« 続・新内 吉田茂 | トップページ | 53年ぶりの国産旅客機が初飛行 »

2015年11月10日 (火)

ピサの斜塔は世界遺産に!傾斜マンションは?

1110世界遺産にも登録されているイタリアのキリスト教鐘楼が施工不良で傾いた問題で、この鐘楼の施工業者の子孫が完成から約600年後の先月に基礎工事に誤りがあったことを認めて謝罪したとのニュースがありました。

このピサの斜塔は1987年、ユネスコに世界遺産として登録されたことをきっかけに観光客が急増し、一時は「傾きは見世物ではない」との意見もあったようですが、その後は広場を管理するピサ市と教会が塔の地盤沈下を防ぐ工事を行ったことで傾きの進行は一時的に緩やかになっているそうです。

塔を建てたギルドの子孫・ルイージさんが前述のように基礎工事に手抜きがあったこと、これまで非を認めてこなかったことについて謝罪。「中世から長らく不安な思いをさせたことをお詫びする」と述べ、裁判の審判が出る日に爆破解体用ダイナマイト200キロを持参してイージさんは「最後の審判の日まで倒壊しないまっすぐな塔に建て替えたい」と早急な取り壊しを提案。
その場にいた全員から全力で制止されるとのニュースがありました。

日本では横浜の傾斜マンションが問題になりしきりに話題を提供しています。
大手デベロッパーが開発を行い杭工事もを行ったのが日本でも一流の建材業者とあれば誰でもが安心して購入したのだと思います。

コストカットもこの様な形で実現されたら生活者はたまったものではありません。
最終的には現場のモラルの問題だと思います。
しかし大手は現場を下請けに、更に孫請けに丸投げにして利益だけを得ている構造にこそ問題の本質があるのだと思います。

横浜の傾斜マンションは年を経てもユネスコに世界遺産にはならないでしょうね!

« 続・新内 吉田茂 | トップページ | 53年ぶりの国産旅客機が初飛行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/62671175

この記事へのトラックバック一覧です: ピサの斜塔は世界遺産に!傾斜マンションは?:

« 続・新内 吉田茂 | トップページ | 53年ぶりの国産旅客機が初飛行 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ