« システム手帳でのスケジュール管理 | トップページ | 南三陸町の防災対策庁舎が震災遺構に? »

2015年1月 7日 (水)

車はレシプロエンジンが良い?

トヨタ自動車が「究極のエコカー」と言われる「ミライ」を世界に先駆けて昨年の暮れに発売し、話題を呼んでいます。

そして年頭に、この水素で走る燃料電池車の普及を促すため、トヨタが世界で保有するFCV関連の特許約5680件を全て無償提供すると発表して、更に話題を呼んでいます。

FCVの普及には水素ステーションなどの整備が不可欠です。
トヨタ1社だけの努力では普及させるのに大きな時間も要します。そこでライバルの他の自動車メーカーに参入してもらい自動車業界全体で普及を目指そうと言うことだと思います。

水素の補給に必要な時間は約3分、満タンで約650キロ・メートル走ることができて、モーターで駆動するため、走行中の音は静かで加速性能も高いそうです。
そして災害などで停電した時は車を電源として利用できるなど、本当に未来の車です。

こうした流れの中にあり、私自身はどうも こと車に関しては環境にやさしくない逆方向に走っているようです?
EVを始めとするエコカーの走り出しは車ではなく、電車が走り出すようなモーター音に、どうしても車を運転しているという感覚がなく違和感を感じてしまうのです?

トヨタ自動車の豊田章男氏は代表取締役になるずっと前からレーシングドライバーもしていて、ニュルブルクリンクの24時間レース等にも出場している選手で、レーサー「モリゾウ」さんでもあります。

レーサー「モリゾウ」さんは、トヨタでの立場とは一線を画し、クルマの楽しさと文化を伝える存在でもあり、従前の車の安全・性能を自ら体験して未来の車づくりをしているのだと思います。

やっぱり私も、車はレシプロエンジンで、水平対向エンジンを搭載した低重心のFR車が良いです。
このエンジンが吹き上がった時のエキゾーストの排気音に魅力を感じるのです。
車を下取りに出して40日ほどが経ちます。
そろそろ車のない日々にフラストレーションが溜まってきます。

« システム手帳でのスケジュール管理 | トップページ | 南三陸町の防災対策庁舎が震災遺構に? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/60940724

この記事へのトラックバック一覧です: 車はレシプロエンジンが良い?:

« システム手帳でのスケジュール管理 | トップページ | 南三陸町の防災対策庁舎が震災遺構に? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ