« 戦い終わった選手は美しい! | トップページ | 6年目から7年目の「大磯市」 »

2016年8月20日 (土)

世界が驚いた銀メダル!

山縣亮太・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥で臨んだリオデジャネイロ五輪・陸上男子400メートルリレーの日本。

日本は強かった。
ジャマイカも米国もイギリスもカナダも中国もいた中での銀メダルを手にしました。

一人も100メートルを9秒台で走る選手がいません。
タイムは驚異の37秒60。従来の日本記録38秒03をはるかに超え、今大会の予選で出したアジア記録(37秒68)をも更新しての銀メダルです。

37秒60と言ったらアベレージが9.4秒。
これでどうして9秒台の選手がいないのか不思議なくらいのタイムです。

確かに日本は、スムーズに加速できる利点に着目した伝家の宝刀・アンダーハンドパスに力を入れてきました。しかし、世界のレベルは着実に上がっています。
これからは、バトンワークに加えて、選手個人の走力で戦えるようにならなければならないことを考えると、9秒台が2、3人いる時代がくれば更に、相乗効果が高まってくると思います。

それも目の前に来ているような予感させる400メートルリレーの銀メダルでした。

Qaca95朝から明日の「大磯市」の開催についての問い合わせで振り回されました。
今朝は八丈島の東方にあった熱帯低気圧がいつの間にか台風11号に成長。
この状況を見たら開催不可能に近いのかも知れません。

台風11号は三陸方面に。そして台風10号は信じられませんが日本列島に沿って西へ?
その間に台風9号が割り込んでくる形になりますが、明日の午後から開催中までは一時の曇り等の谷間になると予想して、開催を強行することにしました。

月曜日の「藤村忌」は完全に台風の影響を受けそうです。
明日のにはその対策も考えなければいけません。

そして、不気味なのが台風10号です。
九州方面に向かっていますが、行き場を失ってUターンしてきそうな気配です。

« 戦い終わった選手は美しい! | トップページ | 6年目から7年目の「大磯市」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/64087298

この記事へのトラックバック一覧です: 世界が驚いた銀メダル!:

« 戦い終わった選手は美しい! | トップページ | 6年目から7年目の「大磯市」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ