« 【大磯今昔・原敬6】(Vol.164) | トップページ | 大人の世界へようこそ! »

2019年1月13日 (日)

絶好の左義長日和

天気予報が良い方向に変わって絶好の左義長日和になりました。
2、3日前は雨が降っても左義長は実施するのか?等の問い合わせが沢山寄せられましたが希有に終わりました。
夕方になり、電車が着く度に観光案内所は盛況になります。
それだけ町外からお見えになっている方が多いと言うことです。
それも埼玉・千葉県等の県外からお見えになる方が非常に多かったです。
5時以降は人数のカウントは出来るものの居住地を聞いても日報への記載が間に合わない状況でした。

左義長に関しては町と観光協会で色々なところでチラシを配布、宣伝等をしていますが、ここ数年は大磯の左義長が他の地区で行われているどんど焼きとはちょっと異にするだんご焼きで、規模的、当日だけではない前年からこ

の事業はスタートしている等、こうした内容全体が国指定重要無形民俗文化財になっているとの認知がされてきたのではないかと思っています。

海岸に行くことは出来ませんでしたが、何人かの知り合いが焼いてきたばかりのお団子をいただきました。
これで一年間、無病息災に過ごせることが出来るでしょう?と思います。

0113
今日の午後、神戸ユニバー記念競技場で第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会決勝が行われて星槎国際湘南高校が創部5年目で初優勝を飾りました。
相手は昨夏のインターハイ優勝校で本大会6度目の優勝を狙った宮城県の常盤木学園高校を1-0で破っての堂々たる勝利でした。

そしてこれも今日から初日を迎えた大相撲初場所。
進退の懸かる横綱稀勢の里は小結御嶽海に押し出されて完敗。
最初から得意の左四つに持ち込もうとする単純な攻めで、明日以降の取組に大きな不安を残す初日でした。

相手は左を指されまいと脇を固めてくるのは素人の私でも分かること。
一度、力で当たり、前に出てから自分の得意の形に作り上げる一連の流れがなければ、明日以降の綱はないのかなと心配をする一番でした。

いよいよ後がなくなった今こそ、命懸けの取組を期待するのは多くの稀勢の里ファンでしょう。
それを待っているのです。

« 【大磯今昔・原敬6】(Vol.164) | トップページ | 大人の世界へようこそ! »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/67589587

この記事へのトラックバック一覧です: 絶好の左義長日和:

« 【大磯今昔・原敬6】(Vol.164) | トップページ | 大人の世界へようこそ! »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ