« 「いそべぇ・あおみ」の貸出業務 | トップページ | 取材中の口の中の飴? »

2016年11月15日 (火)

大磯町で長編映画の撮影が始まる!

先週、一人の新進気鋭の映画監督三澤拓哉さんの訪問を受けました。
知人を介して、大磯でフィルムを撮りたいので協力をして欲しいとの依頼でした。

内容が固まってきたよう様子なので、今日は中﨑大磯町長を訪ね大磯町の協力もいただきました。
「大磯フィルムコミッション」は観光協会でも今年度の課題でしたので良い機会です。

来週から本格的に動き始めます。

三澤拓哉監督・劇場用長編映画『落葉』
ワークショップ・オーディションの開催

12月初旬に神奈川県大磯町で長編映画の撮影を行うにあたり、
一部キャストの選考のためのワークショップ・オーディションを開催します。
また、ボランティアスタッフも同時募集します。
一緒に大磯の街から素敵な映画を世界へ発信しましょう!

オーディション詳細
◆日時:11月23日(祝・水)9時~17時
◆場所:神奈川県大磯町
◆応募要件:18歳から60代までの男女。(演技経験は問いません)
◆応募方法:
oiso.film2016@gmail.com
上記のメールアドレスへ、件名「11/23大磯映画」とし、
本文に①氏名②性別③年齢④キャストまたはスタッフから希望を明記し送信。
※ ワークショップ・オーディションは一人1時間程度を予定。
 期日までに応募された方には個別で集合時間をお伝えいたします。

◆応募期日:11月21日(月)

劇場用長編映画『落葉』========================
◆企画概要・あらすじ
オール茅ヶ崎ロケ作品『3泊4日、5時の鐘』を監督した三澤拓哉の劇場用長編映画第2作。
前作の茅ヶ崎に続き、湘南発祥の地と呼ばれる大磯でメガホンをとる。

物語は大磯の山が紅く色づき始めたころ、中学からの友人である楓、葉一、和貴、秋平、4人の恩師の死からはじまる。
恩師の死をきっかけに4人は恩師の後妻・千里と出会い、東京の証券会社で働く中学時代の友人・エリと再会することになる。
楓は徐々に千里に惹かれていく。葉一はそれを気にかける。
一方、父親の会社の経営が思わしくなく海斗はエリに金の工面を頼むが、事態はあらぬ方向へと進んでいく。
千里とエリ、2人の「運命の女」によって4人の青年の関係が崩れていく様を描く青春ノワール映画。

◆監督・脚本
三澤拓哉
1987年、神奈川。初脚本・監督作『3泊4日、5時の鐘』が国内外12の映画祭に招待され、3つの賞を受賞。2015年釜山国際映画祭Asian Film Academy、2016年DMZドキュメンタリー映画祭Asian Co-productionに監督として参加。国内外に活動の幅を広げている。

« 「いそべぇ・あおみ」の貸出業務 | トップページ | 取材中の口の中の飴? »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/64499774

この記事へのトラックバック一覧です: 大磯町で長編映画の撮影が始まる!:

« 「いそべぇ・あおみ」の貸出業務 | トップページ | 取材中の口の中の飴? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ