« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 湘南邸園文化祭10周年フォーラム »

2015年8月 9日 (日)

白百合の囁き「核軍縮」から「核廃絶」へ!

8月は人の命の大切さを知る、尊さを語り継ぐ月です。
1945年8月9日午前11時2分、長崎は一発の原子爆弾により一瞬で廃墟の町になってしまいました。
この三日前には広島にも原子爆弾が投下されて、両市で一瞬にして20万人を超える尊い命と希望を断ってしまいました。

そして、70年は草木も生えない、と言われた長崎市も広島市も、今では多くの緑に囲まれた平和都市へと見事に変貌を遂げました。

しかし、放射線に体を蝕まれ、後遺症に苦しみ続けている被爆者たちは、あの日のことを1日たりとも忘れることが出来ないのが現実だと思います。
それだけに戦争と核兵器のない世界を実現するために切実になるのは当然です。

私たち戦争を知らない世代にとっても、長崎・広島を通して一人ひとりが、核軍縮から一歩踏み込んで「核の傘」から「非核の傘」への転換について、あらゆる機会を捕らえて訴えていく必要があるのだと思います。

式典には過去最多の75カ国が参列し、米英仏ロ中などの核兵器保有国に加え、開発疑惑が持たれるイランも初めて参加。米国からはケネディ駐日大使の他、ゴットメラー国務次官も出席しているのですから、核兵器禁止条約など法的枠組み等について更に議論を深めていって欲しいものです。

0809毎日、駅前にある観光案内所にJRの線路沿いを通勤しています。
そこに、アスファルトの間から一本の百合の花が先週末まで、蕾を持って開花を待っていました。

その百合が今日は開花していました。
ここ数日は雨が降っていません。ですからちょっと喉を渇かしたかのように元気がありませんが見事に咲いていました。

百合は西洋での花言葉・英語 Language of flowers
「virginity(純潔)」「purity(純粋)」「majesty(威厳)」です。

きっと、今日の9日に合わせて咲いてくれたのだと思います。

国際連合等の世界的機関は「威厳」を持って「核軍縮」から「核廃絶」を目指して議論して下さい!
そして世界中の人々が「純粋」な気持ちで「戦争と核兵器のない世界の実現」を目指して欲しいと 白百合が話しかけてくれたのです。

« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 湘南邸園文化祭10周年フォーラム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/62050404

この記事へのトラックバック一覧です: 白百合の囁き「核軍縮」から「核廃絶」へ!:

« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 湘南邸園文化祭10周年フォーラム »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ