« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

2017年 GWの初日

今年のゴールデンウイークの天気は比較的、崩れることもなく良い天気続きになる予報が出ています。
暦も1日(月)と2日(火)の二日間のウイークデーに休みが取得できれば9連休になります。
正にゴールデンウイークです。

世の中がお休みになると、私の職場は忙しくなります。
今年の4月1日から旧吉田茂邸の再建が成り、多くの人が大磯町にお越しいただいている様子が駅前の観光案内所にいると垣間見ることが出来ます。

昨年度の大磯町観光協会駅前案内所に立ち寄っていただいた方の最高人数は11月の1,300人強でした。
それが今月は、まだ明日の日曜日を残していますが2,000人に届く勢いです。

この人数の方々が来所されると案内所業務は1人では対応できなくなります。
レンタサイクルの貸出や電話の応対を含めて完全にマヒしてしまします。
その業務は午前中に集中します。

こうした忙しい中に限って電話等の問い合わせも多く、それも時間を要する電話で応えるには大変難しい難問の問い合わせが増えるのですから不思議です。

ついつい、そんなことは自分で調べてよって?思いたくなる気持ちにもなります。

しかし、そのような気持ちが相手にちょっとでも伝われば、応対が雑になり相手に不快な気持ちを与え、クレームの結果になってしまいます。
ですから、ここの対応を間違ってはいけないのです。

こうしたやりとりの結果最後に「親切に案内をいただき、ありがとうございました。!」との言葉をいただくとホッとします。

来所される方、電話で問い合わせをいただいた方から、この「ありがとうございました。!」
この一言をいただくために、普段から職員も一生懸命に応対してもらっています。

今月は2,000人の方から「ありがとうございました。!」との言葉をいただくことが出来そうです。
明日も「ありがとうございました。!」との言葉をいただきに、午前中はヘルプに出勤するようです?

2017年4月28日 (金)

NPO歴史の道東海道宿駅会議役員会

NPO歴史の道東海道宿駅会議の役員会で掛川宿に行ってきました。
5月に開催する平成29年度の通常総会に提案する平成28年度事業報告・決算報告と平成29年度の事業計画・予算案の検討を行いました。

0428_npo
通常総会は次の日程で開催します。

 日 時:平成29年5月24日(水)13:30~
 会 場:公益社団法人 大日本報徳社 仰徳記念館
 ※懇親会は掛川グランドホテルになります。

そして、本来は通常総会で承認される内容ですが、事業の内容を一部紹介しておきます。

 【第30回東海道シンポジウム草津宿大会】

 日 時:平成29年11月3日(金・祝)・4日(土) 13:30~
 会 場:草津アミカホール/草津宿街道交流館/史跡草津宿本陣
 ※4日には草津宿見学会が予定されています。

 【第10回歴史の道東海道検定】
  日 時:平成30年3月4日(日)
 会 場:未定

皆さんで、今から日程等の確保をしていただければ幸いです。

2017年4月27日 (木)

平成28年度事業が終了間際です

平成28年度の事業監査と会計監査が無事に終了しました。
特に会計については、私の知っている従来からの企業会計の概念とはかなり相違があるので結構まとめるのに苦戦を強いられています。

それでも、何とか大きな間違いもなく、指摘事項ない状況で監査が終了してホッと一息つけました。
後は定時総会に向けて既定の手続きを踏んで準備をするだけです。

実質的に新年度の事業も同時進行で進めています。
いくつかの事業も終了しています。
忙しくさせてもらっていると解釈して、気持ちを新たに29年度事業を本格的にスタートさせることにします。

2017年4月26日 (水)

5月・大磯オープンガーデンお庭めぐり抽選会

5月の大磯オープンガーデンお庭めぐりの申し込みは昨日の消印をもって終了しました。

お陰様で各コース倍以上の申し込みがあり主催者としては嬉しい悲鳴なのです。
しかし、最終的には、抽選で参加者を決めざるを得ない状況になり抽選会を実施しました。

申し込みに外れた方々には、ささやかな粗品をつけてご案内をさせていただきました。
昼食のスペースや案内ガイドの方々の人数の問題等、それぞれに受け入れの限界があり、全ての方々を受け入れ出来ないことを心苦しく思います。

このオープンガーデンは地図、写真を見てお好きなお庭を自分のペースで見ることも楽しい事業です。
個人で見ることは自由です。
100軒を超える(オープンガーデン・ストリートガーデン・店先ガーデン)オーナーがお迎えしますので抽選に漏れても見に来て下さい。

(公社)大磯町観光協会では、この先にも色々なイベントを用意してありますので、次の機会をご利用いただき、大磯にお越しいただければと思います。

月曜日から二泊三日の「老いらくの恋?」に出掛けて家を空けていた愛猫タマを今夜、捕獲することが出来ました。
そして、何事もなかったように普段からしているように私の膝に座ってスヤスヤと眠っています。

2017年4月25日 (火)

東海道シンポ東京・神奈川ブロック会議in小田原宿

タイトルのブロック会議が今夜小田原宿で開催しました。
小田原宿での開催は6年ぶりの開催になります。
また、このところ参加が途絶えて空白になっていた平塚宿も久しぶりに参加して9宿の方々が集まりました。
残念ながら箱根宿が参加できなく、東京・神奈川ブロックの10宿が全て揃うことは出来ませんでした。

小田原宿というと何かと話題になる「小田原評定?」

「小田原評定」とは、長引くだけで、いっこうに埒があかない相談の例えで使われて良いイメージはありません。

しかし、今夜の会議は時間通りに始まって、時間が来れば終わり、50人ほどが出席した会議の中で各宿と有意義な情報交換が出来ました。

こうして、気持ち良く会議が終わるとその後の交流会のお酒が進むのは当然の成り行きです。
楽しく、気持ち良く飲んで次回の会議に会えることを楽しみに終了しました。

0425

2017年4月24日 (月)

タマの「老いらくの恋」?

タマが週末に続いて立て続けに脱出をしました。
挙げ句の果てに今夜は無断外泊です。
久しぶりの脱出劇です。

でも、今回の脱出は今までと様相が違います。

タマは10歳になりますので猫年齢ではそれなりの高齢なのだと思います。

春ですからね!猫にとっても良い季節です。恋の季節です!
ここ数日、我が家の庭の周りを近所の猫がタマに見入っている姿を見かけていました。
今回はその、猫ちゃんの呼びかけに応じてしまったようです?

以前は単独で脱出して、家からかなり離れたところまで散歩に行っていたのですが、今回は我が家の空き家の軒下に入り込み、お友達とのんびりと過ごし、春を謳歌しています。

それも玄関の真ん前です!
そして、我が家の方をちらっ、ちらっと見ていても戻ってくる気配はありません。

タマの「老いらくの恋」ですね。

私が生まれる前年に68歳の歌人が弟子と恋愛、家出し「墓場に近き老いらくの、恋は怖るる何ものもなし」と詠んだことから生まれた「老いらくの恋」の語源ですが・・・・・・?

タマに本当にこの様な恋愛感情があるとは思えません。その内に戻ってくるとは思いますが、一緒にお友達が連れ添っているだけに、今回ばかりは家に連れ戻すために、難儀をすると思う、タマの脱出劇です。

2017年4月23日 (日)

次のイベントは?

4月の「大磯オープンガーデン2017」が終わりました。
今日も天候に恵まれてガーデンマップを手にした大勢の方に町を歩いていただきました。

ブログのトップにもアップしてありますが旧吉田茂邸の庭園では「おおいそ野外アート2017」も行われています。

次は「5月5日(金・祝)」に行われる「相模国府祭」の準備です。
「国府祭」と書いて「こうのまち」と読みます。

毎年5月5日に行われ、端午祭、あるいは天下まつりとも呼ばれる、千余年の伝統を持つ、相模国第一の大祭です。

国府祭は、相模の六社が集う祭りで、「神揃山(かみそろいやま)」の斎場に集まり、国家安泰、五穀豊穣、諸産業の繁栄を祈念する相模国最大の祭典であり、県の無形民俗文化財に指定されています。

また、神揃山で行われる「座問答」の神事は、特に有名です。
この「座問答」は、以下「大磯町の観光情報サイト isotabi.com」からの引用文です。

【大化の改新以前、今の 大磯町 より東に「相武 (さがむ)」、西に「磯長(しなが)」という国があり、その二つの国を合併して相模国が成立しました。
相武の国の最も大きな神社が寒川神社、磯長の国の最も大きな神社が川勾神社であったことから、両国の合併にあたり、どちらが一番大きな神社であるか決めることとなり、論争が起こりました。この論争の模様が儀式化され神事となって伝わったのが座問答です。座問答では虎の皮を使い神事を進めます。虎の皮を上位に進めることは、当神社が相模国一番の神社、即ち一宮であるということを無言で表しており、又次にそれより上に押し進める事は、いやいや当神社こそ相模一宮であるという意味です。それを三度繰り返すことは、長い長い論争があったことを表しています。その仲裁として比々多神社の宮司様の「いづれ明年まで」という言葉で解決されるわけですが、いずれ明年が 1000 年以上続いてしまった事を考えると、勝・負のない神様らしい円満解決の模様であると思います。】(以上、ここまで引用文)

Photo

Photo_2
この珍しいお祭りを是非、ご覧下さい!

イベントばかりではなく、今週は定時総会前までに向けた重要な会議も目白押しです。
そちらの方の準備もしなければ・・・・・・?

2017年4月22日 (土)

39回目の結婚記念日です。

39回目の結婚記念日です。
回数を重ねてくると年齢と同じで自然と巡ってくるので空気のような存在になってしまいます。
それでも節目ということを考えれば大切にしたい記念日の一つです。

まして身の回りのことに無頓着な私に愛想も尽かさずに39年も連れ添ってくれるカミさんに頭が上がりません。

毎年、この結婚記念日の前後には小旅行や近場を回ったりしているのですが、ここ数年は春のイベント等と重なりすっかりお座なりになっています。
それでも、お互いに元気にそれぞれのペースで生活できるのが一番の幸せかもしれません。

まあー、もう少し落ち着いたらゆっくりと何処かに出かけることにしましょう!

今日も案内所には開催中の「大磯オープンガーデン2017」を巡るための来町者の方がひっきりなしにお見えになり、大賑わいです。

そんな忙しい一日を終え、帰宅すると息子夫婦や中学生組の孫たちが「じぃじ・ばぁば」の結婚記念日を祝ってくれました。

0422
誰の誕生日を始めとする記念日に出されるケーキを口に運ぶことは滅多にありませんが、今夜ばかりは美味しくいただきました。
感謝です!

良い、39回目の結婚記念日になりました。

2017年4月21日 (金)

5月のイベント情報

おおいそ野外アート2017
    4月16日(日)~5月21日(日)9:00~16:30
       ○会場:県立大磯城山公園旧吉田茂邸地区庭園

相模国府祭
    5月 5日(金・祝) 9:30~
       ○馬場公園・神揃山他

大磯オープンガーデンお庭めぐり(事前申込)
      12日(金)10:00~13:30
       ○会場:旧吉田茂邸と周辺のオープンガーデン参加のお庭

大磯オープンガーデン2017+大磯アフタヌーンティー
      12日(金)~14日(日)10:00~16:00
       ○会場:大磯全域

第81回大磯市 
      21日(日) 9:00 ~ 14:00
       ○会場:大磯港
  ★エントリーの受付期間は5月1日(月)~4日(木)です。

旧安田善次郎邸さつきのお庭と大磯自由散策(事前申込)
      28日(日) 9:00 ~ 14:00

2017年4月20日 (木)

4月の大磯オープンガーデン2017

明日から4月の大磯オープンガーデン2017が始まります。
今年はオープンガーデンが39軒・ストリートガーデン31軒・店さきガーデン42店にフィールドガーデン2軒に花屋さん等の3軒を加えて117軒の参加になります。

大磯オープンガーデンは参加者と近隣の皆様のご厚意により事業が成り立っています。
公開されるのは個人のお庭が中心です。

従って公開日・公開時間以外に無断で入ることはできません。

また、期間中であっても看板が出ていない場合や「本日はご遠慮ください」などの札が出ているお庭には入れません。

写真の撮影はオーナー様の了解を得てください。
また撮影時などで近隣の方の敷地内に立ち入らないよう気をつけください。

この様な最低限のルールが守られて12年目を迎えることが出来ました。
もし、ルールが守られませんと、このイベントの存続にも関わってきますのでご協力を下さい。

そしてオープンガーデン期間中は、大磯アフタヌーンティーを同時開催しています。

お花と共に?町内15店舗のカフェが散策途中で”ひとときのくつろぎ”をテーマに、オリジナル限定メニューでお待ちしています。

駅前に幟旗を立ち、皆さんを迎える準備も整いました。

0420

2017年4月19日 (水)

6秒の我慢

役員も職員も新年度が始まったばかりなのですが、会議やイベントの準備等で走り回っています。
こうした忙しい中にあるだけに細心の注意を払う必要があります。
それでも内容の共有が出来ないことも多々あるものです。

情報の共有が出来ていなと、そんなこと聞いていない等のトラブルになる要因と共に、誰でも面白くないし怒りたい気持ちになります。

そこで6秒の我慢が必要になります。
これが出来ると一触即発の事態をかなりの確率で回避出来ます。
6秒をやり過ごすことが出来れば、最悪の事態を免れることが出来るのですが、中々できないのが人間でもあります。

そんな時には、一呼吸を置いてカウントバックする方法が有効だと言われています。
それも大きい数字から、例えば100.99.98.97…

スポーツ選手などは比較的に身につけているのだそうです。
それが一流選手の証でもあるようです。

野球でデッドボールを受けても、平然と一塁ベースに向かって歩き出す選手。
そうすれば自然とボールをぶつけた投手は帽子を取って素直に謝ることが出来ますが、瞬間的に怒りマウンドに歩を進めれば両軍入り乱れての乱闘になること間違いありません。

サッカー選手なども相手選手との接触等で瞬間的に怒っていたらイエローカードを何枚もらうか分かりません。そして出場停止に追い込まれてしまいます。

そうなんですよね。
それでも分かっているつもりでも6秒の時間をやり過ごすことの出来ない自分が今日もいました。
6秒って長いですね!

2017年4月18日 (火)

アートを理解するのは難しいです!

昨晩の春の嵐により16日から旧吉田茂邸の庭園で開催していた「おおいそ野外アート2017」作品の一部を緊急避難させました。

大きな被害も受けずにホッとしているところです。
主催している事業って意外と何をやっているのか分からないものです。

今日は半分はオフでしたのでゆっくりと一点一点の作品を鑑賞してきました。
鑑賞してはきましたがアートを理解するのは難しいです!
本音です。

それでも、今までの自分の持っている視点を捨てて、小難しい理屈抜きで、視覚的な新鮮さ、新しいものに出会ったと思うだけで良いではないかと納得させて鑑賞してきました。

そして、大勢の方々に鑑賞していただけているので良かったです。

0418

0418_2

0418_3

2017年4月17日 (月)

前半戦が好成績の春の異変?

月曜日です。
週一の運動、ストレス発散、腰のリハビリも兼ねたマンデーダブルスリーグ戦です。
先週は夢の3ゲーム900シリーズ。つまり3ゲームパーフェクトについて書きました。

今週から後半戦のスタートです。
このリーグは毎回、前半は惨敗をして後半に盛り返すパターンの繰り返しだったのですが、今シリーズは春の異変です。

1ゲームごとの勝敗とトータルでの勝敗で全てに勝利すると4ポイントゲット出来ます。
前半の総トータルが20ポイント。それが前週まで15ポイントも獲得しているのです。

そして後半戦スタートの今夜は693点のスコアをマークして4ポイント獲得できて19ポイントに伸ばすことが出来ました。
(失ったゲームが5ポイント)
今夜の終了時点で18Gのアベレージも204点までアップしました。

それだけ腰の状況も良いのだと思います。
そして、これだけ気持ちよく打てると間違いなくストレス発散になります。
いつまで続くのでしょうか?
調子に乗ってくると腰の状況を悪化させてしまうのが今までのパターンだけに、アプローチ上に立てるだけで幸せと身体に言い聞かせて、残りの後半戦を楽しむことにしましょう!

2017年4月16日 (日)

春爛漫の大磯です

春爛漫の大磯です。
ハイキングには絶好の日和です。
観光案内所にはハイキングコースの地図を求めて多くの来町者が寄って行きます。

旧吉田茂邸の庭園では「おおいそ野外アート2017」がスタートしました。
これも絶好の鑑賞日和です。

大磯市にも大勢の来場者がお見えになりました。
魚の朝市にも300人程が整理券を求めて列が出来ましたが、今朝の漁はその列に応えるだけの漁獲もありました。
形の良いワラサも30本ほど混ざっていました。

朝から芝生広場が家族連れで賑わっていました。
大磯町観光協会では、今月から県内の観光キャラクターの招待事業を開始しました。
その一弾で、今日は開成町の「あじさいちゃん」を招き、大磯町の観光キャラクター「いそべぇ&あおみ」とで、大磯町と開成町のイベント等のPRも出来ました。
開成町で6月に開催される「あじさい祭り」のPRも併せて出来ました。

これが仕事ではなく、芝生でビール片手にのんびりと過ごすことが出来れば嬉しいのですが・・・・・?
それでも、楽しそうにしている方々を見ることが出来ると、自然と忙しさ、疲れも忘れます。
来週は「大磯オープンガーデン2017」と「アフタヌーンティー」があります。

まだまだ、春爛漫の大磯を楽しむことが出来ますよ!

0416

2017年4月15日 (土)

明日から「おおいそ野外アート2017」

昨日と今日の二日間で旧吉田茂邸の庭に仕事の都合で搬入できなかった3名の作家さんを除き35点の野外作品と14点の絵画が展示されました。
メディアの方も数社取材に来ていただきました。

そして、明日から「おおいそ野外アート2017」が開会します。

0315
旧吉田茂邸への来館者も半月を迎えて、春らしい陽気につられて、大勢の方で賑わいました。
5月のバラが咲く頃迄は今日の様な賑わいが続くと思います。

その後はリピーターがどの程度あるかが課題になりますが、散策をするには絶好の時期です。
庭園に点在するアートを楽しみながら旧吉田茂邸に足を運んで見てください。

会期は5月21(日)迄です。
旧吉田茂邸の入園は無料です。
建物の中に入る入館料は500円です。

2017年4月13日 (木)

オオイソコヒガンザクラ?

このところ、毎日アップするブログがとまり、一週間を振り返るような忘備録になってしまいました。
それでも、これだけ続けていたブログですから、過去記事になったとしてもオフの時間が取れる時に毎日の記録し続けたいと思っています。

0313大磯運動公園の小彼岸桜が満開になりました。
平成16年10月に大磯運動公園は開設しましたが、その時に地元の斎藤廣昭氏が個人で植栽した小彼岸桜です。

大磯運動公園は花をつける木が少ないのです。裏を返せば花での季節感がありません。
大磯町商工会に在職中の2009年2月から国土交通省の提唱する「日本風景街道」事業を受けて、『歴史街道「ぶらり大磯」(Sloe Life In OISO)』の事業として当時の大磯運動公園の指定管理会社や大磯ロータリークラブ、大磯ルネッサンス03、大磯ガーデニング倶楽部等と協働で3年ほどで40本ほどのカワズサクラの植栽を行いました。

今日までカワズサクラの開花時期になると、自分たちが手がけた桜だけに気になり開花状況を見に行っていましたが、この小彼岸桜には余り気がつきませんでした。

その斎藤氏から小彼岸桜が満開になったので、是非見に来て欲しいと案内所にお見えになり、今日はご一緒させていただきました。

駐車場から運動公園に上るプロムナードの途中に菜の花とのコントラストに生えた9本の小彼岸桜が綺麗に満開になっていました。本当に綺麗でした。

ソメイヨシノより花弁が少し小ぶりで、色が多少濃いのが小彼岸桜です。

コヒガンザクラというと有名なのが長野県伊那市高遠のコヒガンザクラです。
同公園の城址を1500本の桜で埋め尽くす桜には敵わないかもしれませんが、立派なオオイソコヒガンザクラ?でした。

これからも、この辺りに植栽を増やしていくと、これからの夢も語っていただき、来年からは開花状況をインフォメーションしていくことを斎藤さんに約束をしてきました。

とても気持ちの良い一日になったのは言うまでもありません。

2017年4月10日 (月)

ボウリング・夢の900シリーズ

月曜日恒例のボウリングダブルスリーグ戦の前半戦が終了しました。
腰の状況により結果が大きく左右します。

普通はレーンコンディションにより成績が左右するのですが、腰に弱点を抱えている者にとっては投げることが出来るのかが大問題なのです。従ってレーンコンディションは次の問題なのです。

今節はコンスタントに200点前後のスコアもマークでき、たまに今夜の様に700点に届く様なスコアも出ます。
このスコアをマーク出来ると、半分近くがストライクなので投げる回数も半分程になり、腰への負担も少なくなります。
1Gでストライクが一つも出ないと仮定すると21回(10フレをスコアメイク出来た場合)投げることになります。3Gで63投球になります。

ボールの重さが15ポンド、約7kg弱あるボールを投げるのですから、かなりの運動量になります。

だったら最初からストライクを出せば良いではないですかとなりますが、ところがそうはいかないのがボウリングなのです。

ボールは 間違いなく腕で投げますが、膝で投げる方向を決めて、腰を入れてボールを押し出して投げないと回転の効いたボールになりません。それだけ腰に負担もかかり重要な要素になってきます。

そして究極の3G、36投を全てストライクだと900点。3G連続パーフェクトになります。
この夢のようなスコアをたたき出す方がいるのでしょうか?

それが、驚くことにいるんです!
2003年11月27日、東京ドームボウリングセンターで行われた「ボウリング全日本プロ選手権」で西村了プロが3ゲーム連続パーフェクトを達成しているのです。

そして昨年の4月には沖縄・那覇市内のボウリング場のリーグ戦でアマチュアでは国内初の3ゲーム連続パーフェクトが達成されています。

そうすると3ゲーム、900シリーズは夢ではなく現実なんですね!
最後のパーフェクト達成が昭和48年ですから、もう43年前のことです。
私も43年ぶりの300点を狙いましょう?と言っても週一のボウラーでは夢かも知れません。

まずはレーンに立てることに幸せを感じることにしましょう!

2017年4月 9日 (日)

新しい息吹の登場!湘南ベルマーレ!

前6節は下位チームのカマタマーレ讃岐に0-3と大敗してがっかり!
湘南ベルマーレは初敗戦。讃岐は初勝利の結果でした。
勝ち点3を当然のように期待していただけに余計です。

今節の今日は、5試合連続完封勝利中の東京ヴェルディを3-2で下し2位に浮上しました。
これで首位の名古屋とは勝ち点で並びました。

怪我でチームを離脱したFW高山に代わって、主将となったMF菊地が2ゴールを挙げて3-2で下し連敗は免れました。

何としても、今季でJ1に復帰したい湘南ベルマーレにとっては連敗は出来ません。
この勝利は大きな意味があります。

下位チームとは確実に勝ち点3をゲットして欲しいものです。
名古屋を除いたら全てのチームが下位なのですから取り零しが出来ない?
そうしたら文句なくJ1に復帰できます!

そうは問屋がおろさないのがスポーツの世界です。
それだけに面白い。

高山に代わって初出場&初先発したMF石原に期待したいですね。
そして、18歳の石原と共に同じ18歳の杉岡・19歳の神谷のような10代の選手等にも頑張ってもらいましょう!

6月に大磯町・ 二宮町ホームタウンデーがー予定されています。
このホームタウンデーを上位にいる状況で迎えたいと思いますので、一戦一戦を勝ち点を積み重ねて欲しいと願います。

2017年4月 8日 (土)

春爛漫の大磯です!

今月の1日から再建された旧吉田茂邸の一般公開が始まったことに併せて、大磯でもようやくサクラが見頃を迎えました。
湘南平の桜も満開に近づき始めたことも重なって、旧吉田邸への行き方やハイキングコースの地図を求めて多くの方が観光案内所に立ち寄っていただきました。

近在の方や遠くは東北、関西方面からの来磯者で案内所も大忙しの一週間でした。
さすがに旧吉田邸は全国区です!

ですから、この週末は忙しいと予想をしていましたが、肝心の天気が雨模様で出鼻を挫かれた様な土曜日になってしまい、拍子抜けです。

折角、開いたサクラも花散らし雨に負けずに、もう少し頑張って欲しいと思いますが?

この桜の花びらが庭に落ちてきて困る!
咲いている貴方の所から散ってくるので、貴方の方が掃除をするのが当たり前だろうと???
こうした苦情もいただく社会に一抹の不安を覚えます。
雨の中を一生懸命に掃いてもらいましたが寂しいです。

とは言ってもカレンダーは着実に進みます。

16日の日曜日から旧吉田茂邸の庭園で「おおいそ野外アート2017」もスタートします。
同日の大磯市では県内の観光キャラクターの招待事業も始まり、今月は開成町の「あじさいちゃん」を招待します。

21日からは「大磯オープンガーデン2017」に高来神社の春の例大祭も挙行されます。山神輿も見応えがありますよ。

色々なイベント満載。春爛漫の大磯町に足を運んでみてください。

2017年4月 7日 (金)

入学式を迎える桜

ようやく大磯でも桜が五分咲き、所によっては満開に近い状況になりました。
今日は地元の高校の入学式です。
事務所の前を真新しい制服姿に身を包んだ高校生が大勢通ります。
そして、新入生以上に着飾った親、それもご両親の姿も多く見受けられました。

私たちの頃は中学校の卒業式も参列する親は少なかったし、まして高校の入学式に親の姿など見るケースは希だったように思います。
私は末っ子だっただけになおさらなのかも知れません。

手続きも自分で済ませたし、親には学費等のお金だけ準備をしてもらった記憶しかありません。

入社式にまで親が出席する時代ですから、高校生の入学式に親が行くのも自然の成り行きなのでしょうね?
学校によっては、入学式後に親と子ども全員で記念写真を撮り、それを卒業アルバムに載せる学校もあると聞いていますから、親としては子どもが淋しい思いをするのではと出来るかぎり出席してあげなければとも考えてしまうでしょう。

何れにしても、歳を重ねても半世紀前の高校生活の楽しさは、つい昨日の様に思い出すことが出来ます。
楽しいことばかりではありませんが、辛いことも含めて、今の自分の基礎を創ったのも高校生活だったと思います。

良い思い出を創ってと目の前を通り過ぎる高校生、自分にとっては後輩になる新高校生にエールを贈りながら、高校生活を振り返り紫煙を揺らすのでした。

2017年4月 6日 (木)

昭和も遠くになりにけり

東海大学観光学部の新入学生の60人程が大磯港に研修のために来磯しました。

ちょっと変わりつつある大磯を観てもらいましたが、ジェネレーションギャップを感じます。
大学生と言っても、つい数日前までは高校生です。
孫と大して年齢も変わる訳でも無いのですから当たり前です。

古くは大磯海水浴場の発祥の話から現在、毎週第3日曜日に港で開催している大磯市、近未来的に計画から具体的に動くであろうと思われる港オアシスの話しをしましたが、当然、現在に至る迄の歴史も多少は話さなければなりません。

つくづく明治、大正はおろか昭和も遠くになりにけりを痛感しました。

2017年4月 5日 (水)

孫たちの新年度もスタート

0405子どもたちの春休みが終わって、今日からそれぞれの孫たちが進学、進級と新年度のスタートです。
二番目の「のんちゃん」が中学生になり中学組が2人。小学生組が3人の構成になりました。

先月の21日に東京でサクラの開花宣言されて、一昨日辺りから東京のサクラが満開になり、上野公園周辺を始めとしてお花見で賑わうニュースが届いています。

しかし、大磯のサクラはまだ、二三部咲きです。
近所のサクラもまだまだの様子です。

今年はサクラが満開の中で入学式を迎えることが出来るだろうと思っていただけに、ちょっと残念でした。
それぞれ一年間を無事に元気に過ごしてくれることを願う新年度のスタートです。

2017年4月 2日 (日)

お茶を飲める場所が欲しいですね!

昨日に続いて旧吉田茂邸で観光PRです。
時々、太陽が顔を出す何となく春めいた陽気に大勢の来場者がありました。

邸内にお茶等を飲む、休憩する場所がないので周辺の飲食店を聞かれるケースが多くありました。

当初から旧三井邸も含めて、これだけの広大な施設の中に軽食もコーヒーも飲める施設がないのは課題の一つでしたが、早急に解決しないとリピーターに繋がらないと思います。

邸内にある、旧温室の活用も一案だと思います。
既存不適格建物だとしてそのままになっていますが、確かに建築時には適法に建てられた温室なのでしょう。
あるいは温室なので住居や不特定多数の人が入ることを想定していない建築物だったのかも知れません。

しかし、これ等は法令の改正や都市計画変更等によって現行法に合うように改築すれば解決すのではないかとも思います。

当然、費用も発生します。

しかし、将来的に町も指定管理者制度を導入することも想像されます。
そうしたことを視野に置いた面でも対策が必要だと思うのですが・・・・・・?

0402

2017年4月 1日 (土)

今日から旧吉田茂邸一般公開!

今日から旧吉田茂邸の一般公開が始まりました。
しかし、寒の戻りで真冬を思わせるような天候に来場者の足が伸びません。

兜門の前に観光協会のブースを用意してくれましたが、前を通る人もまばらでチラシを配布するにも大変な状況。
吉田邸の奥にある菜園広場の方では大磯の物産市も同時に行われていましたが、そちらの方は全く人が回らずに終日、苦戦を強いられたようです。

こういう時は時計に時間を見ても進み方が妙に遅く感じるし、散々な旧吉田茂邸一般公開の初日でした。

下の写真は(公社)大磯町観光協会広報に協力をいただいている、旅行コラムニストの森川孝郞氏が撮影した写真です。

0401
新年度は今日がスタートですが、もう総会です。
第63回大磯町体育協会の定例総会で保健センターに行きましたが、新年度早々から慌ただしい一日になりましたが、こうした状況が、また、一年続くのでしょうから、気を引き締めて頑張ることにしましょう。

0401_2

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ