« マップも紙ベースからデジタルへ! | トップページ | 挨拶文の句読点 »

2016年2月 3日 (水)

節分も奥深い歳事です!

今日は節分でしたね!
終日、まとめものをしていたので事務所から一歩も出ることが出来ずに「高来神社等の豆まきは何時からあるのでしょうか?」といった問い合わせに答えるだけ終わってしまいました。

外の様子が分かりません。

本来の節分は各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことですから年4回あります。
しかし、現在では、冬から春になる立春の前日の2月3日だけが節分として残っています。

では孫たちが「なぜ節分に豆まきをするの?」

強烈な質問です!

これには色々な説があって「じぃじ」も正確に答えるのは難しいのです?
う~ん!悩みます。

昔から米や豆には、邪気を払う力があると言われています。
だから、豆の持つ邪気払いの力で、鬼を追い払うために豆をまくようになった と。

「何で節分に鬼がでるの?」

昔、鞍馬山の近くの鬼が村人たちを困らせていました。
その時に鬼を追い払うのに豆を使ったことから、豆をまくようになった とさ。

そして、炒った豆をまくのは【炒る=射る】に通じるから?
語呂合わせなの?

色々と調べてみると豆まきにも正式ルールがあります。
 
○豆まき用の福豆を升に入れて、豆まきの直前まで神棚にお供えして、神様の力を宿すようにする。
  ※神棚がない場合は目線より高いタンスなどの上に、白い紙にのせてお供えをする。

○節分の日の夕暮れ、つまり日が沈む時間に、窓を開けて、家の奥から外に向かって豆をまいていく。

○豆をまくのは、家の主人か年男とされている。

○掛け声は、『鬼は外、福は内』と元気良く。

○鬼を追い払ったら、すぐに窓を閉める。

○窓を閉めたら、すぐに自分の数え年の数だけ豆を食べる。

○豆を食べることで、鬼退治が完了したことになる。

中々、奥深いものです。
だからこそ、歳事を大切にしたいのです!

« マップも紙ベースからデジタルへ! | トップページ | 挨拶文の句読点 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/63163956

この記事へのトラックバック一覧です: 節分も奥深い歳事です!:

« マップも紙ベースからデジタルへ! | トップページ | 挨拶文の句読点 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ