« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

商工会女性部講習会「AEDで助かる命」

最近、公共施設を中心に主だった駅や空港、劇場などでもAEDが設置されているのを見かける機会が非常に多くなりました。

このAEDが突然の心停止を起こして倒れた人を、そこにいる人たちがその場で使って倒れた人の命を救うことができる医療機器であることはかなり知られてきました。

しかし、実際にAEDを使用して、どのように救命に当たるのかとなると意外と知る人、使用したことがある方は少ないものです。

今日は、大磯町商工会女性部の川口部長はこうしたことに対してAEDの使用法も含めた普通救命講習会を大磯消防署の協力をいただき開催しました。
0930
自分の目の前で突然の心停止を起こして人が倒れたらどうしましょう?
救急車を呼ぶことまでは誰でもが思いつきます。

このような時に、まず胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行い、なお、そばにAEDがあればそれを使用して救急車の到着を待ちます。これだけでも大きな効果があります。

私などもいつお世話になるかもしれません。
いやぁ これは何も年配の方に限ったことではありません。

心臓突然死はいつでも誰でもどこにでも起こる可能性があります。
学校の体育の授業やスポーツの最中にチームメートが倒れるかもしれません。

そんな時に何も知らなければ傍観者になってしまいます。
それが今日のような講習を受けていれば、この経験が活かされて人の命が救えるかもしれません。
それこそ、知らないより知っていた方が良いということです。
0930_2
女性部の皆さん「普通救命講習修了証」をいただきました。

2014年9月29日 (月)

平成26年10月1日 神奈川県最低賃金改正

0929平成26年10月1日から、神奈川県最低賃金は、現在適用されている時間額868円から19円引き上げられて887円となります。

この最低賃金は、県内で働く常用・臨時・アルバイト等全ての労働者に適用され、使用者はこの金額以上を支払わなければなりません。

最低賃金の対象となる賃金は、通常の労働時間、労働日に対応する賃金に限られ、次の賃金は対象になりません。
   (1)精・皆勤手当、通勤手当、家族手当
   (2)臨時に支払われる賃金
   (3)1ヶ月を超える期間毎に支払われる賃金(賞与等)
   (4)時間外、休日労働に対する賃金、深夜割増賃金

なお、平成26年度の特定最低賃金額は、現在審議中です。
決定されるまでは、神奈川県最低賃金887円が適用されます。

中小零細企業にとっては非常に厳しい環境にあることは事実です。
しかし最低賃金で週40時間一か月働いて¥141,920です。
果たしてこの賃金が高いのか安いのか?
この辺りに日本経済が低迷を続ける要因もあると思います。

詳細は http://kanagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/saiteichingin_chinginseido/saichin.html
で確認して下さい。

2014年9月28日 (日)

第24回「しながわ宿場まつり」

絶好のイベント日和に恵まれた第24回「しながわ宿場まつり」に創作和太鼓「かんなぎ座」のメンバーと参加してきました。

秋雨前線が活発になるこの時期に開催される同イベントも、今年は天気を心配することもなく、大勢の人出で終日にぎわいました。

しながわ宿場まつりの名物は前日の「花魁道中」と日曜日に行われる地元の学校、企業などが参加するパレードです。
今年はこのパレードに松田町無形文化財の「大名行列保存会」も参加してくれました。

松田町商工青年会が50周年記念事業の一環として「大磯宿場まつり」に参加をさせて欲しいとの要望を受けていました。
過去に出演をしてもらった経緯もあったのですが、なにせ狭い場所で実施する「大磯宿場まつり」では彼等の演技の見せ場を作ることが出来ません。

この相談を「しながわ宿場まつり」実行委員会に相談をしたところ気持ち良く参加の受け入れを引き受けてくれました。これが「東海道」の「結」です。
松田町の本山町長を始めとする保存会も面々が参上し、松田町商工青年会が花のお江戸で素晴らしい演技をしてくれました。
0928
こうした出会いや人情が東海道には沢山あります。
だから魅力があるのだと思います。
こうした東海道で出会った皆さんが11月には「大磯宿場まつり」に集結します。

2014年9月27日 (土)

天災は忘れた頃に来る

サバイバル・セルフレスキュー(SSR)講習会が大磯ロングビーチの流れるプールを中心に行われました。
サバイバル・セルフレスキューとは、洪水・増水といった水害や、海・川・池での水難事故から自分の命を自分で守り、最悪の状況を回避するための総合プログラムです。

講習会では、安全な入水・飛び込み、川の流れの体感、背浮き、立ち上がり、スラローム、救助の待ち方・救助の仕方などに加え、救助用具ともなるスタンド・アップ・パドル(SUP)やカヤックの体験スクール、防災シェルターの試乗が行われした。

そして、東北を襲った大震災発生から3年余りが経った今、被災地や被災地支援の現状や課題、今後の復興のあり方について、被災者を含む関係者を交え議論し、今後の行動につなげるきっかけとするためのトークショー。震災直後の写真展も開催同時されています。
0927_survival_self_rescue
この催しは明日も開催されます。
今日の講習会は水に対する備えです。

日本は火山列島であることを忘れてはいけないというニュースがお昼に流れました。

長野県と岐阜県にまたがる御岳山(3067メートル)が2007年3月以来の噴火がおこり、未確認としながらも死者がいるとし、なおかつ山頂付近などには多くの登山客らが取り残されている模様です。

「天災は忘れた頃に来る」
この言葉ほど災害に対する備えの大切さを端的に言い表した言葉はないと思います。
幾度となく聞いてきました。私自身も機会があるごとに使ってきた言葉です。

この言葉は寺田寅彦氏が言ったといわれる言葉ですが、今一度、一人一人が心に留めておく必要があるのだと痛感する言葉です。

2014年9月26日 (金)

大相撲 新旧力士の快記録

大相撲が盛り上がっています。
新入幕の前頭逸ノ城が、横綱鶴竜をはたき込みで下し、1敗をキープしました。
二日続けて大関を撃破しての今日の横綱戦でした。

勝ち方がどうの?引き技だからと解説している親方もいましたが、お門違いもいいところです。
横綱であれば相手がどんな取り口で向ってこようと、どんと受け止め、横綱相撲で勝って、初めて正々堂々と力でぶちかますことの必要性、若いうちから楽な勝ち方をしようと思うな(負けたたらしょうがない!)を教えるのだと思うのですが・・・・・?

いずれにして新入幕の横綱撃破は41年ぶり3人目の快挙とのことです。

21歳の若者が土俵上で躍動、脚光を一身に浴びている一方で、忘れては困るとばかりに、旭天鵬は73年ぶりの40代幕内勝ち越しを決める快挙です。
「今までの勝ち越しとは全然違う」と喜んでいましたが、正に「角界のレジェンド」になりました。

大相撲も国際化が進んでいます。
幕内力士は42人。
その内、モンゴル出身14力士、ブルガリア・エジプト・ブラジル・中国出身が各1力士。

これだけ盛り上がっているんですから、もう少し・・・・・?
と思いたくなります。そうすれば15日連続で満員御礼の垂れ幕が続くのでは?
期待します!

2014年9月25日 (木)

眼は大切にして欲しいです!

私のメールやブログを始め通信環境のプロバイダーは nifty を利用しています。
そのニフティHPの「何でも調査団」のタイトルが気になってその記事を見て非常に驚きました。

レポートの見出しが
「視力「0.1以下」が35%と断トツ。「1.0以上」は18%と約2割。」とありました。

レポートのまとめが1位は「0.1以下」で35%、以下はすべてひとケタだったため、「0.1以下」は断トツの結果です。
反対に目のいいとされる「1.0以上」の人は18%と約2割しかいないそうです。
周りを見れば、皆さんが眼鏡をかけている状況に納得する結果です。

しかも、視力が「0.1以下」という30代以下はなんと46%にも達し、年代別で見ると、「0.1以下」は60代以上が24%に対し30代以下は46%と約半数と、若い世代の方が目が悪い人が多いという結果が気になります。

0925

私は小学生の高学年から近視になり、中学生になる頃には既に眼鏡を友にしていました。
従って、半世紀以上も眼鏡とつきあっています。

近視が故に色々のアクシデントにも遭いました。
(この種の話題は書くことが出来ないくらいあります。)

目はいい方がいいに決まっています!
視力に左右される職業って、パイロットを始めたくさんあります。
ですから小さい内から眼を大切にして欲しいと思います。

お馴染みの視力表です。
5m用の視力表ですと、0.1を2メートル以内のところまで前進していかないと認識できません。
ですから0.1程度は、私からすれば幸せなのですが・・・・・?

でも不便ですよ!

2014年9月24日 (水)

私の関連するイベント情報

10月13日(月・体育の日)大磯・塩づくり体験事業
          9:00 ~ 14:00 照ヶ崎海岸
                
台風の影響により、こちらのイベントを 【中止】 いたします。
               楽しみにしていただいた皆様には、大変申し訳ございませんが、
               何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
 

   17日(金)~19日(日)大磯うつわの日
         10:00 ~ 17:00 大磯町内(22会場)

   19日(日)第50回大磯市
            9:00 ~ 14:00 大磯港

2014年9月23日 (火)

旧吉田邸地区 開園1周年記念 他

20日から本日23日迄、旧吉田茂邸が昨年に県立大磯城山公園旧吉田茂地区として整備されて1周年を迎えて色々なイベントが行われました。
0923
特に「フォーチュンフェスタ2014」の一環として8団体ほどのフラダンスチームが参加し、邸内の心字池前庭園周辺は各参加チームの鮮やかなユニフォームを身に付けた美女に吉田さんも喜んでくれたのではないでしょうか?

兜門前の前では大磯逸品の会を中心にした「城山マルシェ」も開催しました。

第9回湘南邸園文化祭も9月1日から横須賀市から湯河原町までの7市4町で始まっています。
この文化祭も先に記述の「フォーチュンフェスタ2014」に併せてキックオフイベントを開催。
邸園文化めぐり in 大磯では、一部をミステリーツアー(ここでは詳細を書くことが出来ずに申し訳ないです)に参加者は喜んでいただいたと思います。

そして駅前にある、貿易商の別荘として建てられてから百有余年、数えきれないほどの賓客をもてなしてきた、日本で現存する最古のツーバイ方式の洋館「大磯迎賓舘」で歓迎パーティーと盛りだくさんの一日でした。
0923_2
久しぶりに旧知たちと顔を合わせ、一方では新たな出逢いもいただきました。

お彼岸の中日です。
こうした良い一日を過ごせることに、ご先祖様にも感謝する一日でした。

2014年9月22日 (月)

終わってみればフラストレーションが!

ここ一カ月位、余程のことのない限り腰痛ベルトと距離を置いた生活を続けています。
非常に嬉しいことです。
それでもボウリングに行く時だけは装着していたのですが、先週の月曜日と今夜も意識的に腰痛ベルトを付けずにゲームに臨みました。

腰を締め付けられることもなく、スムースに腰を回転させることが出来ます。
自然とボールに力が出てきますし、押し出す力も以前とは違うことを実感します。

その結果が、先週の6連発に続いて今夜は7連続ストライクまでと伸ばすことも出来るようになりました。
そして、久しぶりに250アップゲームに喜んだのも、このゲームだけ・・・・・・?
後はこのゲームの貯金を積み上げることが出来ないまま、つかの間の快感からいつものフラストレーションの溜るイライラする展開に。

頭では3ゲームを楽しく投げることが出来れば良しとする と理解しているつもりなのですがね。

今日は、右肘痛で離脱していたヤンキースの田中投手が75日ぶりとなる登板で復帰戦を白星で飾ったと昼のニュースで聞きました。
日々、リハビリに取り組み、投げたい気持ちを抑え、この日を迎えて結果を出すのですから凄いとしか表現が見つかりません。

こんな世界のスパースターを引き合いに出すこと自体が間違っているのですが、田中投手の活躍に触発されたのは確かです。
私の結果は、来週の楽しみにとっておきます。

2014年9月21日 (日)

複雑な一日でした?

今朝は気持ちの良い秋晴れの中で目覚めました。
寝室のカーテンを開けると目にも鮮やかな青空が広がり、その陽光が部屋の奥まで入ってきました。

何も予定のない日曜日でしたら最高の天気です。
それが、この良い天気が故に夕方を迎えることが憂鬱で、とてつもなく長い一日に感じました。
色々な事情を考え合わせた結果に木曜日の段階で開催中止を決定した「大磯市」です。

しかし、今年最後の夜市の「大磯市」にお越しいただいた皆様には関係のないことです。
それが、この絶好のイベント日和に中止にしてしまい、大変申し訳ございませんでした。
SNS等に普段から馴染みのない方は、誰もがこの天気で中止になっていることなど思いもよらぬことです。

開会時間に併せて、港に行ってお越しになったお一人お一人に、兎に角、申し訳ないですと謝ることしか、方法が見当たりません。

この風景を見たら誰でも中止はあり得ませんものね・・・・・・!
           ▼
0921

2014年9月20日 (土)

お彼岸の前に涼しさが

厳しい暑さの夏も落ち着き、季節が秋に移ろいゆくと秋のお彼岸の時期がやってきます。

と、いつもの年ですと表現をするのですが、今年は9月を迎えてから残暑らしい暑さもなく、秋のお彼岸が来てしまいました。

至る所で彼岸花が咲き誇り季節と一体感を織りなしています。
命日にふらっと墓参する時に行く墓地は寂しさを感じます。

しかし、お彼岸等の時期のお墓は、大勢の方と挨拶を交わしながら、墓前には綺麗な季節を彩る花で華やかに感じます。

生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸と言うのだそうです。
そして、その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界が此岸(しがん)です。

そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになっているそうです。

子ども、孫にはこのような説はともかく、先祖がいたから自分たちがいる。
だから、ご先祖を大切にして欲しいと言う感謝の気持ちだけは忘れないようにして欲しいと思います。

2014年9月19日 (金)

大磯うつわの日2014

秋、大磯で…
ぶらり港を見ながら、朝市で地産の魚や野菜を手に、
老舗の旨いものを巡り、
鴫立庵や藤村邸で古にふれ、
手には、とっておきのうつわ…。
小旅行気分で暮れゆく秋を満喫しませんか?

大磯うつわの日 年々、充実していきます。
詳細はこちらから
     http://oiso-utsuwa.jimdo.com/
0919

2014年9月18日 (木)

円安 進みすぎませんか?

原油価格は、今年6月中旬に1バレル・107ドル超まで上昇しましたが、それ以降は下落に転じて現在は90ドル前後に戻り、ガソリン価格も雀の涙ほどですが下落を続けていました。

一方では、この1か月余りで円相場は6円以上下落する円安の進行で原油価格の下落の恩恵も薄くなってしまいます。
今日は108円半ばまで円安になりました。

そして、東京株式市場は自動車など輸出関連株が中心に買われ、今年の1月以来、1万6000円台を回復しました。
確かに日本経済全体で見ればプラスの一面があることも理解できます。

しかし、急激な円安の進行は輸出産業等もない中小零細商店等が中心のローカルの地方都市にとっては、輸入コストの増加につながるでしょうし、原材料の仕入れ等の高騰に直結し、明らかに今日の円安は行きすぎだと感じます。

円安になればなるほど日本経済全体がハッピーとはなりません。
為替の安定を望みたいと思います。

2014年9月17日 (水)

落花生掘り取りツアー

日本の落花生栽培発祥の地は大磯なのですが・・・・・。
しかし、発祥の地とはいうものの、ちょっと元気がないのです!

決して千葉県ではありません。
でもね、大磯・二宮・秦野で作られる昔ながらの「相州落花生」はごくわずかとなってしまいました。

このままでは「落花生」で栄えた歴史があるのに、このままでは忘れられてしまいます!

昨年から大磯・二宮・秦野の1市2町で「落花生関係者」が集まり、様々な活動を行っています。
その一つが「落花生バトル」です。
「大磯市」でゲーム的な感覚「落花生戦争」で発祥の地をPRしています。

今年はこの地域の中でも比較的大きく栽培している秦野市を中心に、落花生の掘り取り、そして落花生の歴史も学び、落花生でにぎわった秦野の商店街を巡るツアーを企画しました。

もちろん落花生を使ったお弁当も味わえます。
落花生を扱うお店でたくさん試食もできます。

そのほかにも秦野の新名物「秦野ドーナツ」なども味わえますよ!

是非、相州で秋の一日を楽しんで下さい。

 日 時:平成26年10月4日(土)10:00~16:30
 参加費:大人2500円・小学生1000円(未就学児無料)
 定 員:20名
0917

2014年9月16日 (火)

遅れを取り戻すぞ!「大磯宿場まつり」

第2回目の大磯宿場まつり運営スタッフ会議を開催しました。
今年はイベントを取り巻く周辺環境の対応が整わずに例年に比べると2週間ほど遅れてますが、今夜の会議と次回でビハインドの部分を取り戻そうとスタッフの皆さんもエンジンが掛かり始めました。

元々が、宿場まつりが大好きで集まっている集団です。
労力を惜しむこと自体に苦を感じていません。
しかし、着実に関係者の一人一人が歳を積み上げていることの現実にどのように対応していくのかが大きな課題です。

この力が集結しているからこそ行政等の補助金に頼らずに20年も継続してきた源があります。
しかし、社会は景気の回復傾向にあるというものの、一地方都市のローカルな中小商店の経営は厳しい環境にあるのが実情です。

協賛金をお預かりするのも大変厳しい状況にもあります。
当然、経費の削減等の話題に及びますが、その経費の削減がスタッフの労力増に繋がってしまうと、現有人員では足りなくなってしまいます。

このバランスが非常に難しいのです。

今夜も、ブレーンストーミングのような会議を通して『第21回大磯宿場まつり』の方向性は定まったように感じました。
スタッフの皆さんに感謝です!
0916
『第21回大磯宿場まつり』
 ○日  時:平成26年11月9日(日)10:00~15:00
 ○開催場所:旧東海道山王町松並木
 ○内  容:詳細を随時アップします

2014年9月15日 (月)

3296万人の1人

「敬老の日」を前に総務省が14日発表した人口推計によると、平成26年の65歳以上の高齢者は前年に比べ111万人増の3296万人との発表がありました。
総人口に占める割合は25・9%で、ほぼ4人に1人の計算です。

今年から、その中の一人に仲間入り?していることに違和感を感じます。

そして、平均寿命が延び100歳を超えて長生きするお年寄りが珍しくなくなりました。
それもそのはずです、厚生労働省の集計では100歳以上の高齢者は5万8820人。

別に年寄り扱いにされている訳でもありません。周りでは大勢の若者が支えていてくれます。

「老」と言う言葉には、年をとることの他に物事をよく知っている。
経験を積んでいるといった意味が本来はあるはずです。

だから、老いることを恥じることはないと思うのです。
しかし、聴く耳をもつて若者たちと接する心掛ける謙虚さを同時に身につけることが絶対的な条件だと思います!

以前も、本県の大和市が今年4月に「60歳代を高齢者と言わない都市」を宣言をし、合言葉は「豊かな知識と深い経験を持つ人材は宝」だとして、ボランティアや就労の機会を積極的につくり、60代が気軽に活動できる環境を整えている話題を書きました。

次の話題は「敬老の日」とは、ちょっと失礼かもしれません。
しかし、プロスポーツの世界でも、ベテランの活躍が話題になっています。

現在、行われている大相撲秋場所の旭天鵬関は、40歳の幕内力士では、1958年の年6場所制以降では史上初。昭和以降では60年ぶりだそうです。
もし今場所を給金(勝ち越し)を果たせば、実に戦前の’41年5月場所の藤ノ里以来73年ぶりとなる『40歳での幕内勝ち越し』になるそうです。
今日も勝ち2連勝のスタートです。是非、この夢を現実にして欲しいものです。

プロ野球選手にもベテランで活躍する選手がいます。
中日の49歳山本昌投手が5日の阪神戦で64年ぶりに最年長勝利記録を更新しました。
そして、期待をして見守った昨晩は、残念ながら4回5失点でKOされました。

球界最年長勝利を飾っての今回は、球界最年長最年長KOの記録。

これも長くやっていることが出来るからこその記録です。

こんな、ベテランプロ選手の活躍に触発されて敬老の日だからこそと思い、久しぶりにボウリングのトーナメントに参加してきました。

1G・2Gと何となく打てそうで打てない状況でフラストレーションが溜まっていると、3G目に来ました、ストライクラッシュが!

頭から6連発のストライクが!
そして7連発以降も 続くはず だったのですが?
その後はお○(スプリット)の連続で撃沈と結局、フラストレーションがを溜めこむ羽目に!

それでも「老後は余生ではなく、第二の人生」だという意識を自覚して、健康寿命こそ伸ばすことで、始めて真の長寿社会と言えるのではないかとの思いを実践してきた「敬老の日」でした。
まだ、色々な意味で頑張れるぞっ!

私の関連するイベント情報

  9月21日(日)第49回大磯市
            17:00 ~ 20:30 大磯港
              
21日は雨天となる可能性が高いため、
         朝の魚市、夜の大磯市ともに開催中止としました。

                       次回の大磯市は10月19日(日)。
                       通常の時間帯に戻り、9~14時におこないます


     23日(日)
湘南邸園文化祭キックオフイベント
          13:30 ~ 旧吉田茂邸庭園他

10月13日(月・体育の日)大磯・塩づくり体験事業
          9:00 ~ 14:00 照ヶ崎海岸

2014年9月14日 (日)

定置網体験と海岸清掃

NPO水と緑の環境ネットワークの会で『定置網体験と海岸清掃』を行いました。

漁船に乗り漁師さんたちが定置網を挙げるところを目の当たりに出来ることなど、普段は体験できない事業だったためか、申込を開始した、その日の内に定員に達してしまいました。

0914_1
定員に達した後にも大勢の方から申込をいただきましたが、漁船の定員もあるのでキャンセル待ち等にさせていただきました。また、次回の機会にお申し込み下さい。

風も波もなし。暑くも寒くもなく、沖に出るにはこれ以上の条件を望むのが無理と言う絶好の日和でした。

大磯には、アオバトを撮る人、岩場に入って釣りをする人、潜る人に、遠くでは地引網を楽しむ人etc・・・・・!
それぞれの楽しみ方をしている風景があります。
0914_2
そして、定置網の肝心の漁の成果は?
組合長が参加者にお土産に渡すには十分過ぎるの魚を揚げて持って来てくれました。

「アジ」「カマス」「サバ」そして多かったのが「ソーダガツオ」
一匹だけスズキ科のマツダイが入りました。

このお魚は市場でも時々しか見ることが出来ない魚で、スーパーや魚屋さんで見かけることはまずありません。
そして、組合長に聞くと値段は結構の価格で取引されるのだそうです。

その魚が、一匹しかありません。
それを、子どもたちがジャンケンでの争奪戦です。皆、大きな魚を欲しさに真剣です。

ゲットした当人の喜びはもちろんのこと、今夜の献立は決まったとばかりの、お母さんの笑顔が素敵でした。

皆さん、今夜の夕食は魚三昧の食卓になるのだと思います。
もちろん、私もビールを傍らに大磯とれたての魚を美味しくいただきました。
0914_3_3

2014年9月13日 (土)

自分の手で車のメンテナンスをしたい!

この三連休の明日も「定置網体験事業」があるので、3日間ゆっくり休みとはいきません。
まして、今週を除くと来週からは土・日と色々なイベントが入っていますので11月までは身動きが取れません。

久しぶりに車のメンテナンスを行いました。
と言っても、最近の車は自分で手を入れるのが不可能に近いのです。
タイヤのローテーション程度は自分で交換したいものです・・・・・?

ところが自分でタイヤローティションを行い「さぁー終わった!」と、エンジンを掛けると前面パネルが真っ赤っかになってしまい、結局メーカーに行く始末。何のための作業だったの?と。

まして、下手にバッテリーなどを交換すれば、車載に蓄積されているデータが初期化されてしまう恐れもあるので、こんな簡単なことも出来ません。
0913
仕方がないのでナビゲータのメンテナンスの項目をフル活用しています。
そうすると、エンジンオイルの交換時期が近づきました!
やれ、タイヤローティションの時期が近づきました!と逐一、案内をしてます。

それで、自分で手を入れることが出来ればもっと面白いのですがね・・・・・?

車は運転するだけではなく、自分でキャブレターの調整やガスケットを削って圧縮比を自分で調整したりできるから楽しいと思うのですが。その時代が懐かしいですと思いながらメーカーに行って作業のお願いです。

歯がゆい! の一言です!

2014年9月12日 (金)

「タマ」の友達はPCの画面!

今年は秋への進みが早いように感じます。
お盆を過ぎてからぐずついた気候もあったせいか、「いつまでも暑いですね?」などの会話を交わすことなく中秋を迎えています。
夜にパソコンに向かっていても、首タオルが必要ありません。

我が家では、秋の到来をいち早く感じているのが愛猫「タマ」のようです。
「天高く馬(猫)肥ゆる秋」

昼間は風通しの良い場所を選んで寝ていますし、起きれば食事と。とにかく寝ている姿と食事している姿以外目にすることがありません。

7歳半になる彼女は貫録も出てきました。歩く姿は、のっそのっそとライオンそのものの歩き方です。

夜は夜で・・・・・!

やっぱりパソコンの横で気持ち良さそうに寝ています。
気持ち良く寝ている時って、可愛い寝息までかくんですよ!
0912
完全な内猫の「タマ」には、友達がいません。
パソコンの手を休める時に、猫の動画にするとパソコンに映し出される、お友達をじっと見て、時々は画面に手を出したり、可愛い仕草をしてくれます。

この光景を見ながらの、休憩がほっと出来るひと時になるのです。
完全にBGMが秋の虫のオーケストラになっています。
秋の夜長を楽しむことにします。

2014年9月11日 (木)

SURVIVAL SELF RESCUE 講習会

0911_survival_self_rescue
ここ一両日にも、かつて経験したことのないような1時間に120㎜を超える猛烈な降雨のニュースに驚いています。
北海道では大雨の特別警報を出し、土砂災害や川の氾濫などに最大級の警戒を呼び掛けました。

ここまでの災害になったらもう何はともかく避難するしかありません。

避難も一つの方法論です。
そのために普段から避難訓練等を行うのも有効です。

一番大切なのは、普段から自分の命を自分で守り、最悪の状況を回避するための総合プログラムであるSSR(SURVIVAL SELF RESCUE)の講習会等を通して色々な事象を体験していくことも必要です。

この講習会は、東日本大震災発生の2011年に実施して以来、大磯ロングビーチでの開催は今回で5回目となります。
大磯ロングビーチ全体を使い、流れるプールでのSSR講習会に加え、カヤック教室、プールサイドでのミニ水族館も企画されています。

さらに、災害時に役立つ防災・災害対策製品の展示会と、大災害の経験や防災について語るトークショーも行われる予定です。

申込み・詳細等は http://www.soners.net/ で確認して下さい。 

【サバイバル・セルフレスキュー(SSR)とは】

海辺や川を中心とした水害に面した時、自らの命を守る、
あるいは他人を助けることにより、最悪の状況を回避するための総合プログラム。

 ■開催場所:大磯ロングビーチ
 ■日    程:9/27(土)①10:30~ ②13:30~
            9/28(日)①10:30~ ②13:30~(各回1時間半~2時間)
  ■場  所:大磯ロングビーチ流れるプール
 ■参 加 費:参加費:1,000円(講習参加者保険料)、同伴者は500円(同伴者保険料)
 ■持 ち 物:長袖長ズボン、運動靴、承諾書(ウェブよりダウンロード)
 ■関連イベント:カヤックレース・教室
         被災地支援講演会・小規模水族館・防災展示会
         ダンスショー・ライブ 

2014年9月10日 (水)

大磯 お茶の間映画館

0910大磯・国府合併60周年を記念し、約60年前の「日本の文化」や「自然と共存する暮らし」のドキュメンタリーを、六所神社や東光院、古民家といった大磯の文化的資産の中に「お茶の間」を見出しフィルムを上映する『大磯 お茶の間映画館』が9月27日(土)&28日(日)の両日で開催されます。(会場ごとに開催日が異なります)

詳細は下記URLを参照下さい。

  http://ocha-noma.com/

ご希望される上映のご予約は、お電話または上記のURLの各会場ページの申込フォームよりお申込ください。

なお、会場の北蔵ギャラリー「川越の職人 ? 鳶と左官」と大磯町郷土資料館「竹縄のさと」の観覧をご希望の方は、申込後に事前にお振込が必要になりますのでご注意ください。

秋風が心地よく曼珠沙華の咲くころに「旧き良き」文化を残している大磯をのんびりと散歩しませんか?

2014年9月 9日 (火)

十六夜のスーパームーン

今夜は2014年最後の「スーパームーン」でした。
昨日は中秋の名月「十五夜」のお月様を見ることが出来ませんでした。

今年は「中秋の名月」と「満月」が1日ずれています。
「中秋の名月」は、新月を含む日から数えて15日目です。
「中秋の名月」イコール「満月」ではなく、今年のようにずれることがあります。

ですから、今夜が十六夜のスーパームーンです。
「十六夜」の月は「いざよい」と呼ばれます。
十六夜は、進もうとして進まないこと。ためらい。躊躇。という意味を含んでいます。

全米オープンで錦織圭の快進撃がついに止まりましたが準優勝は立派です。
世界トップ10内のワウリンカやジョコビッチに競い勝ち精神的にも肉体的にも頂点だったのだと思います。
決勝の相手のチリッチは何回も勝っている相手。
だから、勝利が見えたのかもしれません。

今夜の月の出は金色に輝いていま・・・・・・・・・・?。

輝いているはずなのです。残念ながら月の出の時には雲に覆われて見ることが出来ませんでした。
ですから下の写真は合成しました。
0909
今年最後のスーパームーンは午後10時38分に最大になります。
天空に近づくに従い、満丸く銀色に輝いていました。
0909_2
今夜は、この銀色に大きく輝いた「スーパームーン」を、
「おめでとう!」「お疲れ様でした!」「次回を楽しみに待ちます!」との言葉を添えて「圭」にプレゼントをしたいと思います。

2014年9月 8日 (月)

旧安田善次郎邸「十五夜観月会」

0908遠くに海を望む旧安田善次郎邸で、中秋の名月を愛でる十五夜観月会が開かれました。
この事業は(公社)大磯町観光協会が湘南邸園文化祭の一環で実施した事業です。

参加者の皆さんは、邸園の散歩をした後に、夕暮れの邸内に入り、二胡の儚(はかな)げで哀愁をたたえた音色の演奏に皆さんうっとりです!

去りゆく「夏」を惜しみます。
静かに迎える時の流れに「秋」を感じます!
「すすきとお団子」を前にして「お月見弁当」にも舌鼓を打ちます。

このような贅沢な邸宅で十五夜を愛でることの出来る幸せを噛みしめます!

そして月の出を待ちます・・・・・。
全てを満たしてはくれないのが世の常です!

十三夜の観月会に期待しましょう!

2014年9月 7日 (日)

私の関連するイベント情報

9月14日(日)定置網体験事業(水と緑の環境ネットワークの会)
                  9:00 ~ 大磯港
          ※詳細はリンク先を参照下さい。
                (お陰さまで定員に達しましたので募集を締切りました。) 

   21日(日)第49回大磯市
          17:00 ~ 20:30 大磯港

         ※6月(今年に限り)~9月の「大磯市」は「夜市」です。
          昼間は大磯の町中を散策。中秋の「大磯」をお楽しみください。

  23日(日)湘南邸園文化祭キックオフイベント
        13:30 ~ 旧吉田茂邸庭園他

今日の話題はこれしかない! bravo「圭」

全米オープンのセミファイナルで、錦織圭が第1シードのジョコビッチを3-1で破り、日本人初の4大大会シングルス決勝進出を決めたニュースが日本中を駆け巡りました。

午前3時台NHKラジオ番組の中で、現在行われている全米オープンで日本の錦織が2-1でリードしているとのニュースを聞いて思わず居間のテレビ観戦にと布団を抜け出しまでは良かったのですが、えっ!ライブは WOWOW !!!

駄目じゃん! 見ること出来ないではないですか。
契約していないのですから。

仕方なく布団に戻り通常の音楽番組に耳を傾けていると

「番組の途中ですがニュースデスクからニュースをお送りします。全米オープンのセミファイナルで、錦織圭が第1シードのジョコビッチを3-1で破り、日本人初の4大大会シングルス決勝進出を決めました。」

ジョコビッチのボールが大きくベースラインを越えた瞬間、錦織はデッカイ勝利を手に入れました。
両手を天に突き上げてガッツポーズをして、何度もコート中央で飛び跳ねているシーンを今度はテレビのニュース番組で何度も見ました。

決勝の相手はチリッチ。過去に勝ち越している相手だけに期待が大きく膨らんできます。
今の錦織には、世界の頂点をつかめる底力があると思います。

私はどちらかと言うとスポーツは野球ファンなのです。
ですから今日は、日本ハムの大谷がメジャーでもベーブ・ルースしか達成していない「10勝&10発」を達成したニュースを優先したかったのです。
ベーブ・ルースはレッドソックス時代の1918年に「13勝&11発」を記録。それを上回る大谷の96年ぶりの快挙だったのです。

しかし、錦織の4大大会ファイナル進出に繋がる勝利はこのニュースを上回る出来事だったのです。

2014年9月 6日 (土)

第27回東海道シンポジウム藤沢宿大会

0906第27回東海道シンポジウム藤沢宿大会が遊行寺界隈を中心に盛大に開催されました。
遊行寺境内では藤沢宿として初めての試みで宿場まつりが開催されていて昔懐かしい「かごかき」「わらじづくり」などで盛り上がっていました。

東海道シンポジウムは年に一度、東海道の57宿間の交流と活性化を目的に開催しています。
そして今年は藤沢宿、第27回目の大会でした。

シンポジウムには各宿から200名近い東海道の仲間が集まりました。
加えて藤沢市民からの参加希望も多く、主催者の藤沢宿は急遽、会場を変更するなど嬉しい悲鳴を上げるほどの盛況さでした。

0906_2
昨年の開催宿「宮宿」から「藤沢宿」への「旅路の像」の引き渡し。

0906_3
来年の開催地「見附宿」への「旗」の引き継ぎ。

0906_4
交流会も大変盛り上がりました。
来年、また「見附宿」でお会いしましょう!

2014年9月 5日 (金)

落花生掘り取りツアー

“相州落花生”として神奈川の名産 100選、かながわ未来遺産100選に名を連ねる落花生。神奈川県は千葉、茨城に次ぐ生産量を誇りますが、日本では北海道・東北を除く42都府県で栽培されています。大磯を含む中郡一帯からとれる落花生は、「あとひき豆」といわれるほどおいしくて、食べ過ぎると鼻血がでてしまうほど精が強いと言われ、秦野市を中心に“相州落花生”とも言われます。
日本全国で7870ヘクタール、神奈川県で217ヘクタール(平成21年農林水産省統計による)の作付面積をもつ落花生ですが、日本での栽培のはじまりは、なんと大磯町からなのです。
大磯町から日本全国に広がっていきました。【大磯町HP isotabi.comから引用】

この落花生の発祥地を訪ねるツアーを10月に企画しています。
今日は実際に落花生の掘り取りを体験させていただく県立秦野戸川公園のすぐそばにある「掘り取り観光組合」を訪ねました。

落花生掘り取りの場所は、落花生発祥の地の大磯の丘陵を前に見て、丘陵が切れる高麗山の横から遠くに江の島、三浦半島から房総まで望めるとてもロケーションの良い場所です。

詳細が決まり次第に内容をアップしたいと思います。
0905

2014年9月 4日 (木)

海外で活躍する日本人アスリート

テニス・全米オープンで世界ランキング11位の錦織 圭が、全豪覇者で同4位のスタニスラス・ワウリンカ(スイス)に競り勝ちして1918年(大正7年)熊谷一弥以来ベスト4入りを果たした。

「bravo」の一言です。

日本におけるテニスってこんなに歴史があったんですか?

熊谷一弥選手は、日本テニス界の黎明期を築き、清水善造と共に日本人テニス選手の世界挑戦への道を開拓した選手のひとりであり、前述の全米選手権において、日本人テニス選手として史上初のベスト4に進出しました。さらに、1920年(大正9年)のアントワープ五輪で男子シングルス、ダブルスともに銀メダルを獲得し、日本スポーツ界に初めてのオリンピック・メダルをもたらした選手です。

日本に初めてテニスが紹介されたのは1878年(明治11年)ですが、当時はテニスボール製造に必要なゴムが輸入困難だったため、日本独特の軟球ゴムボールを使用した「軟式テニス」が編み出されたそうです。

そして現在の硬式テニスが日本に普及したのが1915年(大正4年)ですからその3年後に全米選手権でベスト4入りしたのですから、やはり「bravo」の一言です。
同選手は世界ランキング7位が最高位ですから、錦織も再度ベスト10入りを目指し当面は大先輩である熊谷選手のランキングを上回って欲しいと思います。

MLBでは、ヤンキース黒田投手が10勝目を挙げ、日本人初の5年連続の2ケタ勝利を達成しました。
今季はここまでマリナーズ岩隈が13勝、ヤンキース田中が12勝、レンジャーズ・ダルビッシュ10勝を記録。1シーズンで日本選手4人が2ケタ勝利をマークするのは初めてだそうです。

アスリートだけではなく日本人が海外で活躍する姿を見ている子どもたちには、本当に世界を身近に感じることが出来ると思います。
今日は最後にもう一言「bravo!」「お見事です!」

2014年9月 3日 (水)

私の関連するイベント情報

9月 6日(日)第27回東海道シンポジウム藤沢宿大会
        14:00 ~ 藤沢宿遊行寺界隈

  14日(日)定置網体験事業(水と緑の環境ネットワークの会)
                  9:00 ~ 大磯港
          ※詳細はリンク先を参照下さい。
                (お陰さまで定員に達しましたので募集を締切りました。) 

   18日(日)第49回大磯市
          17:00 ~ 20:30 大磯港

         ※6月(今年に限り)~9月の「大磯市」は「夜市」です。
          昼間は大磯の町中を散策。中秋の「大磯」をお楽しみください。

  23日(日)湘南邸園文化祭キックオフイベント
        13:30 ~ 旧吉田茂邸庭園他

2014年9月 2日 (火)

2014秋 ダイヤモンド富士

久しぶり、8月の22日以来の朝からの晴れです。
気持ちの良い目覚めでした。
今日は照ケ崎でダイヤモンド富士を見られる日です。
0902
この光景が照ケ崎で見ることが出来るはずです。

こんなに久しぶりに見ることが出来そうな日に限って、私は午後から夜にかけて会議の連続。
とてもカメラを持って海岸に行く時間が取れそうにありません。

思わず知人に電話を入れました。
今夜のブログにアップしたいので良い写真が撮れたらどうしても今日中に一枚欲しいとお願いをしました。
会議中なので外の様子は全く分かりません。

そして会議が終わった後にメールをチェックしました。
楽しみにしていたメールが入っていました。感謝!です。

すると、あららぁ~

0902_2

「残念ながら<ダイヤ富士>には成りませんでした」と・・・・・?

このところ、大磯で見ることの出来るダイヤモンド富士って春・秋ともに天気に裏切られ続きです。
残念でした。
また、来春まで待つことにしましょう!

掲載の2枚の写真を利用させていただきました。
写真を提供していただきましたKさんにお礼を申し上げます。

2014年9月 1日 (月)

今日からは送る側に!

夏休み期間中は孫たちに送られて出勤しました。
今日からは私が孫たちの通学を見送る側にと立場が逆転した9月のスタートです。

それにしてこの10日間ほどは青空を見渡す日がありません。
全国的に見ても8月の東日本、西日本で日照が少なく、特に西日本は8月としては戦後最悪の日照不足になりそうです。野菜も高騰しています。

8月9日から開幕する予定であった、第96回全国高校野球選手権が台風11号の影響もあって2日間も開会式が順延するのも記憶にありません。

この台風11号は、お盆休み前の帰省ラッシュを直撃して飛行機・新幹線のダイヤを大きく狂わせたのも記憶に新しいところです。

そして、この頃から西日本は雨が続き、19日から20日の未明にかけて、広島市北部で大きな土砂災害も発生して、市が避難勧告を出す指標の一つとしている「土砂災害警戒情報」「避難勧告」の発令の出し方が議論を呼んでいます。

この土砂災害で72人の多くの方がお亡くなりになり、今も2人の行方が分かっておらず、警察や自衛隊を中心に捜索が続けられています。改めてお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りします。

そんな中で、不通になっていたJR可部線が今日、発生から12日ぶりに運行を再開したと一部では復興に向けて明るい話題のニュースも入り始めてきました。

改めてですが、梅雨のようなスッキリしない天気が続いています。とにかく太陽が恋しいのです!
戻り梅雨とも秋雨とも言い難いように、この時期に前線が長く居座るのは珍しいことです。

気象庁のニュースを見てみますと、「8月中旬に、九州から関東付近に前線が延びる気圧配置が3日以上続くのは2003年以来11年ぶり。お盆が終わっても太平洋高気圧の張り出しは弱く、前線や湿った空気の影響を受けそうです。」予報通りの天候になっています。(この予報は外れて欲しかった?)

9月をスタートするに当たって、すっきりした秋空の下で気持ちよく仕事をさせてくれることを願うのみです。

そして今朝から孫たちを学校に送り出しました。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ