« 「大磯市」へ小学生からの作文 | トップページ | 新たな観光の核づくり促進交付金 プレゼンテーション »

2015年7月28日 (火)

オフのはずが仕事に?

なぎさの祭典も終わり、気持ちの上でちょっとだけゆとりが出来ました。
今日も暑いし、涼を求めて箱根でも行こうか?カミさんを誘ってドライブに出掛けました。

GSでガソリンを入れているところに小田原の知人から「箱根の某大手の会員制ホテルの方が秋に大磯のまち歩きを行いたいので相談に乗ってあげて欲しい」との電話が入りました。

そして活発な火山活動が続いている大涌谷の噴火警戒レベルが3に引き上げられて1ヶ月近く経ち、観光客が減少している実態に二人が行っただけでは大きな援助にもなりませんが、とにかく西湘バイパスで一路、仙石原に向かったのです。

そこに先ほどの知人から紹介されたとホテルの方から「大磯のまち歩きに協力をいただきたい」と電話が入りました。
もう湯本を目の前にしての電話でしたので、「これからお伺いさせていただきます」と某大手の会員制ホテルに直行しました。

目的地を大磯と決めてあったので、かなりの下調べをしてあり、話はとんとん拍子にまとまってしまいました。
さすが大手のコンシェルジュはそつがありません。

相手はオフに、それもこんなに早く対応してくれたことを非常に喜んでいただけましたが、私の方は特別に目的があって箱根に来た訳でもありませんし、むしろとても静かな空間で、思いがけずに良い時間を過ごすことが出来たことに感謝したい思いです。

それにしてもウイークデーとは云え夏のゴールデンシーズンであるこの時期に、このような静かな箱根を経験したことがありません。

大涌谷の火山活動がこのように影響を受けている様を目の当たりにしました。
皆さんも機会があったら是非、箱根に出掛けてあげて下さい。
いつもと違う夏の箱根を観ることが出来ると思います。

« 「大磯市」へ小学生からの作文 | トップページ | 新たな観光の核づくり促進交付金 プレゼンテーション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/61988321

この記事へのトラックバック一覧です: オフのはずが仕事に?:

« 「大磯市」へ小学生からの作文 | トップページ | 新たな観光の核づくり促進交付金 プレゼンテーション »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ