« 東海道五十三次ウルトラマラニック | トップページ | 夏休みの小さな一人旅 »

2014年7月15日 (火)

「備中高松城」と「忍城」の水攻め

現在放送中のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」は備中高松城の水攻め場面です。
高松城の近くに流れている足守川を堰き止めて水攻めにするという過去の戦では類を見ない作戦に出ました。
0715
この策を秀吉に進言したのが、黒田官兵衛と言われています。
水攻めを採用した秀吉は、周辺の住民を総動員して城の周囲に土俵を積み上げ、長さ3.2km・高さ6mの堤防を、わずか17日で築き上げ完成させました。

その後の豊臣秀吉は天下統一を目指し、関東の雄・北条家に大軍を投じ周辺の支城を次々に落城させましたが、その中に最後まで落ちなかった支城がありました。
その城、「武州・忍城(おしじょう)」(埼玉県行田市)に行ってきました。

その城には領民からでくのぼうを揶揄した「のぼう様」と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親という城代がいました。

0715_2戦を受けて立つ総大将たる長親は、将に求められる武勇も智謀も持たない。
その名の通りでくのぼうのような男。
だがこの男にはただ一つ、他人に好かれる才能、特に異常なほどの民からの「人気」があった。

石田三成・長束正家の2万を超える軍勢の攻撃を受けて備中高松城と同じように、近くを流れる利根川を利用した水攻めを行うことを決定する。総延長28キロメートルに及ぶ石田堤を建設し、忍城は本丸を除いては城下を含めて水に沈みました
この水攻めに対する長親のとった策は、城を囲む湖に船を出して、敵兵の前で船上で田楽踊りを披露することであった。

長親が撃たれると、百姓の中から耕していた水田を台無しにされた怒りから、石田堤を壊したため、水攻めは失敗に終わりました。

和田竜の歴史小説「のぼうの城」を参考にしました。
映画化もされて、野村萬斎が主演し話題にもなりました。

「軍師官兵衛」の備中高松城のシーンを見ていて、急に行きたくて訪れた「忍城」でした。

« 東海道五十三次ウルトラマラニック | トップページ | 夏休みの小さな一人旅 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/59990900

この記事へのトラックバック一覧です: 「備中高松城」と「忍城」の水攻め:

« 東海道五十三次ウルトラマラニック | トップページ | 夏休みの小さな一人旅 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ