« 39回目の結婚記念日です。 | トップページ | タマの「老いらくの恋」? »

2017年4月23日 (日)

次のイベントは?

4月の「大磯オープンガーデン2017」が終わりました。
今日も天候に恵まれてガーデンマップを手にした大勢の方に町を歩いていただきました。

ブログのトップにもアップしてありますが旧吉田茂邸の庭園では「おおいそ野外アート2017」も行われています。

次は「5月5日(金・祝)」に行われる「相模国府祭」の準備です。
「国府祭」と書いて「こうのまち」と読みます。

毎年5月5日に行われ、端午祭、あるいは天下まつりとも呼ばれる、千余年の伝統を持つ、相模国第一の大祭です。

国府祭は、相模の六社が集う祭りで、「神揃山(かみそろいやま)」の斎場に集まり、国家安泰、五穀豊穣、諸産業の繁栄を祈念する相模国最大の祭典であり、県の無形民俗文化財に指定されています。

また、神揃山で行われる「座問答」の神事は、特に有名です。
この「座問答」は、以下「大磯町の観光情報サイト isotabi.com」からの引用文です。

【大化の改新以前、今の 大磯町 より東に「相武 (さがむ)」、西に「磯長(しなが)」という国があり、その二つの国を合併して相模国が成立しました。
相武の国の最も大きな神社が寒川神社、磯長の国の最も大きな神社が川勾神社であったことから、両国の合併にあたり、どちらが一番大きな神社であるか決めることとなり、論争が起こりました。この論争の模様が儀式化され神事となって伝わったのが座問答です。座問答では虎の皮を使い神事を進めます。虎の皮を上位に進めることは、当神社が相模国一番の神社、即ち一宮であるということを無言で表しており、又次にそれより上に押し進める事は、いやいや当神社こそ相模一宮であるという意味です。それを三度繰り返すことは、長い長い論争があったことを表しています。その仲裁として比々多神社の宮司様の「いづれ明年まで」という言葉で解決されるわけですが、いずれ明年が 1000 年以上続いてしまった事を考えると、勝・負のない神様らしい円満解決の模様であると思います。】(以上、ここまで引用文)

Photo

Photo_2
この珍しいお祭りを是非、ご覧下さい!

イベントばかりではなく、今週は定時総会前までに向けた重要な会議も目白押しです。
そちらの方の準備もしなければ・・・・・・?

« 39回目の結婚記念日です。 | トップページ | タマの「老いらくの恋」? »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/65188148

この記事へのトラックバック一覧です: 次のイベントは?:

« 39回目の結婚記念日です。 | トップページ | タマの「老いらくの恋」? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ