« 歌丸師匠のいなくなる「笑点」 | トップページ | 私を換えないで? »

2016年5月 1日 (日)

相模国府祭(こうのまち)

05014月もいつの間にか終わって、世の中はGWらしいですが、観光協会の案内所は年末年始を除いて休みもありませんし、むしろこうした時期の方が忙しくなるのです。

5日は「相模国府祭」が六所神社や「神揃山(かみそろいやま)」等で行われます。
国府祭は、相模の六社が集う祭りで、「神揃山」の斎場に集まり、国家安泰、五穀豊穣、諸産業の繁栄を祈念する相模国最大の祭典であり、県の無形民俗文化財に指定されています。

そして、神揃山で行われる「座問答」の神事は特に有名でなのです。

相模国の一宮を争って決着が付かずに、それでは「いずれ、明年まで」と分かち合い、それが延々と1000年以上も続いているのですから見物です。

スケジュールを記しておきますので、是非、一度はご覧下さい!

◆神奈川県文化財指定一千年の古式 五月五日 国府祭神事次第

午前
7時:五社発御祭、各社(花火打ち上げ)
9時:五社奉迎の神事、国府境 (花火打ち上げ)
9時30分:総社御大祭、六所神社(花火打ち上げ)
10時30分:五社神揃山御成、神揃山
11時:五社祭典、神揃山
11時50分:総社大神輿宮立祭典、六所神社

正午
座問答、神揃山(花火打ち上げ)

午後
0時30分:七度半の迎神の儀、神揃山より六所神社 (花火打ち上げ)
0時50分:総社宮立、六所神社 (花火打ち上げ)
1時20分:見合の式、見合いの松 御旅所
1時30分:総社逢親場祭典、逢神場(鷺の舞奉納) (花火打ち上げ)
1時50分:五社山下り、神揃山
3時30分:五社逢親場着七十五膳献上、逢親場
3時40分:神体面神事、逢親場
3時40分:国司奉幣神裁許、逢親場
4時:五社環御 八幡より順位、逢親場
4時30分:総社環御、逢親場
5時:総社環御祭、六所神社

« 歌丸師匠のいなくなる「笑点」 | トップページ | 私を換えないで? »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/63565115

この記事へのトラックバック一覧です: 相模国府祭(こうのまち):

« 歌丸師匠のいなくなる「笑点」 | トップページ | 私を換えないで? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ