« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月24日 (日)

虎御石まつり

0524鎌倉時代、大磯の湘南平の麓に山下長者(お寺の縁起では本名 伏見大納言藤原実 基卿)と呼ばれる方が住んでおられました。

子供に恵まれなかったところから持仏の虎池弁財天に祈願したところ、夢枕に弁天様が立たれ、「願いは叶う」とのお告げ。目が覚めてみると、枕元に小さな石があったそうです。

この石を弁天様のお告げとして大切に仏間に安置してお経を上げていると、お内儀が身ごもり、安元元年(1175年)正月、虎の日、虎の刻、玉のような女の子を授かりました。
長者はこの子に弁天様と生まれた日にちなみ、「虎」と名付けました。
さて、虎女誕生のもととなった石は大切にされましたが、不思議なことに、虎女とともに大きくなり、「生きている石」安産子授けの御霊石として崇められ、屋敷の中に祠を作って奉られました。また、虎女こそ、後に舞の名手、虎御前となるのです。

当寺の大磯には鎌倉幕府の重要人物達がよく訪れ、虎御前はそうした人々に見事な舞を披露していました。そうした客のなかに曾我兄弟の親の敵、工藤祐経がいたのです。敵工藤の動静を探る兄弟も大磯に来ることとなりました。

いつしか兄弟の兄十郎と虎女は恋仲となりました。
これを知った工藤祐経はある夜大磯の長者の屋敷に刺客を放ちました。
兄弟を殺そうとしたのです。

一夜が明けてみると、不思議なことに、庭の祠に奉ってあったご霊石には刀の傷と矢の跡がついていたのです。討手はご霊石を兄弟と間違えてこれを襲ったのです。
兄弟は大厄を逃れめでたく親の敵を討つことができたのです。
しかしながら、兄弟は共にその生涯を終え、19歳で尼となった虎御前はご霊石を兄弟とも思い、大切にお守りして嘉禄3年2月13日、55歳でその生涯を終えました。
【延台寺HPから一部引用】

そして5月第4日曜日(曽我十郎が仇討ちを果たしたのが旧暦の5月28日であることに因み、毎年開催日が決定されます。)虎御石がご開帳されるのが「虎御石まつり」なのです。

2015年5月23日 (土)

一人では何も出来ない!

久しぶりにブログをアップします。
ブログを始めてから10日以上もアップしなかったことは初めてです。
多くの方から、体調を崩していない? 元気にしているの? 心配をお掛けました。

4月の後半から本格的に(公社)大磯町観光協会にお世話になって1ヶ月が経ちました。
前任の事務局長や経理担当者が退職した後に何も分からない状況での1ヶ月は正直「大変」だった、いや、今も大変の現在進行形です。

ブログのアップもすることが出来なかったことが如実に物語っています?
それでも、どうにか来週には総会を実施することが出来そうです。

     あんなにしてやったのに
     「のに」がつくとぐちが出る 

「あいだ みつお」さんの言葉です。

本当にそう思います。
前職の時には「仕事をさせていただいている」と感謝の気持ちで仕事をしていたつもりです。
自らはこうした気持ちで仕事をしていたつもりでも、それは周りの人が判断することです。

しかし、この1ヶ月間の大変な時に行政の役職にある立場の方、若い職員を始め、今まで関わりを持っていただいた団体や先輩たちが心配をして、それこと私の気づかない部分を、先回りをして、色々と書類の準備やらイベントの準備方法等についてアドバイスをくれて助けてくれました。
その結果が最悪の状況からは、少しは抜け出せそうです!

それにしても「あんなにしてあげた」「こんなにやってきたんだ」と奢った気持ちでやってきたとしたら、こうした助けも、もらえなかったかも知れません。

一人では何も出来ないことを痛切に感じた、この1ヶ月です。

2015年5月10日 (日)

Today is Mother's Day.

0510
Today is Mother's Day.
母の日は、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日とされています。

母が亡くなって四半世紀の時が流れます。
5人兄姉の末っ子で育った私は、幼い時から病弱でいつも母親の後を追い回す子どもでした。
それだけに一番心配を掛けた子どもであったのかも知れません。

今の私からは想像がつきません。
私自身がそう思います。

それだけに母の日になると石川啄木の歌集「一握の砂」に収められている歌を想い出します。

     たわむれに母を背負ひて
     そのあまり軽きに泣きて
     三歩あゆまず

そして正に「親孝行したい時には親はなし」です。

我が子も家庭を持ち、我が子の世話も終わった現在は「じぃじ」「ばぁば」として孫の成長を見る背景に我が子の頑張りを見ることの出来る幸せに、母親の思いを重ねる日なのかも知れません。

私にとっての母の日は、改めて亡き母に感謝する日なのです!

2015年5月 9日 (土)

オンとオフの切り替え

オンとオフが情報化等の急速な進展によりつきにくい社会になっています。
自分ではオンとオフの切り替えをきちんとしているつもりなのですが、旅に出るにも、ちょっと外出する際にもPCやi-pad等のツールを持参しています。

これってどうみても、四六時中仕事のことを考えているオンの状態だと思います。

それではいつまで経っても会社から離れることが出来なくなってしまいそうですが、私にはオフなのです?
それはいつも仕事をしているという状況ではなく「常にアンテナが立っている!」という状況です。このようにしておかなければいけないと思うのです。

「さぁー、仕事が終わったぞ!」と会社を出たら仕事のことは全く考えない、つまりアンテナまでたたんでしまうと、どこに行っても、どのような経験があっても、今後の仕事に役立つヒントを自ら放棄していることになってしまいます。

仕事上のテーマを頭のどこかに置いていけば、プライベートの会話や目に飛び込んでくる、ごく日常的な風景もアイデアにつながることもあります。問題可決のヒントにもなり得ます。

出張でも、ちょっと行った旅先でも、「ここまで来たついでだから!」との行動パターンも非常に重要だと思います。
行動範囲をいくら拡げてもアンテナまでたたんでしまっていたら有用な情報が遮断してしまいます。

改めて世の中に「無用の用」は、無いのだと言うことをつくづく感じます。
そして、今日はオフなのですがオンの一日を過ごす週末なのです!

2015年5月 8日 (金)

ジェットコースターのような日々

分からない内に一ヶ月が経ち、何とか平成26年度の事業報告と決算がまとまり、今日の事業監査会等を終了することが出来ました。

しかし、実質的には平成27年の事業は待ったなしで進行していきます。
毎日、新たな難問も出てくるし、まるでジェットコースターのような日々が続いています。

0508谷に向かって一気に落ち込めば、その勢いで高い山に駆け上がることも出来ると考えれば、これを愉しむ他ありません。

山も谷もないところにジェットコースターは存在しません。
山があり、谷があるからこそジェットコースターと言えるのでしょう!

だとすれば山、谷を自分で作るしか解決の道はありません。
誰でも谷を経験することなく山ばかりであればと思いたくもなります。

でも、「然うは問屋が卸さない」
その通りです。

この歳になってもこうしたことを経験させてくれることに感謝しなければ・・・・・・?
と、頭では理解しているのですが!

2015年5月 7日 (木)

言葉一つで気持ちよくなれるのですがね!

言葉の掛け方一つで自分自身も気持ち良くなれると思うのですがね!
4月からお世話になっている観光協会の事務所は大磯駅前の観光案内所の中にあります。

0507ちょっと寄り道をして通る左側の風景は小学校の頃から通学で通っていたこともあり、大磯でも気に入っている風景の一つなのです。
ここは駅まで1~2分ほどの距離です。

ここの人がすれ違うやっとの細い歩道を毎日、私の事務所に隣接している駐輪場の職員が綺麗に清掃をしてくれます。

「おはようございます!いつもご苦労様です。綺麗になって気持ちが良いですね!」
声を掛けて通りすがると「こういう言葉って嬉しいんだよね!」と。

しばらく様子を見ていると、通勤・通学する人、一人一人に「おはようございます!いってらっしゃい」と清掃の手を止めて声を掛けています。

「行ってきます!」と明るい声が返る一方で、無言の方も結構いることに気がつきます。

清掃に夢中になり作業をしていると、たまに、人が近づいてきたことに気がつかずちょっとほこりが歩行者にかかりそうになることもあります。
すると、すぐに役所の方に「清掃をしている人に埃を掛けられた?」とクレームも入るそうです。

アメリカで活動したイギリス出身の自己啓発作家・牧師「ジョセフ・マーフィー」氏の言葉です。

      幸福な人生を歩んでいる人は、
     言葉の使い方を知っています。

     言葉は選んで使いなさい。

     言葉の選択一つで、
     人生は明るくも暗くもなるのです。

是非、こうありたいと思う通勤前の一シーンでした。

2015年5月 6日 (水)

大磯アフタヌーンティー

トップページの「私の関連するイベント情報」でも案内してありますが、今月の15日から「おおいそオープンガーデン20115」を実施ます。

その期間中の16日(土)と17日(日)の両日「大磯アフタヌーンティー」に大磯町内の15店舗が参加して皆様をお迎えします。

「大磯アフタヌーンティー」は、町内の飲食店が「おおいそオープンガーデン20115」の開催に合わせ、オリジナルメニューを提供する2日間限定のイベントです。

この事業は大磯町、(公社)大磯町観光協会、大磯町商工会が提案する「新たな観光の核づくり事業」の一環で、東海大学観光学部の学生が考案したアイデアで、将来的には、大磯で「くつろぎの場や交流の場」としてお茶をいただく文化を「大磯アフタヌーンティー」として定着させたいとの思いから生まれた事業です。
0506

0505_3
綺麗に咲き誇る花を観賞した後に、または途中で、ぶらっと寄ってみて下さい。

私の関連するイベント情報

おおいそオープンガーデン2015
          5月15日(金) ~ 17日(日)      
             10:00 ~ 16:00
             ○会場:大磯町内

 

第57回大磯市
     5月17日(日) 9:00 ~ 14:00
             ○会場:大磯港
   ★出店エントリーは5月1日(金)~4日(月)です。

 

旧安田邸さつきのお庭と大磯自由散策(事前申込制)
     5月31日(日) 10:00 ~
             ○旧安田善次郎邸

2015年5月 5日 (火)

今年も「いずれ明年まで」

今年も虎の皮の座を譲り合って「いずれ明年まで」で幕を閉じた「相模国府祭」の座問答でした。
この10分程度の座問答を見るために2時間ほど前から良いカメラアングルの陣取りが始まります。

今年は天気にも恵まれたので「神揃山」には座問答が始まる前から大勢の方がお見えになりました。
0505
                                  ▲
              写真は観光協会広報スタッフのM氏が撮影しました

観光協会では、この千有余年の歴史を持つ伝統行事を全面的にバックアップしているので、久しぶりに国府祭の一部始終を見ました。

伝統行事が地域にしっかりと根ざしている一体化されている様子を嬉しく一日を過ごしました。

地域に伝えられる伝統文化・伝統芸能等を継承して行くということは、それなりの努力と困難さを伴うものです。
貴重な伝統行事を次代に残すという面で重要であるのは、単に残すだけではなく、継承をすることに対して、地域に誇りと愛着をもたらすなど、地域に果たす役割も非常に大きいと思います。

全国各地で、貴重な伝統文化や伝統行事が簡素化されてしまったり、場合によっては失われてしまったところも多いと聞きます。

非常に残念なことです。

そうした中では「相模国府祭」はしっかりと継承されているようです。

0505_2
今年は見ることが出来なかった方、「是非、来年こそは一度ご覧になって下さい!」

2015年5月 4日 (月)

相模国府祭「座問答」

明日の国府祭(こうのまち)の準備も済みました。
後は明日の天気が良いことを願うのみです。

是非、国府祭を見に足を運んで下さい。
そして、国府祭の祭典の中でもこの座問答の神事は大変めずらしいものとして、全国に知られております。

その一部を先に紹介しますのでこれを、理解してから「座問答」をご覧いただくと更に興味深く見ることが出来ると思います。

   今から約千三百年前、大化の改新以前のことでございます。
   今の大磯より東のほうに総武(さがむ)という国があり、又、
   西のほうに磯長(しなが)という国がありました。

   この二つの国が合併して、相模の国となったと言われています。

   そして総武(さがむ)の国の最も大きな神社が寒川神社であり、
   磯長(しなが)の国の最も大きな神社が川匂神社でございました。

   それでこの二つの神社の間に相模の国の一番大きな神社を決める
   論争が起こりました。

   この論争の模様が儀式化され、伝わったのが座問答であると言われております。

   虎の皮は、神様の座を意味しおります。その虎の皮を上位に
   進めることが相模の国の一番の神社、すなわち一宮であることを
   無言で表しており、又、つぎにそれより上に押し進めることは、
   いやいや、当神社こそ相模の一宮であると言う意味を表しております。

   それを三度繰り返すことは、永い永い論争があったことを表しております。

   これではいつまでたっても解決されず、次の祭典も出来ませんので、
   その仲裁として、比々多神社の宮司様の「いずれ明年まで」と言う
   言葉で解決されるわけでございますが、いずれ明年までが早、
   千年以上続いてしまった事を考えますと、勝・負のない、神様らしい
   円満解決の模様であると思います。

0504
この様な謂われのあるのが「座問答」です。
さて、今年は結論が出るのでしょうか?

あなた自身がお確かめになって下さい!

2015年5月 3日 (日)

鯉のぼりのように泳がなくては!

ゴールデンウイークの中で、娘の二人息子の「ノスケ」と「ぺー」くんはサッカーの練習もない完全オフ日です。

我が家の3人の孫娘たちはテニスの一日練習で二人がぽつんと取り残されてしまいました。

0503私も久しぶりに休日のオフ日。

GW中とあっては遠くに連れて行くことも出来ません。
海岸にでも散歩に行こうと思って、朝のメール等をチェックしながらネットサーフィンをしていると、平塚市の鈴川に「鯉のぼり」がたくさん泳いでいる記事を見かけました。

今年で9回目になるイベントのようですが、日頃から地元の人々が草刈り、清掃を地道に行ってきた結果、川の水質も改善されて最近では鮎も蘇ってきているそうです。
水が本当に綺麗でした。

そのような中、さらに人が集い憩う場所になるよう、地元自治会が中心になって、不用となり物置に眠っている鯉のぼりを泳がせ、平成19年から実施しています。

模擬店、小動物とのふれあいコーナー、祭り太鼓披露、地元の子供たちによるパフォーマンス等の催し物もこぢんまりとした、アットホームなイベントでした。
ある面では催し物の原点のような気がます。

おかげで、近場にあってこのような、長閑な田園風景が広がっている中に、元気よく泳いでいる鯉のぼりを眺め、GWの一日を気持ちよく過ごすことが出来ました。

私もまだまだ「この鯉のぼりのように大空を泳ぎたいものです!」
「泳がなければ!」

2015年5月 2日 (土)

因果応報と因果一如

4月の中旬から本格的に新しい職場で活動をし始めました。
正直、何が大変なのかが分からない大変さを愉しむ他ありません?

自分に与えられた環境の中で最善を尽くすしか方法がないのです。

「因果応報」という言葉があります。
これは、善い行いをすれば良い結果が生まれ、悪い行いをすれば悪い結果が返ってくるという考えです。
結果も大切ですが、それ以上に原因のほうに注目する考え方です。
しかし、世の中はこの様には応えてくれません。

一方で「因果一如」という言葉があります。
頑張った、努力したから良い結果が出るとは限りません。
私たちは、これだけ努力したから、これだけ頑張ったからと結果に期待を抱きたくなるものです。

だから、目の前の現在できることに集中し、ベストを尽くす生き方をしなければいけないという考え方だと思います。
結果にとらわれない生き方が最善の生き方の裏返しのような気がします。

行動を起こせば限り失敗はつきのものです。
その時に管理者はどうすれば良いのか?

何の本で読んだのかは忘れましたが、一人の少女の言葉を思い起こします。

   「うちのお母さんはやさしい。
    いっぺんもおこらはったことがない。

    うちのお母さんはおこるかわりに、
    なみだを流さはる。

    なみだを流さはるお母さんが一番こわい。」

この様な気持ちでスタッフと接することが出来れば、良い組織になるのではと・・・・・?

2015年5月 1日 (金)

私の関連するイベント情報

相模国府祭
     5月 5日(火) 9:30 ~ 17:00
            12:00 ※座問答 場所:神揃山
             ○会場:六所神社・神揃山

おおいそオープンガーデン2015
          5月15日(金) ~ 17日(日)      
             10:00 ~ 16:00
             ○会場:大磯町内

第57回大磯市
     5月17日(日) 9:00 ~ 14:00
             ○会場:大磯港
   ★出店エントリーは5月1日(金)~4日(月)です。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ