« 勝負の世界は厳しい! | トップページ | 2015 4市2町親善ボウリング大会@大磯 »

2015年1月24日 (土)

日本国憲法第22条

イスラム過激組織「イスラム国」とみられるグループに日本人2人の殺害を予告し、身代金を要求されている。

シリアでの事件が発生してから外務省「海外安全ホームページ」には次のような注意喚起がされています。

※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。

※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。

※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。

1.1月20日、イスラム過激派組織のISIL(イラク・レバントのイスラム国)を名乗る人物がインターネット上で、シリアで行方不明となっていた日本人と見られる人物2名の殺害を予告する等の映像を発出しました。

2.映像の人物は、日本が十字軍戦争への参加を志願し、ムスリムの女性や子供を殺し家を破壊するため、また、イスラム国の拡張を止めるため、ジハード戦士に対して背教者を訓練するために、寄付をしたなどと述べています。

3.つきましては、上記のような情勢に十分に留意し、誘拐、脅迫、テロ等の不測の事態に巻き込まれることのないよう、各地域の特徴を踏まえた上で、外務省が発出する渡航情報等及び報道等により最新の治安情勢等の関連情報の入手に努め、日頃から危機管理意識を持つとともに、状況に応じて適切な安全対策が講じられるよう心掛けてください。
なお、シリアについては、全土に「退避を勧告します。渡航は延期してください。」の危険情報が発出されており、また、シリアにおける取材について、報道各社等に向けて注意喚起

http://www.anzen.mofa.go.jp/attached2/attached_syria20150121.pdf )を発出しています。
【以上、HPから転載】

エボラ出血熱の広がりでも渡航禁止は出ません。
確かに居住移転の自由を日本国憲法第22条第1項で定められています。
そしてこの自由権の一つに海外に自由に渡航することができる権利を認めていれば・・・・?
複雑な事件です。

« 勝負の世界は厳しい! | トップページ | 2015 4市2町親善ボウリング大会@大磯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/61033187

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国憲法第22条:

« 勝負の世界は厳しい! | トップページ | 2015 4市2町親善ボウリング大会@大磯 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ