« 4団体合同新年会 | トップページ | FBのネットワーク »

2017年1月25日 (水)

第72代横綱 稀勢の里関 誕生!

本日の横綱審議委員会(横審)が全会一致で稀勢の里関の横綱昇進を推薦しました。
これで名実共に「第72代横綱 稀勢の里関」が誕生しました。

横綱昇進前の成績として「2場所連続優勝、それに準ずる成績」という横審内規があります。
先場所は準優勝といっても鶴竜の14勝に2差の12勝。場所が14勝で2場所だけを見れば26勝。

しかし、協会は横審の各委員に「横綱昇進前の成績」という資料を配布した。
現役3横綱に元横綱朝青龍、稀勢の里関の昇進前6場所の成績が比較され、稀勢の里関は74勝16敗で勝利数がトップだった。朝青龍は72勝、日馬富士関は68勝、鶴竜関は66勝。全休のあった白鵬関は59勝だった。

この資料は、去年1年間の成績を見て安定感が抜群だったことが評価されたのだと思います。

大関昇進から31場所目。
稀勢の里関が悲願の初優勝を果たし長かった「綱とり物語」もこれで完結しました。
それにしても、日馬富士、鶴竜両横綱が休場し、大関豪栄道まで休んだ中での優勝。
場所前は綱とりなど話題にもならなかったがために、稀勢の里らしい伸び伸びとした相撲が取れて、何とも、タイミング、どうにも説明できない巡り合わせがあるものだと痛感します。

「本場所では常に優勝争いに加わり、そして優勝もしないと…もちろん、優勝を目標にしていますし。そして協会のためにもね…これから伸びてくる若い力士を、引っ張り上げないといけないという立場にありますから、そういう部分でも人間として、どんどん、どんどん成長していきたいと思っています。」

この言葉に期待して3月場所も楽しみになります。

« 4団体合同新年会 | トップページ | FBのネットワーク »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/64811118

この記事へのトラックバック一覧です: 第72代横綱 稀勢の里関 誕生!:

« 4団体合同新年会 | トップページ | FBのネットワーク »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ