« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月31日 (土)

ブルームーンが綺麗でした。

1か月に2度の満月を観月できるとは、なんと幸せなんでしょう!
それも、雲一つもない快晴の中です。

今宵は大磯港で月の出を見ました。
ブルームーンが夜空に昇ってきました。お月様は青くありません。
いつもと同じ綺麗なオレンジ色です。そうなんですよね。
ひと月で2回目の満月のことをブルームーンと呼ぶのであって、色のことではありません。それでも希に青く見えることがあるそうですよ。

今宵の満月は10月で2回目というだけでなく、今年地球から最も遠いため、大きさも最小の満月なのです。
ですから「マイクロムーン」とも呼ばれます。
2020年、地球に最も近い満月だった4月8日と比べると、見た目の直径は約14%小さく、明るさは約30%も暗いそうです。

そして今日はハロウィンでもあります。
ハロウィンの満月は1974年以来、46年ぶりで、次回のハロウィンの満月は38年後の2058年とのことですから、こんなことでも特別な満月になりました。

下の左下、右上の方にポツンとゴミではありません。火星です。
満月にも負けずに燦然と輝いていました。

1031

2020年10月30日 (金)

大磯の明治邸園を訪ねる(ガイド付きツアー)

久しぶり?と言うより、今期初めての募集事業です。
明治150年を機に整備されていた「旧大隈重信別邸」「陸奥宗光別邸跡」の邸園部分がいよいよ11月3日(火・祝)から一般開放されます。

観光協会では「旧大隈重信別邸」「陸奥宗光別邸跡」「旧吉田茂邸」を巡るガイド付きツアーを企画しました。
11月1日(日)12時より受付開始をします。

1030_20201030210601

【開催日】
 ○11月28日(土)&29(日) 並びに 12月5日(土)&6日(日)
【時間】
 ○9:15 ~ 12:00(集合は9:15 ~ 9:30 駅前観光案内所)
【コース】
○旧大隈重信別邸 ~ 陸奥宗光別邸跡 ~ 旧吉田茂邸
【参加費】
○500円(ガイド料・保険料・資料代)
【定員】
 ○各回 50名
【参加方法】
 ○参加は事前申し込み制(オンライン)とさせていただきます。
  ホームページの専用ページからお申し込みください。
【申し込み】
 ○11月1日(日)12時より受付開始
 ※ 受付開始前までは申し込み欄が「受付停止」になっています。
 ※ 受付がはじまりましたら、申し込み用のフォームが開きます。
 ※ 最終受付:11月23日(月)12時
※ お申し込みは先着順で定員になり次第締め切ります。
【主催】
 ○(公社)大磯町観光協会・(NPO)大磯ガイド協会・(公財)神奈川県公園協会
【協力】
 ○国土交通省関東地方整備局国営昭和記念公園事務所・神奈川県・大磯町教育委員会
【その他】
 ・ガイドツアーは、約2時間30分程度を予定しています。
 ・明治記念大磯邸園(旧大隈重信別邸・陸奥宗光別邸跡)の見学はお庭のみで建物は外からの見学となります。
 ・明治記念大磯邸園まで徒歩、大磯城山公園(旧吉田茂邸)までは路線バスを利用します。
 ・路線バス料金(180円)は別途お客様のご負担となります。
 ・大磯城山公園(旧吉田邸)の見学はお庭のみとなります。
 ・庭園内にある「七賢堂」は、この企画日のみ「特別開扉」とし、内部をご覧いただけます。
 ・大磯城山公園にて現地解散(12時~12時30分予定)となります。
 ・大磯駅までは、付近バス停「大磯城山公園」より路線バスも運行しております。
  (ご利用は自由、バス料金はお客様負担となります。)
 ・現地解散後、旧吉田茂邸宅内部の見学(入館料:510円)や紅葉の大磯城山公園(三井別邸地区)散策もおすすめです。
  (自由)
◆新型コロナ対策について
 ・「3密」を避ける対応の徹底をお願いします。
 ・受付時に体温測定を実施し、37.3度を超えた場合は不参加とさせていただきます。
 ・当日、発熱や体調の良くない時は、参加をご遠慮ください。
 ・マスクの着用及びこまめな手指の消毒をお願いします。

 申込みは下記URLから
  http://www.oiso-kankou.or.jp/?p=we-page-entry&spot=342088&cat=22029&pageno=3&type=spot&nav=none

 

 

 

2020年10月29日 (木)

今夜は十三夜「二夜の月」

今夜は十三夜です。
「十五夜の月を見たら、十三夜の月も見ないと縁起がよくない」とは昔は、親にどちらか一方の月しか見ないことを「片見月」といい駄目なんだと、良く言われたものです。
しかし、こうした風習は遙か昔の話になってしまったようです。
そして、昔は十五夜と十三夜を同じ庭で見る風習があったようですので、同じ場所から今夕も見ようと海岸に行きました。
綺麗な月の出と日の入りを見ることが出来ました。

1029

十三夜の月は、十五夜の月(中秋の名月)とセットで呼ばれ、旧暦8月の十五夜の月を「前の月」、9月の十三夜の月を「後(のち)の月」と呼んだり、2つの月を合わせて「二夜(ふたよ)の月」と呼ばれている名月です。

このように十五夜と対をなす十三夜。
十五夜は収穫した芋を供えることから「芋名月」ともいい、十三夜は栗や豆の収穫の時期なので「栗名月」「豆名月」ともいいます。

平安時代に中国から伝わったとされる十五夜の月を愛でる風習とは異なり、十三夜の少し欠けた月を愛でる風習は日本独特のものと言われています。
それでもこうした風習は残して欲しいですね。

新型コロナウイルス感染症の拡大により閉塞感が漂う時期だけに余計にそのように感じます。
しかし、こんな風習に浸っている余裕のない医療の最前線で活躍している方々の分まで、早く日常の生活が戻ることをお月様にお願いをしてきました。

2020年10月28日 (水)

「大磯の松」に会いに山梨市へ

山梨市に「大磯の松」を見に行ってきました。
大磯の松? それは山梨市の根津記念館にあります。

1028_20201029092801

根津記念館「鉄道王」と呼ばれた初代根津嘉一郎氏の実家「根津家」の邸宅を保存・公開している施設です。
嘉一郎氏は、東武鉄道の社長など鉄道会社24社、その他多くの会社経営にかかわった実業家です。

1028_20201029092802 明治36年に現在の東町付近の地、松林館の跡地を買収して別荘を構えました。
そして、嘉一郎氏の生家跡に建てられた根津記念館の庭園に、昭和8年に大磯にあった別荘から移植されたのが「大磯の松」として保存されているのです。

100年を超えるであろうと思われる松ですが、大きな庭園を鉢に例えれば巨大な盆栽?という風景です。
多分、上に伸びないように形を整えられて、幹だけは歴史の積み重ねを感じさせる太さにどっしりと、とても良い形に整えられて富士山、御坂の山を背景に映えていました。

天気もそこそこ良かったし、時間もたっぷりあるので、行き帰りは高速道路等は一切利用しないで本当にふらっと行ってきました。
御坂峠の天下茶屋から見る河口湖も良かったし、途中の山中、河口湖畔の紅葉の色づきもちょうど良かったです。
とても良い気分転換(年がら年中のような?)になりました。

1028

2020年10月27日 (火)

小学生がイルカショーを演出

暫く水族館に行ったことがありませんね!
子どもはもちろん、孫たちも大きくなって部活動等の自分の生活が忙しくなってくると、次第に「じぃじ」「ばぁば」からも距離が遠くなって、一緒に出掛ける機会がめっきり減ってきます。

水族館に行くと、興味があるのは、やっぱり「イルカ」や「アシカ」のショーでしょか?
人間とイルカ等が一連の流れに乗って一体感になって動く様が何とも云えません。

つい先日、香川県高松市にある新屋島水族館のイルカショーを話題にしたニュースでした。
ニュースのタイトル名が「11歳の小学生がイルカショーを演出」

イルカがダイナミックなジャンプ等をするためには、イルカトレーナーがイルカにバックで流れている曲を聞き、イルカとトレーナー、音響担当者と息を合わせてタイミングを計ってイルカに指示を出して演出しています。
まさにイルカとトレーナーのナイスコンビネーションです。この一体感で魅入ってしまうんですね!

そして話題のニュースの内容です。
【以下の文章は、NHKニュースコメントの引用です】
11歳の「さかなクン」が高松で大活躍です。
高松市の水族館に2歳から通い詰めている小学生の男の子が水族館からイルカライブの音響を任され、ジャンプするイルカの動きに合わせて巧みな演出を披露しています。

2歳のころから水族館通い
高松市の小学6年生、後藤匠人くんは魚と水族館が大好きで、2歳のころから高松市の新屋島水族館に通い続けています。

水族館では、匠人くんの熱心さや博識さを生かしてもらおうと、小学校が休みの日に水族館でお手伝いをしてもらうようになり、6年生になった匠人くんは水族館で人気のイベント、イルカライブの音響演出を任されるまでになりました。

25日も1日4回、イルカライブの音響を担当し、およそ25分間のライブ中、小窓からイルカやトレーナーの動きを確認しながら、14種類の曲や効果音を巧みに使い分けていました。

匠人くんのそばには入社したばかりの20代の新入社員がぴったりとついて、「師匠」の匠人くんに指導を仰いででいました。

ライブのあとは水族館のキャラクター「マナやん」と館内を回り、「マナやんと写真撮りませんか。頭のキャベツを触ると幸せになれますよ」などと、親子連れなどに接客も行っていました。
後藤匠人くん「将来は新屋島水族館の社員になりたい」
匠人くんは「水族館の生き物との距離の近さが大好きで、いろいろな仕事をさせてもらえることに感謝しています。お客さんから質問されるのもうれしいし、将来は新屋島水族館の社員になりたいです」と話していました。【ここまで引用文】

久しぶりに童心に返って水族館に行きたくなるようなニュースでした。

2020年10月26日 (月)

ドラフト会議(新人選手選択会議)の結果は?

プロ野球の登竜門とも言える「ドラフト会議(新人選手選択会議)」が開かれました。
今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から春・夏の甲子園で行われる高校野球も中止で、注目されている選手の状況が分かりません。

今年のプロ志望届への提出は、高校野球の中止に伴い「プロ志望高校生合同練習会」が実施されたこともあり、昨年(139人)よりも大幅に増加。大学生も昨年より50人増と、どちらも史上最多の高校生216人、大学生158人が公示されたとのニュースまでは知っています。
これ等の選手が夕方に行われた「ドラフト会議」の指名対象になりました。

その中でもドラフト会議前から複数球団からの指名が予想されていた左腕の早稲田大学の早川隆久投手はヤクルト、楽天、西武、ロッテの4球団が競合し、抽選で楽天が交渉権を獲得しました。
また、打者で注目されていた近畿大学の佐藤輝明内野手はオリックス、阪神、ソフトバンク、巨人の4球団が競合し、阪神が交渉権を獲得しました。

また、7月に大リーグ経験から独立リーグの「埼玉武蔵ヒートベアーズ」に入団して日本球界に復帰していた注目の田沢純一投手は、支配下での指名がなかったようです。現行制度ではNPBでプレー経験のない日本国籍選手がNPB入りするにはドラフトを介する必要があるので今後はどのようになるのでしょうかね?
各球団の指名は全て終了したようです。

2020年10月25日 (日)

特例に救われないように祈る!

今年の各プロスポーツ等も新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点からイレギュラーな日程等で実施されています。
サッカー・Jリーグも2月に開幕をしましたが、その後の新型コロナウイルスの影響で中断を余儀なくされ、その間にリーグ再開時には、比較的に大きな移動を伴わないようにホーム&アウェイで試合を組むなどの措置が取られる状況などするために、公平性を鑑みて、昇降格ルールが変更されました。

大きな変更点は、J2からJ1、J3からJ2への昇格はリーグ戦上位2クラブの自動昇格とし、昨年まで実施していたJ1参入プレーオフは「開催なし」とすることが決まり、降格については「なし」となっています。
従って2021シーズンのクラブ数はJ1が18~20クラブ、J2が20~24クラブ、J3は14~18クラブの幅で構成されることになります。

今季は戦力も整わずに開幕を迎えた湘南ベルマーレーですが、ここまで予想以上に苦戦を強いられています。
7月末から8月末までと9月中旬から10月中旬までの2回の6連敗が最下位に沈んでいた要因です。
ここ3試合では1勝2分けと復調の兆しも見えて、最悪の最下位を脱出して16位に浮上しましたが、少しずつ順位を上げていって欲しいですね。

チーム運営費や強化費の補填などを目的とした目標5,000万円のクラウドファンディングを立ち上げました。
それが目標を遙かに超える7,500万円以上の金額が集まったと言うことは、ファン、サポーターの皆さんの期待がそれだけ大きいということです。

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から特例的に設けられた、降格「なし」が2020年シーズン終了時に特例に救われるような成績だけは意地でも逃れて欲しいですよね。

2020年10月24日 (土)

日本新三大夜景都市とは?

旅好きな私にとっては、とても興味のあるニュースがありました。
日本人は何かと「日本三大?????」が好きなのか?或いは三つに絞りたいのか?各分野でそれぞれが興味のある内容になっています。

「日本三大夜景」はと言われれば、即座に 函館市の函館山からの夜景、神戸市の摩耶山からの夜景に長崎市の稲佐山からの夜景を挙げます。
実際に綺麗だった夜景を想い出します。

2015年に、新たな日本ブランドとして国内外へ向けて夜景観光の活性化を目的として「日本新三大夜景都市」が発表されています。
一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」が実施している2018年の結果です。
全国約4,500人の夜景観光士と称される人が投票を実施。
投票された各夜景スポットを都市別に分類し、集計結果から上位三都市を『日本新三大夜景』と認定しているのだそうです。

認定は3年ごとに見直しをしているようです。
そして2018年の順位は次のような結果になっていました。カッコ内は第1回(2015年実施)の順位です。
第1位:長崎市(1位) ・第2位:札幌市(2位) ・第3位:北九州市(5位) ・第4位:神戸市(3位) ・第5位:東京都(8位) ・第6位:函館市(4位) ・第7位:大阪市(6位) ・第8位:横浜市(7位) ・第9位:京都市(9位) ・第10位:静岡市(圏外)

上位10位までの都市は全て訪問したところです。
そして全ての都市の夜景も見ていますが第10位に入った静岡市の夜景は何処を指しているのか分かりません。
何となく想像はつきます。
11月にGotoキャンペーンを利用して正に泊まる予定のホテル等からの夜景だと思います。
それが目的でそこを宿泊地にしたのですが、楽しみになりました。

そして、上位のランキングの中で驚いたのは、1000万ドルの夜景と称される神戸市や世界屈指の夜景と評価の高い函館市より上位にあり、堂々とベストスリーに輝いている北九州市です。

確かに5年前に久しぶりに行った時の北九州市門司区の港等の夜景は、以前行った時とは景色が大きく変わっていました。
下の写真は、夜景が綺麗とかのスポットでなく、ホテルの部屋から撮った写真です。
それでも、本当に綺麗でした。

1024

インスタ映えの夜景観光を売り出しながら、基本的に宿泊者の観光客も増やす?
そしてSNS向けに美しい夜景を撮ってもらう作戦もありなのでしょう。

2019年の訪日外国人観光客は約3,188万人で過去最高を記録しました。
こうした状況の中で宿泊者の多くは、メジャーな飲食店等を多く抱えた大都市に集中している一方で素通りされてしまう観光地も多くあるのが実情です。

そして、諸外国では治安上の問題などから夜間の外出を控えることも珍しくなく、夜景を楽しむという発想そのものがないと考えらえます。美しい夜景を安全に観ることができるのは、日本の魅力の1つとして定着しつつあるのではないでしょうか。という観点から「日本新三大夜景都市」の認定事業を行っているようです。

今年はこのコロナ禍で訪日外国人観光客数は激減し、インバウンド需要に頼ってきた観光地を始めとする観光ビジネスやその他の分野でも壊滅的な打撃を受けていますが、国内観光に向けてもこうした違った切り口からの取り組みも必要なのかなとも思う記事でした。

2020年10月23日 (金)

ペースを乱す愛猫たちの寒さ対策?

この時期の陽射しはとても有り難いです!
それが太陽がなく雨模様だとそんなに気温が下がっていなくても、とても寒く感じてしまうのです。
寒さにはからっきし弱い私ですから。
でも、仲間がいるんですよね。私以上に寒がりやさんたちが!愛猫の「チロ&リン」です。

すっかり自宅作業のルーチングワークが出来上がっています。
終日、パソコンの前に座る時間が多くなっています。
適当なきりの良いところで腰を伸ばさないと、腰痛が悪化してしまうのでリクライニングチェアで休憩を取りたいのです が?????
この状況なのです。

1023

ちょっと寒くなると愛猫たちは、活動を休止して人のリクライニングチェアの中にうずくまって暖を取り合う愛猫たちに占拠されてしまうのです。
何も猫たちに遠慮することはないのにと思い、何故、と理不尽に思いながらもつい遠慮していまうです。

子どもはもちろん孫たちも成長をして幼子の寝顔もすっかり記憶から遠くなっています。
子どもや孫と動物を一緒にしては申し訳ないですが、愛猫の寝姿が微妙に昔の記憶の片隅で見た光景と不思議に重なってくるんですよね?

最近は家庭のペットは動物ではなく家族になりきっているんですよね?分かる気がします。
「家の犬は、猫は?」と言う表現をすっかり聞かなくなってから久しいです。
私も人のことは言えません。最低でも名前で呼んでいますからね。「家の子は」とまでは言えませんが。

ワンちゃんたちの散歩を見ても、どちらが散歩させてあげているのか良く分からなくなることがあります。
まして、豪華なバギーに乗って散歩している姿を見ると、どんなに可愛い子が乗っているのかと臨みこめばバギーの中にはワンちゃんが?これが珍しい光景ではなく、日常の風景にもなりました。

それにしても、こうしたペットを話題にして一日を終えることが出来ることは、なんだかんだと言っても、やっぱり幸せな環境にあると言うことですよね。本当に感謝です。
それでも、やっぱり青空と陽射しが欲しいと思う雲の重たい一日でした。

2020年10月22日 (木)

8ヶ月ぶりの電車移動

電車の乗り方を忘れそうな8ヶ月ぶりの電車移動でした。
東海道シンポジウム東京・神奈川ブロック会議で夕方から東海道かわさき宿交流館に行ってきました。
行く前にスマホのモバイルSuicaの残高を確認。残高は十分にありそうです。
利用履歴を確認すると、何と前回の使用が2月でした。
その間の移動は全て車で移動していたんですね。

1022_20201023092701

久しぶりに各宿場の仲間と顔を合わせるっことが出来ました
普段から電話やSNSを通して情報交換をしていました、やっぱりフェース・ツー・フェイスに勝るものはありません。
そして思いも寄らぬ50人を超える仲間が集まってくれました。

ところで肝心の情報交換はと言うとイベント等を始め事業中止の報告合戦?
それでも、新型コロナウイルス感染症への拡大防止を試みながら各宿では、イベント等を可能な範囲で動かし始めている様子でした。
それはそうですよね、集まっているメンバーを見ればじっとしていることの出来ない者ばかりなのですから。
もう2020年は諦めるしかないとして2021年に期待して今から連携を取りながら色々なことを計画していきましょう!
それで、先に進む話になると皆さん、水を得た魚のように活き活きした顔つきになってきます。

大磯でも明日から三日間、中止になった大磯うつわの日2020に変わって有志の陶芸家さんたちが自主運営する「大磯勝手にうつわの日」が始まります。
楽しみな週末を過ごすことが出来そうです。

2020年10月21日 (水)

まち歩き事業を再開!

毎日のスケジュールが真っ白の中にあって、会議やその他諸々のことが重なると、今度はもう少し分散して平均して予定が入ってくれれば良いものをと違った嘆きになります。
夕方から行った観光協会の3委員会もその中の一つです。

「明治記念大磯邸園」が既報の通り、11月3日から一部一般公開されます。
全ての整備が完了し、建物の中まで拝観できるのには、あと4年ほどを要すようです。
ですから、今回の一般開放は整備の済んだ邸園部分のみになります。

1022_20201022110401 旧大隈重信邸、陸奥宗光邸の建物の中には入ることが出来ませんが、お庭から見る旧宅の風情もとても趣がありますよ!
本日の委員会では「新型コロナウイルス感染症」の拡大防止の観点から観光協会として、年内の全ての事業を自粛していましたが、一部一般開放されることを機に「大磯の明治邸園を訪ねる」のまち歩き事業を4本計画しました。

今回、公開される「明治記念大磯邸園]と「旧吉田茂邸園」を大磯ガイド協会の方々に案内付きガイドツアーになります。
現在、詳細の募集要項を準備しています。来週の半ばには(公社)大磯町観光協会のホームページから募集開始できると思います。

深まりゆく秋の一日を大磯で、一瞬だけでもこのコロナ禍を忘れていただき楽しんでいただければと思います。
もちろん、「新型コロナウイルス感染症」への対策は万全を尽くして実施します。
明治記念大磯邸園一般公開の詳細については10月11日の記事を参考にして下さい。

2020年10月20日 (火)

久しぶりの一円玉天気にオリオン座流星群

久しぶりに朝の天気予報で気象予報士が「今日は一円玉天気」との表現を使っていました。
終日、崩れるこもない安定した天気になるはずです。

「一円玉天気」とは気象界の業界用語です。
なぜ晴天を一円玉と表現するのでしょうか?

一円玉は硬貨の中で最も単位が小さいので、これ以上細かなお金に両替することはできません。
両替のことを「崩す」といいますが、「これ以上崩すことのできない」ということから、「崩れることのない天気」=「晴天」を意味するのです。ウイットの効いた面白い表現ですよね!

と言うことは夜まで比較的に好天が予想されると言うことです。
今週も天気予報では余り良い天気が続きそうにない予報です。特に沿岸地域は雲が発生しやすい気圧配置になっています。

1020_20201020202901 オリオン座流星群の活動が極大を迎えています。
21日から22日の明け方にかけてが一番の見ごろとなるはずです。
でも、今夜の方が天気的には条件が良いんですよね!

月明かりの影響はありません。
しかし、活動は低調と見られるとの予想もありますし、期待するほどの多くの流れ星を見ることが出来ないかも知れません。

今、夜空には地球に最接近をした火星が良く見えています。
その火星をのんびり見ている間に流れ星がいくつか見えるかもしれないね。
そしてピークがなだらかな流星群なので数日間は見ることが出来ると思います。

2020年10月19日 (月)

大磯 勝手にうつわの日

予定が真っ白になったカレンダーの名残り?
今週の週末に予定されていた「大磯うつわの日2020」と「2020ぷちおおいそ」の後ろに空しい「中止」の二文字が!

「大磯うつわの日2020」は「イベントとして心置きなく大磯に展示を観に来てください!と言えないのであれば、潔く中止にした方が良いと」との判断から中止に至った同イベント実行委員長の岡村友太郎さんの言葉です。無念さが伝わってきます。
比較的に若い作家の参加者が多いイベントだけに残念です。
来年は10回目の「大磯うつわの日」が盛大に開催できることを今から願っています。

2011年に数名のうつわ作家が展示販売を企画したのが事の始まりでした。
年々規模を大きくし、昨年は53会場が参加。陶芸や木工、ガラスなど様々なジャンルのうつわの展示販売や、ワークショップやお茶席、予約制の食事会など参加型のイベントも行われ、大磯の中秋の定番事業に成長し賑わいました。

それでも若い人たちは新型コロナウイルス感染症に負けていません。
確かに中止と言われても、昨年のイベントが終わった段階で今年に向けて創作活動をしているわけですから作品は準備万端のはずです。

ですから大磯うつわの日の開催予定だった日程で、参加を予定していた作家と会場で、それぞれに感染対策を講じながら「勝手にうつわの日」を実施するとのことです。

「勝手にうつわの日」とは良いではないですか?
イベントの実施には補助金や助成金頼みに依存しがちですが、それを一人一人の力を連携させて一つのイベントに仕上げていくことが素晴らしい試みです。

これこそが「まちづくり」の原点だと思います。
こうした潜在的な彼らが大磯を盛り上げてくれているんですよね!
天気も含めて、素敵な週末になることを祈ります!

1019

2020年10月18日 (日)

体調を維持するのに大変!

この気温の乱高下が堪えます。
久しぶりに体調不良の一日です。
このご時世は何度も書くように新型コロナウイルス感染症と間違えられそうで、うっかり風邪に撫でられたというような表現が出来ません。でも、何となくそんな状況です。

いずれにしても緊張感が欠如しています。これが体調の保持にも微妙に影響を与えているのも確かです。
それにしても、新型コロナウイルスの感染が再びヨーロッパを中心に急速に広がり始めていることが心配ですね。
特にフランス、イタリア、そしてドイツ、スペインの1日あたりの新たな感染者がこれまでで最も多くなり、各国は規制を強化し、ウイルスの抑え込みに必死になっています。

フランスでは1日あたりの新たな感染者が3万人を突破しています。日本の500人前後の新たな感染者数と桁が違いすぎます。
ヨーロッパ各国でも4月には、感染者は減少に転じていたのですが、この感染者数の増加は、いずれも経済復興を優先し、人々の行動規制を大幅に緩めてきた結果です。その割に経済も回復しない悪循環に陥っています。

こうした中で今週末に各国は市民の行動制限を強化し始めました。
フランスは公衆衛生上の非常事態を宣言し、17日以降、夜間の外出が禁止され、イギリスでも飲食店の夜間営業が禁止された上に自宅やレストランなどの室内で同居している家族以外と会うことができなくなりました。
スペインの首都マドリードでは通学や通勤を除く都市の出入りが制限されるなど対策が強化されています。

9月4日に日本国籍を持っていてフランスを拠点にしているライター・写真家の知人が渡仏しました。
彼女は東海道の魅力をフランス等で紹介をする際に知り合った人です。

15.01.04「フランス人から見た東海道」
http://oisoharu.way-nifty.com/blog/2015/01/post-15e8.html
興味がある方はご覧下さい!報告書の原文はフランス語です。私には掲載したものの全容を把握できません?

その彼女がフランスに着いて2週間足らずで新型コロナウイルスに感染してしまいました。
フランスの医療現場も含めて闘病中の様子を詳細に報告してくれ、つい先頃、帰国しました。

そして、彼女曰く、こうしたフランス政府の規制に対して「それに対して文句を言うパリジャンが多いが、病院はそれ以上の感染者の対応できないし、何の対策でも、自由を奪うことになるのでいつまでもいつまでも文句。フランス人はなぜパンデミックに対する個人意識、そして公民精神が弱いか。それは国民性、文化などという原因があるだろうが、何より「パンデミック」という新しい状況に対する適応性が欠けているのは一番の問題かもしれない。」と。
国民性の違いを感じるコメントです。

1018_20201019110701 日本でもヨーロッパほどの急激な感染の拡大はありませんが、東京を中心に高水準で推移しています。そして着実に地方に広まりを見せています。

春先には秋頃になれば終息への道筋が見えるかと思っていましたが、そんな雰囲気はありません。
ここまで暦が進んでしまった2020年ですが、2021年にまで持ち越すことだけは何とか避けて欲しと思います。
年内には2021年に延期された東京オリンピック・パラリンピックの開催についても判断しなければいけない大きな課題もあるのでしょうし?心配ですね。

2020年10月17日 (土)

10人の合計タイム差 18秒に泣く

来年1月2日、3日に行われる箱根駅伝の切符を求めて、第97回箱根駅伝予選会が東京・陸上自衛隊立川駐屯地で行われました。
雨の中を無観客で各大学12人の選手が21.0975キロ(ハーフマラソン)の距離を走り、チームの上位10人の総合計タイムで10枠を目指して力走が繰り広げられました。

毎回、最終の10位と次点になる11位の境目でドラマが生まれますが今年は天国と地獄の差が18秒差でした。
ラスト枠に入った専修大学は7年ぶりの出場。一方で前回大会、26年ぶりの出場を果たした筑波大学が次点の11位でその差がわずか18秒でした。
10人走っての合計タイムの差ですから一人1.8秒。誰もが「自分がと?」思うタイムですから。でもね、こうした一つ一つのことを乗り越えて成長があるんです。と考えないと順位も決まらないです。
11位があるから10位もその上もあるんですよね。

今回の予選会には関東の大学46校が参加しました。
その結果、1位は順天堂大学で10時間23分34秒のタイムで来年の箱根駅伝の出場権を獲得しました。
1位の順天堂大学はチームトップの1年生 三浦龍司選手が総合5位(日本人トップ)を始めチーム10位の選手が総合で39位と圧勝。文句のない1位でした。

なお、三浦龍司選手が記録した1時間1分41秒は、早稲田大学、大迫傑選手が1年時の10年に出した1時間1分47秒を上回るU20(20歳以下)のハーフマラソンの日本最高記録のナイスランでした。

他に出場権を獲得したのは、2位の中央大学、3位の城西大学、4位の神奈川大学、5位の国士舘大学、6位の日本体育大学、7位の山梨学院大学、8位の法政大学、9位の拓殖大学、10位の専修大学でした。

1017_20201017211001

          【画像は日テレ YouTubeから】
そして来年1月2日、3日に行われる箱根駅伝は、前回大会で総合優勝した青山学院大学や2位の東海大学など10位までのシード校と今日の予選会を通過した10校に関東学生連合を加えた合わせて21チームが出場します。

関東学生陸上競技連盟は新型コロナウイルスの対策として大会を無観客で実施するとしていて沿道での応援の自粛を呼びかけています。
でも沿道での応援の自粛と言っても大磯は自宅の目の前がコースですから?

2020年10月16日 (金)

季節が私を追い抜いていく?

本来であれば昨日と、今日の二日間は観光協会で食事付きの「大磯の明治邸園を訪ねるPartⅢ&Ⅳ」を実施していたはずです。
2020年になって地球の自転と公転が早くなっていませんか?そのように感じます。
一日が余りにも早く過ぎてしまうし、季節が私を追い抜いていきます。
9月4日に「216Km/hで月日が過ぎる」と矢の初速に例えた記事をアップしましたが、2020年は「300Km/h以上!」間違いないです。

これから毎日が日曜日状況になる時に、一日をどのように過ごすのか、心配をしました。
ヒマで余裕はたっぷりとありますが、全く希有に終わっています。

ただ、終日の自宅作業となるとカミさんが大変になるのが申し訳ないです。
何がって?食事(朝食or昼食)に気を遣わせてしまうことです。ただ、半世紀に亘って続いている一日二食の食生活が、この状況になっても継続しているが一つの救いですか?
まるで、料理に自主性が感じられない、人ごとのような書き方ですみません。
でもね、食事に執念(美味しいものには関心があります。あまのじゃく?)がないとこんな考え方になってしまうのです。

40年以上も一緒にいると毎日が漫才です。
だから、一日があっという間に終わってしまうのです。
こんな毎日が続くと吉野弘さん作の「祝婚歌」を思い出します。

詩の全文を引用してはまずかな?

【「祝婚歌」引用】                
 二人が睦まじくいるためには
 愚かでいるほうがいい
 立派すぎないほうがいい
 立派すぎることは
 長持ちしないことだと気付いているほうがいい
 完璧をめざさないほうがいい
 完璧なんて不自然なことだと
 うそぶいているほうがいい
 二人のうちどちらかが
 ふざけているほうがいい
 ずっこけているほうがいい
 互いに非難することがあっても
 非難できる資格が自分にあったかどうか
 あとで
 疑わしくなるほうがいい
 正しいことを言うときは
 少しひかえめにするほうがいい
 正しいことを言うときは
 相手を傷つけやすいものだと
 気付いているほうがいい
 立派でありたいとか
 正しくありたいとかいう
 無理な緊張には
 色目を使わず
 ゆったり ゆたかに
 光りを浴びているほうがいい
 健康で 風に吹かれながら
 生きていることのなつかしさに
 ふと 胸が熱くなる
 そんな日があってもいい
 そして
 なぜ胸が熱くなるのか
 黙っていても
 二人にはわかるのであってほしい【ここまで引用です】

何かこの様な詩の内容が歳を重ねてきた、今になって本当に身近に感じて理解できるようになった気がします。
改めて、この詩を読み返すと、二人で実践しているようなところがあることに気づきます。それが漫才になっているんです。若い頃にはそんなことなかったですよね。喧嘩の要因にもなっていたと想います。

この詩は、後輩等の結婚式の祝辞で随分引用させてもらいました。
それが、いつしか自分たちに一番、似合いそうな詩になってきたようです!

2020年10月15日 (木)

孫との会話が次第にレベルアップ?

最近は授業の中でSDGsを取り上げているようです。
孫たちの学校生活の様子の会話中に、たまにSDGsの話題が入ってきます。
だんだん話の内容が大人ぽくなってきます。話題が次第にレベルが高くなってきます。
それこそ「成長したなぁー」と同時にまだまだ老け込めないなとも感じる時です。

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

SDGsには17の開発目標があります。
貧困をなくす、飢餓をゼロにから教育、健康、エネルギー問題、産業、技術革新、気候変動・・・・・・etc
この17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

一見するととても大きな目標に見えますが、実際は人々の生活に根ざしたものです。
日々の生活の身近なところでSDGsを意識して一人一人が行動していく積み重ねだと思います。

そうした意味では大人だけでなく、むしろ未来を支えていく子どもたちも交えて当事者意識を持って活動していく必要性は言うまでもありません。

まずは小中高校生でも、今、自分自身が当たり前に、教育を受けていることが実は当たり前ではないんです。
SDGs17の目標の4に「質の高い教育をみんなに」があります。
別に質が高くなくても貧困、飢餓により教育すら受けることが出来ない子どもたちが世界にはどれだけいるのか?

全世界の子どもたちが平等に教育を受けられることを目指している訳ですから、授業で取り組むのは自然のな流れなのかも知れません。
いつしかこんな話題を孫とするようになりました。
出来るところから取り組んでいって欲しいと思います。

2020年10月14日 (水)

今年も食卓への道のりが遠そう

秋も深まってきました。
サンマがおいしい季節となりました。なったはずです?でも食卓への道のりが遠いのでしょうか?
匂いすら届きません。

サンマのシーズンに入ると当初は初セリなどが話題になり、情報が大々的に伝わってきます。
そして今年も不漁だと伝えられていました。

8月24日にサンマ漁の主力となる棒受け網漁で中型船4隻が初水揚げをアップしました。
早速、目黒にサンマを買いに行かなければ?
えっ!この財布の中身では買えそうもないって?うそっ!
こんな内容のサンマの不漁をアップしました。

今年も不漁の傾向にあることは間違いないようです。
しかし、10月に入って取れだしてきているというニュースを見ました。自分で買い物に行かないので魚屋さんやスーパーの鮮魚売り場の様子が分かりません。最近は外食もほとんどしないですから余計に分かりません。
実際はどうなんでしょうか?

シーズン当初の不漁については近年の海水温等の環境変化により、取れる時期が遅れる傾向にあることも理解しています。
だから、旬に食べられないことは我慢するとして、近い内に食卓に上がってくる可能性はあるのかが問題です。

ちょっとした朗報がありました。
全国さんま棒受網漁業協同組合の「9月末まではサンマがほぼいない状況だったのが、10月になってから魚群がまとまって確認されるようになり、10月10日の時点でまとまった水揚げが予定されています」とのニュースを目にしました。

1004_20201014213701 そのニュースは「10年連続サンマの水揚げ日本一の北海道根室市の花咲港で10日、今季最高となる約508トンのサンマが水揚げされた。」との内容でした。
喜んだのですが続くコメントが「3日前にまとまった漁獲があり『これから取れるかな』と期待したが、一昨日はまるでダメ。続かない」だそうです。ある一定のまとまった漁がなければ全国に届きません。ぬか喜びで終わってしまうかも知れないニュースです。

七輪で焼いた秋刀魚から出る匂いは、お殿様だけでなく、魚好きを魅了してくれます。
そして、その味、「これぞ!秋」です。
しかし、今年も食卓への道のりがかなり遠そうですね?

2020年10月13日 (火)

密集・密接・(密閉)で行う 米トランプ大統領選

11月3日に迫る米大統領選キャンペーンを前にして新型コロナウイルス感染・発症から劇的な回復を遂げ、時間を惜しむとはこのことか?と思わせるように職務復帰をして大統領選に復帰したドナルド・トランプ大統領です。

今年になり世界のリーダーも何人かが新型コロナウイルスに感染しました。
3月に感染したジョンソン英首相は隔離生活を経て職務に復帰するまで1カ月を要し、新型コロナウイルスなんて普通の風邪くらいにしか考えていなかったブラジルのボルソナロ大統領も7月に陽性となり、テレワークで職務を継続しつつも回復までほぼ2週間を費やしたケースと比べてもトランプ氏がみせた職務復帰への執念は異常としか映りません。

本当にアメリカはどうなっているの?
12日午後3時現在のアメリカの感染者数の状況(内数字は日本)
 感染者数 7,762,546人(89,347人)  死亡者数 214,768人(1,629人)

そして復帰した12日に開いた南部フロリダ州の集会では数千人を集めて、野外ですから密封はないものの密集・密接そのものです。参加者はほぼアスクなし!凄い!あきれる!さすがに世界トップの感染者数に君臨するアメリカの姿そのもです。
集会の様子が連日テレビニュースで流れていますが画としては、どうなんでしょうかね?
本当に新型コロナウイルスが単なるインフルエンザのようにしか見えません。危機感が全く伝わってきません。

そんな中で民主党のバイデン氏、共和党の現職トランプ氏のどちらかが勝利するのかは分かりません。
まして、アメリカの大統領選です。私などにとってはどちらでも良いのが本音ですが、世界中に広がった新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けての中にあって、世界のリーダーを選ぼうとする大統領選だけに、この取り組み方には非常に違和感を感じます。

アメリカでも新型コロナウイルスは本当に重大な最重要問題でもあるはずです。
世論は新型コロナ感染者と死者が多数に上った責任について、トランプ氏の政治指導力のなさと政策判断のまずさにあるとの見方を示しつつあるように感じます。

バイデン氏の勝利とともに、大統領選と同時に実施される連邦議会選挙で民主党が下院のみならず上院でも多数派を奪還し、ねじれ現象も解消される可能性が出てきました。

しかし、政治の世界は「一寸先は闇」と言われています。アメリカでもそうなんでしょうね?
それでも経済を優先させるためコロナの脅威を軽んじ、感染を防止するためのマスク着用すらあざ笑ってきたトランプ大統領の再選はあるのでしょうかね?

2020年10月12日 (月)

どうしようかな?「マイナンバーカード」の申請

マイナンバーカード、まだ作っていません。
マイナンバーカードのICチップには電子証明書が搭載されていますので、各種行政手続きをオンライン申請で済ませることもできます。

もちろん、本人確認が必要な場面ではマイナンバーカードで本人確認をすることができます。
現在は免許証で代行していますがこれが一番使用するケースが多いと思います。

PCから申請すれば、比較的に簡単に申請が出来ます。
要はマイナンバーカードをどのようなシチュエーションで使うケースがあるかと言うことです。

持参していれば、パスポートの新規発給や金融機関における口座開設や住民票の写し、印鑑登録証明書、課税証明書などの取得がコンビニなどで証明書を取得することができます。

でもねー、歳を重ねてくると、改めてパスポートを取る予定もないし、銀行等の口座開設にしたって現在の一行で6桁を維持するのに大変な懐状況では、新たに口座開設する余裕はないし、証明書類だって最近は取った記憶すらありません。

全国民一人10万円給付された特別定額給付金の時には、マイナンバーカードを登録してあると早く、給付が受けられると一斉に申請件数が増えてパニックになったニュースは記憶に新しいところです。
結局、このように何かしらの個人的にメリットを肌で感じる様なことがプラスされないと普及が進まないんですね。

今日はこのようなナンバーカードのことを話題にしたのは、2021年3月からは健康保険証機能が追加される予定です。
私にとっては、現在でも月一回は健康保険証を提示しているので、これは今後も必要になる機能だと思います。

2021年分の所得税の確定申告から出来ることも予定しているようです。
確定申告も10年以上も前に電子申告の普及に税務署からの協力した記憶が蘇ります。
電子申告から確定申告すると初年度だけ、確か5千円の減税があったと思います。
そのために住基カード等を作りました。一年だけの恩恵でした。

ある一定の割合まで普及するまでこうした措置を継続的に進めなければ普及はしないでしょうね?
私も健康保険証機能が追加されるだけのメリットであれば、別に不自由しているわけではないし、しばらくはいらないやと言うのが結論になりそうです。

2020年10月11日 (日)

明治記念大磯邸園一般公開(一部)

久しぶりに明るい話題です。
平成30年(2018)は明治改元後150年に当たる年でした。
その年に国土交通省が大磯にある初代内閣総理大臣の伊藤博文邸や元老の西園寺公望の旧邸跡、大隈重信元総理大臣の旧邸と陸奥宗光元外相の旧邸跡の両庭園などを明治150年施策の一環として「明治記念大磯邸園」として整備を進める計画がスタートしました。

1011_20201011195701 9日に正式に11月3日(火・祝日)から、旧大隈重信別邸庭園及び陸奥宗光別邸跡庭園の一部区域を公開するとの記者発表がありました。
「明治記念大磯邸園」としての全面公開は2024年度を目指して引き続き整備が進められます。

利用については(11月3日(火・祝日)から)
 ○入園料:無料
 ○休園日:毎週月曜日、年末年始 但し、月曜日が祝日の場合は開園し、翌日が休園
 ○開園時間:9:00~16:30(最終入園16:00)
 ○車いす:貸出有り(2台)
 ○身障者用トイレ:有り
 ○駐車場:現在は部分開園のため、駐車場は設置していませんので公共機関のご利用をお願いします。

更に詳細は下のURLをご利用下さい!
   https://www.meijikinen-oiso.jp/

2020年10月10日 (土)

生まれ故郷に帰るの?台風14号

今日は本来であれば「体育の日」です。
今年から10月の第2月曜日の「体育の日」が「スポーツの日」に変更になっているんですよね。
本来は今年に限りの措置でした。
しかし、開催されるはずだった東京オリンピックの開会式に当たる7月24日を「スポーツの日」として祝日に変更して、今日の10日は普通の土曜日になりました。
ところが来年に延期された東京オリンピックの関係で、2021年もイレギュラーな祝日になります。

1010-14 それにしても10月10日は「晴天」の特異日と言われている日です。
それがよりによって、台風14号が紀伊半島の沖から伊豆諸島方面に東進しています。しばらくはほぼ真東に進むようですが、北海道沖の移動性高気圧の動き次第では行く手を阻まれて東に進むことが出来なくなり南下して生まれ故郷に戻ることも予想されそうです。
そして、また戻ってくる?それはなさそうです。ある一定のところまで南下して熱帯低気圧になって消滅?しそうです。

当初の予想からかなり沖台風になってしまったので東海から関東地方への影響はほとんどありません。
しかし台風の前面に発達した雨域により紀伊半島や伊豆諸島では記録的な降雨量を記録して大きな被害も出ているようです。
夕方には、三宅島、御蔵島に大雨特別警報を発令したとの気象庁の記者会見がありました。被害が広がらないことを祈ります。

1010-201812 それにしても気象予報士泣かせの台風が増えていますよね?
思い出すのが、一昨年(2018年)の台風12号です。
今回の台風14号と同じようなところに急に発生して、東の方から関東地方に近づいてきて「なぎさの祭典」を中止に追い込んで東海沖を西進して三重県・伊勢市に上陸。その後は瀬戸内海上を更に西進。九州大分県に再上陸して北九州を横断して東シナ海に出てから更に南下してまた戻り、輪を描いて中国大陸へ?????
この台風の逆走する特異性の台風は、本当に印象に残る台風でした。

明日からは台風一過の秋晴れを望みたいと思いますが曇りや雨のスッキリしない天気が続きそうです。
そして上空に冷たい空気が流れ込んでいるので、秋の深まりを感じる肌寒も感じそうです。
それが秋晴れの下で秋の深まりを感じたいですね!

2020年10月 9日 (金)

Go Toトラベルと地域限定クーポン

今日もう一日、Go Toトラベルキャンペーンに関する話題です。
7日・8日で長野県に行ってきました。
そして今回は、宿泊先が知り合いなので直接申し込めば手数料等も取られずに良いと思い、連絡を入れたのですが還元の手続きが大変なのでネットから申し込んでとのことでじゃらんnetからの申込み利用をしました。

長野に出掛ける前に静岡県が、GO TO トラベルキャンペーン『静岡旅行・観光』クーポンの発行を10月6日(火)午前10時から配布し上限に達し次第に終了しますのニュースを目にしました。

おっと6日って、明日じゃん!そうです。目にしたのが月曜日です。
旅行代金税込20,000円以上 → 10,000円割引 10,000枚。
宿泊対象期間が令和2年10月6日(火)~12月1日(火)までの利用分。
全て国の実施しているGo Toトラベルキャンペーンとの併用が可能。

仮に税込30,000円の宿に泊まるとします。するとGo Toの35%割引で19,500円に。
プラス10,000円の静岡旅行割引が加わるので自己負担が9,500円になります。
そして地域共通クーポン券が6,000円分。これをお土産購入分に充当すれば実質3,500円の負担でそこそこの費用で一泊二日の旅行が出来ることになります。

取りあえず、行きたいところもあったので、今度は楽天トラベルを通して11月の予約を入れ、その予約成立を確認してから出掛けました。
そして、今日になって改めて楽天トラベルHPを見ましたら、「【国内宿泊】<GoToトラベル>1月までのご宿泊で使える最大35%OFFクーポン」は、配布枚数上限に達したために終了致しました。」とのコメントが?????。(第1期分だそうです)

これだけ割安感があれば利用する人は多いでしょうね?
しかし、予約を入れるのが大変でした。結構、予約で埋まっています。従ってスポットでしか日程が取れない方には厳しいかも知れません。

私のように先に宿の空いている日程を探し、そこを避けて仕事等の日程を後から埋めていく作業が出来る者にとっては有り難い制度ですが、第一線で働いている方々に後ろめたさを感じます。

それにしてもこの季節外れの陽気はどうしたんでしょう?
愛猫「チロ」「チロ」は寒いらしくて人の椅子を二匹で占領して使わせてくれません。終日、このような状況です。
本当に気持ちよさそうに寝ているんですよね。だからといって猫に自分の椅子を譲ることはないと思うのですが?

1009

2020年10月 8日 (木)

地域共通クーポンでのお土産

空気がキーンと澄んだ清々しい朝です。
しかし、いくら高原にいるとは言え、なんだこの寒さ?予想以上の寒さでした。
信州に深秋(オヤジギャルですね)を見つけるつもりでもいましたが、さすがにまだ早かったです。
それでも気温だけは、深まりゆく秋を先取りできました。

昨晩は、Go Toトラベルキャンペーンの利用で約35%の宿泊料の還元を受けました。
今日は、旅行代金の15%相当額をもらった地域共通クーポンを利用してお土産の物色です。
長野県ですから8県(群馬県、埼玉県、新潟県、富山県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県)も隣接県がある、県数で見れば一番使い勝手の良い県なのです。
(写真を撮る前に使用してしまい、写真は見本を画像にしました。)

小布施に寄って帰ることにしましたが、昨日の善光寺とは別世界。この寒い雨の中をウイークデーにもかかわらず人が溢れていました。
駐車場も満車。
ちょうど栗の季節です。皆さん思うことは同じなのでしょうね?

1008_20201009164901 さあー、地域共通クーポンを使って買い物を!
マチナカの小さなお店で利用しようとも思いましたが、結局、色々なものが揃う「道の駅オアシスおぶせ」に行ってしまいました。

ここも他県ナンバープレート車がズラリ。かなり止まっていました。
そして、会計を見ていると、お財布から一番先に出てくるのは地域共通クーポン券。
皆さん、思いが同じなのですね。
私たちは旅に出ても、余りお土産等を買い込んでくることはありませんが、今回だけは買い込みました。
そうすると、こうした地域共通クーポンの効果は大きいのかも知れませんね?

2020年10月 7日 (水)

Go Toトラベルのお陰で久しぶりの再会

Go Toトラベルキャンペーンを利用して信州に行ってきました。
行程の途中で久しぶりに善光寺をお参りしました。
何回も行っている善光寺ですが静かでしたね。もう少し人出があると思っていたのですが。

Go Toトラベルキャンペーンを利用して旅行をしていると思われる人は随分見掛けました。
駐車場では北海道から九州までのナンバープレートなど遠路からの観光客に会いました。
しかし、団体客が少なかったというよりほとんどいませんでした。そう言えば観光バスはほとんど止まっていませんでしたね。だから、透いているように見えたのかも知れません。

今夜の宿は野尻湖、斑尾高原の近くのペンションです。
私が現在地に引っ越してくる前の自宅の近所にステーキハウスがありました。
そのお店を経営していたオーナーシェフが30年近く前に現在地にログハウスのペンションを開業しました。
FBでお互いの近況等を確認していたのですが、今回はGo Toトラベルキャンペーンを利用し、懐かしさも手伝って訪れました。

1007_20201009120701

立地から見て、冬場はスキー客と夏は避暑を目的としたペンションだと思います。
何しろ駐車場の目の前がゲレンデなのでスキー客には絶好の立地条件です。
私は寒いのは苦手です。だからスキーはやりませんので、こうした機会でもないと宿泊絡みで行くことはありません。
それにしても何と環境の素晴らしいところ!

天気さえ良かったら星を散りばめた夜空の観望が出来たのにと思うと雨を恨めしく思う天候です。残念でした。どんな動物が出てきてもおかしくない環境だと思っていましたが、マスターに夜、煙草を吸いに外に出る時にはたまに熊も歩いているから気をつけて?キツネ、たぬきなどは可愛いよと?????。それほどの静かなところでした。
そして、美味しい食事をいただきながら、記憶が30年以上前の風景と幼少の頃からの思い出話に花が咲いたのは言うまでもありません。
こうした上では、大変に有り難い、Go Toトラベルキャンペーンでした。

2020年10月 6日 (火)

神様もリモート会議?

10月「神無月」です。
毎年、この忙しい時期に全国の八百万の神様が、一部の留守神様を残して出雲大社へ会議のために出張されてしまうので神頼みが出来ずに苦労をしていました。
しかしです。10月も「十五夜観月会」「十六夜観月会」「大磯城山芸術祭」「大磯の明治邸園を訪ねるPertⅢ&PertⅣ」「大磯市」「大磯うつわの日2020」「ぷちおおいそ」と8本のイベント等が新型コロナウイルス感染症の拡大防止との観点から中止にしました。

ですから神様に頼むまでの忙しさがありません。スケージュールが真っ白です。
ところで年に一度、出雲大社に集まった神様たちは何を話し合っているのでしょうかね?

昔から言われているのは、人の運命や縁、誰と誰を結婚させようか?などを話し合っていると聞いています。
また、来年の天候、農作物や酒の出来なども話し合われているそうですよ!
そうすると、今年は「新型コロナウイルス感染症の終息」の議題が緊急提案として議論されるのでしょうかね?
本当に日常の何でもない生活が一日でも早く戻ることをお願いします。

全ての神様が出雲に出かけてしまうのではなく、留守番をする神様がいるんだそうです。
代表的な神様が「恵比須神」。その他には「金毘羅神」、「竈神」、「道祖神」などが留守を守ります。
こうした留守神様を祭るために、10月に「恵比須講」を行うことに行事も一連の流れがあるんですね?

ところで今年も全国の神様がお集まりいただけたのでしょうか?
ひょっとしてこうしたご時世ですからリモート会議で実施しているのかも知れません。
いずれにしても、令和2年もここまで暦が進んでしまいましたので、もう半分あきらめます。
でも来年迄、この混乱を持ち越さないようにだけしていただけるように改めてお願いします。

2020年10月 5日 (月)

一枚の写真が60年前のコミニティを!

10月3日に知人のフェースブックに掲載されていた一枚の写真です。
柿をこのように提供していた方を偲び、また、今年も沢山の柿が実をつけましよと報告をされていた記事です。
ほっこりとする内容でした。

1005_20201005173501 これぞ本当の「お裾分け」ですよね!
日本って未だにこうした精神が息づいているんですねとつくづく思いました。
私も幼少の頃には、このお裾分けの精神に便乗して季節の「果実」を随分とご相伴させていただきました?

私がいただいたのは「梨」「アケビ」「ザクロ」「柿」。本当に季節の「旬」の果実でした。
しかし、今日、アップしたようなコメントがあったかどうか?記憶にありません。多分なかったでしょう!
おっと!それって「失敬」ではないの?多分そうですよね。

今、私の住んでいるところの付近は、大きな池もありました。
季節の「旬」を実らせる木々も沢山ありました。本当に食べ放題という表現がぴったりするほどの景色が広がっていました。
腹が減った子どもたちの眼には残酷な風景でもあったのです。

だから、「果実を失敬」すると必ず「こらっ!」という言葉も一緒にいただくのです。
でもね、陰に隠れて見直して見ると、怒っている割に「笑顔」も一緒に見えるんですよね?

成っている果実を見ると、子どもが取りやすいところだけに成っていて木に登らなければ取れない高いところには実が成っていなかったのですよね。
季節の「旬」の果実って手の届く、低いところだけに成るものだと思っていました。

所有者の方は子どもが取りに来ることを想定して、木の上の方は収穫しておいて、取りやすいところだけ残しておいたのだと思います。きっと失敬をしていった子どもたちが美味しそうに食べている姿を見て喜んでいた?のだと思います。
60年も前のコミュニティってこんなだったんですよね。

子どもたちも貧しかったけれど、こうして地域全体で子どもを育てる環境があったんでしょうね。
お陰様で伸び伸びと育ったようです?伸び伸び育ちすぎたとも言えますが?
そんなことを思い起こさせる一枚の写真でした。

 

2020年10月 4日 (日)

赤く輝く火星が最接近!

10月の夜空も話題が満載です。
毎日が日曜日状態で一番嬉しいのは24時間を自分でコントロールできることです。
現役の時には夜更かしが続くと仕事に差し障りが出ることを気にしながら夜空等を観ていましたが、今は24時間がフリーです。これが一番嬉しいですね!
極端な話が寝たい時には寝る。起きていたい時には作業する。それで24時間が回る。一番、贅沢な過ごし方かも知れません?

9月25日に10月の夜空の詳細を記しました。
火星が地球に最接近をします。
6日(火)です。
一晩中見ることができます。また、マイナス2.6等級で輝いているため、その赤さや明るさが一際目立ちますので、天気さえ良ければすぐに見つけることが出来ます。

火星はおよそ2年2カ月ごとに地球に接近し、観察の好機を迎えます。
その観望の好機がこの時期なのです。

1004 今回は地球と火星の距離は6,207万kmです。
そして2年2カ月後の2022年12月1日の接近は地球と火星の距離は8,145万kmです。
今回よりもっと地球に近づくのは2035年9月11日の5,691万kmです。
こう、距離を数字に置き換えると身近に感じませんか?

それでも、最接近をしたからと言って急に大きく見えると言うことではありません。まして天体望遠鏡を使用して観測をしても火星人の発見も出来ません。
しかし、子どもの頃はタコを変則させたような火星人が想像されて描かれていた時代もありましたよね?
ある面ではそうした時代が懐かしいです!

「最接近」が6日ですが、これから先11月初旬までマイナス2等以上の明るさを保ち続けて、観察しやすい時期が長く続きますので、天気が良い時に、ふっと息抜きに夜空を見上げて観て下さい!

※火星の位置は国立天文台の10月6日、東京の星空を参考にして下さい。

2020年10月 3日 (土)

コーヒー一杯分で宿泊が?

新型コロナウィルス感染症の感染者増などの影響で、Go To トラベルキャンペーンの適応から外れていた東京も今月から対象に追加されたことにより、日本国内のどの場所にも割得なキャンペーンが利用できるようになりました。

Go Toトラベルキャンペーンは7月22日から開始していましたが、今月からは「地域共通クーポン」も発行され、これまで約35%の旅行代金の還元に約15%の還元となる地域共通クーポンと併せると約50%の還元になります。

ただし、土産物店、飲食店、観光施設、アクティビティー、現地での交通機関などで地域共通クーポンが利用可能となっているのですが、どのくらいの施設の利用が可能になったのかがいまいち分かりません。
何しろ対象業者は9月8日に登録を受け付けたばかりで、9月17日時点でその具体的な対象は明らかになっていなかった上に9月15日までに申し込まないと10月1日には間に合わないという、暗中模索、突貫工事的な準備で進めたので、当初の利用可能店舗は限定的になると思います。

そして使用できる期間も旅行期間中(日帰りの場合は当日、宿泊旅行の場合は宿泊日とその翌日)に限り、旅行先の都道府県とその都道府県に隣接する都道府県内のみで使えます。従って未利用の地域共通クーポンがあったとしても旅行が終わってしまうと同時に「紙切れ」となってしまいます。

まだまだあります。
探すと都道府県や市町村などの地域限定キャンペーン(内容はまちまちですが金額ベースで一人5千円から1万円の補助)とGo Toキャンペーンを組み合わせるとコーヒー一杯分で一泊二日の宿泊旅行も可能になるケースもあります。

9月のシルバーウークが終わってから約2週間近くが経ちます。
各地で多くの人出があったニュースで新型コロナウイルス感染症の広まりが心配ですが、今日の東京都の新たに確認した感染者は207人。200人越えになってはいますが7月後半から8月に掛けての時よりはかなり落ち着いた感染者数です。

これで日本国内全域でGo To トラベルキャンペーンが利用可能になった後でも感染者数が増加しなければ、この事業も良かったねとなるのですがね?是非、そうなって欲しいです。

2020年10月 2日 (金)

「十六夜」の満月 見えず!

昨晩は中秋の名月の「十五夜」。素敵な月夜でした。
そして今夜は「十六夜」の満月です。

昔はこの十六夜を愛でる慣習もあったようですが最近は余り行われていないようです。
しかし、この十六夜は漢数字で何故「じゅうろくや」と呼ばないで(間違いではありません)「いざよい」と言うのでしょうかね?
それは「猶予う(いざよう)」という言葉から由来しているようです。
いざようとは、躊躇するという意味の古語で、十六夜の月は、満月の十五夜の日より、時間的に周期の関係で少し遅くれで昇ってきます。
その遅れて昇ってくる様を「十五夜さんに躊躇しながら出てきている」と擬人化して「猶予いざよいの月」→「十六夜(いざよい)の月」と呼んだと言われています。
これが日本の文化ですよね。でも今夜は、今のところ雲間から顔を出してくれません。

十六夜の次は自然に「十七夜:立待月(たちまちづき)」「十八夜:居待月(いまちづき)」「十九夜:寝待月(ねまちづき)」「二十夜:更待月(ふけまちづき)」の呼び名があります。
本当に日本語って奥深い表現が一杯ありますね。

今月は月の話題に関してはまだまだあります。
29日は「十三夜」です。
そしてもう一つ。今月は「ブルームーン」です。
「ブルームーン」とは、1か月の間に2回満月がある時、その2回目の満月のことを言います。
それが31日になりますが、残念ながら、実際に満月が青く見える訳ではありません。
今月も月以外の惑星も見やすくなるので楽しみが一杯です。

2020年10月 1日 (木)

中秋の名月「十五夜」

澄んだ夜空に浮かぶ名月。良いですね!お月様を眺めていると何故か気持ちも落ち着くのです。
お月様でうさぎさんが餅つきをしているとの小さな時の話が、この歳になっても良いイメージが残っているので、そのように感じるなのかも知れません。
だから、幼児の時の体験等ってとても大切なんですよね。
その逆の経験であれば、それがトラウマになって引きずってしまうのだと思います。
私は、きっと大切に育てられたのだと思います。

1001  今夜は中秋の名月。「十五夜」です。
お月見といえば「9月の満月」とのイメージが強いです。満月とも思いがちです。
しかし今年は9月でもなければ満月でもありません。

中秋の名月・十五夜の月は、芋をお供えすることから「芋名月」とも呼ばれていますがこうした風習も少なくなってしまいましたね。
かく言う私もしばらくは十五夜のお供えなどをする機会はありませんでした。
最も、ここ数年は旧安田善次郎邸を利用させていただいて毎年「十五夜観月会」を実施していたので、むしろ中秋の名月が昇ってくるところや自宅でのんびりと観賞するのは久しぶりなのです。
※右の写真は過去の旧安田邸「十五夜観月会」時のものです。 
 我が家にはこのように広々とした縁側は残念ながらありません。

1001_20201001205501

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

NPOな人 椎野修平ブログ