« ペーパーレス化会議は、まだまだ遠い世界? | トップページ | 前期高齢者の仲間入り »

2014年7月29日 (火)

出席者の数だけ違った価値観が!

会議を行うと人数分の価値観があります。
それは当たり前のことでむしろ自然だと思います。
従って、自分たちの良しとする提案が全て通るはずがないのですが、そうは思っていても、たまにはいらっとするものです。
人間的に未熟な自分自身に腹を立てることもしばしばです。

「真人の息は踵を以てし、衆人の息は喉を以てす」(荘子)

今夜の会議は、荘子のこの言葉に頼りました。
逆境にある時には無理に逆らわずに、そして、自分の意見を通した時には勇み立たずに満足をしない。

心の置き方で結構、気持ちが楽になるものです。
衆人の息の仕方は喉でするように浅くなってしまいます。それと対照的に、真人の息は、踵から吸って息を全身に行き渡らせた後に、再び踵からゆっくりと吐きだしていく、深く静かな呼吸が必要だと。そうすると身体から力みが消えて全身がリラックスするものです。と荘子さんはおっしゃっていました。

典型的な例が「赤ちゃん」です。
「赤ちゃん」の身体には無駄な力みがないので、息が深く、一息ごとにリズムがあります。

これをもう一度学ばなくては と思っているのですが、これを歳を積み重ねてくると忘れてしまうのです!

« ペーパーレス化会議は、まだまだ遠い世界? | トップページ | 前期高齢者の仲間入り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/60066264

この記事へのトラックバック一覧です: 出席者の数だけ違った価値観が!:

« ペーパーレス化会議は、まだまだ遠い世界? | トップページ | 前期高齢者の仲間入り »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ