« 花火打ち上げの「保安距離」の確認 | トップページ | 御船祭 »

2015年7月10日 (金)

「漁業体験」で稚魚を放流しよう!

今年も「いそっこ海の教室 2015」の特別イベント「漁業体験」の一環として稚魚の放流事業を実施します。

0710相模湾でも多くの魚種の漁獲量の減少が続いています。
今回放流を予定している「真鯛」も例外ではありません。
昭和30年代から40年代には年間100トン位の漁獲量があったそうです。

ところがその後が20~30トン程度まで減少してしまいました。
理由は明白です。獲りすぎてしまったり、魚の子どもが育つ浅瀬の減少等によるものです。

最近は「つくり育てる漁業」の技術の確立により「栽培漁業」が大きな脚光を浴びています。

現在はこうした努力が実を結び相模湾の真鯛の漁獲量が90トンほど迄に回復してきているそうです。
そして、その4割が放流された稚魚が育ったものだそうです。

こうした事業に是非、夏休みの思い出として親子で参加、体験してみて下さい。

昨年のこの事業は港湾外の波が高く、残念ながら港内での放流になってしまいました。
今年は沖に出て放流できれば・・・・・?
そして、親子の喜ぶ顔を見たいものです。

 ▶とき 8月7日(金)8:20~12:00
         (予備日8月21日(金))
 ▶ところ 大磯港港湾管理事務所前集合
 ▶募集人員・対象
       小学3年生以上と保護者(20組)
      ※保護者1人につき、こども2人まで
 ▶内容 稚魚の放流、定置網の見学、
     魚のさばき方等
 ▶参加費 1組 500円(保険代等)
      ※昼食代は含まれません。

 ▶申込は http://www.oiso-odc.com/イベント/漁業体験-申込フォーム/

写真は「いそっこ海の教室 2015」の写真を利用させていただきました。

なお、「いそっこ海の教室 2015」
   A・スノーケリング教室(35人)  
   B・アウトリガーカヌー教室(20人)
   C・ボディーボード教室(25人)
   D・ヨット教室(20人)
   E・ラフティング教室(14人)
  全て定員に達しましたので受付を終了しています。 

« 花火打ち上げの「保安距離」の確認 | トップページ | 御船祭 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/61870980

この記事へのトラックバック一覧です: 「漁業体験」で稚魚を放流しよう!:

« 花火打ち上げの「保安距離」の確認 | トップページ | 御船祭 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ