« 選挙2題 | トップページ | やはり観光の原点は「あいさつ」から? »

2014年12月16日 (火)

大磯宿場まつりの打上げ!

平成4年、私がまだ上部団体に在職していた頃、旧東海道松並木にある山王町商店会が10店ほどで小さなイベントを実施していました。
何とかもう少し、賑わいのある、魅力的なイベントが出来ないのかとの相談を受けていました。

当時は、まだまだイベント系の補助金も結構あった時代です。
2年間彼らが実施しているイベントをこうした補助金を入れてサポートをしました。

平成4年と言えば、西暦1992年です。
徳川家康が東海道に宿駅制度を制定したのが1601年(慶長6年)です。

1216_57
この頃、8年後の2001年には宿駅制度400年の記念する年になるので、東海道各地では東海道をキーワードにしたイベントが盛んに行われ始めていました。

山王町商店会は正に旧東海道に位置します。

この商店会に残る松並木。
浮世絵の題材にもなっている、ここ旧東海道を舞台に宿場まつりを開催して、江戸時代の賑やかさを再現し、道で繋がる人々の心のふれあいを生むイベントを創り上げようとして始まったのが『大磯宿場まつり』です。

1216平成6年にスタートしてから「楽しいから次も来てみよう…」
参加者のそんなつぶやきが聞こえるイベントを目指し、新しい考え方で企画運営を試みました。
その一つが運営スタッフと呼ばれる、補助金に頼らない町民自身の運営にありました。

町民が手を合わせてつくる楽しさがそのまま、まつりの当日の雰囲気に投影されるように色々な工夫もしました。
そして、各宿場の協力を得て、この新しいイベントのあり方を大磯だけにとどめず、東海道の隅々まで届けたいと願い、相乗効果を期待し、新しい時代のまつりのあり方を提案してきました。

そして宿場まつりも21回目を数えると、さすがに新しい課題も次々に生じてきます。
将来に大きな不安も抱えながら次はどうするの?と結論は出ませんでしたが、今年も良い打上が出来ました。

« 選挙2題 | トップページ | やはり観光の原点は「あいさつ」から? »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/60823110

この記事へのトラックバック一覧です: 大磯宿場まつりの打上げ!:

« 選挙2題 | トップページ | やはり観光の原点は「あいさつ」から? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ