« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

今年も皆さんに助けられました2016

一年365日、時間に直すと8760時間です。
この時間は人として生まれてきてこの方、誰にも等しく与えられた時間なのですし、毎年、一年の時間が変わる訳はありません。
四年に一度の閏年に24時間増えるだけです。

それなのに、年々短く感じるのは何故なのでしょうかね?
物理的に変わる訳ないのですから、あくまでも感覚的な時間です。

歳を積み重ねと、もう少し時間的な余裕が生まれるとの思いと反比例します。

まだまだ沢山やりたいことがあるのですが、長期的な展望が出来ないので急いでいる一面もあるので、時間の経過が早く感じるのかも知れません。

だったら、もっと有効に時間を使えば良いのにと言い聞かせるのですが、若い時の様に気力がついてこないので全ての行動がのんびりしてきたようにも感じます。

だから、もたもたとしている間に時間が足らなくなり、そして気がつけば、今日はもう大晦日です。

今年も一年間も老若男女問わず、色々な方から多くのことを学ばせていただきました。
正に小説「宮本武蔵」で有名な作家の吉川英治の言葉「我以外皆我師」の一年間でした。

年が明ければ14日に、大磯町では国指定重要無形文化財の左義長が行われます。
この左義長をきっかけに小説家の島崎藤村は大磯に居宅を構えるようになりました。

藤村が大磯を終の棲家にするきっかけをつくったのは「高等遊民 天明愛吉」です。
彼が若かりし頃、作家を志し、島崎藤村を師と仰ぐために送った手紙の返事が次の書簡で馬籠の藤村記念館にあり木曽福島では石碑になっています。
吉川英治と同じようなことを言っています。

   すべての人を師とするは 
   予の願ひなれば君もし  
   予の心を用ひむとならば
   願はくば予一人を頼まず
   してすべての人を師とせられよ
   簡短に予の志を言へば
   予は弟子といふもの
   なくて過ぎむと願へる
   なり「先生」といふ言葉
   を聞く毎に予は胸痛
   き心地す
   されば予は君の師たる
   ことを辞すべしこれ君の
   為に言ふのみならず又又
   自ら励ますなり君もし
   予の門を叩き語るに文
   学のことを以てせば予は
   客として君を迎へ青年
   らしき鋭気を鼓して
   相談笑するに躊躇せ 
   ず

師は万人である。弟子は取らない。

本当に一年間、色々な人に支えてもらいました。
お陰様でいい年を迎えることが出来そうです。
来る2017年も同様に、大きな支えを皆さんからいただければと思います。

2016年12月27日 (火)

1月のイベント情報

初日の出(甘酒のサービス)
    1月 1日(日・祝)6:30~
    ○会場:大磯港西防波堤開放エリア

左義長
      14日(土)点火18:30
     (10日から14日までスタンプラリー他)
    ○会場:大磯 北浜海岸

第77回大磯市 
      15日(日) 9:00 ~ 14:00
    ○会場:大磯港
  ★エントリーの受付期間は1月1日(日)~6日(金)です。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ