« 第5回大磯町観光フォトコンテスト | トップページ | 今冬、最強の寒波? »

2017年1月12日 (木)

落花生で死亡率がダウン?

落花生バトルの打合せで秦野市に行ってきました。

相州落花生の拡大を目指して秦野市・二宮町・大磯町とイベント等を通してPRをしているところですが生産農家が年々少なくなって地元産の比率が大きく下がっています。

この落花生栽培は手間も掛かるのだそうですが、何せ土の中で育てるものですから、生育状況を確かめようが無く、掘り起こしの時期になって、昨年のように全国的な不作の年になることがあるのです。

そうすると、一気に品薄になり、価格も高騰します。結果的に消費者の落花生離れが進んで販売も伸び悩むという悪循環に陥ります。

秦野市の落花生販売をしている事業者は、地元で落花生の生産をしてくれる農家から言い値で仕入れているそうですが、それでも生産農家も増えずに大きな悩みを抱えています。

タイムリーに昨晩はNHKの「ためしてガッテン」でこのピーナッツの効用が取り上げられていました。
こうしたメディアの力で消費が増えていってくれれば良いのですが?

【以下はガッテン!HPからの転載です】
アメリカ・ハーバード大学が30年間にわたって12万人の食生活を調べた研究があります。その中で、「血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材」として浮かび上がった食材が、意外にもピーナッツでした。

実は、ピーナッツに含まれる油は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がとてもバランスよく含まれていることから、 コレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したりと、様々な効果を発揮します。
ミネラルやタンパク質も多いため、優秀な健康食材として一躍注目を集め始めました。
そこで今回は、ピーナッツの健康パワーとおいしさをフル活用するためのワザを徹底研究しました。 市販のピーナッツにひと手間を加えるだけで、「最強のおつまみ」や「万能コク出し調味料」に変身します!

「死亡率ダウン!ピーナッツの健康効果 」
ピーナッツのおよそ半分は脂肪ですが、ピーナッツの油には「飽和脂肪酸」や「不飽和脂肪酸」が非常にバランスよく含まれています。油というと体に悪そうに思うかもしれませんが、実は全身の血管を強くしなやかに保つ大切な栄養素。カロリーのことも考えると、おすすめは1日20粒程度。肉やお米を、ほんの少しピーナッツで置き換えてみては?【ここまで転載】

毎日、「落花生」と「チーズ」のない晩酌は考えられない私にとっては、とても理に適った晩酌だったと、密かにニタとしました。

しかし、最近は前述のように落花生の値段が高くなった為かつまみにミックスナッツが混じって落花生が少なくなったようです。
健康のために復活させてもらうようにしましょう!

« 第5回大磯町観光フォトコンテスト | トップページ | 今冬、最強の寒波? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/64755208

この記事へのトラックバック一覧です: 落花生で死亡率がダウン?:

« 第5回大磯町観光フォトコンテスト | トップページ | 今冬、最強の寒波? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ