょっと大変だな。でも泊まったことがあると思っていただけに、ちょっとだけ悔しいですね!

2021年1月17日 (日)

1995年は「ボランティア元年」

1995年1月17日、6,434人が亡くなった阪神・淡路大震災からから26年が経ちました。
早朝から緊急事態宣言が出される中、神戸は深い祈りに包まれました。

災害列島の日本ですから毎年、地震を含めて風水害等が襲って大きな被害が発生しています。
この「阪神・淡路大震災」が「南海トラフ巨大地震」の前兆との観測もありますが、そうではないことを祈ります。

昨年のこの日にもアップしましたが、この震災は「負の遺産」だけでなく「正の遺産」も残しました。
阪神大震災を契機に次のようなことが今もきっちりと引き継がれています。

○1995年は「ボランティア元年」
○震度階級に「5強」などを新設
○東京消防庁にハイパーレスキュー創設
○災害派遣医療チーム(DMAT)発足
○カセットコンロ・ガスボンベの規格統一
○水道レバーが「下げ止め式」に
○地震保険が普及する

0117 右の図は、朝日新聞社 地震や災害などの、住宅被害1棟あたりのボランティア数調べです。
被災地では、直後から炊き出しや支援物資の分配を担い、1年間で137万7千人が活動。その後も仮設住宅や復興住宅での見守りに携わり、5年余りで216万6千人になりました。故に1995年は「ボランティア元年」と言われた年でもあります。

阪神・淡路大震災以降、大災害の被災地で活動したボランティアの延べ人数は、少なくとも480万人にのぼっています。
どの災害でも1万人超を数え、ボランティアが文化として根付いていることが伺えます。

その後の災害においても、発生場所が大都市から離れていたり、被害が広域に及んだりした災害での多寡は見られますが、災害や地域の違いで受けられる支援の差をなくす工夫もされてきました。

支援物資一つとっても、当初は現地に全国各地から一挙に届き、物資は十分に足りているのに必要なところに届かなかったケースも多く発生しました。
それが経験を通して、被災地から少し離れたところに支援物資の集積ステーションを設け、要望のある自治体からの要請に応えて効率的に届けるようなシステムも確立してきました。

こうして阪神大震災の経験から多くのことを学びました。
こうした教訓を取り入れて実践することが、今後の被害・損害を少しでも減らす社会になればと痛感します。

2021年1月16日 (土)

国内の医療が逼迫?

日本が世界に誇る皆保険制度。
従って人口当たりの病床数は世界でもトップクラスにあるのが日本です。
しかし、ここでどうしてと?私だけではなく国民の誰もが不思議に思うのが、欧米に比べ新型コロナウイルス感染者数が圧倒的に少ないにもかかわらず、日本国内の医療が逼迫しているという現状です。

病床数は世界でもトップクラスにあっても、全国の主な病院のうち新型コロナ患者を受け入れ可能な病院が25%にとどまっているところに要因がありそうです。
経済協力開発機構(OECD)の2019年の調査結果ですが、日本の人口当たりの病床数は1000人当たりの病床数で見ると、韓国が12.4床、ドイツは8.0床で、米国は2.9床と英国は2.5床の低さです。
日本は13.0床で米英の約4.5倍、最多の状況にあります。

では、全国で入院施設を備えた病院の数は?
厚生労働省の資料を見ると20床以上の病床がある病院は8,247施設です。
そしてこの施設(病院)でコロナ患者を受け入れ可能としたのは1,872施設で全体の25%。一般病床や感染症病床は計約89万床ありますが、コロナ受入対応は27,600床と3%にとどまる数字を見れば医療現場が逼迫となるのは必然的ですよね?

受け入れ可能の施設が全体の25%の中身を見てくるともう少し見えるようになります。
公立病院の7割、公的病院は8割がコロナ患者を受け入れていますが、民間病院は中小規模が多く、受け入れは2割ほどです。
どうして民間病院での受入が進まないのか?
理由は明らかです。
コロナの患者を診るのは通常の何倍も手が掛かる。普段から効率的な運営に努めギリギリのスタッフで回しているので、他の手術や診療もできなくなれば赤字になる。何より院内感染のリスクも増えます。
そして、実際に受け入れた病院は「数十億円の赤字」に陥ったとのニュースもあります。

こうした状況に対して、【厚労省資料抜粋】緊急事態宣言の発出を受け、緊急事態措置を実施すべき区域とされた都道府県の病院では、▼新型コロナウイルス感染症の重症者病床については1床あたり1950万円(従前は1500万円)▼その他の新型コロナウイルス感染症病床については1床あたり900万円(同450万円)―に、それ以外の都道府県の病院では、同じく▼重症病床については1床あたり1800万円(同1500万円)▼その他の病床については1床あたり750万円?に補助金を拡充し、人材確保等の経費に支弁してほしい?。【ここまで引用】

来週の月曜日、18日に通常国会が招集されます。
感染症法を改正して、新型コロナウイルス患者用の病床確保に向け、国や都道府県知事が病院などに患者受け入れを勧告できる方針を明らかにしています。そのための補助金等の施策が上記のような内容です。
そして、正当な理由なしに勧告を拒否した場合は医療機関名を公表する内容も含まれています。
コロナ禍を乗り切った後でもキチンと病院経営が成り立つように細心の支援策を構築して欲しいですね。
 
日本のメディアが「中国の肺炎患者から新型コロナウイルスを検出」と報じたのは2020年1月9日でした。
1月16日に武漢市を訪れていた中国人男性が新型コロナウイルスに感染していたと発表があったのが、ちょうど一年前。
あれから1年が過ぎたということです。

その時に日本のメディアは、中国からの発表を真に受けて「ヒトからヒトへの感染はないから大きく広がることはない。」と報道していたではないですか?
それが、今では新型コロナウイルス感染の拡大を受けて各社揃って犯人捜しの様相です。
一年前の自分たちの報じた内容をもう一度見直して、今の報道の在り方が良いのか?自問自答して下さい!

2021年1月15日 (金)

事業の全てが予定は未定!

8日に首都圏の神奈川県を含む1都3県に対し緊急事態宣言が発令されると同時に、大磯町の公共施設の利用休止も発表されました。
2月から3月は新年度に向けて事業計画や予算を確定させていく時期です。
事業一つ、例え観光協会の主催事業であっても、施設利用の可否や協力していただく団体との協議、意向等を摺り合わせしないと確定が出来ません。
それこそ今の状態では、予定は未定の「絵に描いた餅」状況の事業計画です。

まして、今月に予定していた各委員会も公共施設の利用休止で開催不可能です。
外出自粛要請のある中で、昨日は緊急三役会をかろうじて開催し、検討をしましたが・・・・・?
全て、対相手があることで先に進めることができません。

それでも出来ることを前提にスケジューリングして準備をしていくしかありません。
例え、徒労に終わろうと!
まぁー、全ての事業を3種類くらいのパターンで計画するのですから、ちょっとだけ愚痴ぽくなりますね。

今日の新型コロナウイルス感染者も全国で7,000人を超える感染が発表されています。
東京都は2,001人。神奈川県も872人。千葉県では504人の感染を発表し、過去最多を更新。
その他関東地方では茨城県で過去最多となる159人が感染。県独自の緊急事態宣言を出すことを発表するなど広がる一方です。

2021年1月14日 (木)

5日目にして初めての勝ち残りって?

10日に東京など1都3県に緊急事態宣言が出された中、両国国技館で初日を迎えた大相撲初場所でした。
そして注目の綱とりを目指す大関貴景勝は黒星スタートの状況を10日にアップしました。
さぁー、序盤戦の5日目を迎えてその後の大関貴景勝はいかに?

う~ん!5日目にして初めての勝ち残りって?
そうなんですよね。●●●●○の1勝4敗で序盤戦を終了。
どうなっちゃったの?という状況ですが、仮に綱取りのプレッシャーを知らぬ間に受けて押しつぶされているのであれば、今や大横綱の白鵬だって3度目、稀勢の里は6度目の挑戦で綱を射止めたのですから、今場所の成績で最高位への道が閉ざされたわけではなく、来場所以降に一から道を切り拓いていけば良いことです。

ただ負け方が膝からもろくも崩れるのが気になります。
プレッシャーで足が前に出ずに押し切れないのであれば前述の通り精神的な問題です。
古傷の膝の悪化によって押し切れないのかが分かりません。
いずれにしてもまだまだ24歳の若さです。そして2021年の大相撲は横綱の状況等を見ると間違いなく新旧交代期です。
今日の2021年の初勝利を機に明日からの中盤、終盤に向けて力を出し切ってくれることに期待しましょう!

初日に星の潰し合いで混戦の場所とアップしましたがその傾向が一段と鮮明になってきたような前半戦です。
調子の良さそうであった照ノ富士もここまで2敗。明日の、序盤戦で3大関と2小結を倒して絶好調、5連勝の大栄翔との一番が、今場所の優勝の行方を左右する大一番になると思います。
既に役力士では全勝がいません。
前半を終了して勝ちっぱなしは、明瀬山、明生、大栄翔の3人。

そして今場所は幕下22枚目まで番付を下げた湘南乃海ですが、序盤戦を終了して3連勝。
出だしは良いんですよね!4番相撲辺りから成績の良い相手との取り組みが多くなると思います。そこでどこまで星を積み上げることが出来るかが課題ですよね。ここが力士と関取の違いなんですよね。
取りあえずは勝ち越しを早く決めて最低3つほどの白星先行の5勝程度は欲しいですね。

緊急事態宣言(令和3年1月8日から2月7日まで)続報

新型コロナウイルスの感染が急拡大している首都圏の神奈川県を含む1都3県に対し、8日に国は緊急事態宣言(令和3年1月8日から2月7日まで)を発令しました。そして13日には大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡、栃木の7府県が追加されて1都2府8県で緊急事態宣言が発令されています。
これを受けて大磯町では人が集まる場の利用を制限し、人と人との接触を減らすために公共施設の利用を休止しています。
確実に身近なところまで新型コロナウイルスの感染の脅威が迫っています。
引き続き、手洗い・マスク着用、3密(密閉、密集、密接)を避けていきましょう!

【緊急事態宣言に伴う公共施設の利用休止状況】
【新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況】(市町村別)

2021年1月13日 (水)

外出自粛は終日だよ!

政府は、今日の専門家で構成する基本的対処方針等諮問委員会に緊急事態宣言の対象に大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡、栃木の7府県を追加する案を諮問し了承されたようです。
これで14日からは2月7日まで、緊急事態宣言の対象地域が11都府県へ広がりました。

今回の緊急事態宣言の内容で大切な項目の一つに不要・不急の外出自粛があります。
これがどうも飲食店の午後8時以降の営業自粛と酒類の提供は午後7時までとのフォーカスが強すぎて、午後8時までは動いていいんだ!という捉え方をされていますね。

また、これをメディアが揚げ足を取るようように「そうだ!そうだ!」的な報道が中心になって同調してしまっているのですから困ったものです。
「午後8時までは動いていいんだ!」的な動きも理解しているならば、緊急事態宣言の不要・不急の外出自粛は「終日を通しての外出自粛であって、特に飲食を伴う会食等を行わなければならない場合は午後8時までにしてください!」と言う位の報道が出来ないのでしょうか?

総務省の認可を受けた場合にしかテレビ放送事業は出来ません。
「放送法」によって免許制度になっていますが、これがテレビ局を既得権のぬるま湯に浸っています。
電波の周波数帯の利用権を競争入札等にして「電波オークション」を実施すれば良いんです。
テレビ局は、電波利用料を払っていると言ったって数十億円レベルでしょう?
もしオークションにでも掛ければ数千億円レベルの電波利用料になるでしょね。

まともな報道が出来ないテレビ局など必要ないし、本当の役目を果たすことの出来ないテレビ局は認可を自ら取り下げれれば良いと感じます。

一人一人が、人と人の接触を避ける。できるだけ避けることをやらない限り、1か月での収束はおろか、緊急事態宣言の目安としているステージⅢの数値にも、また延長したとしても感染は収まらないと思います。

2021年1月12日 (火)

景気の先行きが暗いのに?

新型コロナウイルスの収束が見えない。それどころか年が明けてから感染拡大が広がり緊急事態宣言が発令される状況になってしまいました。
当然、景気の先行き不安が増しますよね!
それなのに、ひとり株価は堅調に推移しています。

日経平均株価は3月19日に16,552円まで下げたものの、その後は急速に戻り、10月には23,000円台と、ほぼ新型コロナ前の水準に戻って、新年を迎えた1月12日には年初来高値の28,287円をつけて、今日も小幅ながら3営業日続伸の28,164円。連日で1990年8月8日(終値28,509円)以来約30年5カ月ぶりの高値水準となっています。

何故、景気の先行きが暗いのに株価はしっかりしているのでしょうか。
まあー、分からないから手も出さないんですが。
何が要因なのかは素人の私には分かりませんが、日本を含む世界の中央銀行が新型コロナウイルスによる経済対策として、大幅な金融緩和に乗り出しています。

世界的な「カネ余り」状態になっていることがNY株式も含めて株価が高値水準になっているのも一因なのかな?
そして、日本の株式を安定させているのは日本銀行と公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人等の資金が入っていいるのも株価を安定させている要因ではないのでしょうか?

実際に薬価株等が新型コロナウイルスへのワクチン等の開発や巣ごもり商品の好調さで関連企業への買いに入っていることくらいは理解できますが、現状経済の実態と合っていないように感じるのです。

しかし、新型コロナウイルスの収束が見えない中で順調に安定した株価で推移してくれれば、一筋の光明が差し込んでくれて歓迎はするのですが、期待し続けて良いんでしょうかね?

2021年1月11日 (月)

(成人式)大磯町の新成人

大磯町での今年の新成人は320人(男性1157人・女性163人)。
大磯プリンスホテルで開催された式典は、感染症拡大防止のため大磯中学校、国府中学校卒業生と分けて行う2部制で、集合写真や懇談の時間は設けなかったようです。

曖昧な記載になっているのは毎年、観光協会として「いそべぇ&あおみ」を連れて新成人をお祝いするために会場に駆けつけていました。今年は新型コロナウイルス感染防止のために縮小して実施するので参加を見送りました。
従って会場に行っていないので様子が分からないのです。

そう言えば「いそべぇ&あおみ」を引率した参加した事業はいつ以来なのだろうか?
そうですね、昨年の成人式、その一週間後の大磯一周駅伝に月末の横浜駅東口で開催した神奈川観光キャンペーンに動員した、その後の出番はありませんでした。
ほぼ一年間 Stay Home(倉庫)していることになるんですね。
こうした「いそべぇ&あおみ」の出演状況を見てもこの一年間の混乱ぶり、何も出来なかった状況が分かります。

今年の成人式は中止、オンラインで実施、会場を室内からラグビー場、レーシングコースからドライブイン成人式で車の窓越しでの実施と、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために各自治体の対応は大変でしたね。

新成人は新型コロナウイルス感染拡大の影響をまともに受けてこうした現状をどのように捉えたかは分かりませんが、これが現実なんですよね。
そして、これから先、10年、20年後に成人式の度に2021年の新型コロナウイルス感染拡大で大変な年であったことを想い出す忘れられない成人式になりました。

皆さんが生まれた時には、親は小さな小さな可愛い手を握って、これから歩む人生に夢を託して育てようと思ったことでしょう。
これからは一人前の大人として自分の人生を切り拓いて行って欲しいですね。
新成人の皆さん、成人おめでとうございました。

2021年1月10日 (日)

緊急事態宣言下での大相撲初場所初日

東京など1都3県に緊急事態宣言が出される中、両国国技館で大相撲初場所が初日を迎えました。
新型コロナに感染した横綱・白鵬をはじめ、初日からの十両以上の休場者が戦後最多16人を数える異例の幕開けでした。

白鵬と腰痛が治癒しなかった鶴竜の休場により3場所連続で初日から両横綱が不在。
綱とりを目指す大関貴景勝は小結御嶽海に押し出され、痛い黒星スタートとなってしまいました。
う~ん!白星で気持ち良くスタートして欲しかった。

綱とりは、ハイレベルの優勝が昇進の最低条件とされているようですが全勝優勝はそう簡単にできるものではありません。
ハイレベルというのは全勝もしくは14勝でしょう?
しかし13勝レベルでも関脇の照ノ富士の調子は良さそうですが、後は力が均衡していて星の潰し合いの展開になると予想します。
そうすると星が2差位つくと圧勝と言う印象につながります。

過去には、初日黒星から昇進を決めた例は、2日目から14連勝した千代の富士ら6人もいるそうです。
両横綱の不在により、看板力士としての期待が一段と高まっている貴景勝の明日以降の取り組みに期待しましょう!
そして、コロナ禍で開催も危ぶまれた今場所も開催できたのですから、一気に決着をつけて欲しいですね!

一方、共に休場明けでかど番の2大関は明暗が分かれました。
正代は北勝富士を難なく寄り切りましたが、朝乃山は大栄翔に押し出され完敗しました。
朝乃山も気持ちを切り替えて明日からの土俵を盛り上げてくれることを期待しましょう。

2021年1月 9日 (土)

公共施設の利用休止状況

新型コロナウイルスの感染が急拡大している首都圏の神奈川県を含む1都3県に対し、昨日(8日)に国は緊急事態宣言(令和3年1月8日から2月7日まで)を発出しました。
今日も神奈川県では999人の感染が確認されて3日連続で過去最多を更新しました。
これだけ新規感染者数が過去最多を記録し続けている中にあっては当然の措置ですね。

大磯町では今回の緊急事態宣言を受けて大磯駅前観光案内所や島崎藤村邸を始めとする多くの公共施設が利用できなくなっています。
詳細は【緊急事態宣言に伴う公共施設の利用休止状況】でご確認下さい!

0109 今回の緊急事態宣言の内容が、既に周知をしている手洗い・マスク着用、3密(密閉、密集、密接)を避け、「飛沫」への注意など感染予防に配慮した新しい生活様式に取り組んでいただいきながら、医療体制がひっ迫しており、更なる感染拡大を食い止めるために人が集まる場の利用を制限し、人と人との接触を減らすための利用制限だと思います。

昨年の4月・5月の緊急事態宣言が発令された時にも大磯駅前観光案内所や島崎藤村邸の休・開館については悩みましたが、飲食店の営業時間の短縮や酒類の提供時間等の要請に目が行きがちですが、根本的な問題は「不要不急の外出自粛」にあります。
観光案内所や藤村邸を訪ねる行為は、辞書的に解釈すれば文字通り「重要ではなく、急ぎでもないこと」の訪問です。
そうすると「重要ではなく、急ぎでもないこと」の訪問者にサービスを提供する必然性があるのかどうかを考えた場合の結論は、臨時休館になります。

大磯町でもいつの間にか50人を大きく超える感染者が出ています。そして高齢者より若い世代が多く、家庭内での感染や感染経路が不明なもの(いつどこから感染したのか判明できないもの)が増えているようです。
Stay Homeの過ごし方にも慣れました。楽しみ方も分かってきました。

しかし、すぐに年度末がやってきます。
今年のまとめをどうするか?そして令和3年度の事業をどうするのか?
例年だと2月頃までには確定できているのですが?
関係機関やその他の団体と調整が何も出来ていない中で計画が進まないのが心配です。

緊急事態宣言(令和3年1月8日から2月7日まで)

新型コロナウイルスの感染が急拡大している首都圏の神奈川県を含む1都3県に対し、8日に国は緊急事態宣言(令和3年1月8日から2月7日まで)を発出しました。
これを受けて大磯町では人が集まる場の利用を制限し、人と人との接触を減らすために公共施設の利用を休止しています。
確実に身近なところまで新型コロナウイルスの感染の脅威が迫っています。
引き続き、手洗い・マスク着用、3密(密閉、密集、密接)を避けていきましょう!

【緊急事態宣言に伴う公共施設の利用休止状況】
【新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況】(市町村別)

2021年1月 8日 (金)

2月7日まで1都3県に緊急事態宣言を発令

昨日の内に政府は、緊急事態宣言の発出を決定しました。
そして本日、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県を対象とし、外出の自粛や飲食店の営業時間短縮などを要請する緊急事態宣言が発令されました。
期間は今日から2月7日までとし、新型コロナウイルスの感染拡大の抑えるため、外出の自粛や行動の抑制により、人々の接触の削減を求めていく内容になっています。

昨日の新型コロナウイルス感染者は全国で7,570人でした。
東京都は2,447人、神奈川県679人、埼玉県460人、千葉県450人の新規感染者数。
そして今日も7,805人が確認されて4日連続で過去最多となりました。
連日、過去最多を更新する数字を見せつけられたら緊急事態宣言の発令は当然ですね。

ただ、今回は今日も大阪府の655人、兵庫県297人、京都府147人の新規感染者数の確認があった関西圏を緊急事態宣言地域から除外していることでいいのかな?との懸念はあります。
しかし、今日になって大阪府の吉村知事は緊急事態宣言を一転、発令を要請する方向で検討しているようです。

緊急事態宣言の主な内容は
 ○飲食店の午後8時までの時短営業
 ○午後8時以降の外出自粛の要請
 ○イベントの開催規模の制限
 ○企業へのテレワークの要請(7割)

今回の緊急事態宣言では「飲食」を伴う業態を中心に対策されています。
飲食店については、飲食店の営業時間を午後8時まで、酒類の提供は午後7時までとする。
要請に応じた飲食店には、協力金として1店舗あたり6万円/日、1ヶ月あたり最大180万円を支払うとしています。

企業にはテレワークへの協力を要請。出勤者の7割削減を要請。

イベントについては、開催要件を厳格化し、人数は上限5,000人まで、収容人員50%以内までとし、場内での飲食も控えるように呼びかけるような要請内容になっています。

前回の緊急事態宣言時には、小中学校、高校、大学なども休校となりましたが、今回は休校要請はありません。
幼稚園、保育園についても休園の要請はありませんが、大学はオンラインでの授業の推進を促しています。

今回の緊急事態宣言は飲食を中心とし、前回よりはかなり限定的な自粛要請となっています。
この緊急事態宣言発令については、相も変わらず「発令が遅い。」「限定的で効果が見込めない」「責任の押し付け合いだ」「玉虫色」等々の報道が踊っています。

しかし、昨日の新規感染者数の発表を見るまでもなく、色々な場所で感染者と知らず内に接触をしていると考えている方が自然です。
これだけ新規感染者数が確認されていることは、感染していても症状がないので自覚がないままにマチナカに出ている人が感染者数の確認された数字の10倍くらいはいると思うべきです。

だから、本当に必要最低限の人と会うこと等を除いて、人との接触を避けることが一番重要です。
都県民、企業が一体となって徹底して人の流れを止めることで、飲食店の営業時間の短縮などの効果が出てきます。

罰則の伴わないのが日本の緊急事態宣言だけに、一人一人が感染する脅威に対して個別で防衛していかなければ1か月で感染者数を下げることができないどころか、2・3ヶ月でも減少に転じないと思います。

2021年1月 7日 (木)

緊急事態宣言が発令されても夜空は関係なし

緊急事態宣言が発令されても、また密集・密閉・密接も夜空には関係がありません。
ゆっくりと夜空・星空を観て楽しむ機会とします。
2021年も色々な楽しみな天文現象があります。

【2月11日:金星と木星の接近】
この日は早起きが三文の得の日です。
金星と木星の2つの惑星の接近を観ることが出来ます。
この接近が起こるのは日の出間際の太陽の光で空が明るくなる日の出の直前です。
2月11日の日の出時間は、06時34分ですね。

【3月9日~10日:4つの天体の共演】
この日、南東の朝の空に4つの天体が集まります。
水星、木星、土星はほぼ一直線に並び、その近くには細い月が見えます。
ちょっと水星が見にくいかも知れませんが肉眼で観測できます。

【5月26日:スーパームーン皆既月食】
皆既月食の赤い月(ブラッドムーン)を観ることが出来ます、
この皆既月食は、月が一番地球に接近する「スーパームーン」のタイミングと一致します。
そのため、通常の満月よりも明るく大きく見えます。地球の影が月と重なり、部分月食が始まるのは、日本時間の18時44分。月が赤く見える皆既月食は、20時11分に始まり同25分に終わります。

【7月12日:金星と火星の接近】
この日の日没後、金星と火星の2つの明るい惑星がとても接近して見えます。
近くには三日月もあり、絶好のシャッターチャンスになると思います。
金星はとても明るく輝いているので簡単に見つけられるでしょうが、火星は金星よりはずっと暗いので、最初のうちは明るい金星のそばでは見にくいかも知れません。
しかし、目が慣れてくれば肉眼でも十分見えるはずです。

【8月12日~13日:ペルセウス座流星群】
毎年8月中旬に表れる定番の流星群です。
このペルセウス座流星群は、例年、条件が良いところだと1時間に60個ほどの流星を観測できるはずです。
そして今年のピークは、月の明るさに干渉されない暗い空と重なり、観測に適した条件です。
光が少ない場所で晴れた夜空なら、郊外の庭や公園からでも、1時間に10個ほどの流星を見ることができると予想されています。

【10月8日:10月りゅう座流星群】
ジャコビニ流星群とも呼ばれ、1時間に10個から15個の流星が観測できるとの予想です。
見ごろは、流星が高い位置に見える日没後から夜中あたりです。

【11月19日:部分月食】
部分月食ですが最大で満月の95%にあたる部分が地球の影に隠れますから、最大食時には、短い時間だけ皆既月食のように見えるはずです。
そのため、かすかなオレンジ色や赤色に見えるかもしれませんから楽しみです。
月食は、16時18分に始まり、18時2分には月のほとんどが地球の影に隠れます。

【12月4日:皆既日食】
まず、この皆既日食は日本では観られません。
この皆既日食を見るためには南極に行く必要があります。

皆既日食を観測できる場所に向かうクルーズ船や飛行機もあります。
そういった場所では、太陽が完全に月で覆われる数分間、あたりは一気に暗くなります。

こんな光景を南極で観ることが出来れば一年の最高の締めくくりにふさわしい光景となるでしょうね!
明日から緊急事態宣言の生活ですね。

2021年1月 6日 (水)

Stay Homeの気分転換に?

明日から1カ月程の緊急事態宣言が発令されるようですね?
そうするとStay Homeで家にいる時間が多くなります。
こんな機会に東海道検定問題集でも斜めに読んで3月の東海道検定を受けて東海道マイスターを目指しては如何でしょうかね。

東海道は大坂(大阪)・京と江戸を多くの人が行き交い交通の大動脈として発展してきました。
人の往来が多くなれば物流も動き、情報も各地から集まってきます。宿駅伝馬制度が整うに従って宿場ごとの独自の文化も醸成されてきました。

徳川家康によって1601年(慶長6年)に東海道に宿駅伝馬制度を整備し初めて、1624年(寛永元年)に庄野宿(現在の三重県・鈴鹿市)が設置されて東海道57次が完成しました。その後の江戸時代には各宿場はそれぞれの賑わいがあったのだと思われます。

しかしです!いつしかこの東海道が忘れ去られる?と言うより名古屋以西は中山道と美濃路が東海道と誤解されているケースが結構あるんです。

時代が江戸時代から明治維新に移り1876年(明治9年)に国道等が指定されて全国で整備されていきます。
国道1号線は、旧東海道および京街道 (大坂街道)を前身とする路線で、日本国道路元標がある東京の日本橋を起点に、関東地方の西側に当たる神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県や京都府を経由し、終点である、大阪の梅田新道に至る路線で、旧東海道および京街道 (大坂街道)の経路をほぼ踏襲して整備されたので問題は無いんです。

ところが鉄路の東海道本線は、江戸時代に整備された旧東海道と名古屋以西では大幅に異なっています。
東海道本線は、東京から横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・大阪などの、太平洋ベルトといわれる各都市を経て神戸までを結ぶ全長589.5 km(支線を除く)の路線です。
新橋駅(後の汐留貨物駅、現存せず)~ 横浜駅(現在の桜木町駅)間は日本最初の鉄道として1872年(明治5年)に開業しました。その後、関西で大阪駅 ~ 神戸駅間が開業し、数回にわたる路線延伸を経て1889年(明治22年)に新橋駅 ~ 神戸駅間の全線が開業して首都圏と京阪神とが鉄道で結ばれました。

0106_20210106212002 「東海道」の名をつけたJRの東海道本線および1964年(昭和39年)に開通した東海道新幹線は、東京 ~ 熱田(名古屋市)間と草津 ~ 京都間では、ほぼ江戸時代の東海道に沿っていますが、熱田 ~ 草津については中山道(加納 ~ 草津)と美濃路(宮・熱田 ~ 垂井)に沿ったルートとなっているために、現在「東海道」というと、しばしばこの両鉄道沿いのルートが江戸時代のそれであると誤解され、紹介されることもあるんです。
現在の鉄路で言えば名古屋 ~ 草津については名古屋 ~ 亀山 ~ 草津を経由するので、関西本線と草津線のルートに近いのかも知れません。

そして、高速道路は、1963年(昭和38年)7月の名神高速道路 栗東IC ~ 尼崎IC間で開通しモータリゼーションの到来し、1965年(昭和40年)には、名神高速道路の名古屋 ~ 阪神地区間の全線(小牧IC ~ 西宮IC)が完成しました。
この高速道路も旧東海道から大きく離れて名古屋市から岐阜県の方に上がる中山道・美濃路ルートに沿って整備されました。

0106_20210106212201 そのために、徳川家康によって整備された宿駅伝馬制度の名古屋市(宮宿)から七里の渡しを経て桑名宿・四日市宿・鈴鹿市(石薬師宿・庄野宿)・亀山市(亀山宿・関宿・坂下宿)・甲賀市(土山宿・水口宿)・湖南市(石部宿)の10宿は東海道を忘れ去られてしまうとの危機感を持ちました。
こうした状況に危機感を持った滋賀県、当時の土山町(現甲賀市)商工会青年部の有志が1988年(昭和63年)に第1回目の東海道シンポジウムを開催したのが、NPO歴史の道東海道宿駅会議の前身です。
そしてシンポジウムの他に東海道の魅力を伝える、知ってもらうとの願いで「東海道検定」も実施しています。
Stay Homeの気分転換に、こうしたことに目を向けてみるのは如何でしょうか?

2021年1月 5日 (火)

ステイホームに備えて?

毎日の新型コロナウイルス感染者の発表をするのは不安を煽るだけで効果が無いとの意見がある一方で、個人の行動を自制するためには必要だとの意見があります。
最近は新型コロナウイルスの感染以外の問題でも全て二極化する傾向があることに懸念しています。

しかしブログをアップするこの時間に、一日のニュースを確認すると、トップで飛び込んでくるのは、今日も国内で4,900人を超える新型コロナウイルス感染者が確認され、1日当たりの過去最多を更新。首都圏では埼玉、千葉、神奈川で過去最多となり、東京は過去2番目に多い。この1都3県で2,500人超となり、全国の半数以上を占めているとあれば気になってしまいます。

多様な価値観がある中で個別の考え方を尊重し合うことは、正にその通りだと思います。
異論はありません。
だから二極化するのも当たり前。むしろ二極化以外の考え方がもっとあっても当たり前だと思います。
肝心なことは最終目的が合致しているかどうかです。
国民が望んでいるのは「安心と今後の収束に向けての展望」に尽きると思います。

余りこうした表現は使いたくありませんが、「彼方を立てれば此方が立たず。逆に、此方を立てれば彼方が立たず。」の状況です。
しかし、おかしいんですよね?
だって「新型コロナウイルス感染症の終息」が目的であれば、片方の面目が保たれるようにすると、もう片方の面目が保たれず、その逆もまた然りの考え方なんで出てくるはずないです。
そのようにに思える、また見えるのは、双方の意見等が目的と違った政局に絡めているから問題なんです。
こうした問題を十把一絡げ的に報道するメディアにも大きな責任があると思います。

いずれにしても、数日内に緊急事態宣言が発令されるでしょう!
そうすると、またステイホームの時間が長くなると思います。
パソコン作業も増えるでしょう。ところがWindows10にしてからプリンターのスキャナーとの連動が出来なくなっていました。10年近く使っているプリンターですから買い換えもと思いましたが、システム手帳との連動を含めて色々とセッティングをしてあるので、買い換えるとそれ等もやり直さなければならなくなるし?
何気なく、今まで使用しているプリンタードライバーを削除して再インストールをしたら、連動するようになりました。
これでホームステイであってもパソコン作業が捗ります。準備万端です!

2021年1月 4日 (月)

新年早々の緊急事態宣言の再発令か?

例年であれば午前中に行われる大磯町賀詞交換会に出席して、静かに新しい年がスタートします。
今年は町功労者への表彰事業だけを実施するのみで表だった賀詞交換会は行われません。

今日の午後3時時点の速報値で、都内で新たに884人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表がありました。1日の感染の確認が800人を超えるのは3日連続で、月曜日としては12月28日の481人を大幅に上回って、これまでで最も多くなりました。

こうした状況に、昨日、東京都と埼玉、千葉、神奈川県の1都3県の都県知事が政府に対して緊急事態宣言の再発令を要請しました。
今年こそは明るい話題からスタートを切りたかったのですが、当面は新型コロナウイルス感染拡大への対策が中心になりそうです。この状況では仕方がないですね。

政府は早急に専門家の会合を開いて、8日or9日にも発令する方向で、緊急事態宣言の期間は約1か月を想定している様子です。
気になるのは学校の対応ですが、小中高校や大学など学校での教育活動は制限しない方針を固めているようです。学校内感染が少なく、若年層は重症化しにくいといった分析を踏まえ、学校を全面的に休校する必要性はないと判断し、1月16日から始まる大学入学共通テストも予定通り実施する方向で調整。
ただでさえ受験生等は精神的にピリピリしている時です。明確な指針を出してあげて欲しいですね。

緊急事態宣言の内容は分かりませんが、発令されたとしても休業要請等に強制力がありません。
こうした状況下での緊急事態宣言と休業要請は、応じる事業者が損をし、要請を無視した店に客が集まるという本末転倒な状況がいつも課題になりますが、最終的には「緊急事態宣言発令」と言うアナウンス効果で該当する都県人個人個人がどれだけ自制した行動をしてくれるかに成果が掛かってくるんでしょうね?

2021年1月 3日 (日)

最終10区での大逆転劇

第97回東京箱根間往復大学駅伝競走の復路の最終区で待っていたのはまさかの大逆転劇でした。
最終区まで首位を独走する創価大。アンカーの小野寺選手は落ち着いた走りで初優勝が待っている大手町を目指していました。

しかし、ゴールまで残り10Kmほどの新八ツ山橋をきつそうな表情を見せながら通過。それでも追い上げる駒大・石川選手との差は1分57秒差。鶴見中継所での3分19秒差から1分30秒ほど詰められていましたが逃げ切れるタイム差と思っていましたが、トップを行く創価大・小野寺選手は一時蛇行するなど不安定な走行に。その間に差がどんどん縮まってきます。
ついに駒大・石川選手は残り2キロ付近で追いつくと、スパートをかけて逆転。一気に引き離し、そのままトップでゴールしました。

0103_20210103205701

【写真は日本テレビから】

往路は3位だった駒大が13年ぶり7度目の総合優勝を大逆転で飾りました。
最後まで諦めない執念と、本当に終わるまで分からない駅伝の醍醐味が展開されました。
それでも逆転はされましたが準優勝の創価大は過去3度の出場で9位だった最高順位を大幅に更新したのですから、悔しいには違いないでしょうが、来年につながる立派な成績です。
両校の健闘を称えたいと思います。

そして、3位は東洋大。連覇を狙った青学大が往路12位から巻き返し、4位に入った。
5位は東海大、6位早大、7位順大、8位帝京大、9位国学院大。東京国際大が10位でシード権を確保した。優勝候補の一角といわれた明大は11位。26秒差でシード権を逃しました。

こうしてあっという間に三が日が終わってしまいました。
今日から息子は出勤。
長女の孫は初練習。次女は徳島県遠征へと朝から出掛けていますので、既に正月雰囲気はありません。
2021年が着実に始まっています。

2021年1月 2日 (土)

応援したいから、応援に行かない

第97回東京箱根間往復大学駅伝を主催する関東学生陸上連盟からの新型コロナウイルス感染拡大が続く中で開催するための観戦を控える、呼び掛けるキャッチコピーです。

開催が心配もされていましたが、東海道沿線に住んでいる人間にとってはこの箱根駅伝を迎える、観戦することで新年を迎えた気分になれます。何とか開催することが出来て良かったですね!
スタート・ゴール・中継地点ではテレビで見る限りいつもの光景と一変していました。

そして東京・大手町から箱根町までの5区間、107.5Kmで行われた往路の結果は?
「3強」と言われていた駒大が3位、東海大が5位、前回総合優勝の青学大が12位と明暗が分かれました。
青学大の復路は「確実にシード権を取りに行く」との展開は誰も想像出来なかったでしょうね。

0102_20210102204201 そして往路優勝を果たしたのは4度目の出場の創価大学。
記録は5時間28分9秒、史上19校目の往路優勝校となりましたが、同校には申し訳ないですが優勝を予測した方もほとんどいなかったと思います。
榎木監督も「全く予想もしていなかった」と語っているように、下馬評は結して高くはありませんでしたが全員が区間6位以上と安定感が際立ったチームの勝利です。
そんな中での創価大学の初優勝でした。おめでとうございます。
【写真は日本テレビから】

駅伝は筋書きのないドラマそのものでした。だから見ていても面白いんですよね!
まして東京箱根間往復大学駅伝は10区間が全て20Km以上あります。だからトラックでの記録、まして公認記録が10,000mだけの記録では全く分からないというのが下のデータです。

箱根駅伝エントリー選手 10000m平均記録    往路結果順位
1.明治大学         28分41秒90                  1.創価大学
2.早稲田大学      28分50秒81                            2.東洋大学
3.駒澤大学         28分51秒29                            3.駒澤大学
4.中央大学         28分51秒46                            4.帝京大学
5.青山学院大学   28分53秒41                            5.東海大学
6.順天堂大学      29分01秒21                            6.東京国際大学
7.日本体育大学   29分10秒58                            7.順天堂大学
8.東京国際大学   29分15秒31                            8.神奈川大学
9.國學院大学      29分15秒56                            9.國學院大学
OP. 関東学生連合  29分17秒37                           10.拓殖大学
10.神奈川大学      29分18秒38                           11.早稲田大学
11.拓殖大学         29分19秒88                           12.青山学院大学
12.東洋大学         29分23秒90                           13.城西大学
13.城西大学         29分24秒34                           14.明治大学
14.山梨学院大学   29分24秒48                           15.日本体育大学
15.創価大学         29分25秒23                           16.法政大学
16.国士舘大学      29分27秒97                           17.国士舘大学
17.帝京大学         29分32秒87                           18.山梨学院大学
18.東海大学         29分36秒62                           19.中央大学
19.法政大学         29分42秒30                           OP.関東学生連合
20.専修大学         29分54秒41                           20.専修大学

明日の復路、総合優勝争いも楽しみですね。

2021年1月 1日 (金)

6回目の年男、記憶に残る年にしたい!

素晴らしい天気に恵まれた2021年の元旦です。
幸先の良いスタートです。
FBで各地の初日の出の様子を見させてもらいました。
初日の出を見に行かなかったのはいつ以来だろう?久しぶりでした。

大磯町では毎年、元旦の日の出に併せて大磯港西防波堤遊歩道の特別開放を行っていました。
そして、この防波堤の開放に合わせて大磯港みなとまちづくり協議会で甘酒やお汁粉などの無料提供を行っていましたが中止になってしまいました。

まぁー、こうした事業が中止になって気が抜けたこともあるのですが、早朝から動くにはそれなりの準備、身体の暖機運転が必要なんです。1時間ほど身体を慣らしながら動かせていかないと大変なんです。だから今年はパスしました。

0101_20210101210201 例年通り高来神社に元旦祭には出席させていただきました。
初詣に見える方も例年の2・3割くらいの人出で、分散して初詣に出掛けている様子が見受けられます。

毎年三が日に300万人以上が訪れる明治神宮では参拝客が激減し、異例の元日となっているようです。
皆さんの願いは「新型コロナが収まり、日常の生活が戻りますように!」この願いにつきると思います。
今年は6回目の年男です。記憶に残る年にしたいと思います。

新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症の新規感染者の拡大が収まる気配がありません。
確実に身近なところまで迫っています!
引き続き「密接」「密集」「密閉」の三密を新しい年を迎えても避けていきたいきます。

【新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況】(市町村別)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

NPOな人 椎野修平ブログ