« 子どもや孫たちに伝える歴史の日 | トップページ | 第48回大磯市 »

2014年8月16日 (土)

お盆も終わりました

13日の盆の入から今日まで3泊4日のご先祖様の現世帰りが終わりました。
そして私は9月と10月の事業の打ち合わせで夕方から家を空けてしまったので送り火はカミさんにお任せです。

先祖の霊があの世から現世に戻ってきて、再びあの世に帰っていくという日本古来の信仰と仏教が結びついてできた行事がお盆です。

我が家でも先祖の霊を迎えるための精霊棚を13日に朝から作ります。
位牌を仏壇から出して、その前には「精霊馬」(しょうりょううま)を供えます。
昔はこの「精霊馬」をキュウリやナスで作りました。
「精霊馬」はご先祖さんが、この世とあの世を行き来するための乗り物です。
キュウリの馬に乗ってきて、ナスの牛に乗って、あの世に帰っていきます。
迎える時は早く来て欲しいから馬で迎え、送る時は名残を惜しんでゆっくり送り出すため牛を使うと教わってきました。
そして、お盆に供えたものは先祖のもとに精霊流しで届けます。

盆踊りも今では「夏の風物詩」になっています。
盆踊りの本来の意味は、お盆に帰ってきた祖先の霊を慰めるための踊りだったのです。

こうした行事を通して、現世にいる我々が生かされていることを確認し、子ども達にもしっかり伝承していく必要があると思います。
「感謝」言葉で言っても子ども達には分かりません。
先祖がいたから、今自分がここにいる。
自分一人の「命」ではないと言うことを理解させるには、絶好の機会。
それが「お盆」でもあるのでは?と考えつつ、今年のお盆も終わりました。

上、二人の孫たちも15日から山中湖へテニスの大会に行ってしまっているので、ちょっと寂しい送り火になってしまいました。

それでも、ご先祖様は、年々と賑やかになり、それぞれの成長している姿に安心して、また、来年を楽しみにやってきてくれると思います。

« 子どもや孫たちに伝える歴史の日 | トップページ | 第48回大磯市 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/60163903

この記事へのトラックバック一覧です: お盆も終わりました:

« 子どもや孫たちに伝える歴史の日 | トップページ | 第48回大磯市 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ