« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

今日の天気は「ぼいん晴れ」です?

朝のNHKラジオの伊藤みゆき気象予報士が「今日の天気はぼいん晴れです。」と言っています。
う~ん!「ぼいん晴れ?」聞いたこのないですね?
こんな気象用語ってありましたっけ?

彼女は、日頃から気象会社に在職をしていた時に先輩から教わった、この「ぼいん晴れ」を言う機会を待っていたのだそうです。
家を出る時の天気が晴れていて、冬と春を分ける、今日二月の最終日に想いを遂げることが出来たのだそうです。

そして肝心のこの「ぼいん晴れ」の意味は?

「大胸(概ね)晴れ」との解説に思わず笑いました。

「ぼいん晴れ」は「ボイン晴れ」のことだった様です。
女性気象予報士の言葉だけに非常にインパクトがありました。

今日で2月も終わりです。
明日からは気象の区分でも春になります。
春を予感させる2月最終日に良い「ボイン晴れ」に朝から和ませてもらいました。

2017年2月27日 (月)

「大磯フィルムコミッション」の必要性

今日も東京キー局の方が見えて大磯の取材を受け、来月の録画撮りの打合せをしました。
先週は地方テレビ局とラジオから取材を受けて撮影、録音取りの調整をしている案件があります。

昨年一年間もこうした取材の要望をかなり受けました。
こうしてみると、大磯でも早急に「大磯フィルムコミッション」を作っていかなければと思います。

本来のフィルムコミッションは、映画、TVドラマ等のロケーション撮影に伴い、支援並びに誘致する機関として事務局を設置し、ワンストップ・サービスが出来るように計らうのが役目だと思います。

地元の方から、積極的に映画撮影などを誘致することによって地域活性化、文化振興、観光振興を図ることを目的にして

 ○要望に応じたイメージのロケ地を紹介。
 ○撮影場所(公共施設)の使用許可手続きなどの調整。
 ○宿泊施設、ケータリングなどの撮影関連サービス業者を紹介。
 ○地域住民への理解促進に協力。
 ○エキストラ募集の広報に協力。
 ○撮影時のスムーズな進行を図る。

現在はスポット的に大磯を目的に取材に来てくれますが、それでも一つの取材を受けると自らのネットワークで協力をもらいながら時間を要すものです。

入口を一本化させるためにも「大磯フィルムコミッション」の必要性を感じます。
観光協会でも平成29年度の重要課題としても取り組んでいきたいと思います。

2017年2月26日 (日)

「CPプラス2017」に「いそべぇ」&「あおみ」

0226_2横浜みなとみらい地区にあるパシフィコ横浜で23日から開催されていた「CPプラス2017」に「いそべぇ」&「あおみ」を連れて大磯町の観光PRに、最終日の今日だけ参加してきました。

内容が「カメラと写真映像のワールドプレミアショー」なので、いつもは子どもとの被写体になる「いそべぇ」&「あおみ」も今日ばかりは勝手が違います。

2体を狙うカメラは、望遠レンズ等を何台も首から提げたカメラマンが主流です。
ちょっとした取材を受けているような雰囲気に、「いそべぇ」&「あおみ」の動きもいつもよりはしゃいでいるように見えました。

この様な雰囲気の中で4月から一般公開される旧吉田茂邸や9月頃までに予定されている大磯町の行事等のPRをしてきました。

今日の入場者は15,108人だったそうです。

0226

2017年2月25日 (土)

旧吉田茂邸4月1日再建 開館

0225戦後、通算5期にわたり首相を務め、日本国復興の礎を築いた吉田茂です。
養父の吉田健三が明治17年頃に建設されて吉田茂はこの邸宅を自宅として使用するようになりました。
麻生太郎元首相が幼少期を過ごしたことでも知られています。

旧吉田邸は内外要人との会談でも使われて、戦後政治史の重要な舞台としても度々登場し、政界引退後も多くの政治家が足繁く通い「大磯詣」と称されていました。

晩年の吉田茂は、相模湾に面し富士山を眩むこの場所で穏やかな日々を過ごし、昭和42年に89歳の生涯を閉じました。

その旧吉田邸は2009年3月に焼失してしまいました。
大磯町では歴史的価値のある貴重な資産を後世に伝えるため、再建に向け「旧吉田茂邸再建基金」を設けて再建に向けて動き始めました。

そして8年の歳月を要して、このほど再建工事が完了し、4月1日から一般公開されるようになりました。
オープン後には、様々な公開記念イベントも行われます。

(公社)大磯町観光協会では再建を記念してポスターを作成しました。

なお、旧吉田茂邸落成記念式典開催に伴い、

  平成29年3月25日(土)13時~平成29年3月26日(日)終日
  旧吉田茂邸地区は臨時休園となります。

2017年2月24日 (金)

今日からスタート「プレミアムフライデー」

今朝の新聞を見ると10ページ位、黄色い全面広告が掲載されていました。
その他、全面広告までいかないまでも、黄色い広告が目立ちました。
今日からスタートしたプレミアムフライデーの広告です。

ゆとりある週末に、少しだけ贅沢な体験を楽しむ。
そんな「特別な金曜日」になったのでしょうか?
月末の金曜日に定時前退社を促し、消費拡大につなげるプレミアムフライデーがスタートしたのですが私の周りではこうした話題は余り聞きませんでした。

国会の衆議院予算委員会審議も今日はお昼まで。
午後3時には退庁出来るように配慮した様です。

昨日まで企業や商店街などによる共通ロゴマークの申請件数は4000件に上って全国各地で早めの退社を見込んだサービスやイベントが行われたようです。

現実的には中小企業などでは、勤務時間の短縮が容易ではないだけに今後、プレミアムフライデーがどこまで定着し、政府や経済界が狙う消費の底上げや働き方の見直しにつながっていくか注目されます。

冒頭に「黄色い全面広告が掲載されていました。」と書きました。
あくまで三大紙のことで、地方紙にはプレミアムフライデーの全面広告はありませんでした。

この辺にも、大手企業の労働環境の改善に真剣に取り組んでいることが世間に伝われば、イメージアップや優秀な人材の獲得などにもつながるといった戦略が見え隠れします。

しかし、今日がスタートです。最初から軌道に乗るはずもありません。
これから本格的な春を迎え、午後7時頃まで明るい季節になると、徐々に効果が出てくるのかも知れません。
そして、地方も盛り上がるよう色々な知恵を出し合う必要があること等の課題は沢山あると思います。

3月のイベント情報

第2回大磯今昔写真
  【町なか探検撮影会】※事前登録制
    3月11日(土) 9:30~12:00
    ○会場:大磯町立ふれあい会館

  【写真公開/トークショー【参加自由】
    3月11日(土)13:00~14:30
    ○会場:大磯町立図書館 大会議室

第79回大磯市 
      19日(日) 9:00 ~ 14:00
    ○会場:大磯港
  ★エントリーの受付期間は3月1日(水)~4日(土)です。

第60回大磯西行祭
      26日(土)10:30~
          ○会場:鴫立庵

2017年2月23日 (木)

一週間で春一番から春三番

関東地方に春三番が予想される中で実施した「梅の名所と史跡を訪ねお食事を楽しむ」会です。

東京や横浜で瞬間最大風速が20mを超え、東京湾フェリーの欠航を伝えるニュースが流れている中で自宅を出ました。
今年の「春一番」は17日の金曜日です。
一週間足らずの内に今日は「春三番」です。

春の進み具合が例年より早いようです!
梅の開花も早かったですし、旧吉田邸の梅も今日のイベントまで散らないで持ってくれるのかを心配もしていました。

併せて昨日からの暴風雨並の「春三番」の天気予報でしたので、準備段階から大幅なキャンセルあるのではないかと、それも見込んで準備をしていました。

それが集合時間には多少の雨が降っていましたが、風も殆どありません。
無風に近い状況で、天気が味方をしてくれました。

花の鑑賞には「雨」も風情があるものです。
「梅」の小さな花弁に、小さなダイヤモンドで飾っているような梅の花も良いものです!

そして美味しく食事をしていただき、大きな混乱もなく今年度の(公社)大磯町観光協会としての全てのイベントを終了することが出来ました。
後は、年度末に向けて諸準備をするのみです・・・・・・?

しかし、新年度に向けてのフライヤー等の製作の方がもっと大変なのです!
ゆっくりとは休ませてくれません!

2017年2月22日 (水)

「ねこの日!」猫との三角関係?

0222_3今日2月22日は「にゃんにゃんにゃん」「ねこの日!」です。
猫の日は「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」という趣旨で1987年に制定された記念日です。

我が家では昨年まで10歳の「タマ」一匹でしたが、昨春から「くるみ」が加わって、私は二匹の愛猫に囲まれて生活をしています。
そして「ねこの日の趣旨にあるように「猫と一緒に暮らせる幸せ」を存分に噛みしめています。

二つ目の「猫とともにこの喜びをかみしめる」については、飼い主の私はこの趣旨に合致しているのです。

しかし、この二匹の愛猫は歳が離れているためか、遊び方に差がありすぎて、仲の良い時と悪い時がはっきりしているのです。

時々、二匹の愛猫と私との間で三角関係になるようです?

先猫の「タマ」を中心に考えると、私である「タマ」とご主人である「あなた」(私です)は、私はあなたを愛していた。あなたも私を愛していてくれました。
それが、あいつ「くるみ」がやって来てから、あいつもあなたを愛するようになってしまった。あなたもあいつを愛しているらしい。

私がいない時には、あなたの膝を占拠している姿をたまに見かけます。
私はあなたに近づけません!

こんな三角関係が成り立っているようです。

私は若い時からこのような三角関係を経験したことはありませんが、「にゃんにゃんにゃん」「ねこの日!」にこうした内容のブログをアップできることは、愛猫二匹には申し訳ないですが「猫と一緒に暮らせる幸せ」を感じ、平穏な日々を暮らすことの出来る証だと思います。

それでは、私たちの気持ちはどうなるのと? とパソコンの前で愛猫が睨んでいるようです。

2017年2月21日 (火)

「プレミアムフライデー」がスタート!

今週の金曜日24日から「プレミアムフライデー」がスタートします。
原則月末の金曜日は午後3時ごろまでに退社時間を繰り上げ、買い物や観光などの時間を創出しようというもの。主目的は消費喚起で、働き方改革も兼ねているそうです。

「プレミアムフライデー」のHPに

「月末金曜は、少し早めに仕事を終えて、
 ちょっと豊かな週末を楽しみませんか?

 ・・・・・・・・・・。

 あなたも、ちょっと豊かな、月末の金曜を。

とあります。

定着するのかな?私は懐疑的に見ています。

企業によってとらえ方はさまざまです。
人が動けば忙しくなる業種も出てきて導入に偏りが出てきます。

私は金曜日から週末に需要を集中させるのではなく、むしろ休日を分散させるほうが、日本の経済界には望ましい と思うのですが?

そして夏時間の導入等も併せて検討して、色々な組み合わせで消費構造を換えていかなくてはいけないのだと思います。

わざわざ「プレミアムフライデー」を設定しなくても未消化の有休取得が沢山あるでしょう?
むしろ、普段から「有休取得」を取りやすい環境に導く方がはるかに効果があると思うのですが?

私にはこの「プレミアムフライデー」は苦し紛れの「苦肉の策」にしか映りません。

2017年2月20日 (月)

「春一番」を上回る「春二番」

先週の金曜日に春一番が吹いたとの発表がありました。
「春一番」が何回も吹くことは、ありません。あくまで一回だけです。
では今日の「春一番」を上回る様な暴風雨は「春二番」?

0220その年の春一番が吹いた後に再度吹いた、春一番と同様の、南よりの強い風を春二番と呼びますが、それはあくまで俗称であり、春一番のような正式な気象用語ではありません。従って3番目に吹く風を春三番ということもあるようです。

JRのダイヤは、終日の強風で大きな影響を受けました。

従って、まち歩き、ハイキング等で訪れる方も皆無で、案内所は開店休業状況です。
個人的にはデスクワークに集中できて仕事が一挙に片付きました。

23日は「梅の名所と史跡を訪ねお食事を楽しむ」会を開催します。
この日が「春三番」が予想されています。
キャンセルが増えるかも知れません?
明日以降の電話が怖いです!

2017年2月19日 (日)

東海道ゴミ拾い駅伝大磯宿中継所

第3日曜日ですから「大磯市」の開催のために早朝より大磯港に行って準備をしました。
今日は、もう一つ準備があります。
「東海道ゴミ拾い駅伝」があり、大磯宿の中継所が「大磯市」の一角に中継所が設けられます。

0219
この駅伝は、拾ったゴミの量と到着時間差をポイント化して順位を競うゴミ拾い駅伝の元祖で、今年で12回目の開催となりました。
東海道ゴミ拾い駅伝は、沿道の美化と保全を促すと同時に、かつての宿場町を中心とした地域資源を活用した、 誰もが参加・参画できるスポーツカルチャーを目指しています。

主催者が大学の後輩で東海道シンポジウムの会議に出席している仲間なので、毎年、大磯宿中継所を設置して応援をしています。

日本橋から箱根間で過去最高の600kgを超えるゴミが回収されたそうです。

そして優勝はチームとしては初出場、大学としては10年ぶり2回目となる一橋大学国立あかるくらぶ実業団チームが、ふじさわしげんくみあい青年部に競り勝ち初優勝を飾ったとの報告がありました。

続いて2月の「大磯市」です。
朝から天候に恵まれて最高なのですが、東風が強くとても寒く感じます。
それでも、午前中に風が凪て来場者の足が順調に伸びました。

0219_2
こんな寒い中での4500人ほどの来場者に感謝します。

2017年2月17日 (金)

2017年 春一番

今日、気象庁から関東地方に春一番が吹いたとの発表がありました。
何となく早いように感じましたが、昨年の春一番は2月14日に観測されていますので、決して早いわけではありません。

今日の午前10時現在、各地の最大瞬間風速と最高気温は

 東京 18.0メートル(南南西) 17度5分
  横浜 19.1メートル(南西)  16度4分
  千葉 21.7メートル(南西)  17度1分 だそうです。

関東地方の春一番の条件は、次の事項を基本として気象庁が総合的に判断しています。
 ○立春から春分
 ○日本海に低気圧(低気圧が発達すればより理想的)
 ○関東地方に強い南風が吹き、昇温する
  具体的には東京において、最大風速が8メートル以上、
  風向は南より(西南西~東南東)

その割には、暖かさを感じません。
大磯あたりでは南西と言うより西風に近く、空気がひやっとします。

風を避けて日だまりにいると確かに暖かさはあります。
しかし、西風が強くてコート無しでは寒さを感じて、きっちりと身にまといます。

そして、今日も手っ取り早く簡略に仕事を片付けようとすると結局時間を取られ、着実に行う方が、最終的には早かったようです。

人間だって、厳しい態度で人を動かそうとしても、かえって人は頑なになりますが、暖かく優しい言葉を掛けることにより動いてくれる!

やっぱり、今日はイソップの「北風と太陽」の世界だったようです。

2017年2月16日 (木)

37年ぶりの「大磯町名誉町民称号伝達式」

昨年の10月に「ノーベル医学生理学賞」の受賞を受けた大隅良典先生(東京工業大学栄誉教授)の大磯町名誉町民称号伝達式が大磯町議会議場で行われました。

中﨑町長から名誉町民称号、名誉町民章が贈られ、会場はお祝いの拍手で和やかな雰囲気に包まれました。

大磯町の名誉町民は、日本人では吉田茂元首相や作家の島崎藤村氏、エリザベス・サンダースホームを創設した澤田美喜氏など6人。姉妹都市関係の外国人を含めるとこれまでに11人に贈られています。

名誉町民の称号は昭和55年の澤田美喜先生以来、37年ぶりの嬉しい出来事でした!
多くのメディアも取材に来ていました。
こうしたお祝いの席に同席できることが幸せだと思います。

先頃、「若者がいかに元気かが社会の未来を決めている」との思いで「大隅良典記念基金」を創設しました。
大隅教授ご夫妻は、緑に囲まれた静かな大磯でが気に入っているとお話をされていました。
こうした大磯を終の棲家として、ゆっくりと過ごしていただき、これからも若者たちに夢を与え続けて欲しいと思います。

0216

2017年2月15日 (水)

寝待ち月

目が覚めると王城山の上の方に有明の月がまだ残っていました。
満月を過ぎると月の出が夜更けの時間帯になってきます。

別名、臥待月(ふしまちづき)とも呼ばれているこのお月様ですが、いずれにしても横になって待たないとならないくらい月の出が遅く、この時期には布団の温もりに負けて、横になっているうちに熟睡してしまい気づいたときには夢の中の月見と相成ってしまうのです。

何とも風情のある呼び名です。

「有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし」
  作者 壬生忠岑

「あなたとの別れのときも有明の月が残っていました。
 それ以来、有明の月が残る夜明けほど辛いものはありません。」

月を見るときには自然とロマンチックになるものです。
しかし、太陽が沈むと自然と眠気が襲ってくる今日この頃の私では、こうした歌にあるような場面がすっかり無くなりました。

2017年2月14日 (火)

川柳 分かるな~、この気持ち!

第一生命が毎年開催している「サラリーマン川柳コンクール」、今年で30回目となり、全国から寄せられた5万5000余りの句の中から入選した100の作品が発表されました。

川柳は世相や世代間の本音をユーモアたっぷりに表現されていて鑑賞する人の心を自然と和ませてくれる不思議な力があります。

「会議する 準備のために また会議」(詠人知らず)
「ノー残業 居なくなるのは 上司だけ」(仕事人間)
「効率化 提案するため 日々残業」(ビジネスマンみっちゃん)

分かるな~、この気持ち!
それでも、8日に「シルバー川柳が目に染みる」との話題をアップさせていただきましたが、こちらの方がより身近に感じるのです。

世間では、今日はバレンタインデーですよね。
こういう日にこうした話題になるのは、それだけ歳を重ねてと言うことですかね?

2017年2月13日 (月)

ブロガーの悩み?

毎日、身近かにある出来事や話題や、または、その日の自分に関心のあるニュースを話題にしてブログにアップをしていますが、出勤日で、それも終日デスクワークになるとブログにアップする話題が一挙に細ります。

四季折々の香りをカメラスケッチでフォトログ「大磯の風」を配信している知人のKさんが、事務所の横で紫煙を揺らしているところに来てぼそっと一言。

「ブログの話題に困ってしまうよ!」
この悩みはよく分かります。
大磯内を自転車で走り回っていても話題に困ることがあるんですね。
私は彼のブログで大磯の季節の移ろいを感じているのですが。

今朝のブログにアップしてあった富士山に掛かるお月さんの写真が良かったねと!
それが、今日は花水川からパール富士が撮れたと嬉しそうに語ってくれました。

私も話題に行き詰まっているところへの救世主の登場です!
早速、今日はその話題を使わせてとお願いして見せていただいた写真がこれです。

0213
パール富士は、ダイヤモンド富士とは対極的に扱われ、太陽と違い月齢も重要な要素のためパール富士の方が見られる機会が少ないのです。

それだけに満月前後の月齢の月や、月齢に関係なく月が富士山頂にかかるものをパール富士と呼ばれています。
毎日続けることの難しさを実感します。

2017年2月12日 (日)

大磯港みなとまちづくり講演会

大磯港みなとまちづくり協議会主催で「大磯港みなとオアシス」をテーマにした講演会を大磯駅前になる聖ステパノ学園内にある「海の見えるホール」で開催しました。

0212
今日のテーマである大磯港を見下ろすことが出来て、相模湾も一日ごとに力強さを増す陽光に輝いている会場に大勢の町民の方の参加をいただきました。

私も観光協会の立場からパネラーの一人として参加させていただきました。
平成27年3月にJR東日本のダイヤ改正により東京上野ラインの直通運転開始やさがみ縦貫道路が全線開通して、圏央道と直結してから大磯町への来町者に変化が生じています。

明らかに東京以北からの来町者が増加しています。
港に駐車している車の登録番号も埼玉・群馬・山梨県などの車輌も増加しています。

特に車で来る場合に「大磯港みなとオアシス」が完成すれば、圏央道経由で茅ヶ崎市柳島の新湘南バイパスで伊豆・箱根方面に行くケースを考えた場合には、最初のSA or PAの役割も果たします。

逆に帰路の場合も同じ様な役割を果たします。

単に通過をさせないで、願わくは終点、目的地を大磯にしてもらうためには兎にも角にも「大磯港みなとオアシス」の魅力を付加させていく以外に方法はありません。

基調講演でお招きした国土交通省関東地方整備局港湾空港部計画企画官の高阪雄一氏に全国に登録されている92箇所の「みなとオアシス」の特長ある事例を語ってくれました。

数万トン級の豪華客船を迎えることの出来る港湾から地方の小さな港では同じ「みなとオアシス」でも性格が違ってくるのは当然です。

大磯港は来町者の受け入れ先を、大磯ならではのプログラムを企画し、参加者が現地集合、現地解散するという、パークアンドライドの考え方を視野に入れて着地型・体験型観光のソフト事業で魅力アップを図ることが必要だと思います。

2010年9月に17店舗。来場者が約1000人程度で始めた「大磯市」も今月で第78回を数え、現在では約180店舗。来場者が4000人~5000人で賑わい、県下、最大級の朝市と言われるまでに成長しました。

この「大磯市」が一定の評価を得ているのは、規模ではなく、開始当初からインディペンデントを大切にしながら大磯町全体を市にしようと始めました。

目的はあっていると思います。
しかし、残念ながら月一回の「大磯市」では限度があります。

こうした、積み重ねてきた事業も「大磯港みなとオアシス」が完成し、マーケットが創設されれば出店している若者達にとっても大きな励みになると思います。

※今日の写真はパネリストで一緒に参加しました
 大磯サーフィン協会 柏原氏の写真をお借りしました。

2017年2月11日 (土)

第2回【町なか探検撮影会】を実施します!

(公社)大磯町観光協会では、昨年に続き、第2回【町なか探検撮影会】を実施します。
「昔」の写真を手がかりに、「今」の場所を探して写真を撮影する、ゲーム感覚でも楽しめる撮影会です。
撮影会は、事前登録制になります。

0211

午後は、午前中に撮影した写真をアプリに登録し、スクリーンに映しながらロケの感想やエピソードなどを発表。
司会の旅行コラムニスト・森川孝郎氏、ゲストの写真家・ノニータ氏や、会場にお集まりの皆さんと共に、「写真」にまつわる話題で盛り上がります! (午後のイベントは自由参加、午後のみの参加も歓迎です)

開催日:2017年3月11日(土曜日) 雨天予備日 3月12日(日曜日)
◆9:30~12:00 町なか探検撮影会【事前登録制】
 集合 大磯町立ふれあい会館

参加申し込みは、参加者のお名前・連絡先(メールアドレス)・年齢・住所をメールにてお知らせください。
 oiso.tourist.association@gmail.com
(複数名で申し込まれる場合は、代表者の方の情報を記入し、本文に参加人数をお書きください)

・参加費:無料
・小学生以下のお子様は、保護者の同伴が必要です。
・コンデジ、一眼レフ、スマホなどデジタルデータが受け渡し可能であれば、カメラの種類は問いません
・参加者にはお弁当をご用意します

◆13:00~14:30 写真公開/トークショー【参加自由】
 会場 大磯町立図書館 大会議室
 司会:ナビゲーター 森川孝郎 旅行コラムニスト・フォトグラファー
  スペシャルゲスト:谷野浩行(ノニータ) 写真家

詳細はHPでご確認下さい!
http://www.oiso-konjyaku.com/index.html

2017年2月10日 (金)

付き添いが出来る幸せ!

0210今年に入ってから何度か兄の入退院と術後の定期検診の為に、大森の大学病院まで同行しました。

さすがに都会の大学病院です。
総合受診者の受付の表示板の番号が3000番代を超しています。
これ、通し番号で一番から始まっているのであれば、毎日、これだけの患者・受診者がいるということですよね?
例えが不適切ですが、これだけの人を毎日呼ぶためにはどれだけPRに費用や努力をしなければ集まりません。それほど混雑をしています。

こうした中に身を置くと、受診者の一人ではなく付き添いで来ることのできることの幸せ、健康であることを実感します。
兄もドクターから順調に回復しているとの所見をもらって、明るい顔で帰宅の途につくことが出来ました。

それにしても今日の天気の変化の目まぐるしかったこと。
待っている間に、病院の裏手にある公園の日だまりで幼稚園児の遊んでいる姿を見、反対側の一角ではゲートボールに興じるご年配方のグループもあり、その中をハトが飛び回る風景を眺めながら優雅な時が流れるのを楽しんでいました。

帰る頃には、見る見る内に雲が広がり始め、粉雪が舞い始めたかと思うと、戸塚・藤沢付近に来る頃にはうっすらと雪景色に変わってしました。

さすがに寒さの底にある立春の天気でした。

2017年2月 9日 (木)

左手が疲れます!

雪も予想されていた天気予報でしたが、大磯は粉雪が舞う程度の氷雨で済みました。

♪ゆき♪ 2番
雪やこんこ あられやこんこ
降っても降っても まだ降りやまぬ
犬は喜び 庭駆けまわり 猫は火燵で丸くなる

よく知られている童謡・唱歌の雪です。

「猫は火燵で丸くなる」

最近は洋風化された住居も多く、火燵のない家庭も多いのではないでしょうか?
我が家も火燵はありません。

従って愛猫「タマ」も「くるみ」も丸くなるところがありません。
仕方がないので火燵代わりになるのがご主人様の膝の上です。

0209
可愛いのです が こうなるとPCに向かって仕事ができません。
それでも最近は便利になりました。
愛猫のお守りをしながらでも、iPadで作業が出来るのですから。

最近のiPadはパソコンと同じように複数のアプリケーションを表示できるのですから有り難いものです。

作業中にメールやメッセンジャーに連絡が入れば確認も出来返信・回答も出来ます。
ただ、夕方になるとiPadを持って作業をする左手が疲れてくなるのが悩みなのです?

2017年2月 8日 (水)

身につまされそう話題?

昨日はフェイスブック等を通しての「フェイク・ニュース」について気になることをコメントしました。
今日も昼間に2本と夜にも1本の会議がありました。

1日に会議のために6時間近くを要すとかなり疲労感もあるものです。
会議に出席するだけであればさほどではないのでしょうが、全て招集者側の立場となると、資料作りに会議の説明と口も疲れます。

自宅に戻って会議のまとめをして、その合間に、ふっと目にするフェイスブックの微笑んでしまうような話題に救われることもあります。

そんな時に、目に入ってのが「シルバー川柳が目に染みる」との話題!

う~ん!身につまされそうな秀作が揃っていました。
思わずコピーさせていただき、川柳を一句づつ、これは「当てはまる!」これは「まだ大丈夫!」と句を自身に置き換えながら鑑賞させていただきました。

【シルバー川柳が目に染みる・・・。】
     ○この動悸 昔は恋で 今病気
     ○恋かなと 思っていたら 不整脈
     ○年重ね くしゃみするのも 命がけ
     ○いびきより 静かな方が 気にかかる
     ○カードなし ケータイなし 被害なし
     ○医者と妻 急にやさしく なる不安
     ○万歩計 半分以上 探し物
     ○LED 使い切るまで 無い寿命
     ○忘れえぬ 人はいるけど 名を忘れ
     ○土地もある 家もあるけど 居場所なし
     ○我が家にも 政権交代 夢にみる
     ○起きたけど 寝るまで特に 用はなし
     ○おじぎして 共によろける クラス会
     ○「アーンして」 昔ラブラブ 今介護
     ○なぜ消える メガネと鍵の ミステリー
     ○腹八分 残した二分で 薬飲む
     ○味のある 字とほめられた 手の震え
     ○誕生日 ローソク吹いて 立ちくらみ
     ○まだ生きる つもりで並ぶ 宝くじ
     ○目覚ましの ベルはまだかと 起きて待つ
     ○無病では 話題に困る 老人会
     ○食べたこと 忘れぬように 持つ楊枝
     ○聞き取れず 隣にならって ウソ笑い
     ○脳のシワ 顔に出てると 孫が言う
     ○厚化粧 笑う亭主は 薄化粧
     ○大事なら しまうな2度と でてこない
       出典:@benz230slk1219

2017年2月 7日 (火)

「フェイク・ニュース」は75日で消えない?

昨年一年間繰り広げられてきたアメリカ合衆国大統領選挙戦。
この選挙戦を機に「うそのニュース」が話題を目にすることが増えています。

「フェイク・ニュース」と呼ばれているうそのニュースは、フェイスブックなどのSNSを通じて瞬く間にネット上で拡散してしまうのが特徴です。

問題は、これら偽の情報を多くの人たちが真実だと受け止めてしまうことです。
そして、フェイクニュースが事実を装う手口も巧妙化して、アメリカの大手メディアの中には、偽の情報をうのみにして報道してしまい、その後、謝罪する事態まで起きたニュースは記憶に新しいです。

確かにフェイスブックなどでは、動物などを中心に思わず微笑んでしまうようなニュースも多くシェアされています。
一方では「お金儲けのため」という大きな理由があるようです。
サイトを訪れる人が多くなればなるほど、フェイスブックのページやグーグルの「アドセンス」広告を通じて収入が増えていくのも「フェイク・ニュース」が増えている要因の一つなのだと思います。

フェイク・ニュースサイトを作る、現実にビジネスにしている人も増えているニュースも多くあります。

日本でも戦国時代には間違った諜報を入れて相手方を混乱させる戦法はよく知られています。

世間では色々な「噂」も多くあります。
「人の噂も七十五日」
人の噂も七十五日とは、世間で人があれこれ噂をしていても、それは長く続くものではなく、やがて自然に忘れ去られてしまうものだと。

しかし、このSNSの発展した社会にあっては「フェイク・ニュース」は75日で消えるどころは無限に拡散していってしまいます。
最終的には、個人の情報判断力が大きな鍵になるのでしょうか?

2017年2月 6日 (月)

こんな日が続くと嬉しい!

電話がほとんど掛かってきません。
携帯電話も本当に静かにしてくれています。

事務所、隣の駐輪場の解体工事もほとんど終了したのか騒音も地震のような揺れも完全に治まりました。
来客もなく、こんなに集中して仕事が出来たのは久しぶりです。

0206それにしても駅前にこの様に大きく空いた空間?
何になるのでしょうか?
案内所に来る多くの方から聞かれるのですが・・・・・・?

ため込んでいた書類の山が見る見るうちに低くなりました。

自分のペースで仕事の出来る嬉しさをじっくりと味わうことが出来た最高の日です!

2017年2月 5日 (日)

「おおいそ野外アート2017」準備が着々と!

0205_1今年の4月1日(土)から2009年3月に旧吉田茂邸が原因不明の火災により焼失してから、8年の歳月を掛けて再建され、正式に一般開放されます。

オープンを記念して4月16日(日)~5月21日(日)まで約40日間にわたり「おおいそ野外アート2017」を庭園で開催します。

今日は作家さん達の出展者説明会を開催して、野外作品37点に絵画部門部門14点で合計61点の作品の展示展示場所等も確定して、開催に向けて着々と準備が進んでいます。

会場全体の地図は後日掲載します。

0205

2017年2月 4日 (土)

春が始まる一日目 これからが楽しみです!

立春です!
そうです。今日から春が始まる一日目になりました。
立春とは、今日4日の一日ではなく、実は期間なのですが、このことを意外と知らない方も多いようです。

節分の翌日から「雨水」までの期間を指します。
つまり、今年は2月4日から2月18日までの間。
この期間が立春になります。

立春には春という字が含まれますから、ともすると寒かった冬は終わり花が咲き、気温の穏やかな日々となる。そうです。今日のような暖かい一日をイメージしてしまいがちです。

しかし、立春は正確には春が立つ、という意味です。
立春を迎えた頃から気温の底はピークを過ぎ、徐々に春めいた気温や天気に変わっていく、という事なのです。

従って「立春なのに寒い!」と憤るのは間違っているんですね!
これから本格的な春がやってくるための始まりですから、寒くて当然なのですね。

明日の天気予報では午後から雨が予想されています。
寒明の雨になってくれないのかな?

2017年2月 3日 (金)

節分ですね!

ここ数日は良い天気が続いています。
明日の立春を前に春が着実に近づいているようです。

節分といえば「豆まき」です。
これは中国の習俗が伝わったものとされています。

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。
昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

鬼にも強い、弱いがあるんでしょうね?
もしも、鬼がトラの10年身につけていても破れないパンツをはいてきた鬼さんでも「豆」で退治できるのでしょうかね?

  鬼のパンツはいいパンツ~♪ 強いぞ~♪ 
   https://www.youtube.com/watch?v=MjQQQW2R1WM

しかし鬼が強いのではなくパンツが丈夫だけですから退治は可能ですか?

最近は、「豆まき」よりも「恵方巻」の方のニュースが多いように感じます。
もともと関西方面で始まった文化とされているようで、数年間までは余り知りませんでした。
今では「節分に恵方巻を食べる」という文化を知らない人がいないくらい全国的に広まっているようです。
大磯町でも高来神社や六所神社で「節分祭」を行っていたようですが、写真を撮りに行く時間がありませんでした。

2017年2月 2日 (木)

夫婦の日

2月2日 確かに語呂合わせ的に言えば「夫婦」と言える日でもありそうです。
11月22日が「良い夫婦の日」とはかなり認知されているようで知っていましたが、車を洗車するためにエンジンを駆けるとナビゲーションが「今日は2月2日。夫婦の日です。」との案内がありました。

ウイークデーのオフです。
天気良し。
気候も穏やか。
天には雲一編もありません。
追われている仕事もありません。一段落しています。

日頃のカミさんへの感謝を込めて富士山を見に箱根方面にドライブに行くことにしました。
予想通りに芦ノ湖から望む富士山が我らを迎えてくれました。とても綺麗でした!

十国峠にも寄りました。
余りにも天気が良かったので、久しぶり。そうですね30年ぶりくらいですか?ケーブルカーに乗りました。

今日ばかりは本当に山頂から「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」の十の国を見渡すことが出来ました。

半日ほどしか出掛けていないのですが、何か遠くに出掛けた様な一日になりました。

0202

2017年2月 1日 (水)

ようやく平穏が?

昨秋から事務所の隣にあった大磯町駅前東駐輪場を行っていました。
その解体工事がどうにか山場を過ぎたようです。

建物を解体している時にはさほどの騒音も揺れもなかったのですが、今年に入ってからの地盤のコンクリートを除去する作業に入ると小さな事務所は常時、震度3,2程度の横揺れ、縦揺れに悩まされてきました。

これでは本当に地震があった時には、揺れに慣れて分からないのではと思うほどでした。

案内所に来所者があっても会話が途切れるし、電話も同様です。
何しろ集中して仕事が出来ない一ヶ月でした。

今月に入ってからは土盛りと外構の工事のみになるとのことですので平穏の日々が訪れそうです。
しかし、整地後のこの空き地がどのように活用されるのか?

今後の活用計画は決まっていないようですが、これが、また、大きな騒音となってくれなければ良いのですが?
発展的、前向きな議論になることを期待したいものです!

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ