« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

オリンピック町長にピリオド

25日に告示され、本日の投票日を迎えた大磯町長選挙です。
現職に新人が挑む選挙戦でした。

大磯町はこの構図が平成6年から続き、4年毎に町長が代わり大磯町の町長はオリンピック町長と揶揄されていました。

今日の選挙で現職の中﨑久雄候補が当選し、オリンピック町長にピリオドを打ちました。

一定の批判票があることは当然です。

この批判票を二期目を迎える中﨑町長が真正面から受け止めていけばマニフェストで掲げた政策の実現に実を結んでいくと思います。

二期目に期待しましょう!

2014年11月29日 (土)

もみじのライトアップ「城山公園」

朝方から雨模様で昼頃には一時本降りになる天候に、出足がちょっと鈍った今年の城山公園の「もみじのライトアップ」です。
しかし、気温も比較的に高かったので、ライトアップの始まる時間帯には大勢の来場がありました。

1129そして来場者を迎えた不動池の水面に映る紅葉を観て感激をしている姿に嬉しく思います。
風や雨が降っていると水面にさざ波が立ち、この様に美しい光景を映し出してくれません。

観光協会も大磯町のゆるキャラ「いそべぇ」を動員して応援をしてくれました。
明日は相方の「あおみ」が応援に駆け付ける予定です。

26日から始まっている本事業ですが、明日の一日を残すだけになりました。
同時に私の今年のイベントもそろそろ終わりに近づきました

2014年11月28日 (金)

恋人岬で見る「サンセット」

ウイークデーにオフが取れ、カミさんとぶらっとドライブに出掛けました。

久しぶりに西伊豆の松崎町を訪れました。
松崎は古くから伊豆西海岸の中心として栄えてきた港町です。

松崎と言えば「なまこ壁」です。
情緒ある橋のたもとにどっしりと構える「中瀬邸」は明治時代の初期に建てられた呉服屋さん。

かつては警察署だった建物の今は「観光協会」の建物です。
黒と白のなまこ壁が美しい町並みですが、この町並みの原点は漆喰コテ絵で有名な入江長八です。
一職人の職人技が今の時代になっても脈々と続き、松崎町の魅力になっていることを思い、散策すると時間の経つのを忘れます。
1129
天気も良かったので、サンセットを露天風呂からゆっくり眺めて見るつもりでいたのですが、何しろ時がゆっくり流れるものですから、私たちの時間もゆっくりと流れてしまい、途中で間に合わないことに気づき、移動途中にある「恋人岬」でサンセットを見ることにしました。
1129_2
40年前の恋人が古女房と古旦那に変身したカップルを、現在進行形のカップルが暖かく迎えてくれる中で見るサンセットも良いものでした。

2014年11月26日 (水)

長引く円安は本会にも影響?

春先に1$102円前後で推移していた円相場は今日も117円台後半の円安で安定しています。
長引く円安が年末年始に向けて微妙な影響を与える気配を感じます。

食肉を始め各種の輸入品がじわじわと値上がりをしています。
値上げが出来る商品を販売できるところはまだしも、中小零細企業の町工場は円安の恩恵から完全に取り残されているようです。

当初のシナリオは、円安に誘導することにより輸出企業の業績が好転し業績も上がり、その結果が下請けの町工場にも発注が増えて波及効果が出てくる??? と!

ところが納入先の輸出企業は、買値を上げてくれずに、円安による原材料費の値上がりばかりが負担になっている構図になっているように感じます。

長年続いていたデフレから脱却することは容易でないことは理解できます。
インフレの解決方法・実績は世界にも数多の事例があります。
しかし、私もデフレと言う概念は習ってきましたが、実際にデフレに直面するのはここ十数年の経験です。

それだけにデフレ脱却には、ある程度の時間を要することも分かります。
人口も減少時代に入り、消費全体のパイが少なくなっていくのも事実です。
こうした不安に個人所得は伸び悩んでいます。

個人所得と同じように、過去最高益を上げている企業が個人と同じように内部留保一辺倒の戦略が続けば、この円安による輸入コストの上昇が、中小企業や非製造業の収益などに押し下げ圧力として作用するだけになります。
高収益を上げている企業が、積極的に収益を使っていくことがない限りデフレ脱却は不可能だと思います。

同じ輸入原材料でもプラスチック製品の値上がりに連鎖していないのは、春先に1バレル100$程度で推移していた原油価格もアジア指標のドバイ原油は今月には1バレル80$前後にまでに下落し、約4年ぶりの安値をつけています。
ドル高が進みドル建て取引の原油に割高感が出たことで、かろうじて価格上昇が抑制されているのだと思います。

本会では「町の指定ごみ袋」を町の業務委託を受けて行っています。
従って、このところの円相場の動向が非常に気になるのです。

ただ、石油製品のポリ袋等の業界では、この円安を受けて値上げにという交渉に入りたいところでしょうが、原油安が交渉の逆風になっている面もあるのです。

ここは円相場を気にしながら頭の痛い問題が続きます。

2014年11月25日 (火)

大磯町長選が告示

我が町の大磯町長選が今日告示されました。
一週間先の12月2日には衆議院選挙が公示されます。

同じ選挙でありながら「告示」と「公示」と何故、違うのでしょうか?
どのような使い分けがあるのか?

「公示」は、衆議院総選挙と参議院の通常選挙だけで用いる。
「告示」は その他の地方選挙で用いるが、国政選挙でも、
      補欠選挙の場合は「公示」ではなく「告示」です。

その根拠は、憲法第7条の「天皇の国事行為」にあります。
同条第3項「衆議院を解散すること。」
  第4項「国会議員の総選挙の施行を公示すること。」

ですから、国会議員の国政選挙でも、補欠選挙は「総選挙」ではないので、天皇の国事行為にはならず「告示」なのです。

我が町の町長選挙戦も現職と新人のお二人の立候補がありました。
日曜日の投票日に向けて、5日間の舌戦がスタートしました。

2014年11月24日 (月)

何故「紅葉狩り」?

深秋です。
目の前の王城山も朝日を浴びている時の様子に一段とした秋の深まりを感じます。

自宅にいて秋の深まりを感じることが出来るのですから、あえて余所に出掛けなくても良いのでは?
これも一つの考え方です。
でも各地から紅葉のニュースが入って来ると?う~ん、行ってみたくなります!

でも獣を捕まえる訳でもないのに何故「紅葉狩り」っていうのでしょうかね?

語源由来辞典によると
本来の「狩り」は、獣を捕まえる意味で使われていたのが、野鳥や小動物を捕まえる意味に広がり、さらに果物などを採る意味にもつかわれるようになった。果物を採る意味では、「いちご狩り」や「ぶどう狩り」などにも使われている。やがて「狩り」は草花を眺めたりする意味にも使われ「紅葉狩り」と言うようになった。
と記載されていました。(語源由来辞典の要旨)

紅葉狩りの意味を調べていたのですが?????
ふっと気づきました?
「狩り」って「ケモノ編」に「守る」です。
獣を守るのに何故?狩猟なのでしょうか?

狩猟によって特定の種が絶滅したり生息数が激減するなどの生態系への深刻な影響が顕在化している現実もあります。ですから、これに応じて、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)が整備され、狩猟には一定の制限が加えられたり禁止されている場合があります。

しかし、野生動物も増え続けると人間の生活を脅かすケースもあります。
また、野生動物の個体数を調整するという自然保全上の大きな役割も担っている場合もあるのです。

同じように自然林等も人間の手によって適宜、手を入れていく必要もあります。
放置とは明らかに違います。

紅葉狩りの本筋に戻らなくては?

家の庭や近所の公園の紅葉を眺めて楽しむことは「紅葉狩り」とは言わないようです。
遠くの山野にわざわざ出かけ紅葉を眺めることを「紅葉狩り」というところに、「狩り」の本来【山野に入る】という意味が残されているのです。

そうすると、やっぱり「旅」なのです。

私の関連するイベント情報

11月26日(水)~30日(日)紅葉ライトアップ
           16:30 ~ 20:30 県立大磯城山公園

12月21日(日)第52回大磯市
            9:00 ~ 14:00 大磯港
 

2014年11月23日 (日)

かながわ商工会まつり2014 盛況のうちに終了!

かながわ商工会まつり2014の出店で横浜の赤レンガ広場に終日行ってきました。
3連休の中日、風もなく太陽の恵みで、この時期としては暖かくて絶好のイベント日和になりました。

例年以上の人出があり終日賑わいました。
やっぱりイベントの主役は天候です!

この赤レンガ倉庫は横浜観光のスポットの一つであり、物産展を目当てに来る方ではありません。
それだけに、売る方はかなり苦戦するのです。

それでも、これだけの多くの来場があると売れる機会は確実に増えます。
時間前に持参した商品は何とか完売しました!

地元でも「大磯ふれあい農水産物まつり」も開催されていたために、商店もスタッフも掛け持ちになってしまったので、横浜には商工会女性部の応援を中心にしての参加になりました。
女性部の精鋭が頑張ってくれたお陰です。

1123
これで9月の末から続いていた、来週の城山公園のもみじのライトアップを残すのみで秋のイベントが終了します。

2014年11月22日 (土)

七五三さんも終わり! 次のお祝いは?

1122_2遅ればせながら七五三のお祝いを。
内孫の一番下のマーコは小柄なので満年齢の7歳でお祝いをしました。
私たちは、数え年で七五三のお祝いをすると教えられていたのですが、この辺も臨機応変さが必要だと思います。

七五三は子ども成長を祝い、子ども自身にその自覚を与えるためのものです。
子どもに持たせる千歳飴には、子どもが元気によく成長するよう、また長生きするように、という願いが込められています。

七五三の由来をちょっと調べてみました。

七歳「帯解き(おびとき)の儀」
 成長の大切な節目を祝う儀式でした。
 昔は、七歳は神からも社会からも認められる重要な節目とされていたのです。
 女子は、このときからひも付きの幼児の着物ではなく、初めて大人と同じ帯
 を結ぶことが許されました。

五歳「袴着(はかまぎ)の儀」
 袴を初めて身に付ける儀式でした。
 幼児から大人の第一歩を踏み出す大切な日だったのです。
 女性も袴をはいていた王朝時代は、男女ともにこの儀式を行っていました。

三歳「髪置き(かみおき)の儀」
 男子も女子も頭髪を伸ばし始めることを祝う儀式でした。
 昔は赤ちゃんのときに髪を剃っておくのが普通で、
 この日を境に髪を伸ばして髪型を整えました。
 赤ちゃん時代を過ぎて、無事幼児に成長できたことを感謝する節目でした。

これで五人の孫たちの七五三は全て終わりです。

それぞれが、幼児期を卒業して少女期・少年期から素敵な女性・男性に成長してくれることを祈りたいと思います。

2014年11月21日 (金)

ipadから

衆議院が解散しました。 安倍首相は、「アベノミクス解散」と位置づけて、2年間の政権運営の是非を問うと仰っていますが、ちょっと解りにくい解散劇です。 伊吹衆議院議長の解散詔書を読み切らない内に議場から「万歳三唱」が⁉︎ 今回の解散の動揺が議場にも表れているようです。 来月の2日に公示。14日が投票日です。 いずれにしても、2年間の是非が問われます。 来週は、わが町の町長選挙も行われます。 ipadを購入して、悪戦苦闘をしています。 試験的にアップをしてみました。

2014年11月20日 (木)

ハンディキャップの脅威!

大磯町民ボウリング大会は春と秋に定期的に開催をして18回目を迎えました。
競技である以上、経験によってある程度の差が出てくることは仕方がありません。
これを埋めるには日頃の練習・鍛錬しかありません。

ボウリング競技はレジャー的な感覚で親しむことが出来ます。
しかし、やり始めて本格的にやろうとすると意外と奥が深いことが分かります。

町民ボウリング大会ですので一人でも多くの方に参加をしてもらうためには、どうしたら良いのかを役員で話し合ってきました。
初心者でも賞に絡むためにはハイスコアを打つしかありません。

今回の大会はハンディキャップの大盤振る舞いをしてみました。
センターに備えてあるハウスボールで投げる方に女性には1G100ピン。男性には同70ピンと!

こうした、効果があったのか?
本日、行われた第1シフトの大会には12人のハウスボウラーが参加してくれました。
そして、200アップ越えのスコアが映し出されるテレスコを見て、大満足の笑顔がたくさんありました。
1120
ハウスボールがレーン上を走る、いつもと違う町民ボウリング大会の風景です。
本日の最高点は、久しぶりにボウリングをしたと言う女性の760点/3G(HDCP300点)のハイシリーズ。

このスコアを上回るには、それこそプロ並みのスコアを叩かないと追いつきません?
日曜日の第2シフトが楽しみです。

2014年11月19日 (水)

今年も残すところ? 感じさせる風景!

先月に続いて東急百貨店日吉店で「出張大磯市」を18日&19日の二日間にわたって開催しました。
昨日は大きな売り上げを挙げて盛り上がっていると言う電話で様子を見に行ってきました。1119
先月は夕方の人出の多い時間を視察したので、今日は午後の人が一番少ないと思われるような時間帯を狙って行ってきましたが、公共交通機関を利用して東急百貨店に行こうとするお客様はこの場所を通らなければいけない場所の地もあり大勢の買物客で賑わっています。

さすがに大都会横浜です。
来月もクリスマスを前にした二日間「出張大磯市」を開催することが決定しています。
来月も楽しみです!

会場の前にある慶応大学のキャンパスもイチョウが色づき始めていて秋の深まりを実感します。
横浜駅周辺はすっかりクリスマスモードです。

2015年用の手帳の中味も買えました。
神奈川宿のY嬢とも、ひと足早い忘年会?も行い、すっかり御馳走になってしまいました。

静かな大磯に戻り、千鳥足で帰る途中に、山に大きなクリスマスツリーがあります。
今年も残すところ40日足らず と一瞬、感傷的になります。
歳月の流れの速さに、自分のやりたいことが追いつかない日々が続きます。

2014年11月18日 (火)

「東海道シンポジウム見附宿大会」を決定

NPO歴史の道東海道宿駅会議の役員会で掛川宿に行ってきました。
今年の9月に藤沢宿で第27回目の東海道シンポジウムを開催してその余韻が冷めやらぬ内に来年の準備です。
第28回東海道シンポジウムは静岡県磐田市で「見附宿大会」を行うことが決定をしました。

1118
○日 時:平成27年9月5日(土)~6日(日)
○会 場:ワークピア磐田
             磐田グランドホテル

磐田市は来年に合併10周年を迎えます。
その一環として位置付けて「東海道シンポジウム見附宿大会」を行う予定です。

そして「歴史の道東海道宿駅会議」の恒例の事業である「東海道検定」は大きな見直しを行い、今年度は休止します。
27年度に向けて問題集について検討を加えました。

歴史的・学術的な観点も十分に検討して、250問程度のサンプル問題の作成をしました。
更に検討を加えて精度の高い問題を作って、28年の3月には「東海道検定」再開をしていくことにしました。

2014年11月17日 (月)

大磯まち歩きウォークラリー

23日(日)に大磯港で「大磯ふれあい農水産物まつり」が開催されます。
町内で生産された果物や野菜などの農産物や鮮魚等の直売に色々なお店が出店します。
南三陸町の「復興市」から仕入れた商品ブースも出店します。

ここをゴールにして「大磯まち歩きウォークラリー」を実施します。
1時間程度で回れるコースから、ちょっと健脚を要する3つのコースが用意をされていますので、是非、大磯の晩秋を散策しながら大磯港にお越し下さい。

1117

私の関連するイベント情報

11月23日(日)かながわ商工会まつり2014
          10:30 ~ 16:00 横浜 赤レンガ倉庫 イベント広場

   23日(日)大磯ふれあい農水産物まつり
           9:00 ~ 14:00 大磯港

   26日(水)~30日(日)紅葉ライトアップ
           16:30 ~ 20:30 県立大磯城山公園

12月21日(日)第52回大磯市
            9:00 ~ 14:00 大磯港

2014年11月16日 (日)

第51回大磯市も盛況の内に!

毎月第3日曜日に定例的に開催している「大磯市」ですが、その開催月ごとにテーマが設定できて、それを事前にインフォメーションできれば良いと思っているのですが・・・・・?
毎月の開催って、以外と忙しいのです。

反省点をチェックしている間に翌月のエントリー等の準備が始まってしまいます。
これを業としているのであればもう少し、余裕を持って色々な企画が出来るでしょうがね。
単なる「市」「マルシェ」を開催するだけには終わらせたくないのです。

先月に大磯のメンバー有志と南三陸町の「復興市」に参加してきました。
東日本大震災から3年半以上も経過すると、次第に人の心から忘れ去られてきます。
これからが本当の復興が始まることを、実際に震災地に足を運び実感しました。

今月は南三陸町と連絡を取り合い、商品を供給して「復興市」支援コーナーを設置しました。
この支援コーナーは来週、実施される「大磯農水産まつり」でも行います。
Sdsc_0006_2
湘南ベルマーレがマスコット「キングベル」がJ2優勝の報告に駆けつけてくれました。
そして、今月にデビューした大磯町のゆるキャラ「あおみ」ちゃんと、先にデビューを果たし、至る所で愛嬌を振りまき、町民にも親しまれつつあった先輩の「いそべぇ」と共に会場内を歩いてくれて、小さなお子さんたちを楽しませてくれました。
Sdsc_0004_2
そして、今月のもう一つのイベントは「落花生バトル」を大磯町・二宮町・秦野市の落花生業者が中心になり、昨年に引き続き行われました。

落花生の発祥地とお互いの地が主張しあう中で、それぞれが相州落花生のPRと落花生を主にしたスイーツ等の販売もありました。
正にこれが真の「戦略的互恵関係」のバトルだと思いますが・・・・・?
Sdsc_0009
各地で色々なイベントが行われている中で、今月も4600人のご来場をいただきました。

いつ来ても楽しんでいただけれる「市」にするために「大磯市」はバージョンアップをしていきます。

2014年11月15日 (土)

根付いて欲しい「土曜市」

西地区で初めて「土曜市」を開催しました。
ちょっと準備期間が短く、事前のPRが足らなかったので、知る人ぞ知る「土曜市」になってしまいました。

今後はSNSを活用した宣伝が出来れば、良いローカルの「土曜市」に育ってくれると思います。
一つだけ注文があるとすれば、商業者が自ら企画して我々が裏方に回れるような「市」になってくれれば、もう少し盛り上がりが出てくると思うのですが・・・・・?

1115

2014年11月14日 (金)

16倍の遠回り!探査機「ロゼッタ」

10年以上前に地球から4億㎞先にある彗星を目指して旅立った探査機「ロゼッタ」が目的地に到達しました。
直線距離で4億㎞しかないのに旅した距離は64億㎞と16倍の距離を旅しました。

そして、ロゼッタが着陸したのは「彗星67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ」
木星と地球の間の軌道を回っている幅約4kmの岩の塊なのです。

この氷と岩の塊にそこまで苦労してタッチダウンするだけの価値がどれだけあるのか?…と思ってしまいますが、これは太陽系の成り立ちを知る重要な一歩なんだそうです?

この先の観測ミッションは、彗星が太陽に最接近する来年の8月まで続く予定なのです。

明治の実業家「渋沢栄一」が言っていました。

   夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、
   信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、
   実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、
   ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。

目的に到達するには、今回の探査機「ロゼッタ」のように、時には大きな遠回りも必要なのかもしれません。
そのためには「夢」「理想」「信念」「計画」「実行」をキーワードにして頑張りましょう!

2014年11月13日 (木)

便利さに慣れると?

スマートフォンにしてから、すっかりと便利さに馴染んでいます。
ところが日曜日から電話が着信しても受け取ることが出来ません。
しかし、自分から架けることは出来るので、その度に架け直すという、何とも不便な状況に!

そして、メール等のアプリでは、か行の入力が効きません。

最近はFacebookでメール等が入ってくることが非常に多く、その度にか行の文章入力が出来ずに、過去の使用履歴から検索して、入力したい、それに近い言葉を探しては入力すると、非常に不便な状況が続いています。

結局、パソコンに戻って作業と。
便利に慣れると、こうしたトラブルに見舞われると大変な労力を費やすことになります。
便利と不便は表裏一体であることを実感する、ここ数日の悩みです。

2014年11月12日 (水)

「湘南どこまで」論争! 再燃?

私の住む大磯町では「湘南」のルーツ それは大磯!だと言っています。

鴫立庵に入ると右手のちょっぴり奥まったところに標石があります。
(写真は大磯町イソタビドットコムから引用させていただきました)

1112その標石の
表 鴫立沢
裏 祟雪「著盡 湘南 清絶地」
        と刻まれています。

「著盡湘南清絶地」(ああ、しょうなんせいぜつち)と読みます。
この意味は「清らかですがすがしく、このうえもない所、湘南とは何と素晴らしい所」という意味です。

黒岩県知事が2020年に開催される予定の東京オリンピックや今年度完成予定のさがみ縦貫道路の開通を機会に神奈川の「海」の魅力を世界に向けて発信するという「かながわシープロジェクト Feel SHONAN」という観光プロジェクトで「湯河原から三浦までの相模湾沿岸を「湘南」と呼びます!」と宣言したところから「湘南どこまで」論争がネット上で賑やかになっているようです。

「湘南」は大磯が発祥の地だとは自負しているものの、もともとは中国の地名です。
中国の湖南省を流れる湘江という川の南部のことで、日本古来の地名ではありません。

過去にも「湘南市構想」「湘南ナンバー」の時にも、どこまでが「湘南」という話題が挙がったこともあります。

「湘南」という地名は、今や、一つのブランドになっています。
だから、このような論争が沸き起こるのでしょう?

時代と共にインフラ整備も大きく変化しています。
価値観も大きく変わっています。

一エリアが「湘南」を独占してもメリットはありません。

「湘南」の持つ本来の意味
「清らかですがすがしく、この上もなく素晴らしいところ、それが湘南」を活かして、「湘南」を主張するエリアがこの意味を共有して「まちづくり」に活かすことが出来れば、こうした論争は歓迎したいと思います。

2014年11月11日 (火)

深まりゆく晩秋の大磯

温暖な気候の大磯でも秋の深まりを感じます。
大磯の秋恒例の一大イベントでもある「宿場まつり」を終えると、秋の深まりを実感します。

天気予報では各地で雪の便りも伝わってきます。

1111
個人的には、何となく物悲しさを感じるのが秋です。
こんな時期に哀調のある節にのせた新内節はぴったりとした曲調です。

本来の新内節は、女性の人生を歌いあげたものだと思います。

今回は、戦後の混乱する日本を今日の平和の礎を築き、大磯に居を構えた昭和の宰相「吉田茂」の生涯を「新内」で表現をしました。
現在、旧吉田茂邸は県立城山公園の一部として一般公開されています。
(火災により焼失した邸宅はまだ復元されていません。邸園のみが公開されています。)

この公園の一角にある大磯町郷土資料館で七五調で語る浄瑠璃と澄んだ三味線のコラボレーションで聴く「新内 吉田茂」を堪能して下さい。

そして、しんみりとした新内を聞いた後で、城山公園の「もみじのライトアップ」を観賞して晩秋の大磯をお楽しみください。
チケットは大磯町観光協会案内所で販売中です。

1111_2

2014年11月10日 (月)

これでは勝てない?

昨日の宿場まつりの後片付けを終日行いました。
明日一日、もう少し大きな仕事、後片付けが残っています。
腰が悲鳴をあげている中で、月曜日の定例のボウリングのリーグ戦に行ってきました が?

チーム戦でなければブラインドするところです。
しかし、相手があるので何とか参戦してきましたが、このようなスコアを出されたたら・・・・・!
勝てるはずがありません。
体調を整えて、自分の、このシーンをアップできるように鍛え直さなくては?

1110

2014年11月 9日 (日)

第21回「大磯宿場まつり」盛況 御礼!

開催前に心配されていた天候!
皆さんにお越しいいただく時間には雨はないと確信をして開催宣言をした第21回「大磯宿場まつり」はスタッフの意気込みで雨雲をも寄せ付けませんでした。

事故もなく無事に終了出来たことを、付近住民を始め関係機関の各位、そしてスタッフの皆様に感謝申し上げます。
今夜はスタッフの佐藤氏が撮っていただいた写真をアトランダムに掲載させていただきます。1009_1

11009_2

1009_3

1009_3_2

1109_4

第21回「大磯宿場まつり」

本日の「第21回大磯宿場まつり」は予定通り開催します。

2014年11月 8日 (土)

宿場まつりの準備が整いました!

スタッフの皆さんご協力ありがとうございました。
皆さん、明日の天気を信じて自分の持ち場の作業を黙々とこなしてくれました。

「大磯宿場まつり」が大きな評価を得ているところの一つに、テントの骨組みだけを利用してヨシズを張ることで雰囲気を良くしている側面があります。

昨年も雨が予想されたために、テントの下にブルーシートを張って、その上にヨシズを張りました。
正直、ブルーシートにヨシズで覆って養生しても風情が壊されました。

今年も、昨年以上に雨が予想されていますので、テントを天幕付きで使用しました。
(これが本来のテントだと思うのですが???)
そして、その上にヨシズを張りましたもで、少々時間を要しました。
しかし、スタッフの募集チラシを見て数人の助っ人もあり、関係団体の応援もいつもの年に増して、多くの方が参加してくれました。
おかげで、今日予定していた作業を何とか終えることが出来ました。

Dsc_1091
付近住民の方々には駐車場・騒音を含めて大きな迷惑を掛けています。
あと、一日、ご協力をいただければと思います。

明日は、好天は望みません。
雨だけが降らないように願うのみです。

そして、大勢の方をお出迎えしたいと思います。来場をお待ちしています。

2014年11月 7日 (金)

どうして雨? 分かりません?

こく一刻と変わる天気予報図を見ながら自分なりに分析をしている内に昨晩はブログをアップすることが出来ませんでした。

1107このような天気予報を見せつけられたら明日の段階で「中止」を指示すると思います。
「多分」

「大磯市」のように毎月実施しているイベントであれば、今夜中には「中止」の判断をしていると思います。
同イベントは協賛金を集めている訳でもなく、全てを出店料でまかなっているだけに多少の判断が狂っても大きな影響はありません。
来月は天気を晴らして頑張ろう!と 開き直れるのです!

ところが「大磯宿場まつり」は厳しい経済環境の中にありながら多くの商店等の協賛金と大勢のボランティアで成立している「まつり」なのです。

仮に明日に中止を発表しても、既に準備の段階で多くの費用を費やしています。
中止にしてもお金が残る訳ではありません。
そこが判断を悩ませるところなのです。

正式には、当日(9日)の午前6時に実施の可否を判断することになっていますが・・・・・?
いつ判断するのが、全ての方にベターなのか?

今夜も胃が痛くなりそうです!

2014年11月 5日 (水)

171年ぶりの名月 ミラクルムーン

秋の夜のお楽しみといえば「お月見」ですよね。
今夜は1854年(天保14年)以来、171年ぶりの「十三夜」の名月です。

旧暦8月15日の「十五夜」だけでなく、旧暦9月13日の「十三夜」も、昔から美しい月として楽しまれてきました。
「十三夜」は日本独自の風習で、「十五夜」の月を見たら「十三夜」の月も見ないと縁起が悪いといわれていたそうです。

1105_171今夜は2回目の十三夜が見られました。
これは「うるう月」が2回ある年でしか観測できないのです!

「スーパームーン」だの「皆既月食」だの、ムーンのバーゲンセール状態でブログをアップする天体行事でです。
171年目の奇跡的な「お月さん」と言っても、特に月が巨大化する訳でも消える訳でもありません。
雲間から見えた「十三夜」の月は、ご覧の通り何の変哲もないお月さまなのです。

しかしですね!
仕事が忙しい状況にある時には空を眺めるとホッとするのです!

満月に輝いているお月さまは、何か心の中まで見透かされているような気がしますが、ほんの少し欠けている「十三夜」には優しさがあるのです。
良いお月見でした!

2014年11月 4日 (火)

夏草や兵どもが夢の跡 の心境?

昨日は、湘南国際マラソン大会の実施に併せて大磯港で「港の乾杯!横丁」を開店して、大変な賑わいだった様子を有頂天になってアップしました。

今週末の9日に予定している「大磯宿場まつり」の準備もあるので途中で港を後にしました。

人が集まれば、多くのごみも出ます。
「大磯市」では販売したところでごみを回収するのがルールーになっています。
お客さまもリピーターが多いので暗黙のルールが出来上がりつつあります。

そして、今朝の知人のFacebookを見て愕然としました。
投稿者の彼は人一倍に大磯港を愛し、煙草のポイ捨てされている一本も残さずに毎朝、清掃をしてくれています。

今回の「港の乾杯!横丁」の延長線上で開店もしています。
正に、「大磯市」の盛況を良いことに有頂天になっていた結果だと思います。
最後の確認に行かなかったことを悔やみます!

近ちゃん、ごめんなさい! と謝るほかありません。

思わず松尾芭蕉が奥の細道の旅の途中、平泉で詠んだ、季節、状況こそ異なりますが
「夏草や兵どもが夢の跡」を思い浮かべました。

こうしたちょっとした気遣いを忘れると「大磯市」も同じ運命をたどってしまいます。
恥ずかしいですが、彼のFacebookの写真を転載させていただきます。

1104

2014年11月 3日 (月)

港の乾杯!横丁 大磯港

最高の天候に恵まれた「第9回湘南国際マラソン」でした。
マラソンが好天に恵まれれば「港の乾杯!横丁」も盛況になります。

先週末の天気予報では大きな雨マークがついていたので、予報通りに雨が降れば、マラソンの実施はともかく、雨対策が何もできない港での乾杯!横丁の開店は不可能になってしまいます。
それだけに、思い掛けない天気予報の好転に感謝です。
1103
マラソンを走り切った大勢のランナーが立ち寄ってくれ、汐風に吹かれながら、完走の余韻に浸ってくれました。

目標タイム通りに走れたランナー、ちょっと目標タイムが届かなくて残念だったランナー! と。
大海原は、一人一人の思いを大きく包みこんでくれる包容力があるのです。

そんな海を眺めながら美味しいものを食し、喉越しにビールを流し込んで明日の活力を養ってくれたことと思います。皆さん元気になりました。
また、来年も大磯でお会いしましょう!
1103_2
それにしても、日本陸上競技連盟公認コースを使用したマラソン大会は、東京マラソン・横浜マラソン、今回の湘南国際マラソンなどの市民参加型シティマラソンから福岡国際マラソン・びわこ毎日マラソンなどのエリート大会まで実に多くあるものです。

ネットで調べると、2014年4月から2015年3月まで全国で121のマラソン大会があります。
東京マラソンなどは抽選倍率が10倍以上ですから、実に30万人以上のランナーが、参加費が1万円もするフルマラソンにエントリーしているんですよね!

湘南国際マラソンの申込はネットから先着で受け付けていますので、どの位のランナーが申し込んでいるのかは分かりません。
それでも申込を開始して、わずか数時間でエントリー枠が一杯になってしまうのですから・・・・・?
相当数のエントリーがあることだけは間違いがないと思います。

大枚を支払ってまで、苦しい思いをして走る?私は理解できません。

2014年11月 2日 (日)

あおみちゃんのお披露目!大磯町のゆるキャラ

「みんなで考えたいな♪未来のおおいそ」のテーマで大磯町合併60周年記念シンポジウムが大磯駅前の聖すてぱの学園「海の見えるホール」で開催されました。

シンポジウムでは総務省の地域力創造アドバイザーの野口 和雄氏をコーディネーターにパネリストは玉造ガラス工房を主宰する玉造絢子さん、大磯育ちの大学生荻野くん、高校生の舘野さんの若いパネラーが大磯の将来に向けて今、何をすべきかについて語ってくれました。1102
そして、大磯町のゆるキャラは「いそべぇ」と「あおみ」と3年ほど前から決まっていましたが「あおみ」ちゃんが出来ていなかったので、今までは「いそべぇ」が単独で一人(一羽)で寂しく活動していましたが、本日、ようやく「あおみ」ちゃんの縫いぐるみが完成してお披露目することが出来ました。
「いそべぇ」と「あおみ」の初めての揃い踏みです。

これからは「あおみ」ちゃんも「いそべぇ」同様に可愛がって下さい。
(下の「あおみ」ちゃんの写真は知人のT氏にご提供いただきました。)

1102_2
来週の「大磯宿場まつり」でも「あおみ」ちゃんも「いそべぇ」にも参加してもらいます。

2014年11月 1日 (土)

気になる天気!気圧配置

11013日の大磯港で湘南国際マラソンに併せて開店予定の「港の乾杯!横丁」は当初の天気予報の雨マークから晴れマークに変わりました。
さすがに11月3日は晴れの特異日が今年も健在のようです。

特異日とは、その前後の日と比べて偶然とは思われない程の高い確率で、特定の気象状態(天気、気温、日照時間など)が現れる日のことと定義されています。
まずは、天候の回復に万歳です。

そして、次に気になるのが来週の天気予報です。
台風20号の動き方によって天気が大きく変わります。
気圧配置の予想が気になる一週間になります。

来週も「天気になあ~れ!」
出雲から昨晩、神様もお戻りになったはずですから???
頼みをお聞き下さることでしょう!

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ