« ピサの斜塔は世界遺産に!傾斜マンションは? | トップページ | 大学修学能力試験(スヌン) »

2015年11月11日 (水)

53年ぶりの国産旅客機が初飛行

今日の午前中に開発が進められていた小型ジェット機、MRJの初飛行が名古屋空港を飛び立って行われました。
機長の「MRJ自身が『飛びたい』と言っているようだった」とのコメントが印象的でした。

第2次世界大戦の敗戦により、GHQの航空禁止令から70年、そして戦後初の国産旅客機・プロペラ機であったYS-11が初飛行してから53年越しの初飛行でした。

1956年に航空禁止令が全面解除されるまでの禁止11年の歳月は他国との航空機設計・製造の技術力格差は拡がっていた。

その後に開発・製造され期待されて登場したYS-11も製造数が182機にとどまりました。

今回開発されたMRJは70~90席クラスということで比較的大きい部類に入ります。
空力設計や低騒音設計などに優れていて、現在の航空界で求められている燃費低減と騒音・排ガスの削減を実現していることを前面に押し出し、既に日本航空、全日空、米スカイウエストなどから約400機を受注しているそうです。

しかし、座席数80席程度のこのクラスの旅客機は、現在世界で最も需要が伸びている旅客機のジャンルでありも新興メーカーから古参メーカーまで大小様々な航空機メーカーが新型機合戦を行っています。

その中で商業ベースで軌道に乗せるのは大変なことでしょうが期待したいと思います。

1111_mrj

写真
www.aviationwire.jp

« ピサの斜塔は世界遺産に!傾斜マンションは? | トップページ | 大学修学能力試験(スヌン) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/62676260

この記事へのトラックバック一覧です: 53年ぶりの国産旅客機が初飛行:

« ピサの斜塔は世界遺産に!傾斜マンションは? | トップページ | 大学修学能力試験(スヌン) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ