« 台風10号をお出迎え? | トップページ | 下北半島巡り »

2016年8月31日 (水)

津軽半島巡り

宿泊地の五所川原市は台風のコースに近かった割に大きな被害がなかったようです。
当地はリンゴの有数の生産地でもあります。心配をしていたリンゴの落下もなかった様でした。

しかし三陸方面の岩泉町を始め、北海道方面では降雨による大きな被害があった様子で心配です。

こうした中で「旅」を続けるのには一抹の後ろめたさを感じますが・・・・・・?

今日のコースの津軽半島巡りです。
私たちには、台風一過の好天に恵まれて最高の天気になりました。

昨日の台風の被害が津軽半島にも及んでいました。
竜飛岬に行く途中の道路が崩落によりしばしの足止めを食らいました。
それでも懸命の復旧作業により12時に通行可能になるとの情報を得てしばしの休憩だけで済みました。

竜飛岬では、昨晩の雨で空気が澄み渡り対岸の北海道もはっきりと見えます。
函館山も良く見えました。

0831_4

竜飛岬と言えば、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」です。
歌詞の碑のボタンを押すと、唄が流れて来ます。

思わず口ずさむものの、私しゃ犬吠崎(銚子の外れにある岬)なので、大きな声で歌えません!
今日の竜飛岬は、この歌詞にある様な厳しさを全く感じません。

0831ここで興味があったのが、国道でありながら、車の通ることの出来ない国道。

馬鹿なと思いますが、昭和49年に国道に指定された階段国道339号は、竜飛漁港バス停と龍飛崎と灯台を結んでいます。
総延長388.2m、362段の日本で唯一の階段国道なのです。

竜飛岬に来る前に寄ったつがる市の高山稲荷神社の庭園、千本鳥居もとても良い所でした。
高山稲荷神社は、五穀豊穣、海上安全、商売繁盛の神様として青森県第一の霊験あらたかな神社です。
ここの信仰には農業・商業・工業・漁業・家内安全・病気平癒・道中守護・憑物落とし等多様多彩のものがあり、地元を始め遠方の人々の力もあって神社は支えられてきました。
またここでしか見ることのできない千本鳥居はとてもインパクトがあり、一見の価値があります。
0831_3
今日は、陸奥湾沿いにむつ市まで移動して、津軽半島を一周を終えました。
明日は下北半島を一周です。

« 台風10号をお出迎え? | トップページ | 下北半島巡り »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/64158055

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽半島巡り:

« 台風10号をお出迎え? | トップページ | 下北半島巡り »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ