« 50歳まで、4000本安打へGo! | トップページ | 東西南北からニュース »

2016年8月 9日 (火)

「生前退位」実現させてあげたいですね!

昨日の天皇陛下のお言葉には国民の一人として大きな重みを感じました。
82歳のご高齢になられても、あらゆる公務を欠かさずこなす天皇陛下の「お言葉」に、多くの国民が共感して尊敬が集まり、国民からは否定的な意見はほとんど出てこないと思います。

私ども凡人には素直に「お言葉」を受け入れてあげたいと思う一人です。

『日本国憲法では、天皇を「象徴」として定め「憲法の定める国事に関する行為のみ」を行い、「国政に関する権能」を有しないと定めている』
ですから、生前退位の意向が強くにじんでいても、はっきりと述べることが出来ない?

『憲法が禁止する「国政に関する権能の行使」なのではないか、という疑問が出てくる』と指摘する憲法学者を始めとする学者さんたちもいます。

詳しいことのコメントは出来ません。
政治的には「摂政」を望まれていなければ「特別立法」で対応するわけにはいかないでしょう?

「天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。」

自らが健康を害し、終焉の時には国民に迷惑を掛けたくないと言う気持ちのこの「お言葉」にこそ、象徴天皇の存在と思いました。

思い起こせば昭和から平成に元号が変わった1988年から89年には色々なことがありました。
昭和天皇の容体悪化が伝えられてから日本全体が自粛ムード一色になりました。

 ○バラエティ番組での楽しげな演出を控える
 ○全国各地での秋祭りの中止
 ○CMのキャッチコピーの一部差し替え
 ○プロ野球優勝セールなどの一部取り止め
 ○「寿」「賀正」「おめでとう」のない年賀状

年が明けて、1989年1月7日に昭和天皇が崩御されると自粛ムードは一気に加速しました。
当時皇太子であった現天皇はこうした状況は昭和天皇は望まれていないのではないでしょうかと懸念のコメントを発表していましたが、4年後の2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、社会全体が陛下の健康不安から「自粛ムード」に包まれてしまうことを懸念されることもあったのだと思います。

「生前退位」を望まれれていることが明らかになった以上は国民全体で「お言葉」に添えるような議論が必要なのではないでしょうか? と 私どものような凡人はシンプルに考えたいと思います。

« 50歳まで、4000本安打へGo! | トップページ | 東西南北からニュース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/64039318

この記事へのトラックバック一覧です: 「生前退位」実現させてあげたいですね!:

« 50歳まで、4000本安打へGo! | トップページ | 東西南北からニュース »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ