« みなとまちづくり講演会 | トップページ | ようやく平穏が? »

2017年1月31日 (火)

大統領令で世界中が混乱する?

メキシコとの国境に壁を築く。
TPPからの完全離脱。
オバマ前政権が進めた医療保険制度改革(オバマケア)を廃止。
イスラム圏7カ国からの入国禁止。

アメリカトランプ大統領が大統領令に次々と署名するなど10日足らずの間に大統領令を連発しています。
そもそも、大統領令とはどのようなものなのでしょうかね?

定義は、アメリカ合衆国大統領が、連邦政府や軍に対して、議会の承認を得ることなく、行政権を直接行使することにより発令されるアメリカ合衆国の行政命令のことです。

アメリカは大統領制によって国民から直接大統領が選ばれるなどと、日米での国のリーダーの選び方が違うこともあり、当然、日本の首相にはこのような権限はありません。
それだけに、この大統領令というものを理解しがたい一面があります。

もちろん、この大統領令にも制限が加えられていて、大統領令を止めるためには、それを覆す法律を議会で制定し大統領に認めさせること、または、大統領令が合衆国憲法や法律に触れていると考えられる場合は裁判所に訴えること、という手段があり、議会は反対する法律を作ることで大統領令に対抗できるほか、最高裁判所も違憲判断を出すことができるようになっているそうですが・・・・・・?

この大統領令は、大胆な規制緩和や減税策を進める方針を表明し、効果的な成果を上げるために署名しているとも?
日本との自動車貿易を「不公平だ」と名指しもしています。

しかし、日本車をアメリカに輸出する際には現行でも5%の関税を支払っていますが、アメリカ車が日本に輸入される場合には関税は掛かっていません。

同じ条件で日本に輸入されているMercedes-Benz、BMW、VW、Audi などはある程度は販売されていると思いますし、町中でも良く見掛けます。
一方、 アメリカのビッグ3と言われているゼネラルモーターズ、フォードモーター、クライスラーの車は殆ど見掛けることもありません。
どのような車種を扱っているのか、車好きの私でも知りません。

それだけ魅力のある車が無いと言うことです。

車のデザインを含めて全体の魅力、販売努力を差し置いて日米の自動車貿易を「不公平だ」と言うトランプ政権には、今後も世界中が振り回されることだと思います。

1980年代後半の米通商法301条(スーパー301条)を思い出します。

« みなとまちづくり講演会 | トップページ | ようやく平穏が? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/64842557

この記事へのトラックバック一覧です: 大統領令で世界中が混乱する?:

« みなとまちづくり講演会 | トップページ | ようやく平穏が? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ