« 本から孫の成長を! | トップページ | 愛車の慣らし運転 »

2015年2月 9日 (月)

134号線の四車線化&さがみ縦貫道の開通

3月1日(日)に平塚 大磯間の国道134号線の四車線化の供用が開始されます。
3月8日(日)にさがみ縦貫道が開通します。

この道路の開通等により大磯・湘南の交通事情が大きく変化すると思います。
工事中であったこの区間、寒川北IC~海老名JCTの開通により海老名JCTの渋滞も緩和されるはずです。

今までは、大磯から圏央道に行くには、小田原厚木道の平塚ICから東名高速道の厚木ICから海老名JCTを経由して圏央道に入って行きましたが、これからは、道路の渋滞を見極めながら平塚と寒川を結ぶ銀河大橋経由で寒川南ICからさがみ縦貫道に乗ると海老名JCTを直進で進み圏央道に入ることが出来るなど選択肢が増えます。

逆に、関越自動車方面からは圏央道を経て、さがみ縦貫道を通ってくれば湘南海岸が非常に近くなります。
終点の茅ヶ崎海岸で左折すれば江ノ島・鎌倉方面に。
右折すれば相模湾を望みながら大磯を経て箱根・伊豆方面へと快適なドライブが出来ることになります。

その際に国道134号線の四車線化の供用が大きな力を発揮することが予想されます。
しかし、単に箱根・伊豆方面を最終目的地にしている場合は、従前通りに厚木ICから小田原厚木道の国道271号線を利用した方が、時間的には圧倒的に早いはずです。

茅ヶ崎海岸まで来ると左折方面の江ノ島・鎌倉の方が圧倒的に優位にあると思います。

それだけに大磯で何かしらのスパイスの効いた仕掛けがなければ、完全に通過される一田舎町になってしまいます。
それだけに大磯港の活用を真剣に考える時期です。

« 本から孫の成長を! | トップページ | 愛車の慣らし運転 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/61111737

この記事へのトラックバック一覧です: 134号線の四車線化&さがみ縦貫道の開通:

« 本から孫の成長を! | トップページ | 愛車の慣らし運転 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ