« 【大磯今昔・原敬5】(Vol.163) | トップページ | 【大磯今昔・原敬6】(Vol.164) »

2019年1月12日 (土)

初制覇のかかる「星槎国際高校湘南」に「横綱・稀勢の里」の進退

明日は「大磯の左義長」です。
左義長の前に興味深いスポーツの話題が二つあります。
一つは1月3日から兵庫・神戸ユニバー記念競技場を中心に第27回全国高等学校女子サッカー選手権大会が行われています。

01127日には準決勝が行われ星槎国際高校湘南が東海大付属福岡高校と共に初めてのファイナル進出を争いました。
星槎国際高校湘南は開始早々に先制点のゴールを決めると、その後も得点を重ね4-0で快勝。
初のファイナルへのチケットを手にしました。

そしてもう一試合の準決勝は宮城代表の常盤木学園高校と東京代表の十文字高校が対戦しました。
この2チームは共に優勝経験を持つチーム同士が激突しました。
一進一退の攻防が続く好試合でしたが常盤木学園高校が完封勝利で4年ぶりの決勝進出を果たしました。

そして13日14時10分から兵庫・神戸ユニバー記念競技場で決勝戦が行われます。
相手の常盤木学園高校は12度目の決勝進出。過去5回の優勝を誇る強豪校です。
星槎国際湘南は初めての決勝進出です。

この大会の模様は午後2時からTBS系列地上波で生放送があります。
https://www.tbs.co.jp/joshisoccer/about/
どんな戦いをするのか見たいです・・・・・?
左義長も大切なのです。

もう一つの話題は大相撲初場所が明日13日に東京・両国国技館で初日を迎えます。
絶体絶命の状況に追い込まれている横綱・稀勢の里の進退を掛ける場所です。
対戦相手も初日に小結御嶽海、2日目に西前頭筆頭の逸ノ城と決まりました。

序盤の2番はかなりの難敵です。
小結御嶽海は先場所負け越して心機一転して大関取りに猛進してくるでしょう。
西前頭筆頭の逸ノ城も三役から陥落して期するところの場所としているでしょうし、何と言っても関取最重量226キロの圧力に対して、いかに対応できるかが序盤戦の鍵だと思います。

この2番の序盤戦が横綱・稀勢の里であり続けるのか?
または?
いずれにしても目を離せない大相撲初場所です。

こっちも午後6時ちょっと前の取り組み。
この時間、左義長に来る方々の応対で忙しいんですよね?きっと!

« 【大磯今昔・原敬5】(Vol.163) | トップページ | 【大磯今昔・原敬6】(Vol.164) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/67582645

この記事へのトラックバック一覧です: 初制覇のかかる「星槎国際高校湘南」に「横綱・稀勢の里」の進退:

« 【大磯今昔・原敬5】(Vol.163) | トップページ | 【大磯今昔・原敬6】(Vol.164) »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ