« 孫たちの新年度もスタート | トップページ | 入学式を迎える桜 »

2017年4月 6日 (木)

昭和も遠くになりにけり

東海大学観光学部の新入学生の60人程が大磯港に研修のために来磯しました。

ちょっと変わりつつある大磯を観てもらいましたが、ジェネレーションギャップを感じます。
大学生と言っても、つい数日前までは高校生です。
孫と大して年齢も変わる訳でも無いのですから当たり前です。

古くは大磯海水浴場の発祥の話から現在、毎週第3日曜日に港で開催している大磯市、近未来的に計画から具体的に動くであろうと思われる港オアシスの話しをしましたが、当然、現在に至る迄の歴史も多少は話さなければなりません。

つくづく明治、大正はおろか昭和も遠くになりにけりを痛感しました。

« 孫たちの新年度もスタート | トップページ | 入学式を迎える桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/65131422

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和も遠くになりにけり:

« 孫たちの新年度もスタート | トップページ | 入学式を迎える桜 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ