« 「黙ってしゃべれ!」の孫が沈黙! | トップページ | 大旗の白河関越え11度目の挑戦もならず »

2015年8月19日 (水)

鴫立庵と俳句の日

今日は8月19日 819 俳句の日。
1991年に正岡子規研究家の坪内稔典氏らが提唱し制定されたのだそうです。

日頃から鴫立庵は京都の落柿舎、滋賀の無名庵とともに日本三大俳諧道場と宣伝している大磯人にとっては話題にしない訳にいきません。

0819
俳句は「五・七・五」の17音を基本とし、季語を入れることを原則としています。
これが「世界で一番短い定型詩」とも呼ばれる所以でもあります。

元禄8年(1695年)に大淀三千風が入り、第一世庵主となり現在の22世鍵和田庵主まで、俳人、三千風が大磯に残していった俳句文化は、脈々と受け継がれています。

ですから私もここで一句!と
          「雨戸開け 風が伝えし 俳句の日」 
                                       詠んだのですが・・・・・・?

気持ちだけは受け継いでいるのですがね?

« 「黙ってしゃべれ!」の孫が沈黙! | トップページ | 大旗の白河関越え11度目の挑戦もならず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/62116460

この記事へのトラックバック一覧です: 鴫立庵と俳句の日:

« 「黙ってしゃべれ!」の孫が沈黙! | トップページ | 大旗の白河関越え11度目の挑戦もならず »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ