« この認定証、今なら活かせるかな? | トップページ | 伝統ある白キスの投釣大会 »

2015年6月 4日 (木)

視察をされる側に?

この4月と5月に実施した「おおいそオープンガーデン」も今回で10回目を迎えました。
この事業始めるに当たり全国の先駆的に行っていた長野県・小布施町を始め各地に実施方法等を「旅」を兼ねて訪問をし、2006年に17軒の町民の協力を得て開始したことを、つい昨日のように思い出します。
今年は77軒の参加を得て実施したことを思えば隔世の感を禁じ得ません。

オープンガーデンと言うと、イギリスではごく普通の個人の庭3,500カ所以上を公開しています。
そして公開されているお庭の住所・広さ・特徴・入場料・お茶とケーキサービスの有無・公開日などが掲載されている、ナショナル・ガーデン・スキームが発行する「イエローブック」がオープンガーデンの代名詞になっています。

大磯町では77軒と小さな町の割には参加している件数は非常に多いと思います。

「おおいそオープンガーデン」は
きれいなお花を飾っているお店「店さき(咲き)ガーデン」
通りから素敵なお庭を鑑賞できる「ストリートガーデン」
Welcome to My Gardenの看板をだしてお庭を公開する「オープンガーデン」の三パターンで実施し、誰でもが気軽に参加できることが特徴だと思います。

こうした多くの町民が参加していただいている「おおいそオープンガーデン」が関東でも代表的なイベントになりつつあります。

そして今日は千葉県・大網白里市のメンバーが視察に来てくれました。

0604
前述のように各地を視察して実施した「おおいそオープンガーデン」が、今では視察を受け入れるように成長しました。

まだまだ多くの課題を抱えている事業ですが、これからも静かに、大きく育ってくれることを期待したいと思います。

« この認定証、今なら活かせるかな? | トップページ | 伝統ある白キスの投釣大会 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/61699552

この記事へのトラックバック一覧です: 視察をされる側に?:

« この認定証、今なら活かせるかな? | トップページ | 伝統ある白キスの投釣大会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ