« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

まだまだ冒険をしたい「前期高齢者}

子どものための「プレーパーク(冒険遊び場)」というものをご存じだろうか?
普通の公園や遊園地のように、完成された遊具やアトラクションで楽しむのではなく、段ボールや古タイヤ、土や水など、身近にあるものを使って、子どもたちが自分で考え、自由に遊びを生み出していく場所をイメージしているようですが?
日本国内でも各地で盛り上がりを見せるいるのが「プレーパーク」です。

プレーパークの理念は
自分の「やってみたいと思うこと」を実現していく遊び場です。
さまざまな遊びが展開されていくので、変化しつづける遊び場ともいえます。
禁止するのではなく、いっしょに考えてやってみる。
のびのびと思いきり遊べるこの場所は、子どもが生きる力を育むことを支えています。

ちょっとおかしいと思いませんか?

子どもは毎日が冒険の積み重ねです。のはずです。
全てが初体験で、そのこと自体が冒険のはずなのです。
それを体験させているのかが問題だと思います。
この積み重ねがあれば、施設など必要がないと思うのですが?

子どもにとって「初めてのお使い」は「大冒険」です。
子どもにとって「初めて一人でバスや電車に乗った。」これも「大冒険」です。

冒険で思い起こすのは、マーク・トウェイン作の「 トム・ソーヤーの冒険」です。
アメリカのミシシッピー川沿いの田舎町に住む少年トムは、いたずら好きの腕白少年。
自由気ままな生活に憧れるトムは、親友のハックと一緒に森で野豚を捕まえたり、ミシシッピー川で海賊ごっこをしたり、当時は非常に珍しかった気球に乗ったりと、ワクワクするような冒険を毎日繰り広げる物語です。

こうした自然の中から得る体験が成長と共に活きてくると思っています。
私も、今の年代にしかできない冒険を見つけていこうと・・・・・!

2014年10月30日 (木)

「第9回湘南国際マラソン」の交通規制

11月3日(祝日・月)に「第9回湘南国際マラソン」が開催されます。
この大会は行政等の補助金に頼らないで民間が中心になって実施するマラソン大会です。

地元を始め、湘南地方にお越しになる方々のご協力がなければ、本大会は成立しません。
また、補助金に頼らないと言っても、神奈川県警察を始めコース上にある行政等の協力がなければ実施することは出来ません。

神奈川県警察では、大会の安全を確保するために、マラソンコース及び周辺道路において必要な交通規制を実施します。
そして、コース周辺は混雑が予想されるため、国道1号線等、他の道路へう回してくれるように、大会へのご理解とご協力を呼びかけていただいています。

■規制日時
     ○11月3日(祝日・月)8時頃から15時45分頃まで
     ○大会会場付近(スタート・フィニッシュ地点)では
      6時頃から16時30分頃までの規制があります
     ○ランナーの通過に伴い、コース及びコース周辺は交通規制が行われます。
      ランナー通過後、コースの安全確認が取れ次第、交通規制を解除します。
     ○交通規制時間は状況により延長または短縮することがあります。

   ※  静岡・箱根方面から東京方面へ向かう方は、
     小田原厚木道路か東名高速道路をご利用ください。

■通行止め
     ○西湘バイパス西湘二宮インターチェンジから
       国道134号江の島入口  間の上下線
     ○新湘南バイパス茅ヶ崎西インターチェンジから
       茅ヶ崎海岸インターチェンジ  間の下り線

■交通規制図
     詳細については、下の「交通規制図」をご覧ください。
1030
今日の時点では、当日の天気予報に雨マークがついています。
昨日の天気予報より傘が大きくなりました。

マラソン大会は、地震による津波注意報や高波等により西湘バイパスが通行止めにでもならない限り、普通の雨であれば開催が出来ます。

しかし、私たちが走り終わった後の選手をお迎えする「港の乾杯!横丁」は雨では開店することが出来ません。
3日と9日の「大磯宿場まつり」は何とか良い天気であって欲しいのですが・・・・・?

2014年10月29日 (水)

ハロウィーンが近づいて来ました!

子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりするハロウィーンが明後日の31日になりました。
もともとは、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのことで、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったのが、最近ではアメリカを中心に民間行事として定着し、本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっているようです。

日本でもこの時期になるとハロウィーンが話題になっているようです。
カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったりする家庭を見る機会も多くなりました。

1029日の入りもとても早い時間になりました。
通常業務を終えて、残業等をしなくても帰宅時間の頃には、景色は既に暗いです。
帰宅途中で「ジャック・オー・ランタン」を飾ってあるお宅を見かけました。

ジャック・オー・ランタンは「お化けカボチャ」「カボチャちょうちん」とも言うのだそうです
オレンジ色のカボチャをくりぬき、ナイフで目、鼻、口をつけ、内側に火のついたろうそくを立てるもので、最もハロウィンらしいシンボルとのこと。

私は別にハロウィーンに興味を持っているわけではありません。
しかし、暗い道の中に、ほわっとした電飾を見掛けると気になるものです。

思わず写真を撮らせていただきました。

根本的には、仏様が1年に1度、家に帰ってくるとされる日本の「お盆」と共通するところがあるのでしょう!

何故、ハロウィーンが10月31日なのか?
それを知りたかっただけなのですが・・・・・。

それは、ケルト人の1年の終りが10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていたからなのだと知りました。

2014年10月28日 (火)

今年も大磯港の「乾杯!横丁」を開店!

11月3日(日)に第9回湘南国際マラソン大会を開催します。
今年も2万人を超えるランナーが湘南海岸を駆け抜けます。

1028_2
                                                          【コース地図】

1028_3そして、今年も大磯港の「乾杯!横丁」を開店します。
気持ち良く完走した選手!
そうでなかった選手!

走っている時には見えなかった風景を。
その風景を見ながら。
潮風に心地よく包まれながら「湘南の味」を楽しんで行って下さい。

もちろん、地元の方も選手の自慢話?苦労話?を語り合い交友を深め民際外交が出来れば嬉しいのです!

当日限りのスペシャルメニューも用意しました。

○開店時間 11月3日(月・祝)
         12:00 ~ 17:00
○開店場所 大磯港

下の写真は昨年の乾杯横丁の様子です。

1028_4

2014年10月27日 (月)

「大磯宿場まつり」仕事人(スタッフ)を募集中

来月の9日(日)に開催予定の第21回「大磯宿場まつり」の準備が佳境です。
この準備には大勢の運営スタッフと呼ばれる町民の方々の善意で成り立っている一面があります。

1028思いは皆さん「宿場まつり」が楽しいから と何らかの関わりを持ってお手伝いをいただいています。
そして、前日の準備や片付けには、一人でも多い「助っ人」が必要になってきます。

   全体の構成を見てみたい方!
   小道具・大道具を製作してみたい方!

前日から当日にかけて、平成の旧東海道を江戸風の舞台に仕立て上げて、そして夕方には再び平成に戻す作業

などを、一緒にやってみませんか?

全ての作業に参加できなくても結構です。
性別、年齢は問いません。
ちょっとだけでもお手伝いをしたい方。大歓迎です!

ただ今、第21回「大磯宿場まつり」仕事人(スタッフ)を募集中です。

2014年10月26日 (日)

復活した!南三陸町産業フェア

東日本大震災を罹災した翌月から始まった南三陸町の「復興市」も今回で40回目を迎えました。
そして今回、震災後は開催を見合わせてきた、地元の産品や商品を集めた南三陸町産業フェアが商工会・漁協・農協・森林組合そして南三陸町が再び手を取り合って4年ぶりに復活の狼煙をあげました。

このイベントに復興支援に協力するために大磯町の仲間たち14人と参加をしてきました。

会場になった町役場前の駐車場や、隣接するベイサイドアリーナには地元の商店を始め私たちの町の他に遠くは岡山県笠岡市、長野県飯山市、山形県の酒田市などからも応援出店があり、大勢の人出で賑わいました。

1026_2
復興市も被災を受けてから3年半の歳月を経過してくると、当初のように全国各地から参加していた商店街も一頃のような勢いがなくなっています。

東日本大震災の罹災地では復興の槌音が至る所で聞こえてきます。
しかし、本当に緒についたばかりです。
これからが、本当に支援が必要になる時なのかもしれませ。

身の回りの必要最低限の物がようやく不自由なく手に入る様になったようです。
しかし、まだまだ、嗜好品的な商品にまで目が届かないのが現状だと思います。

こうした、ことを肌で感じてからは皆さん、売り子の職場放棄?
買物集団に変身をしました。私も?

帰路には7月に天皇陛下・皇后陛下のお二人でご訪問をされ、以前にもまして話題になりました、被災後の約1年後2012年2月に志津川地区にオープンした仮設商店街「南三陸さんさん商店街」に寄り、買物に多くの時間も費やしました。

1026_1
この商店街は5年の期限付きの商店街で2年先には現状に復帰させてから返さなくてはいけないのだそうです。
ここは、復興を担う地元の事業者32店が軒を連ね、元気はつらつに営業をしていて、連日多くの観光客で賑わっています。

こうして元気な顔を見せている半面、イベントの合間に語りべの方に町を案内していただき、被災の状況をお聞きしました。
至る場所で、津波の押し寄せる凄まじさを、同じ場所にいて、同じ風景を見ていたにもかかわらず、ほんのちょっとの違いで生死を分けた話などを聞かされると、人の人生のはかなさを感じます。

1026
これからも機会があるごとに被災地を訪れたいと思います。

2014年10月25日 (土)

南三陸町の復興市へ

明日の南三陸町で行われる復興市に参加するために同地に来ました。 さんさん商店街を表敬訪問したり、懇談会では被災を受けてから、今日に至る迄、多くの方の支援を受けて立ち直りつつある現在進行形の話を聞きました。 パソコンを持参しなかったので、これ以上書こうとすると血圧が上がりそうです! 家に戻ってから補足をアップしたいと思います。 スマホからだと写真のアップの方法が分かりませ?

2014年10月24日 (金)

合併60周年記念シンポジウムと記念切手

1024_60_2
大磯町は昭和29年に旧大磯町と旧国府町が合併し、今年で60周年の節目になります。
今春から色々な合併を記念する事業が行われていますが、今回のシンポジウムは、合併から60年の町の歩みを振り返り、次世代にきらりと輝き続ける大磯の実現に向けて「今何をすべきか」を「みんなで“考える場”」として開催するとのことです。

特にパネルディスカッションのパネリストは、町内在住の社会人・大学生・高校生が出演し「将来に向けて今、何をすべきか」のテーマで行われます。

きっと、斬新な意見等も聞くことが出来ると思いますので楽しみです。

 ○開催日:平成26年11月2日(日)
        午前9時30分から12時00分
 ○場 所:海の見えるホール(聖ステパノ学園内)


また、町では合併60周年を記念した「記念切手」を製作しました。
大磯の魅力を盛り込んだ切手シートになっています。
数量限定の発売となりますので、ぜひこの機会にお買い求めください。

1024_60
○82円切手(10種類)のデザインは以下のとおりです
・ 明治中期から末期の「大磯海水浴場」
・ 日本のなぎさ百選「照ケ崎海岸」
・町の鳥「アオバト」
・ 元内閣総理大臣「吉田茂」
・ 県無形民俗文化財「相模国府祭」
・ 国重要無形文化財「大磯の左義長」
・ 観光キャラクター「いそべぇ・あおみ」
・ ブランドみかん「湘南の輝き」
・ 生沢地区東の池の「蓮の花」
・ 大正14年建築「大磯駅舎」

 ○発売開始日:平成26年10月31日(金)

 ○販売価格:1シート 1230円

○発売場所
・ 大磯町役場(東小磯183)
・ 国府支所(月京6-10)
・ 町立図書館本館(大磯992)
・ 郷土資料館(西小磯446-1)
・ 生涯学習センター(高麗2-14-20)
・ 障害福祉センターすばる(国府本郷1196)
・ 子育て支援総合センターめばえ(国府新宿131)
・ 大磯町観光協会駅前案内所(大磯878-1)
・ 大磯町商工会(大磯927-12)
・ 郵便局(大磯町、二宮町、中井町及び平塚市の一部)
・ このほか、町内での各種イベントで発売することもあります

(注意)各施設のお休みの日には販売しておりません。

本日の記事の詳細は
 大磯町役場 政策総務部 政策課 広報情報係
       〒255-8555
       神奈川県中郡大磯町東小磯183
       電話番号:0463-61-4100(内線:206,207,257,258)へお問い合わせ下さい。

2014年10月23日 (木)

人間だって「落ちる」のです!

「抱っこひも」から乳幼児が転落する事故が相次いでいることを受け、メーカー側に製品の改良を求めることなどを盛り込んだ提言案をまとめとのニュースを耳にして う~ん と思いました。

その提案の内容が、抱っこした状態で物を拾おうとして前かがみになった時や、激しく動く子どもをおんぶしようとした時などに転落事故が相次いでいるとして、メーカー側に対し、通常想定される動作では事故が起きないよう製品の改良を検討するよう求めるないようです。

昨日は愛猫「タマ」が多分、どこか上から落下して打撲をしたらしいと言う推測の記事をアップしました。
人間の赤ちゃんと猫を同時に比較する、非常識さは承知の上でコメントしたいと思います。

留守にさせる愛猫を怪我もさせずに安全を保つためには、外出する時にゲージ等に入れておけば、悪戯もせずに、また、高い所からも落下もしないこと、間違いなしです。

「抱っこひも」にしても、前かがみになった時や、いざという時に自動車レーサーと同じように四点式ベルトで固定しておけば落下は防げると思います。

私たちの世代は、赤ん坊に火傷などの怪我をさせたら親から、それは「親の責任、不注意!」だと強い叱責を受けたものです。

だから子どもが伝い歩きを始めの頃は細心の注意を払って子育てをした記憶があります。

製品には安全性を求めるのは当たり前のことです。
しかし100%の安全は、この世の中に何が存在するのでしょうか。
必ず、危険は少なからずあるのが常識です。

まして、昨日も書きましたが、「地上においては全ての質点(物体)は互いに gravitation(=引き寄せる作用、引力、重力)を及ぼしあっている」ので落ちることを忘れてはいけないのです。

責任は「親」にあるのです。これって、言い過ぎでしょうか?

2014年10月22日 (水)

「万有引力の法則」を知らなかった愛猫「タマ」

「万有引力の法則」とは「地上において質点(物体)が地球に引き寄せられるだけではなく、この宇宙においてはどこでも全ての質点(物体)は互いに gravitation(=引き寄せる作用、引力、重力)を及ぼしあっている」とする考え方、概念、法則のことです。

ニュートンがリンゴが落ちただけで万有引力の法則を発見した訳ではありません。
その発見の前には「ケプラーの法則」があったからこそ発見できたのだと思います。
このような詳しい理論をここで書くつもりはありません。

月は天空に浮かんでいるのにどうして落ちてこないのでしょうか?
月は落ちてこないのに、どうして私は落ちたのでしょうか?

と 考えるのは我が愛猫「タマ」なのです?

ここ数日、病気かと思われるほどに、一日のほとんどを寝て過ごしていました。
出勤時には「行ってらっしゃい」と見送ってくれて、帰ってくれば「お帰りなさい」と玄関に迎えてくれた彼女のこの行動がありません。

余程、体調が悪いのかと思い、抱き上げると大変な不機嫌な状態になるのです・・・・・?
良く良く観察すると、どうも抱かれると身体の一部分、特に臀部の部分を痛そうにするのです。

どうも、一人(匹)で留守番している時に、玄関上の梁か明かり取り窓が大好きな彼女は、そこに渡りそこない落下して打撲をしたようなのです。(推測です)

何でも美味しく食べることができる秋です。
食欲の秋は猫にも通ずるところがあるのか「天高く猫肥える秋」の状況でした。

高い所に登れば、必ず落ちるリスクはあるのです。例え、猫であっても同様です?

体重が増えれば動きも鈍くなります。
明日から、愛猫「タマ」に物理を教え込むことにします。

2014年10月21日 (火)

第4コーナーを回った「大磯宿場まつり」準備

11月9日(日)に予定されている第21回「大磯宿場まつり」の準備が佳境を迎えました。
今夜は同まつりの出店者説明会を開催しました。
会場のキャパシティー一杯の90店ほどの出店が決定しました。

出店説明会後には、運営スタッフ会議も開催して、同まつりのイベントのパフォーマーも固まりタイムスケジュールもほとんど決まりました。

後は実施に向けて詳細の詰めを一つずつ積み上げていくだけです。
それにしても、このイベントは町を始め商工会や観光協会が中心になる訳でもなく、スタッフと呼ばれる宿場まつり大好き人間が集まり、盛り上げてくれることに感謝します。

今夜から明朝にかけてオリオン座流星群が極大を迎ええています。
自宅に戻りビールを片手に、秋の夜空を飾る流れ星を楽しみたかったのですが、残念ながら雲が大きく広がっています。

しかし、オリオン座流星群が見られるのは、今夜だけではありません。
今夜ほどではないはずですが、今月いっぱいは流れ星の見られるチャンスが続くはずです。

こんなことも、秋の夜長を楽しむ一つです!

2014年10月20日 (月)

私の関連するイベント情報

11月 9日(日)第21回「大磯宿場まつり」
         10:00 ~ 15:00 山王町旧東海道松並木
                    仕事人(スタッフ)を募集中!

   16日(日)第51回大磯市
            9:00 ~ 14:00 大磯港

      23日(日)かながわ商工会まつり2014
          10:30 ~ 16:00 横浜 赤レンガ倉庫 イベント広場

   23日(日)大磯ふれあい農水産物まつり
           9:00 ~ 14:00 大磯港

   26日(水)~30日(日)紅葉ライトアップ
           16:30 ~ 20:30 県立大磯城山公園

2014年10月19日 (日)

50回目を迎えた「大磯市」

2010年9月に始まった「大磯市」も今回で50回目の開催を迎えました。
今回は「大磯うつわの日」と同時開催です。

1019_1_3
風もなく穏やかな天候に恵まれて港を会場にする「大磯市」には、今日も5千人に迫る来場者で終日賑わいました。そしてマチナカは「大磯うつわの日」を巡る大勢の来町者があり活気のある一日になりました。

「大磯市」は港に集まる大勢の来場者をマチナカにどのように誘導するかが大きな課題の一つでもあります。
マチナカに誘導すると言っても何も行動を起こさずに手を拱いているだけでは効果がありません。
当面は、今回のようにマチナカのイベントと連動させるしかないのかも知れません。

私たちの「大磯市」は行政から補助金等を一切受けていません。
では町が何も協力をしていないのか?
いやぁ~ 大きな支援を受けています。
私たちの必要としているのはお金ではありません。
人的・許認可を含めた支援です。
そして、行政がこの場をいかに上手に利用してくれるかが問題なのです。

今日の出張行政相談所を会場に設けていただきました。

1019
こうした利用の仕方が大切だと思っています。

私たちが出来るのは、来町者の機会を増やす仕組みまでが限度です。
この場を利用するかしないかはそれぞれの立場で大きく違いはずです!?????

久しぶりに日の出に併せて港に行き、自身も気持ちの良い一日を過ごすことが出来ました。

1019_2_2

2014年10月18日 (土)

真鶴龍宮祭に大磯町商工会も参加

昨年の春にスタートした、真鶴の産業や伝統文化を披露する「海(わたつみ)のまち豊漁豊作祭」秋の部が真鶴港岸壁広場にて2日間にわたり開催されています。

このイベントは
  5月 海(わたつみ)のまち豊漁豊作祭「岩龍宮祭」
  8月 海(わたつみ)のまち豊漁豊作祭「盆踊り」
 10月18日・19日 海(わたつみ)のまち豊漁豊作祭「真鶴龍宮祭」

3回のイベントの中で最大規模の今日と明日は古き祭りと新しき祭りが織り成す二日間です。
豊漁豊作や海の安全を祈願する豊漁神事、神楽奏上といった町民龍宮祭、よさこいフェスティバルやヨット体験乗船、釣り大会など、海の魅力をアピールするイベントが盛りだくさんでした。

10183年ほど前から真鶴町商工会・葉山町商工会・大磯町商工会と海を有効的に活用する連携事業を実施しています。
物産等の交流もこの事業の大きな柱としています。

その一環で葉山町商工会と大磯町商工会も「真鶴龍宮祭」に参加して両町の物産と観光PRを行うために参加してきました。

2014年10月17日 (金)

今日から19日迄「大磯 うつわの日」

今日から19日の日曜日まで「大磯 うつわの日」が開催されています。
今年は22会場で50人以上の陶芸家さんの作品が展示されているはずです。

仕事の合間に見に行く予定でしたが、そうは甘くはありませんでした。
知り合いのFacebook等にアップされている情報を見ると、地図を片手に沢山の人が町歩きをしている様子が伝わってきます。

日常的に使う「うつわ」から美を追求した「うつわ」
そして、そうした「うつわ」を使用して「スペシャルメニュー」を用意してお客様をおもてなしするレストランと、色々な楽しみが満載の「大磯うつわの日」です。

1017
写真は知り合いのFacebookを利用させていただきました。
19日は港で「大磯市」を楽しみ、マチナカで「大磯うつわの日」を観賞し「大磯の秋」を楽しんで下さい!

2014年10月16日 (木)

「出張大磯市」in 東急百貨店日吉店

大磯市は「大磯全体を市(いち)にしよう」をコンセプトに、メイン会場となるミナト(大磯港)にて開催されるマーケットとマチナカ(町内各地)の店舗・ギャラリー・個人邸によるイベント・ワークショップなどと連携して行っている「市(いち)」です。

明日からは「大磯うつわの日」と連携します。

そして「大磯市」のロードマップとして将来的に百貨店等との連携も模索していました。
こうしたことに対応するために準備をしていたところ、は初夏に東急百貨店日吉店からオファーがあり、本日きあら明日迄の二日間で「出張大磯市」を開催することになりました。

相手が百貨店ですので「大磯市」に出店しているお店が全て出店できるわけではありません。
同店のMDと協議をして出店店舗を決めています。

しかし、「大磯市」に出店することにより、こうした場所にも出店が出来ると言う道が開かれることは出店者には大きな励みになると思います。

今日も大勢の人がお見えになっていました。
参加しているお店の方も明日まで商品が持つのか・・・・・?
こんなことを心配する盛況の「出張大磯市」でした。

1016

2014年10月15日 (水)

大磯町合併60周年記念企画展「地図と風景から見る大磯」

大磯町は平成26年(2014)12月1日に、旧大磯町と国府町が合併し新生大磯町が誕生して60周年を迎えます。
町ではこの合併60周年を記念して色々な催し物が行われていますし、今後も各種のイベントが組まれています。
今日も昨日に続いてその事業の一環を紹介します。

○イベントの概要
 大磯町合併60周年企画「大磯の景観再発見プロジェクト」
 大磯町合併60周年記念企画展「地図と風景写真から見る大磯」

○と き:2014年10月11日(土)~2014年12月07日(日)

○ところ:大磯町郷土資料館 

○内 容:郷土資料館では、合併当時(昭和30年代)の町内写真を写した
     風景写真と現在の風景を比較し、町内の変化を調査しました。
     高度経済成長期を越えて変化した町内の様子を、写真と地図を
     展示することにより紹介します。

     本展示は4月から開催していたワークショップ
     「大磯の移り変わりを探してみよう」の調査結果です。

     青少年おもしろ講座1「コンピューターで未来の大磯を描いてみよう」
     (7月29日、30日開催)の作品を展示します。

○お問い合わせ先:教育委員会 教育部 生涯学習課 郷土資料館
         〒255-0005
              神奈川県中郡大磯町西小磯446-1
              電話番号:0463-61-4700
              ファックス:0463-61-4660

1015_60

2014年10月14日 (火)

大磯町合併60周年記念 大磯まち歩きウォークラリー

街中を歩いて、いそべぇのスタンプを集めよう!!
コースは3コース。お好きなコースを選択ください。
どのコースも散策をしながら大磯町の魅力を感じていただけるコースになっています。
コース上のスタンプをすべて集めてゴールすると、いそべぇオリジナル賞品をプレゼント!!
もし、途中でくじけてしまっても、ゴールまで来ていただけると素敵なプレゼントを進呈。
ゴール地点では「大磯ふれあい農林水産物まつり」を開催。散策後は、大磯の地場の味をお楽しみください。

○日 時 : 平成26年11月23日(日) *荒天中止、小雨時はコース変更の場合あり

○受 付・スタート : 聖ステパノ学園正門横広場
            JR大磯駅徒歩1分 住所 : 大磯町大磯868

○スタート受付時間 : 8:00 ~ 10:00

○ゴール : 大磯港 
 住  所 : 大磯町大磯1398―18    
      当日は「大磯ふれあい農水産物まつり」を実施しています。

○ゴール受付時間 : 9:00 ~ 12:30

○参加方法 : 当日受付に直接お越しください。事前申込不要。

○参加費 : 大人500円 中学生以下200円
     小学3年生以下は中学生以上の同伴が必要          

○コース :
 Aコース 眺望抜群 ~海と富士を眺める~(約1時間)
         スタンプポイント・・・旧島崎藤村邸・高田公園

 Bコース 高麗山で紅葉狩り  ~城郭の遺構残る高麗山を歩く~(約2時間)
         スタンプポイント・・・浅間山・高来神社

 Cコース 西へ向かう ~吉田茂邸、縁結びの神 六所神社へ~(約3時間半)
         スタンプポイント・・・旧島崎藤村邸・旧吉田邸
         スペシャルスタンプポイント・・・六所神社
           *六所神社のスタンプを集めると特別プレゼントを進呈!!

○その他 : 
       ●飲み物や防寒具等は各自でご準備ください。
       ●コース上のスタンプを集めてゴールしますと、完歩賞としていそべぇオリジナル
         スタジアムクッション等をプレゼント。また、参加賞も準備しています。

1014

私の関連するイベント情報

10月17日(金)~19日(日)大磯うつわの日
         10:00 ~ 17:00 大磯町内(22会場)

    19日(日)第50回大磯市
            9:00 ~ 14:00 大磯港

11月 3日(月・文化の日)第9回湘南国際マラソン
           9:00 ~ 16:00 大磯プリンスホテル他

    9日(日)第21回「大磯宿場まつり」
         10:00 ~ 15:00 山王町旧東海道松並木

2014年10月13日 (月)

二週続きの台風

先週に引き続いての招かざるお客様のお越しです。
ラジオ番組は終日放送予定を変更して台風19号関連のニュースを流しています。

手元に大磯町消防本部から提供してもらった過去10年間の気象データがあります。
今回の台風でも各地で80mm/時間降雨を超える猛烈な雨が記録されています。
大磯町でもこうした猛烈な雨が降ったことがあるのかな?ということからデータを見たかったのです。

知らなかったですが、意外と何回か記録されていたことに驚きました。

 平成21年11月 92.5mm
           8月 86.5mm

 平成20年 5月 93.5mm
          6月 83.5mm
          8月 84.5mm

 平成19年 7月 94.0mm  結構あるのですね!

雨で大きな被害を受ける方たちには申し訳ないですが、私の住まいは、雨での被害はほとんどありません。
角地で南側が大きく開かれているのでとにかく風通しが良いので、台風時には風の影響を大きく受けます。

平成16年10月9日の台風第22号は、伊豆半島に強い勢力で上陸し石廊崎(静岡県南伊豆町)で最大瞬間風速67.6m/s、大島(東京都大島町)で51.5m/s を観測するなど、台風の中心付近では猛烈な雨や風となり、その時に大磯町でも最大瞬間風速50.0m/sが観測されたと記憶しています。その時には我が家の屋根瓦も大きな被害を被りました。

それに比較して今回の台風19号は、気象レーダー等を見る限り、明らかに温帯低気圧に変わる前兆を持っての関東地方への接近です。
この中で雨量はともかく、半径240㎞の暴風域を維持していることは私には理解が出来ません。

それでも、結果的に大きな被害がなければ幸いです。
未明に大きな風が吹くことが想定されている以上、今夜は早目に就寝することにしましょう!

2014年10月12日 (日)

青根の「コスモス園」

今日は大磯の照ケ崎海岸で明日の塩づくり事業のために塩田の準備をするはずでしたが、木曜日には雨はともかく、台風19号の影響による、うねりが相当あることが予想されることから中止にしました。

従って、予定が二日間ぽっかりと空いてしまいました。

相模原市緑区(旧津久井町青根地区)でコスモスが見頃になっていると言うニュースを見て、カミさんと小ドライブを兼ねて行ってきました。

青根地区の地元住民の有志が約1万平方メートルの休耕田を活用して、青根地区の新たな観光資源づくりを目的に平成18年から取り組みを始めている「コスモス園」です。

1012
秋空の下に咲くピンクやオレンジなどの可憐なコスモスの花が周辺の原風景とマッチしていて、しばし時の流れが止まった思いです。

このコスモス園26日迄の開園です。
そして、最終日にはコスモスの摘み取りも出来るそうですよ!

場所は国道143号経由、県道76号線沿いの津久井署青根駐在所前を目標にすると分かりやすいです。

今週の台風19号の影響で倒れなければ良いのですが?
台風に負けないで、無事であることを祈ります!

2014年10月11日 (土)

二年続くプログラム不要の運動会

小学生1年生から5年生まで在校する小学校。
今日は大磯小学校「第141回秋季大運動会」なのですが、ほとんどの種目に孫たちの出番があるのでプログラムを必要としません。
来年も同様です。
孫たちがそれぞれの役目をきちんとこなしている姿をばぁばと二人で見ることの出来る幸せを感じた一日です。

この一週間の食事時の話題は運動会のことが独占していました。
そして、一人一人の目標を頼もしげに聞いていました。

1011長女のひーちゃんは、自分の出番以外でのお手伝いを積極的に、それも素敵な笑顔で役割をこなしていました。
その結果が徒競争でトップでゴールテープも切ることが出来たし、組立体操や騎馬戦の種目はすべて下だとぼやいていた彼女も立派に土台を務めました。

普段から長女の姿を追い求めている、繊細な次女の、のんちゃんがトップでゴールテープを切りました。
じぃじも驚きました。これは彼女にとっては大きな自信に繋がっていくでしょう!
二人とも日頃からテニスの練習で身体を鍛えている結果です。

体格が小さくても芯の強い三女のまーちゃんは、一番後ろを走っていても笑顔が絶えることがありません。
この笑顔に普段から騙されてしまうのです。
小さなまーちゃんは入退場はいつも先頭です。
これも笑顔で後ろを引っ張って行進する姿に感心します。

娘の長男、のすけと次男のぺーくんは、戦前の公約通りに余裕を持ってのトップでのゴールに頼もしさを感じます。
このところサッカーでスランプが続いていたので、これを機に復活してくるでしょう!

1011_2こうした雄姿を見せつけられたら息子も娘も子どもたちに負けじと成長していかざるを得なくなります。
そして、じぃじ、ばぁばも同様です。
まだまだ老け込む訳にはいきません!
これからも孫たちから大きな刺激をもらうことにします。

2014年10月10日 (金)

大磯の「大玉柿」

湘南の温暖な気候と太陽の光を燦々と浴びて、栽培には有機質をたっぷりと使い、摘蕾と授粉を行いひとつひとつ手塩にかけて作り上げたビタミン豊富な「大玉柿」です。

摘蕾(てきらい)とは、つぼみを摘み取り花数を減らし、蕾を間引くことです。
とにかく、手入れに非常に多くの時間を掛けている逸品です。

柿といえば、日本の秋の風景には欠かせない果物の一つですね。
そして大磯で「大玉柿」が出てくると、これまた秋の深まりを一層感じてくるのです。

この大玉柿は1個350g(一般的な柿は200~250g程度)を超えるものがあるのです。
写真(Facebook 大磯町観光「いそべぇ」から)で見比べて下さい。
1010
さらに、この大玉柿は、市場には出回らず、直売や宅配でのみ販売なので、地元でも、とても貴重な柿でもあるのです。

では、この逸品中の逸品「大磯の大玉柿」を何処で手に入れるのか?

それは下記のURLでご確認ください。
 http://www.town.oiso.kanagawa.jp/isotabi/miryoku/tokusanbutsu/oodamagaki.html

2014年10月 9日 (木)

十六夜月とボタンを愛でる集い

LIONS.Cのメンバーから、十六夜を愛でながら地元産のボタン肉を食べるからとお誘いを受けて「汐彩のお宿大内館」の屋上に行ってきました。

1009昨日は見ることが出来なかった「皆既月食」の無念を晴らすかのような素晴らしい十六夜に皆さん酔いました。当然、お酒が美味しかったことは言うまでもありません。

十六夜の月明かりに照らされて、遠く房総半島、三浦半島に江の島まで見渡し、目の前の北浜の海がきらきらと輝くロケーションも最高でした。

大磯町にも最近は多くのイノシシ被害が出ています。
そこで捉えられたイノシシさんを食しました。
販売ルートに乗せることが出来ないので、普段は口にすることが出来ません。

季節がもう少し進めば「ボタン鍋」なのでしょうが、今日は網焼きです。
いやぁー、久しぶりで美味しかったです。

しかし、この美味しさは、被害の大きさの裏返しでもあるのです。
ですから、そうした思いも含めて良く噛みしめてきました。

2014年10月 8日 (水)

相模守の計らいも叶わず!

満月が地球の影に入り、暗くなる皆既月食が午後7時25分ごろから日本全国で起きました。
だから大磯でも見ることが出来る はず です!

ちょうどその時間は「大磯宿場まつり」のスタッフ会議の真っ只中の時間です。
今夜のレジメの
       その他に 部分食の始め  18時14分
                皆既食の始め  19時24分
                食の最大      19時54分
                皆既食の終わり 20時24分
                部分食の終わり 21時34分 とあります。

会議の冒頭に相模守(実行委員長)から、「今夜は3年ぶりの皆既月食です。7時50分から10分程度を休憩とします!」と粋な計らいに出席者から拍手が!

その時間になると皆で屋上に上がり「皆既月食」のにわか観測会を開始したのですが・・・・!
雲が厚く覆っていて「皆既月食」の観測は不可能でした。

折角の計らいで、守が神に頼んだ願いも届きませんでした。
それもそのはず、神無月です。納得!

1008                                       ▲
                            上の写真は AstroArts から

2014年10月 7日 (火)

グローバルカフェへの誘い

大磯町を始め私どもの商工会も大学との連携を色々な局面で協力し合っています。

その一校でもある東海大学では、地域社会を結ぶ情報交流の拠点として、To-Collaboプログラムの情報発信をはじめ、様々な展示や講座を行っています。 

その一環で、地域貢献活動の拠点として「地域連携講座」を開講するとのことです。
限られた地域の方の参加募集ですがご興味のある方は、開催時間まで時間がありませんが、是非ご参加ください。

1007【以下は同大学から開催主旨です】
「日本の皆さんに自分たちの国のことをもっと知って欲しい」そんな留学生の声から誕生した講座です。
東海大学には、現在41カ国・地域、約650名(*2014年5月1日現在)の留学生が在籍しております。
この講座では、さまざまな国・地域から来ている留学生が、皆さんに自国の紹介をします。
参加者の皆さんには、その国・地域ならではのお茶などを味わいながら、その国の文化や生活などのお話を聞いていただきます。
また、その国・地域の言葉で簡単な会話(挨拶など)の練習を予定しています。
一部の留学生は英語でお話をしますが、本学在学生が逐次通訳をいたします。(学生がトレーニングの一環で行いますので、一部スムーズにいかない場合もございますが、その点はご容赦いただければ幸いです)
留学生たちは皆様にお会いできるのをとても楽しみにしております。ぜひご参加ください。

2014年10月 6日 (月)

招かざるお客様 台風18号!

1006今夜は十三夜です。
この満月よりよりちょっとだけはにかんだお月さま。
その分、満月の時より月の表面の陰影がはっきりしてクレーターが良く見えます。

この十三夜を愛でながら旧安田邸で琴の音色を楽しみながら観月会を行うはずだったのですが・・・・?
2014年の「台風18号(ファンフォン)」さんをご招待したはずではなかったのですがね。
何故か押し掛けてきました。

子どもの頃に、十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をしなければいけないと親に良い聞かされてきました。
何故なのでしょう?
分かりませんでしたが、十五夜だけ観賞するのは「片月見」といって忌まれていたからのようです。

明後日の満月は皆既月食を見ることが出来ます。
皆既月食は、月が本影(地球)の中に完全に入り込みます。
しかし、皆既食中の月は真っ暗になって見えなくなるわけではなく「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色に見え非常に幻想的なお月さまを見ることが出来ます。
1006_2
部分食の始め  18時14分
皆既食の始め  19時24分
食の最大    19時54分
皆既食の終わり 20時24分
部分食の終わり 21時34分

是非、秋の夜空を見上げて下さい。
私も孫たちと一緒に観察するつもりです。

2014年10月 5日 (日)

今日は時刻表記念日

今から120前の今日、1894年10月5日。
日本で初めての本格時刻表『汽車汽船旅行案内』が出版され、それを記念し10月5日は「時刻表記念日」となっています。

1005_2この『汽車汽船旅行案内』は、その誌名どおり単純な時刻表ではなく、沿線の観光案内や紀行文も掲載されていたそうです。

日本地図と同じくらいに愛読書に近かった「時刻表」ですが、最近はめっきり機会が減りました。
インターネットによる路線検索機能が格段とアップされて、瞬間的に検索できるようになると時刻表離れも加速されると思いますね。

そう言えば、ユニーク系検定の代表格として多くの人に親しまれて1999年に始まった「時刻表検定」が、2009年試験をもって終了となってしまったのもこうした事情によるものでしょうね?

明日は早朝から台風18号の影響で交通機関のダイヤが大きく乱れる可能性があります。
夕方には小学校から休校の連絡が早々に入りました。
息子も緊急呼び出しで今夜の内に出勤していきました。
今夜は早めに床について明日に備えることにしましょう!

2014年10月 4日 (土)

落花生掘り取りツアー

相州落花生といえば「日本の落花生栽培発祥の地」になります。
1市2町(秦野市・二宮町・大磯町)の落花生の落花生業者さんたちが中心になって「落花生掘り取りツアー」を実施しました。

落花生の掘り取りには時期がもう少し早い方が良かったのですが、皆さん沢山の落花生をお土産に掘りました。
皆さん、土に触れている時には良い顔をしています。

「ところで、参加者の皆さん!今日はマイカーでも貸切観光バスでもなく、既存の交通機関を利用して、ご自分の足でやって来たことを・・・・・?」
お忘れではないですか!
1004
掘り取った「落花生」にお名前を書いていただき、車で解散地点でお渡しすることにしました。
「皆さん、ホットした顔に!」その変化が印象的でした。
大地のパワーって凄いです。一瞬にして童心に返してしまうのですから!

今日のお昼は秦野で豆菓子商品を数多く開発してきた豆菓子店の芳甘菓豆芳(ほうかんかまめよし)さんが特別に「落花生弁当」を作ってくれました。
「落花生おこわ」美味しかったです。
「落花生と鶏肉の煮込み?」商品名は分かりません。
これも大変美味しかったです。皆さんに満足をしていただきました。
1004_2
食事後には相州落花生の歴史等のお勉強会。
熱心に聴講していただきました。
大磯が「日本の落花生栽培発祥の地」であることを、さりげなくPRさせていただきもしました。1004_3
帰り路には「かまか商店」さんに寄って「砂糖付き落花生」の実演を見せていただき、その出来たての「落花生」を賞味して、お土産として参加者に持つ帰りをしてもらいました。

1004_4
こうした体験ツアーって意外と人気があることを、改めて認識しました。

2014年10月 2日 (木)

「地域プロジェクト演習」授業

今年も昨年に引き続き、文教大学観光学科の「地域プロジェクト演習」の後期授業に毎月第3日曜日に大磯港で行っている「大磯市」の課題を取り入れていただき、学生に大磯市が抱える課題と今後の目指す方向性の説明に文教大学湘南キャンパスにお伺いしました。

9月29日に第187臨時国会が召集され安倍首相の所信表明演説が行われたました。
災害に強い国づくりに併せて東日本大震災の復興の加速、地球儀外交、防衛問題、成長戦略の実行etcと多岐にわたる表明がありました。

1002
地方創生で若者の将来に夢と希望を個性を生かすとの演説で、日本のコンクリートジャングルを作り上げてきた国土交通省の政策をかなり批判をしている書物(犬と鬼や日本の美しき残像)を著している、アレックス・カー氏を冒頭の引き合いに出したことに驚きました。

鳥取・大山の水の恵みを生かしたふるさと納税にリンクさせた地ビールで売り出した例えや、隠岐の海に浮かぶ人口2400人程の島根県海士町は10年間で400人を超える若者たちがIターンでやってきて「この島にしかない」ものを生かすことで、全国のまちづくりの見本になっている大きな成功事例を所信表明の重要施策として発表しました。

確かに安倍首相が述べるように、今や物質的な贅沢よりこころの豊かさを求める傾向にあることは事実です。しかし必要最低限の経済活動がなければ地方も個人の生活も成り立ちません。

だから海士町のキーワードは「ないものはない」と自らが創生していくことの積み重ねて、その町民一丸となって取り組む姿勢に地方からモデルとして支持されているのだと思います。

私たちの地域にもある面では「ないものはない」のです。
しかし、それは何もやらなくても「ないものはない」の世界なのです。恵まれているのです。
これが根本的に違います。

「大磯市」も元を正せば「朝市」「マルシェ」です。
どこでも実施しているイベントです。
「どこでも行っていないイベント」を目指すのであれば将来に向けたしっかりとしたロードマップを主催者が共有することです。

マチナカで行われているイベントとの連携も徐々に進んでいます。
大磯市セレクトショップ1号店も出来ました。
現在、某大手の百貨店との連携も出来つつあります。

他にも、まだまだやりたい事業や周辺に理解を得るためにやらなければならないことが山積しています。
こうした課題に学生たちに取り組んでもらう予定です。

2014年10月 1日 (水)

今年も残りが3カ月に!

10月ですね!
1日と言えば50年前に日本の鉄道技術の粋を結集した東海道新幹線が開通した日を想い出します。
開通した1964年ですから私が中学3年生の時です。

新幹線の発祥の地が小田原市の鴨宮にあります。
そのために新幹線の工事区間は一番最初の頃に取りかかったのがこの周辺です。
小学生の頃に万田村(当時はまだ村だったと思います。現在は平塚市)まで工事を見に行ったものです。

そして試験車両の新幹線の走行実験を見て、その速さも目の当たりにしてきました。
それだけに、子どもながら新幹線の開通を楽しみにしてきたものです。

東海道新幹線開発の歴史は、戦前の「弾丸列車計画」に遡ります。
旧鉄道省が1939年に線路幅の広い広軌による高速鉄道の計画が立案されて東京と下関間を9時間で結び、下関からは海底トンネルでアジアの大陸までつなげようという壮大な構想がありました。

41年には実際に着工されましたが戦局の悪化から2年後には工事が中止されました。
しかし、この資産があったお陰で59年4月に起工してから、わずか5年6ヶ月で開通にこぎ着けたのだと思います。

10月1日は私に身近な記念日がもう一つありました。
1001から連想する「メガネの日」なのです。
一0・0一 1を漢数字に置き換えると う~ん なるほどと言う気にもなります。
1996年に制定されたそうです。
9月25日に「眼は大切にして欲しいです!」をアップしましたが、今日の方が良かったのかもしれません。

もう一つありました。
国際協定によって、コーヒーの新年度は10月がスタートになるそうです。
コーヒーは確かに夏よりこれからの秋や冬にかけての方が需要が高くなります。
ですから全日本コーヒー協会によって、10月1日が「コーヒーの日」と定められたとのことです。

そのコーヒーも今日から値上げの一品目に!
乳製品やコーヒー製品を始め、外食や航空運賃などの値上げが続きます。
今日も為替は1ドル=110円に迫る円安もあって、輸入製品は当面は商品の値上げが続くのですかね?

価格がアップする商品が増えると、普段は財布に居心地の悪さを感じていた野口英世さん、樋口一葉さん、福澤諭吉さんたちは出ていくのを嫌がります。
出て行くのを嫌がる状況が続けば必然的に景気悪化につながります。

秋は万葉の頃より、動植物の生活の変化から季節の移り変わりを捉える歌も一番多い時期なのですが?
こうした感傷に浸る10月のスタートにしたかったのですがね・・・・・?

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ