« 大相撲 新旧力士の快記録 | トップページ | 第24回「しながわ宿場まつり」 »

2014年9月27日 (土)

天災は忘れた頃に来る

サバイバル・セルフレスキュー(SSR)講習会が大磯ロングビーチの流れるプールを中心に行われました。
サバイバル・セルフレスキューとは、洪水・増水といった水害や、海・川・池での水難事故から自分の命を自分で守り、最悪の状況を回避するための総合プログラムです。

講習会では、安全な入水・飛び込み、川の流れの体感、背浮き、立ち上がり、スラローム、救助の待ち方・救助の仕方などに加え、救助用具ともなるスタンド・アップ・パドル(SUP)やカヤックの体験スクール、防災シェルターの試乗が行われした。

そして、東北を襲った大震災発生から3年余りが経った今、被災地や被災地支援の現状や課題、今後の復興のあり方について、被災者を含む関係者を交え議論し、今後の行動につなげるきっかけとするためのトークショー。震災直後の写真展も開催同時されています。
0927_survival_self_rescue
この催しは明日も開催されます。
今日の講習会は水に対する備えです。

日本は火山列島であることを忘れてはいけないというニュースがお昼に流れました。

長野県と岐阜県にまたがる御岳山(3067メートル)が2007年3月以来の噴火がおこり、未確認としながらも死者がいるとし、なおかつ山頂付近などには多くの登山客らが取り残されている模様です。

「天災は忘れた頃に来る」
この言葉ほど災害に対する備えの大切さを端的に言い表した言葉はないと思います。
幾度となく聞いてきました。私自身も機会があるごとに使ってきた言葉です。

この言葉は寺田寅彦氏が言ったといわれる言葉ですが、今一度、一人一人が心に留めておく必要があるのだと痛感する言葉です。

« 大相撲 新旧力士の快記録 | トップページ | 第24回「しながわ宿場まつり」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/60384403

この記事へのトラックバック一覧です: 天災は忘れた頃に来る:

« 大相撲 新旧力士の快記録 | トップページ | 第24回「しながわ宿場まつり」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ