« 夏休みの小さな一人旅 | トップページ | 充実している高速道路のPA »

2014年7月17日 (木)

町のブランド化

新たな観光の核づくり大磯ブランド戦略部会の研修会を海の家「Blue Park Cafe」で行いました。
町をブランド化させるために、どのような物語を作り上げていくかを大海原の風景を前に語り合いました。

今日のアドバイザーに招いた四元氏は長く大手の広告会社で活躍をしていただけに、広告会社の発想で提言をしてくれました。
ドラッカーのマーケティング定義である「売るための行為を不要とし、自然と売れる(=消費者が思わず買いたくなる)ようにするように、町にも同じことが言えるのではないかと?

消費者が自分にとって特別だと感じてもらえるよう商品にするために「自分ごと化」にしていく必要性があると。そのためには「物語性」が必要になってくる。

そして最終的に商品の売り込みではなく、気持ちが豊かになる感動的なエンディングが過去にヒットした商品のCMが実証している事例を、数多くあげて解説をいただきました。

フリートーキングで皆さんの舌が滑らかになってきて、ずっとこの話の輪の中で話をしていたかったのですが、次にもう一つの会議を控えていたので事務所に戻りましたが、テーブルを挟んでの会議も重要ですが、

たまには、こうした場所での会議も良いですね。

S0717_blue_park_cafe

« 夏休みの小さな一人旅 | トップページ | 充実している高速道路のPA »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/60002758

この記事へのトラックバック一覧です: 町のブランド化:

« 夏休みの小さな一人旅 | トップページ | 充実している高速道路のPA »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ