« 「いそべぇ」と「あおみ」の遠征 | トップページ | ギアを入れ替えて9月のスタート! »

2015年8月31日 (月)

時には逃げることも必要なんです!

孫たちが夏休み入ってからは「じぃじ」が「いってらっしゃい!」と送られて出勤していました。
明日からは「じぃじ」が孫たちを学校に送り出す側へと交代です。

最近、気になるのは、自殺が長期休暇明け前後に多発していることがニュースになることです。

内閣府が今年6月に取りまとめた2015年版「自殺対策白書」によると、1972~2013年の42年間の18歳以下の自殺者を日付別に整理すると、9月1日が131人で最も多く、4月11日の99人、同月8日の95人、9月2日の94人、8月31日の92人と続くそうです。

こうした事態に子どもたちを支援するNPOなどでは、新学期が始まるのを前に「学校から逃げていいんだよ」と呼び掛けています。

そして神奈川県の鎌倉市図書館の呼び掛けが大きな反響を呼んでいます。

『もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベルもあるよ。一日いても誰も何も言わないよ。9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね。』

学校は確かに大切なところです。

しかし、時には学校へ行くのが辛ければ、行かないことも必要。
まして思い悩んで自殺するなんてもっての外。
世界は広い!
学校へ行かなくても社会で活躍する人は山ほどいるんです。
とにかく生きることが大切!

私たちが、この年代の時にはどのように感じていたのでしょうかね?
少なくとも、私はここまで「死」については考えなかったと思います。

確かに高校時代には三島文学の「死の美学」に憧れた時代もありました。

三島は若いときから常に「死」を思い浮かべていきていた様に思います。
ただ死に方としては「仮面の告白」で「ウサギが野道をウキウキ気分で走っているときに突然鉄砲で撃たれるような」死に方が理想的だという趣旨のことを書いていました。

常に「死」を思い描いて生きていても結局自殺できずに生き続け、そのお陰で傑作を次々と発表しながら結局は割腹自殺を図ってしまった三島ですが・・・・・・?

最終的には三島は「大義のために死ぬ」というよりは「死ぬための大義」を自ら創り出し、それに殉じる形をとって自殺したのでしょう?

何もこのような大義を自ら創らずに、自分の生を断つことは私には理解できません。

« 「いそべぇ」と「あおみ」の遠征 | トップページ | ギアを入れ替えて9月のスタート! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/62194061

この記事へのトラックバック一覧です: 時には逃げることも必要なんです!:

« 「いそべぇ」と「あおみ」の遠征 | トップページ | ギアを入れ替えて9月のスタート! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ