« 七夕の夜に「結婚したよ!」 | トップページ | 「漁業体験」で稚魚を放流しよう! »

2015年7月 9日 (木)

花火打ち上げの「保安距離」の確認

明日まで「なぎさの祭典」の協賛金等を受け付けています。
協賛金の集まり具合も心配になりますが、懐具合とは関係なく準備等は進んでいきます。
進めて行かなくてはいけません。

今日は花火を打ち上げる現場で県・警察署や花火業者と現場打合せを行いました。
0709
花火大会で使用する花火玉の大きさは「なぎさの祭典」の一環での花火大会として位置づけているので大きな花火を予算の関係で打ち上げることは出来ません。

何より花火大会で打ち上げることができる最大の玉の大きさは「保安距離」によって限定されてしまうのです。(一部言い訳も含んでいます。)

「保安距離」とは、打ち上げ場所から観客や付近の建物まで玉の大きさに合わせて、一定の距離(仮に10号で半径290メートルなど)を置かなければならないという安全距離で、法律で定められています。

従って、より広い保安距離が確保できる場所では予算の範囲内で大きな玉が打ち上げられますが、逆に大都市近郊では「打ち上げ場所が狭い」ために小玉ばかりになってしまいます。

「なぎさの祭典」では限られた範囲の中での予算で、コンサートが終了した後に20分程度に凝縮された「花火大会」を披露します。

0709_2

« 七夕の夜に「結婚したよ!」 | トップページ | 「漁業体験」で稚魚を放流しよう! »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/61864060

この記事へのトラックバック一覧です: 花火打ち上げの「保安距離」の確認:

« 七夕の夜に「結婚したよ!」 | トップページ | 「漁業体験」で稚魚を放流しよう! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ