« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 今年もいろいろありましたね! »

2014年12月28日 (日)

子どもの声は騒音?

27日に発表された政府の地方創生総合戦略の一つの長期ビジョンで若い世代が希望通りに結婚、出産できれば合計特殊出生率は1.8程度に上昇するとのニュースがありました。
是非、そのようになって欲しいです。

ですから当面の少子化対策として待機児童を減らすために、国は保育園を急ピッチで整備しています。

その保育園が「子どもの声がうるさい」と地域でトラブルが相次いで迷惑施設になりつつある現状に、これで本当に社会全体が子どもを育てようとしているのか疑わしくなります。

それも子どもを育ててきた我々の先輩たちに反対の声が大きいことが気になります。

これも「世代間の分断」「核家族化」が理由の一つです。

少子高齢化社会になった現代では高齢者が日常的に子どもと接する機会が減ってきています。
静かな環境に慣れ、穏やかな暮らしを送る中で、突然子どもの甲高い声が聞こえたら「異質な音」つまり騒音になってしまうのかもしれません。

確かに体調不良の時には、子どもの声は騒音になるのだと思います。

「女性が働きやすくなるために保育園が必要なのは分かります。でも、我が家の隣となると…」というのが反対する人々の心情です。「総論賛成・各論反対」の論議です。

しかし「子どもの声のしない町には未来がない」のも事実です。
この騒音と思える「子どもの声」
この元気な声こそが私たちの将来を支える存在になるのです!

それを騒音と片付けて良いのでしょうかね?

« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 今年もいろいろありましたね! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/60881487

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの声は騒音?:

« 私の関連するイベント情報 | トップページ | 今年もいろいろありましたね! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ