« 昭和の喫茶店が復権! | トップページ | 大磯警察署武道始式 »

2015年1月15日 (木)

車のない生活 だからタクシーを!

車のない生活が1ヶ月半になりました。
この様子だと車が納車されるまで、あと2週間程度は我慢しなければいけないようです。
ちょっと出掛けるにしてもとても不便なのです。

日頃から、車を所有しないで、タクシーを利用すれば、車を持つよりはるかに維持費が安く済むのではと、漫然と感じていましたが、出掛けても意外とタクシーの利用って少ないのを感じます。

余程、時間に追われていれば別ですが、時間があれば健康のため?節約のため?とかで結局は徒歩に!
そうすると、車のない生活は、本来は健康に良いのかも知れません。
と 頭では理解していても、どうも車好きの私には、こうした思考回路は成立しないようです。

タクシーは大正元年にはもう存在していたと言いますから既に100年の歴史があるそうです。

日本では江戸時代の駕籠や、明治時代に入ってからの人力車などがタクシーが出現する前までは、有料での移動手段で、今流のタクシーの役割を担っていました。

今では、京都や鎌倉のように古都と称される観光地に行くと人力車を多く見掛けるようになりましたが、この人力車の前に自転車?を前につけた格好をした人力車を改良した輪タクが半世紀前の大磯、私が、まだ小学生の頃にはあり、この輪タクがとても不思議な乗り物に見えたものです。

日本では、タクシーを利用する際に、乗車人員が多いと当たり前のように助手席を利用させてもらいます。
現在はどうなのか知りませんが、かつてヨーロッパ、パリに行った時にタクシーの助手席に人(奥さん)や犬を乗せて流しているタクシーを見掛けました。

助手席に人を乗せていないタクシーを止めて、助手席の利用をさせてもらおうとすると「ここはプライベート空間だから駄目!」って断られたこともたびたびありました。

後部座席であろうと助手席であろうと、あくまでタクシーは乗せてもらう車です。
私にとっての車は、自分の前にステアリングが無いと車ではないのです!

« 昭和の喫茶店が復権! | トップページ | 大磯警察署武道始式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/60980190

この記事へのトラックバック一覧です: 車のない生活 だからタクシーを!:

« 昭和の喫茶店が復権! | トップページ | 大磯警察署武道始式 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ