« 火山との共生 | トップページ | 四万十川のリベンジ »

2015年4月13日 (月)

大磯市が負けた「おがわ作小屋村」

国土交通省による平成25年度「地域づくり表彰」受賞6団体のひとつに、全国83団体の中から「大磯市実行委員会」が選ばれ「全国地域づくり推進協議会会長賞」をいただきました。

その表彰式で宮崎県の西米良村小川地区の交流施設「おがわ作小屋村」を運営する小川作小屋村運営協議会(上米良秀俊会長)が最高賞の国土交通大臣賞に選ばれたのです。

人口が100人にも満たない、高齢化率6割超の小さな集落に、年間2万人以上の客を呼び込む人気施設に成長した経緯が「全国の地域活性化の模範になる」と高い評価を受けたのです。

0413 今日は、その「おがわ作小屋村」を訪ねました。

ここの目玉に、お膳に並んだ16の小皿の並んだ「おがわ四季御前」、小川の四季と、伝統の味、小川のおばちゃんたちのアイデア料理がいっぱいで、掛け干し米のごはんも、手づくり味噌の汁も、滋味あふれる味わいでの御前で小皿メニューは月替わり。地元の食材で提供する関係で、その歳時記により食材が当然変わります。

驚いたのが活き活きと働いている若い人です。
その若者は、自分たちはUターンですと!
そして最近はIターンの方が5人いるとのこと。

100人ほどの地域ですから8%がU・Iターンです。
この比率は大変な数字です。
こうした土壌を創らなければいけないのです。

« 火山との共生 | トップページ | 四万十川のリベンジ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/61435437

この記事へのトラックバック一覧です: 大磯市が負けた「おがわ作小屋村」:

« 火山との共生 | トップページ | 四万十川のリベンジ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ