« 左義長関連イベント 4弾 | トップページ | ヤビツ峠 »

2016年1月 8日 (金)

お正月の風景

今日から子どもたちは3学期の始まりです。
子どもたちの楽しみにしていたお正月も終わりました。

東くめ作詞・滝廉太郎作曲 「お正月」

♪ もういくつねると お正月
  お正月には 凧あげて
  こまをまわして 遊びましょう
  はやく来い来い お正月  ♪

♪ もういくつねると お正月
  お正月には まりついて
  おいばねついて 遊びましょう
    はやく来い来い お正月 ♪

懐かしい「お正月」の歌詞ですが、この歌に出てくる「凧揚げ」「こま回し」「まりつき」「はねつき」など今では、全く見ることのなくなった風景です。

お年玉をもらえば近所の駄菓子屋に走り、くじ付きのお菓子に興じ大きな鯛の金華糖の当たりなどを求めたものです。

貯金?そうした概念はなかったですね。
もっとも今と昔ではお年玉の額が違いすぎるので、子どもの行動や駄菓子屋の存在等の環境が違うので比較が出来ないかも知れません。

そして前述の様なお正月の遊びもなくなりました。
それぞれの遊びには、遊びを通して知恵や発育を促す役目がありました。
お正月にふさわしい伝統遊戯を10個を「暮らしの歳時記」が選んでいます。
なぜお正月にやるのか、その理由もわかります。

以下は「暮らしの歳時記」からの転載です。

【日本の正月遊び10選】

  ■1.子供の厄払いだったんだ! →羽根つき 
  ■2.新春の凧あげには意味がありました →凧あげ 
  ■3.江戸版「塵も積もれば…」が京都版では「地獄…」
     →いろはかるた/百人一首(坊主めくり)
  ■4.笑う門には福来る →福笑い  
  ■5.人生ゲームは出世双六です →双六(すごろく) 
  ■6.勝つためにはカスタマイズを → めんこ 
  ■7.脳を活性化!日本人の器用さにも貢献しました →お手玉  
  ■8.パパ教えて!4千年も前から遊んでいます →独楽まわし  
  ■9.灯台までできれば1級です → けん玉  
  ■10.転んでも起き上がらないから、一喜一憂 →だるま落とし  

« 左義長関連イベント 4弾 | トップページ | ヤビツ峠 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/63032096

この記事へのトラックバック一覧です: お正月の風景:

« 左義長関連イベント 4弾 | トップページ | ヤビツ峠 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ