« 独り言 | トップページ | 視察をされる側に? »

2015年6月 3日 (水)

この認定証、今なら活かせるかな?

久しぶりのオフです。
久しぶりにお湿りがありました。
ここ数日続いていた夏日から解放されました。

6月1日からの道路交通法改正により、傘を差しても、携帯・音楽視聴・おしゃべりしながらの自転車走行も罰金の対象になりました が 今日も雨の中を車で移動中に多くの違反行為を目にしました。

これからは3年間のうち2回目の摘発をされた場合に、警察が実施する「安全講習」を受講しなくてはならなくなります。
ここで手数料の5,700円が徴収されます。
ある面では、自動車等の軽微な違反に課せられる反則金と同じ位置付けになるのかも知れません。

費用はもちろん、講習は1回3時間ほど掛かる上に、最後にテストまであるというのですから、負担はかなり大きくなります。

この安全講習を受講しないと、事件扱いとなり、裁判所への呼び出しの上5万円以下の罰金が科されます。
今でも自動車の青切符を払わずに無視していると、手錠をかけられて逮捕・連行されることもありますので、相当の重さがあります。

さすがに子どもに手錠をかけるようなことはしないと思いますが、自転車運転者講習制度の対象年齢は14歳以上とされています。

0603左の写真の認定証は私が若かりし頃、安全協会の交通指導員の任にあった時に講習を受けて取得したものです。

そして、夏休みになると各地区の子ども会単位で実施していた「安全な自転車の乗り方教室」の講師を務めるために取得した懐かしい認定証です。

今こそ、こうした30年以上も前に実施していた地域での事業を行うべきなのかも知れません。

子どもが自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性と正面衝突し、重傷を負わせて神戸地方裁判所で1億円近い賠償額の判例もあります。

自転車は免許がなくても気軽に乗ることの出来る軽車両です。
自転車が軽車両である以上は、道路交通法の違反をして事故を起こすと、自転車利用者は刑事上の責任が問われます。そして相手にケガを負わせれば、こうした民事上の損害賠償責任も発生することを知っていなければいけないのです。

« 独り言 | トップページ | 視察をされる側に? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/61690140

この記事へのトラックバック一覧です: この認定証、今なら活かせるかな?:

« 独り言 | トップページ | 視察をされる側に? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ